きたあかり日記

トップ

鹿児島・函館フェア

2018年05月25日

藤崎デパートの 鹿児島函館フェア に行ってきました。

鹿児島函館フェア

平日の昼間だと言うのに、すごい人出。押すな押すなの大盛況。

主婦層だけじゃないよ。若者カップルや中年おじさんも大勢。

あんまり混んでいるので、会場の写真は撮れませんでした。


アタシのお目当ては、tugumi365さんお勧めの 函館 五島軒のカレー と 

函館 千秋庵の どら焼き です。

tugumi365さんは、函館 あじさいラーメンさんもお勧めくださいましたが、

あじさいラーメンは食べたことあるのよ~~~ん。

札幌滞在のとき、ラーメン共和国で。いいでしょ~。

と、自慢してないで。♪(o・ω・)ノ))


五島軒さんの イギリス風ビーフカレー。

鹿児島函館フェア2

鹿児島函館フェア3

注文してから5分ほどして受け取りました。

「お待たせして申し訳ありません」とおっしゃる店員さん。

いえいえ、丁寧なお仕事の職人さんを感じましたよ。

藤崎デパートで用意していた 簡単な椅子とテーブルのある「お休みスペース」で

食べました。正統派老舗洋食店のまっとうな味。とても美味しい。

創業135年の超老舗。時代の荒波にも負けずに続いてきたのは

本物の味がナセル技、というところでしょうか。

きちんとした食器で食べたら、もっと美味しいのかなあ。


千秋庵総本家 さんの どら焼き

鹿児島函館フェア4

鹿児島函館フェア5

カレーでお腹いっぱいになり、家に持ち帰って食べました。

しっとりした生地に、どっしりと存在感のある、でもしつこくないアンコ。

ネットで調べると、アンコは北海道道南地方の大納言を使い、

三日間かけて丁寧に仕上げてるそうです。

とても美味しくて、一個食べれば、一週間くらい元気に笑えそうな味です。

ドラえもんはどら焼きが好きだったなあ、と思い出させてくれました。

ドラえもんに、アタシもどら焼きが好きだよ、と言いたくなりました。


そうそう、鹿児島のさつま揚げも買いました。

鹿児島函館フェア6

筍やニンジン、シイタケと一緒に煮てみました。おいしかったです。



とても満足な 鹿児島函館フェアなのでしたが、我儘なことに、アタシ、

藤崎デパートさんに要望があるよ。

こういう展示会に来たら、あれもこれも食べたいもの。

カレーだけでお腹いっぱいになってしまって、他の名物を食べられなくなっちゃって

悲しいのです。あそこのソフトクリームとか牛乳とか、珈琲とか飲みたかった!

ハーフサイズ、四分の一サイズなど、揃えていてくれたらなあって思います。


よろしくお願いしますよ。

次の フェア の時、チェックしてますから。って、また開催してほしいのか!

ほしいんです!

遠いところの名物を楽しめるのは、ありがたいです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



スポンサーサイト

このページのトップに戻る

言うべき?

2018年05月23日

先日、歯医者さんに行って診察してもらい、その会計のときのこと。

アタシが会計&支払いの順番を待合室で待っていると、アタシのあとに診察が終わった

と思われる老婦人がやってきました。

老婦人はまっすぐに会計窓口に行き、偉そうに言いました

「いくら?アタシはここの院長とは昔からの知り合いなのよ」

あわてて会計計算をしたお姉さんにお金を支払った老婦人は、帰っていきました。

そのあとに、アタシが名前を呼ばれまして、会計を済ませました。

順番、守ってないよね~守ってほしいなあ。

一言言いたかったけれど、言ったところでどう変わるとも思えず、

時間の無駄と思ってやめました。



また、先日、知り合いの女性との会話で、その女性が言う言葉に

絶句してしまいました。

「男ってね、自分の母親に似た女性を妻に選ぶものなのよ。

 だから、お嫁さんとアタシ、すごく似ているの」

それって、100%絶対そうなわけ?

そういうケースもあるだろうけれど、そうじゃないケースもあるのでは?

第一、アタシ、自分と姑が似ているなんて考えたくないんですが。不快ですが。

でも、何も言いませんでした。

彼女は、何でもすべて、絶対こうだと決めつけるタイプで、それを否定されることを

好みません。アタシがどうこう言っても、どうにもならないでしょう。

アタシ、とても親しい間柄なら、反対意見も言いますが、そうでなければ言いません。

言っても仕方がないと思ってしまいます。

アタシが正しいとアタシは思っても、それは絶対じゃない。考え方が違うだけで。

そんなに親しくない人の考え方を自分のそれに近づける必要もないでしょう。



でも、思うときがあります。言うべきなのかなあ。

歯医者のときも。母親に似た人を選ぶ説のときも。

言わなければ肯定しているみたいかなあ?

どう思います?そういう時、言います?自分の意見。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



このページのトップに戻る

会見で昔を思い出して

2018年05月22日

上の娘は、中学生のころ、ブラック部活の筆頭にあげられる

某文科系部活に所属していました。文化部でブラック?もうお分かりかと。


全国大会出場のため、朝早くから夜遅くまで練習がありました。

夜の練習が終わってからも、自主的な練習と称して、

どこかのマンションの共同なんとか部屋を借りて

集まって練習するという 伝統 ってやつがありました。

夜の9時過ぎまで、練習です。


ある夏休みのことです。朝は7時半から夕方6時ころまで部活がぶっ通しでありました。

猛暑でした。気温は36度くらいになっていました。

先生の指導のもとで、何度も何度も、通しの演奏をさせられました。

ある小柄な女の子、〇子ちゃんが、過呼吸になりました。

みんな中学生です。過呼吸なんて、見たことがありません。

〇子ちゃんは苦しむ。周りの子どもたちも驚いて怖くて、騒然となりました。

当然、一斉演奏練習は止まりました。


〇子ちゃんが苦しんでいる!死んじゃう!


先生は言いました。

「なんで(練習)止めるんだ。たるんでる!続けろ!」


先生の怒声に、中学生は、続けざるを得ませんでした。

〇子ちゃんが苦しむなか、演奏は続きました。


〇子ちゃんが、〇子ちゃんが、どうしたらいいの?

怖いよ、怖いよ、〇子ちゃんはどうなるの?


でも、中学生は、暑い中、いつも絶対君主として君臨している先生の言葉を

さえぎって、保健室や職員室にかけこむとか、救急車を呼ぶとか、

そんなことを思いつくことができませんでした。頭が真っ白になって、

〇子ちゃんを助けるどころか、先生の言葉どおり演奏を続けるしかできなかったのです。


部活後、帰宅した娘からその話を聞きました。

「〇子ちゃんは大丈夫だったの?」

心配したアタシが尋ねると、娘は

「そのあと、先生もヤバイと思ったのか、救急車呼んだみたい。

病院に運ばれて、〇子ちゃん大丈夫だった。良かった。でもアタシ、怖かった

〇子ちゃんが死んじゃうかと思った。先生は良くない。あんまりだ!」


以前から、アタシ、学校側には部活の体制について、お願いをしていました。

でも、娘が

「そんなことを親が言うと、アタシが先生からにらまれるからやめて!」

と言うのです。


先生は、自分が顧問をつとめる部活が、大会で良い成績をあげると、

学校内で鼻高々だそうです。父兄も拍手喝采です。

でも、部活って、先生や学校や親の名誉のためにあるのでしょうか?

頑張る子供たちのためにあるんじゃないでしょうか?

子どもたちが健全に成長するためにあるんじゃないでしょうか?

苦しむ友達を助けないで、練習を続けたことを悔やむ娘を思います。

卑劣な行動をつらく思う若者を思います。


今日、ある会見を見て、ずいぶん昔のことを思い出しました。

ご本人の気持も、親御さんの気持も、思わされます。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

特捜9の絵本読み聞かせ

2018年05月20日

こないだ、テレビドラマ「特捜9」を見ていたら、

特捜9


寺尾聡さんが、小さな女の子に絵本を読んであげるシーンがあって、

特捜9読み聞かせ


そのあたたかさ、上手さ、に感激してしまいました。

さすがプロです。

けっして声を張り上げるでなく、たんたんと、優しくて

それでいて、お話の内容がすっと頭に入ってきました。素敵。

男性の低い声で絵本を読むっていいものだなあ。

思わず、YouTubeで寺尾聡さんが「ルビーの指輪」を歌うのを聞いてしまいました。


お友達に教えてもらい、たまにNHKの「テレビ絵本」という番組を見ています。

てれび絵本


ベテラン俳優さんなどが、画面に出される絵本の絵に合わせて作品を読むのですが、

そのすばらしさに、胸がいっぱいになることが多々あります。

大杉連さんが佐野洋子さんの「おじさんのかさ」を読まれたときは、

おじさんのかさ

チャーミングなおじさんの様が浮かび上がるようで、改めて、絵本「おじさんのかさ」の

良さを思い知らされました。

また、榊原郁恵さんが「おかあさんがおかあさんになった日」を読まれたときも

おかあさんがおかあさんになった日


驚きました。アタシ、「おかあさんがおかあさんになった日」って、知ってはいたけれど、

そんなに好きな絵本と言うわけではなかったのですが、

榊原郁恵さんのユーモアあふれる魅力的な声に

おかあさんが生まれてくる赤ちゃんを愛おしく思う心が、、、、

自分にしんみり染みてきました。

郁恵ちゃんは、

バラエティ番組でびっくりした顔をしているおばさんなだけじゃないんだ、

才能あふれる女優さんなんだ!と思わされました。


良い声を聞くと幸せな気持になれます。

アタシは、趣味で、小学生向けの絵本読み聞かせボランティアをしているのですが、

ますますやる気になりました。

シフトの関係で、ちょっとお休み期間が長かったけれど、そろそろ始まります。

とても楽しみです。

子どもたちに楽しんでもらえるように、練習頑張ります☆






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

羽田圭介「成功者K」感想

2018年05月18日

なんだこの表紙は!  読者を馬鹿にしているのか! 

インパクトある素敵な表紙だわ☆ なんてわかりやすいのかしら☆

羽田圭介「成功者K」  以下、ネタバレ多く含む感想です。

成功者K_


芥川賞受賞後、売れない小説家だったKは、一躍時の人となる。

成功者Kの誕生だ。

テレビに出まくり、その効果で本は売れ、ファンレターをくれる複数の女性ファンとの

情事に明け暮れる。

芸能事務所に所属しない成功者Kは、えげつないギャランティの交渉も行う。

バラエティ番組でのリアクションの取り方も上手くなってきた。

しかし、密着番組の取材を受け始めるあたりから、歯車が狂いはじめる。

気まぐれに関係を持った正体不明の女性から脅迫めいたメールをもらったり、

売れない時代からの彼女にフラれたり、ギャラの未払いに悩んだり、

バラエティ番組でも、スタッフからダメ出しを貰ったり。

それになんだろうか、頭痛がひどい。

やがて成功者Kは気が付いていく。


抜粋「芥川賞をとって成功者Kに変身したと信じてきたが、有名になったのは

    成功者Kだけだ。小説家Kは、たいして有名になっていない 中略  

    遊んでいる場合ではない。Kは新たな小説を書き、小説家の自分が

    己の力で成功者にならなければならないと



さて、続きは。ラストは。 

下の方に書くよ。これから読もうと言う方は読まないでね~。

成功者K2


アタシは、その意外な落とし方に驚きました。

Kは、壊れるのです。分裂してしまいます。気が付くのが遅かったのか!

   取りようによっては、前半部分が壊れているとも考えられるが。


それはないだろうと思いました。

前半、とてもリアリティあふれる現実的な内容だったのですよ。

とても客観的で直接的な文章の連続でした。

それが急に、客観的で間接的になってしまうのです。

文豪が、庭の風景や鳥のさえずりやなんかで、何かを暗示するような手法が、

急に使われてるように感じたのです。突然、行間を読めと言われているようです。

行間を読めという意図が、わかりやすいのがまた、、嫌だ!


人それぞれ、読者それぞれ、好みの問題だと思います。

アタシとしては、最後まで、キリッキリに現実的に書いてほしかったです。

マスコミに翻弄され、テレビ番組の嘘八百に埋没し、壊れるっていうラストは

良いのですが、それを現実的に書いてほしかった~。

あくまでも、アタシの希望ってだけですが。


とはいえ、文章がうまくて読みやすく(プロの小説家なので当たり前ですが)、

前半なんて、声に出して大笑いする箇所もたくさんあって、

なかなか読み応えのある小説でした。

ご本人の主演で映画化されないかな~笑  


おっと、なんだかんだ文句言っておきながら、

結局この小説が好きなんじゃないかアタシは!


これ↓も面白かったです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ