きたあかり日記
FC2ブログ

トップ

娘達のこと

2018年08月21日

庭で育てていたスイカ、収穫しました。ちゃんとスイカの味がしましたよ~。

2018スイカ収穫



さて、関東在住、大学三年の上の娘が帰省してきています。

娘の自動車運転練習のため、娘に運転してもらって、

夫(夏休み中)と アタシと 上の娘で、ちょこちょこと近隣へのお出かけを

多くしています。

運転、だいぶ上手になってきましたよ。



彼女は、今週末くらいからインターンシップの予定が入っていて

親としてはハラハラ・・・なのだけれども、もう二十歳超えているので

心の中で頑張りを応援するばかり・・・就活用のブラウスは買ってあげました☆


さて、もう一人。北海道在住の下の娘はというと・・・。

部活のA大会を終えて、その日のうちに飛行機で東京に移動。

で、次の日から二日間、東京にてインターンシップに参加。

東京インターンシップを終えると、またまた、その日のうちに北海道に戻り、

戻った次の日に、部活B大会に参加。

一日置いて、北海道の企業のインターンシップ参加。という、

すんばらしく多忙な生活をおくっているようです。


ちゃんと食べているかしら?体は大丈夫かしら?

一緒に住んでいるなら、ご飯をつくってあげて、

掃除洗濯もしてあげられるのに、と、親心。

いろいろと心配なのだけれど、こちらも、遠くから無事を祈るしかないです。


思えば二人とも、大学進学の際、親に相談はしたけれども、自分で希望進学先を

決めました。誰も知り合いのいない土地に、友達の誰も進学しない土地に

一人で進んでいきました。  一人暮らしです。


当時は、「誰に似たのかしら。その気の強さは!」と思ったけれど、

その”気の強さ”を今は何故だかありがたく思えます。


体に気を付けてね~☆    お母さんも気を付けます・・






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト

このページのトップに戻る

朝顔

2018年08月14日

お盆で。夫は夫の実家に行きました。アタシは行きません。


庭の隅っこに、朝顔の花が咲きました。

夫がいたずら心で蒔いた種でした。育ったのですね。

2018朝顔


お盆。姑の顔、夫の顔、娘の顔、妹の顔、甥っ子の顔、実母の顔、

次々と頭に浮かぶ顔を、全部忘れて、朝顔を見ました。

もともと、浮かばない顔もたくさん。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

テレビドラマ「花へんろ 風の昭和日記」

2018年08月12日

お年頃なので、時たま具合が悪くなります。

だるくてお腹が痛くなるのです。、、、トホホホ

ここ2~3日もそうだったのですが、以前のように気持ちが沈むことがなくなり、

良かったよ。

無理はしないで、ただただ、自分に甘く、ダラダラと横になってました。

具合が悪いとダラダラできるなんて、アタシは幸せだなあ。


知人から借りた 「花へんろ 風の昭和日記」総集編 のDVDを見ました。

花へんろ1


随分昔にNHKで放送されていたドラマです。

ヒロイン静子(桃井かおり)は、歌手になりたくて東京に行こうとしていたところ

折り悪く丁度、関東大震災が起こり、断念。叔母の勧めで、大商家「富屋」の次男

勝二(河原崎長一郎)と結婚し・・・。

花へんろ2

と、そしてその後の静子と、富屋にかかわる様々な人々と、のお話です。

花へんろ3


時代の流れに翻弄され、時に涙を流しながらも、強く生き抜く人々の生命力に

心打たれました。早坂 暁氏の脚本も、俳優たちの名演技も最高です。

また、ナレーションが渥美清さんで、うますぎて、テレビの前で正座し、

拝みそうになりました。

声が個性的で存在感がありながら、ドラマの雰囲気を壊すことなく、

すっと内容が頭に入ります。神業です。   角度を変えるその角度が絶妙で・・・


お借りしたDVDは総集編で、かな~り短縮されていました。

できれば、ノーカットで見てみたいなあ。


おっと、このDVDを貸してくれた知人に感謝!ありがとう!

まだ具合が悪いけれど、少し元気になった気がする。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

映画「幼な子 われらに生まれ」感想

2018年08月08日

再婚同士の夫婦と、それぞれの子どもたちと、元妻、元夫 の物語です。

ネタバレ含む感想です。

幼な子われらに生まれ


信(浅野忠信)は 別れた妻に実の娘を託し、

自分は今の妻、 奈苗(田中麗奈) と、妻の連れ子である二人の娘、と一緒に

四人で暮らしています。

良き夫、良き父であろうとする信は、仕事より家庭。

幼な子

誠心誠意、努力しますが、連れ子の長女の方、薫 は、ことごとく信に反発します。

奈苗の妊娠を機に、それはひどくなり、「本当のパパに会いたい」と言い出します。

悩む信と奈苗。本当のパパ、は、DV男なのです・・・。破綻しています。

幼な子2



連れ子の長女の方、薫の気持ちはとても良くわかるけれど、

血の繋がりは、とても大事で尊重すべきことなのだけれども、

それだけじゃあない、事情が世の中にはあって、

自分の気持ちも大事だけれども、他者の気持ちや事情も考慮すべきと思いました。

子どもだからと言って、その気持ちを全て優先させられないこともあるのです。

子どもに対してだけ書いてしまったけれど、これは親世代だって同じで、

親の気持ちや事情だけを子供に押し付けてはいけませんと思います。

お互いに尊重しあうって、難しいですけどね。

そこは譲れないってのがぶつかりあったとき、どうしたらいいのでしょう。

人はそれぞれ、個性があって、

自分の個性も大事だし、親も含めて、他者の個性も大事だし。



映画のラスト、こっから思いっきりネタバレですが、

薫は、どうしても信と暮らすことを受け入れられず、

だからと言って、実の父の元へ行くことも出来ず、

おばあちゃんの家で暮らすことになります。


薫の思いを、実の母の奈苗も、義理の父の信も、受け入れての結論です。

遠い将来、薫は、二人の思いやりをわかってあげられるでしょうか。



世間体じゃない、家族の数だけ家族の形があっていい。

メンバーみんなの気持ちを大事にしながら、前に進めればなあと思いました。


重松清さんの原作、読まなければ。また読むべき本が増えてしまいました。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

緑茶のお勉強してきました

2018年08月07日

先日、某スーパーの宣伝会に行ったら、、

(スーパーの宣伝を30分くらい聞くと、景品がもらえる)

某 お茶会社の社員さん らしき人が来ていて、

緑茶


お茶について、いろいろと説明してくれました。

緑茶2


社員さんによると、お茶に含まれる カフェイン(苦味) 、 カテキン(渋み) は、

注がれるお湯の温度によって溶けだす量が変わってくるそうです。

高温になればなるほど、多く溶けだすそうで。

一方、うまみ成分であるアミノ酸は、高温でも低温でも、ほとんど

溶けだす量は変わらないそうです。

80度くらいの低温でお茶を淹れると、アミノ酸のうまみを消さない程度の

カフェイン、およびカテキンが抽出され、

うまみ、苦味、渋みのバランスが、程よいんだそうな。


ただ、それは人それぞれ、お好みで、ひたすらに苦くて渋いのが好きな人は

高温で入れるのが良いとのこと。


なるほどね~。

恥ずかしながら、全然知らなかったです。勉強になりました。

会場では、実際に、お湯の温度を変えてぇの、飲み比べをさせてくれました。

当日は暑くて暑くて、頭がぼ~っとするほどで、味はよくわからなかったけれど、

そのうち、家で試してみたいと思います。


最後に質問コーナーとなり、

「宵越しのお茶は飲むな、というけれど、実際はどうなのか?」

と、質問された人がいました。

そうそう、アタシ、某お茶屋さんで、その質問を店員さんにしたことがあったのよ。

↓ ここ
しどろもどろな店員さんの店

そのお店の店員さんは、しどろもどろ。ムッとしながら

「今どきは、冷たいお茶が沢山飲まれているんだから、

気にしなくていいんじゃないですかぁ」

という返答でした。


興味しんしんで、このお茶会社さんの場合は、どう答えるのかと聞いてみると

「昔、江戸時代とか、は衛生状態が悪く、変質した茶葉のたんぱく質が腐敗し、

 お腹を壊したことも多かったようだ。

 あまり気にしなくてもいいとは思うけれど、

 たとえ冷茶(水だしのお茶)であっても、その日のうちに 飲むのが安全」

だそうです。

しっかりとした誠実な返答をしてくださり、感心しました。

この会社さん、好感度、超アップでした。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ