きたあかり日記
FC2ブログ

トップ

江戸川乱歩「孤島の鬼」

2019年06月11日

江戸川乱歩長編最高傑作。
ネットで調べたら、乱歩自身もそう考えていたそうだわよ。  (高木彬光 談)
大いに同意。

kotouno.jpg


主人公の蓑浦は、同じ職場の若い女性、初代と恋に落ち、結婚を決意するが、
初代の母親を取り込み、猛烈に初代と結婚しようと申し込む、恋のライバルが現れる。

ライバルとは、驚くことに、蓑浦の知り合いで、しかも同性愛者の諸戸。
彼は以前から蓑浦に恋情を寄せていて、蓑浦も、それを悟っていた。
蓑浦を女性と結婚させまいとして、諸戸が策略を巡らせたのか。

そんな折、初代が、初代の自宅で殺されてしまう。自宅は密室状態だった。
悩む蓑浦は、知人の、探偵業を営む深山木に調査を依頼する。

しかし、その深山木も殺されてしまう。白昼堂々、多くの人が遊ぶ海岸でいつの間にか
胸を刺されていたのだ。大勢いたのに、誰も見ていなかった


ということでストーリーは密室殺人と衆人環視の殺人のダブル謎から始まりますが、
アタシは、そこよりも、ラストあたりの盛り上がりが、たまらなく良かったです。

暗闇の洞窟で生死を彷徨うシーン。
蓑浦と諸戸、宝探しのため、古井戸の横から暗く深いトンネルのようなところに入っていくのですが、
(どうしてそんなことになるのか、は、省略)(悪しからず)
目印にしていた縄が、いつの間にかに切れていて、真っ暗闇の洞窟の中で迷い
どうしたら外へ戻れるか分からなくなってしまうのです。

その不気味さ。それは異常で独特な世界観を生み出します。
ギリギリの精神状態の諸戸のセリフ。抜粋します。

「箕浦君、僕たちはもう再び地上へ出ることはない。誰も僕たちを見ているものはない。僕たち自身だって、お互いの顔さえ見えぬのだ。そして、ここで死んでしまってからも、僕らのむくろは、おそらく永久に、誰にも見られはしないのだ。ここには、光がないのと同じように、法律も、道徳も、習慣も、なにもない。人類が絶滅したのだ。別の世界なのだ。僕は、せめて死ぬまでのわずかのあいだでも、あんなものを忘れてしまいたい。いま僕らには羞恥も、礼儀も、虚飾も、猜疑も、なんにもないのだ。僕らはこの闇の世界へ生まれてきた二人きりの赤ん坊なんだ」

怖い。怖いんだけれども、つい、聞き入ってしまう、引き付けられてしまう、
美しいセリフです。

諸戸の言うところの、法律、道徳、習慣、羞恥、礼儀、虚飾、猜疑、は、
既存の当たり前な社会がうまくまわっているからこそ成り立つのであって、
そうでなければ、成り立たない。絶対ではないのです。

全てから解放されたかのような諸戸は、蓑浦に求愛します。また抜粋。

「箕浦君、地上の世界の習慣を忘れ、地上の羞恥を捨てて、今こそ、僕の願いを容れて、僕の愛を受けて」

拒否されます。切ないなあ。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。




スポンサーサイト

このページのトップに戻る

映画「空母いぶき」観てきました。

2019年06月07日

映画「空母いぶき」

kubo.jpg

東亜連邦と名乗る(名乗ってたか忘れたけど、映画の中ではそう言っていた)謎の国家が、
日本の領土のどっか(何とかという島と言っていたけど忘れた)を侵略、勝手に占拠した。
日本国家は、空母いぶき等を派遣するが、東亜連合から攻撃を受けてしまう。どうする?
こちらから下手に攻撃して大戦争になったら大変だ~。でも、攻撃受ける一方ってのも・・。

kuubo


平和は大事。戦争は避けたい。でも、現実に攻撃されたらどうする?
ただやられているだけでは、国民の命は守れない。

難しいテーマを考えさせられるきっかけを作ってくれる内容で、なかなか骨太。
良かったです。

映画館のその部屋は、平日の夜という時間だからか、アタシを含めて10人くらいしか
観客がいなくて、しかも、ほとんどが中年の男性。

見ず知らずの人々10人くらいと、同じストーリーでハラハラしたのかなあと思うと、
ちょっと微笑みました。

佐々木蔵之介のセリフ「おもかじいっぱぁい」の真似をしてしまうアタシでした。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。




このページのトップに戻る

カナヘビの餌を運ぶ

2019年06月04日

職場でも習い事の会合でも、あまりお喋りとは言えないと自負しているアタシだけれど、
絵本読み聞かせボランティアの時は別。テンションの高い、妙に元気なおばさんに変身します。

このブログで前にも書いたことがあった気がするけれど、子供たちに
「年をとっても幸せそうだなあ。大人になるって悪いことじゃあなさそうだ」
と、な~んとなく思ってもらえるように、という願いをこめているのです。
未来に希望を持って日々を過ごせる子供時代であったほしいのです。
ふふふ、アタシ、ロマンチストでしょ☆え?死語?きゃ~。

と、その日も、開始時間より少し早めに会場の小学校教室ついたアタシは、

給食袋
↑こんな風景にも心あったまります。

廊下や教室内に飾られている子供たちが描いた絵を鑑賞し、
あまりに上手いので、すごいすごいと、手当たり次第に通りがかった子供たちに声をかけ、
また、ランドセル置き場の上に置かれた「かなへび」の飼育箱に注目して、
「エサは、どう確保しているのか?」と、そのへんにいる子どもに質問します。

かなへ
画像お借りしました

「こいつが毎日獲ってくるんだ」
ある男の子が、かなり小柄な男の子を指さして言いました。

「かなへびは、生きた虫じゃないと食べないんじゃない?生きたまま学校に持ってくるの?」
と聞くと、小柄な子は小さな声で「うん」と言いました。

「毎日毎日、かなへびのために虫をとって学校に持ってくるの?」
「うん」
「それはスゴイ!このカナヘビは、大きくて立派だね。
 毎日、ちゃんといい餌をあげているんだね。すごいな」
「えへへへへ」

小柄な子は誉められて嬉しそうでした。でも、アタシも嬉しかったのです。
アタシは心底関心していましたから。
かなへびの餌、生きたエサを毎日捕獲して学校に持ってくるのは、
大変なことだと思うのです。天気の良いときばかりではありません。
大雨の日もあります。そんな時も餌を獲り、ちゃんと学校に持ってきているのです。
荷物が多いときもあるでしょうに、虫を生きたまま。

宿題が多い時もあるでしょう。親子喧嘩、または兄弟喧嘩をするときもあるでしょう。
体調の悪いときもあるでしょう。
どんなときも、かなへびのために、餌を獲って、学校に運んでいるのです。

彼の真面目さ、誠実さ、ひたむきさ、アタシは感心するのです。
アタシみたいな、ブログ更新をしょっちゅうサボる、チャランポラン(またもや死語)
にはない美徳と思うのです。

アタシは彼を尊敬しました。人を尊敬できることは、たいそう幸せなことです。
この幸せに、感謝しました。

尊敬する彼の前で、アタシは一生懸命、絵本を読みました。
その子だけじゃありません。きっと、聞いてくれたみんな、彼のように、
素晴らしい資質があることでしょう。個性を尊重する気持ちを声にこめて読みました。

みんな、熱心に聞いてくれました。

絵本読みきかせボランティアと、小学生。
束の間の交流ですが、お互いの中に、なにか少しだけでも光るものが
奥に残るといいなと思います。

ありがとね。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。




このページのトップに戻る

傘をたたむ小学一年生に癒されました。

2019年05月29日

家の芍薬、今年も咲いてくれました。

2019芍薬

先日の某会合ランチ会は、誰かの悪口を長く喋る人がいて、ゲンナリ。
まあ、喋りたくなる気持ちもわかるので、はいはいと聞いていたけれど、
悪口オーラというものがあるのかないのか、暗い気分になってしまいました。

アタシだって、場を暗くすることがあるかもしれないし、お互い様よ。
まあ、そんな時もあるさ。と、その数日後の朗読教室に向かいました。

先生も仲間たちもみんな、いつものとおり、明るく楽しく接してくれましたが、
アタシが持ち込んだ本が先生によって却下され、まあ、仕方ないのだけれど
先生が提示した題材をアタシがうまく読めず、まあ、アタシの技術力が悪いのだけれども、
ふむふむな、ちょっとだけ、ブルーな気分になってしまいました。

そういう時に限って、仲間たち全員忙しく、恒例のお喋りランチ会が開催できなくって、一人
家に帰るアタシでした。

んでもって、その次の日の今日の、絵本読み聞かせボランティアよ。
すごく久しぶり。子供たちの前では、暗い顔なんてしないわよ。
元気いっぱいなおばさんに変身するのさ。

会場小学校の昇降口に行くと、一年生が一生懸命に、その差してきた傘をたたもうとしていました。
まだ幼くて、なかなかできません。逆方向にまわしてマジックテープを止められなくなっています。
アタシは、思わず、手を貸してしまいそうになりました。でも、我慢よ。
その子が、頑張っているんですもの、まずは、見守るのよ~~~
と、数分かかって、その子は、傘をうまくたたむことができました。
なげださず、丁寧に、よく頑張りました。偉い!

「偉いね。上手にできたね」
と声をかけると、その子は、ニヤリ。得意そうな笑顔でした。

癒されるわ・・・。ほのぼの・・・。(*'▽')

絵本読み聞かせは、もちろん、大成功でした。その模様は・・・長くなったから次回にします。

 



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



このページのトップに戻る

暑いから

2019年05月26日

どうもダルイのです。気持ちも沈み気味。

これは、お年頃な体調のせいか、それとも別の異変?手術後の何か?

と、一日悶々と過ごしてました。午後に映画を一本観て、

ドリーム
↑ なかなか良い映画でした。ビヨンセ最高。後日感想書くかも。


やっと夕方近くに少し元気になり、頭も回るようになって、気が付きます。


あ!暑いからだ!

5月なのに暑い。暑い暑い暑い暑い。30度?え?

アタシは極端な低血圧。それが、気温上昇により、更に血圧が下がり、だる~くなるのです。

暑さに体が慣れていないから、なおさらさ。

いや~。そうだったのか・・・と、毎年、忘れていたのをやっと気が付き、

毎年、この時期にそういう記事を書いている気がします。

明日以降も暑そう。暑さに負けないように、ちゃんと食べなくちゃね。

って、今日の夕ご飯は、ビールのみ。とかそんなことの無いようにね~アタシ!

さて、何を食べようかしら・・・・・!




 ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ