村田沙耶香「授乳」感想: 本: きたあかり日記

トップ  >    >  村田沙耶香「授乳」感想

村田沙耶香「授乳」感想

2017年03月18日

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した、話題の村田沙耶香さんのデビュー作にして

群像新人文学賞受賞作「授乳」を読んでみました。


クレイジー沙耶香さんに、ついていけませんでした。

たいていのは大丈夫なアタシでも、もぉ、沙耶香さんの感性にはとてもとても。


授乳



以下、ネタバレ含む感想です。


主人公は中学三年生の直子。受験期だからと母が勧めて、

火曜日と金曜日に家庭教師の先生に来てもらい、

勉強を教えてもらうことになりました。、

先生は無表情でくらげみたいに透きとおり、無機質という感じのする人。

28歳。大学院生です。

彼は、必要なこと以外、まったく喋りません。

でも、ある日、先生の腕の怪我(自分でやったらしい)から出血しているのを、

直子が偶然みつけ、手当をしてあげたことから、

微妙な関係が生まれていきます。


さて、みなさん、どう展開していくと思いますか?


題名は「授乳」です。

先生と直子が恋に落ち、直子が妊娠、見事に赤ちゃんを産んで授乳。

中学生が母性の喜びに・・・・。


そうじゃありません。村田沙耶香さんですから。


直子が、先生を支配し、先生に授乳していくのです。ゲームと称して。


ね、ついていけないでしょ。ヾ(o´∀`o)ノ


特筆すべきは、直子の母親です。

彼女は、少女のように潔癖な人と描かれています。

夫の洗濯物と自分の洗濯物は、決して一緒に洗いません。

夫が、急に職場の仲間を連れてきて、

「これ、しわくちゃだけど、うちの古女房ちゃんね」

なんて言うのを聞くと、復讐なのか、ゴミ袋の中から取り出した

レタス(排水溝の髪の毛などにまみれていた)を夫の皿に乗せます。

満面の笑みで。

純粋な彼女は、汚い言葉が許せないのです。


直子の授乳はきっと、母性を持たない母親への復讐なのだと思います、アタシは。

その復讐は、母親が母性を持たないことを前提に完成するので、

いざ母親が、母性の片りんを見せると、(←先生と直子の関係を発見すると直子をかばおうとします。)

それをも嫌悪します。

アタシは、母とは違うんだ、母性(=授乳)で人を支配できるんだ、

母より上 なんだ、そう言いたいのでしょうか。


そしてラスト。

このラストが、また、ついていけないのです。グロテスクです。

き、気持ち悪い・・・・。気持ち悪くなりたい人にはお勧めです・・・。



追伸


この作品、市民図書館で予約して借りましたが、他の人の予約が

アタシより先にいっぱい入っていて、借りるまで数週間かかりました。

50人待ちくらいだったかな。


私の利用している市民図書館は、自分の順番にまわってくるまで

あと何人の人の返却を待てばいいか、ネットでわかるようになっています。

パソコンを開いて、「ああ、アタシにまわってくるまで、あと10人だな」てな具合。

この「授乳」、アタシの前の順番の人がなかなか返却しなかったみたいで、

あと一人、となってから、10日以上は待ちました。


誰よ!もぉ!何者?


友達になりたいじゃないの!

ああ、感想を語り合いたい。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

 なんですか、怖いもの見たさのような興味を感じますな。
 金払って買うのもしゃくだから、私も図書館で借りますか。何人待ちかな~。
 お母さんも直子も周りにいて欲しくない人間です。

コメントの編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし


ひねくれくうみんさん へ

 はい。怖いです。
 お金を出すのもアレなんで、気が向いたら
 図書館で借りてみてください☆

>  お母さんも直子も周りにいて欲しくない人間です。

 ええ、そういう人が周りにいなくて
 ほっとしました・・・(^◇^)

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ランキング

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking