きたあかり日記
FC2ブログ

トップ

深く考えないでいよう

2020年09月25日

ちょっと更新できなくていたけれど、アタシは元気です。

先日は、夫の実家の方のお墓参りに行ってきました。姑の様子、心配していたほどではなくて、確かに、まだらボケは感じられるけれども、もう少しは大丈夫な感じ。3年後はどうなるかわからないけどね。しっかりしてない言動をするたびに、息子(アタシの夫)にひどく叱られ、かわいそうでした。叱ったって、テキパキはっきりできるわけじゃないのに。

昔からそうなんだけれど、姑は、自分がミスをすると、それを何とかごまかそうとして、ウソを言うんです。10年前は、ウソをつきとおすことができたんだけれど、最近は、嘘をついたことを忘れてしまって、後から本当のことを言い、矛盾してしまうんです。

叱られても、姑は息子(アタシの夫)に感謝し、こうやって来てくれるから、なんとかやっていられる、ありがたい、と言ってました。確かに夫の兄(東京在住)は、全くなにもしてくれないので、我が家がアレコレしてあげないと彼女の生活は成り立たないのです。それを思うと、彼女は、嫁のアタシを、あんなにいじめなければ良かったのになあと思います。

アタシの下の娘は、就職して実家にもどり、今はアタシと同居しているんだけど、アタシがもっと年を取った将来を思うと、あらためてありがたく、心強いなあと思っています。周りからも「将来、安心だねえ」と言われるのですが、アタシはラッキーなんでしょうか。ま~娘の負担にならないよう、健康に気をつけなくちゃね。それから、娘と仲良くしなくちゃね。機嫌をとる必要はないけれど、あまり干渉しすぎず、娘の意見を尊重しながら同居しよう。

職場のお姉さま方の話を聞くと、みな、アタシより少し年上なんだけれども、舅の介護や、共稼ぎの娘夫婦の子供の面倒、転職した旦那さんのケア、などなど、八面六臂の活躍をされています。嫁としてのことだけじゃなくって、趣味の活動もちゃんとしてて、たいしたものだと思います。アタシにもできるかなあ。

ひどい家庭に育ち、フルタイムで働きながらの子育てを終え、やっとゆっくりできると思って幸せに暮らしているのに、次の苦労があるのかと思うと、ゲンナリだけど、ま、深く考えないでいよう・・・・・!

今日はこれから、東京在住の娘が帰省してきます。コロナのせいで、ず~~~~~っと帰省してなかったんだけど、そろそろ良いかなということで帰ってきます。久々に顔を見るので楽しみです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



このページのトップに戻る

早起きも年齢のせいか

2020年09月16日

今朝、妙に早く目覚めてしまいました。

昨日、朗読教室に行って疲れて、早く就寝したからかなあと思いますが、若いころは、朝はいつまでも長く寝られたので、年をとったのだろうなあと思います。

(朗読なんて疲れないでしょ、と思われるかもしれませんが、個人レッスンということもあり、ず~~~っと1時間も朗読しているので、かなり疲れます。先生は有酸素運動だから痩せるよとおっしゃいます)


周りの知り合いで、転倒して怪我をしたって人がけっこう多くいます。顔が傷だらけになったとか、骨折したとか、ひどい怪我をして大変!たいした段差でもないのに、つまづいたとのこと。アタシも、年齢的に、気をつけなくちゃなあと思います。暑さのせいで中断していたテレビ体操を再開しようっと。筋トレも。体操すると気持ちが明るく上向きになるし。そうだ、ウォーキングもすればよいのねって、早く起きたんだから、近所を散歩すればよいのに、こうやってパソコンの前に座っているんだから、いかんなあ。


関係ないけど、定禅寺通り沿いの蕎麦屋さんから見えた ケヤキ並木の葉っぱ。

定禅寺通りけやき並木


そこの蕎麦。

蕎麦二色盛

不愛想な店主も、まるで冷麺のようなゴムのような麺も、サービスコーヒーの味の薄さも、一緒に行った朗読仲間との楽しいお喋りのおかげで気にならず、楽しい昼食でした。年をとっても、日に枝を伸ばす木々のように、晴れ晴れと元気に生きたいです。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

映画「ジュディ 虹の彼方に」

2020年09月15日

医師 「うつ病の治療として、これまで何かやってきましたか?」
ジュディ「4度の結婚かしら。ま、全く効果なかったけどね」

↑ 映画「ジュディ 虹の彼方に」
  ジュディが、医師の診察を受けてるときのセリフ。

ninijino.jpg


オズの魔法使いのドロシー役で一世を風靡した子役 ジュディ・ガーランド。
40代後半となり、お金に困るようになっていた。今夜泊まるところもない。
パーティで知り合った男が持ち込んだ ロンドン公演の話に乗る。
ロンドンの人々は好意的に歓迎するが、わがままで遅刻魔で、客に罵声を浴びせるなど、ジュディは、得意の大スターならではの失敗ばかり重ねてしまう。とうとう、クビを宣告され・・・。


ジュディ・ガーランドの本物↓。

ozno.jpg

子役のころ、ダイエットのために極端な食事制限を強いられ、覚せい剤を飲まされ、悪夢のような日々だったことが映画で描かれていました。40代後半となっても、まるで、救いを求めるように、薬を飲みます。お酒や煙草も。

ハリウッドの闇に袋叩きにされ、人間性は崩壊。当たり前の善悪を判断できない人になってしまってるのかと思いきや、きらりと光る ウィットに富んだ言葉を吐きます。このブログ記事の冒頭に乗せたのもそうなんだけれど、この人は本当は、とっても頭の良い、まっとうな人なのではと思わされます。まっとうだからこそ、ハリウッドに苦しんだのでは?

ゲイであることで迫害されているファンに ジュディが声をかけたことば
「世間は追い回したがる。自分たちと違う人間が気に食わないのよ。
 くそくらえ」



ジュディを演じたのは、レネー・ゼルウィガー。ブリジット・ジョーンズの日記とかシカゴとかで有名な。
この人。

renee.jpg


で、この映画のジュディはこんな感じ。

judy1.jpg

映画観てて、全く違う人でしょ、特殊メイクがすごいなあ、と思ってたけど、写真を比べると同じ人かもって感じでしょうか。。
姿勢とか歩き方とかが、全然、ブリジット・ジョーンズと違ってて、たるんだ中年の感じがよく出てて・・だからかも。

歌もうまくて、心打たれました。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

エドワード・ケアリー著「おちび」

2020年09月11日

「おちび」

1761年、スイスの田舎町に産まれたマリー(小柄なため おちび と呼ばれる)が主人公です。
移り住んだフランス革命期の パリ を、懸命に生きぬく彼女のたくましさに圧倒されました。

おちび


やっと戦争から帰ってきたお父さんは、大けがをしており、すぐに亡くなってしまいます。
幼いマリーとお母さんに残されたのは、赤貧 のみ。
家政婦の職があるという話を頼りに、スイスのベルンに行く二人でしたが、雇い主である医師、クルティウスは、病院の依頼で蠟で人体の模型を作る人で、死者の体の一部が家に運び込まれ、部屋には、得体のしれない物体が入ったガラス瓶が置かれ、不気味な人体のパーツ(内臓)模型が置かれ、奇妙な道具が置かれ、、、、
手伝いを求められたお母さんは、なじめず、突然、自殺してしまいます。

マリーは毛布をかぶって泣きます。
でも、思いつきます。自分の鼻がお母さんそっくりだということを。この鼻があれば、お母さんを思い出すことができる。誇らしい、と。
マリーは、クルティウス医師を助けながら、蠟でほんものそっくりの臓器や人形を作る技術を身に付けて行きます。

しかし、その後も、これでもかこれでもかと、マリーに不幸が舞い込みます。

経済的に困窮したクルティウス医師と一緒にパリに移り住むも、大家の未亡人に徹底的にいじめぬかれ
頼みのクルティウス医師は、未亡人に心奪われ、かばってくれないし、
好きになった人は、未亡人の策略で、他の女性と結婚し、
クルティウス医師の蝋人形が評判になったことがきっかけで王宮に移り住むも、人間扱いされない、扱いをされ、
革命期の騒動に、スイス人であるとかどうとか、わけわかんない理由で逮捕され、あわや処刑されそうになり、

こんだけ不幸の連続であったら、人間性が破壊されてもおかしくないと思うのですが、マリーは、けっして卑屈にならず、いつも堂々としているのです。権力に媚びないし、生きるためにであっても自分を偽らないのです。ぶたれても、面と向かって自分の意見を言います。お見事。

ラストの方で、物語が突然早くまわりはじめ、無理やりまとめられた感はあったのですが、なかなか楽しめました。
エピソードいろいろのダイナミックな猥雑さが半端ないのよ。

心に残ったひとつが、マリーアントワネットの最初の出産のシーン。王妃の出産は、当時の習慣により公開で、大勢に見られるのですが、マリーもどさくさに紛れて見に行きます。押し合いへし合いで大勢が押しかけ、出産が見えないので、マリーは戸棚の上によじ登ります。そして、見ます。卑猥で騒々しい様子がリアルで、今では考えられない習慣が不気味でしたが迫力でした。

それと、マリーが逮捕されて、幅6メートル、奥行き9メートルの牢に女ばかり20名ほどと一緒に牛のように閉じ込められて処刑を待つシーン。いつ名前を提示され、ギロチンにかけられるかわかりません。(結局は免れるのですが)
それを
「わたしたちにはありあまる時間があった。
 わたしたちには一刻の猶予もなかった。」

と表現しています。なんという緊張感か。なんという客観か。皮肉か。
掃除洗濯なんてとんでも無理。排泄には、皆で一つのバケツを使う、家畜のような状況。でも、マリーは負けません。屈しない精神的強さは、恐ろしいほどで、クルティウス医師が作る、内臓の模型や、医師に蝋人形を作ってもらうために持ち込まれる死体を想像するより寒気がします。

マリーの生き様が、美しいのか醜いのか、と言われると美しいのですが、何が美しくて何が醜いのか、頭ぐるぐるで迷宮に迷い込んだ気持ちになりました。文章の混沌としたパリの雰囲気に酔ったようです。

ああ、炭酸飲料飲んで スッキリ したい。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

髪飾りで楽しむ

2020年09月08日

姑の様子が、もう一人暮らしは無理なんじゃあないかというふうになって、心配なんですが、彼女としては、自分はまだまだしっかりしている、という認識でして、
困りました・・・。

遠方に暮らしているので、簡単に様子を見に行くこともできず、
できれば施設に入ってもらいたいところなのですが、
本人が「自分はボケていない」と言って怒るでしょうし、
金額的な問題もあり、頭が痛いです。

息子である夫と、夫のお兄さんとで、ちゃんと話し合ってほしいです。
ボケたおばあちゃんを責めて悪口言ったって、どうにもなりません。
今後、どう対処していくか、考えなくちゃいけないと思います。

と、嫁のアタシが言っても、聞く耳持たず・・・。

まあ、嫁のアタシの意見なんて、聞いてもらえたためしがありませんからなあ。
もぉ、知らないよ! ← ちょっと怒っているアタシ。

優しくしてもらっていた家族であれば、もっと積極的になれるんだろうけれど、
けっしてそうではないので、傍観しようと思います。

  

さて、お話は変わって、アタシの髪型の話。

憧れのMichaelになりたくて、パーマをかけて、はや一年と数か月でございます。
最初は、Michaelに似せようとあがいたけれど、美容師さんに勧められるままにパーマは推移し、、
今では、こんな風になっております。。

2020髪

この夏、暑くて、結んでいるうちに、ふと気が付きました。

せっかくだから、髪を留めるグッズを使って楽しんでみたら?せっかく髪が長いんだし。

髪アレンジグッズ

写真はありませんが、やってみると意外と簡単で、パーマのせいかまとめやすいです。


↓イメージ。画像お借りしました。アタシじゃありません。

目標ヘア


現実逃避じゃないぞ~!










↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ