きたあかり日記

戦災復興記念館

2017年10月16日

戦災復興記念館  ここに行ってきました。


政宗公の街づくりの様子、そして江戸の頃の街並み、に始まり、

江戸時代の仙台市


昭和20年7月10日の大空襲で被害を受けてから、その後、復興を遂げるまで。

仙台空襲後の人々

仙台空襲後街並み

戦災消失区域図

写真など貴重な資料が展示されていました。


興味深く拝見していると、語り部と言われるおじいちゃんに話しかけられました。

(語り部の方は、自分の戦争体験を語るために、常駐してくださっているようです)


「どこから ござった?」

「今日は、どういったわけで (来たのですか) ?」


アタシは

「旅行で遠くに行った際、その地のボランティアガイドさんの知識の深さに

感銘した。自分は自分の住む街の歴史知識が乏しいことを反省した。

これから勉強したいと思って、今日ここに来た」

といった意味のことを答えると、おじいちゃんは、とても感激してくれました。


「それは素晴らしい!」

「そんな人は滅多にいない!」


おじいちゃんは、93歳。

来館者が非常に少ないことに加え、

最近の若い人 (彼によると60歳ぐらいより若い世代は、若い人、らしい) が

自分の体験を聞く耳を持ってくれないことに、とても危機感を抱いているらしく、


「ここにいて、100人お客さんがきても、そのうち、本当に聞きたいと思って

 聞いてくれるのは3人くらい」

「自分の体験を聞いて、これからの社会全体がどういう方向に行くべきなのか

 広く大きく考えてほしいのに」

「孫は大学生だが、全然、話を聞いてくれない。スマホばかり見ている。

 スマホに夢中で、人に思いやりを持てない人が多いのではないか」


と熱弁をふるってくれました。


アタシとしては、そういうことも有難く聞きたいのはもちろんですが、

彼の、昭和20年前後の壮絶な体験を、より聞きたかったのです。


でも、93歳のおじいちゃんが、一生懸命喋ってくださっている

その話の腰を折るのも申し訳ないので、うむうむ、と、頷きながら聞きました。


おじいちゃん、また行くからね~。   

いつまでも、元気で熱弁をふるってね~。

その時は、アタシも熱く語るわよ~ん。
             


追伸:聞く気持ちの無い人ばかりというのは、この施設の運営と言うか

    宣伝方法にも問題がある気がするわよ。

    政宗公生誕450年、何か郷土への思いを この施設へと

    掘り起こすアイディアはないものかねぇ。  おじいちゃんのためにも さ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

乳がん検査

2017年10月13日

今日、午前中に、乳がん検査(マンモグラフィー)を受けてきました。

検査を受けたことのある女性の方はご存知と思いますが、

あれは、とても、痛い!

検査室に入ったアタシはとてもブルーな気分・・・ (T_T)

そんな時は、そうだ、楽しいことを考えようと、、、思いまして、、、

「今日のお昼ご飯には何を食べようかな~ららら~」

と頭の中を食べるものでいっぱいにしてみました。

アタシは、ブログネタを考えるのと同じくらい、食べるものを考えるのが

好きなのです。ラブ~。


真剣に考えました。


ラーメン食べに行こうかな。

いつもは、チャーシュー麺なんて贅沢な注文はしなけれど、

ええい、注文してみようかな。たまには、いいだろ。

そういえば、肉、食べたいな。肉肉、肉肉肉、いひひひひ。

貧血撲滅のために、肉魚タマゴ食べなくちゃな。

肉といえば、牛丼か。うふふふふ。


すると、検査技師(女性)が、慌てた様子で言いました。

「大丈夫ですか!具合悪いですか?少し休みましょうか?」


え?   Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


どうも、アタシの真剣に考える様子が、具合悪いように、体調最悪のように

見えたようなのです。

「大丈夫です」

アタシは答えました。


検査技師さん、心配してもらってすみません。

お昼に食べるものを考えていただけなのです。そんなに深刻そうでしたか?


人の心の中を推し量るのは、難しいものだわよ。

学んだわ(´・_・`)





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

せんたっき 考

2017年10月11日

葉さし してた”虎の尾”に赤ちゃんが! 嬉し~(^◇^)

虎の尾赤ちゃん
見える?


さて、先日の、アタシと妹の会話です。

東北弁が激しいので、直訳を付けてみました。


妹  「家のせんたっき、調子われくてよ~

    こわっだみだいなのよ~」

          直訳 家の洗濯機が調子悪いのです。

              壊れたみたいです。


アタシ「何年なるなや?」

          直訳 購入して年々になるのですか?


妹  「5~6年くらいんねべが」

          直訳 5~6年くらいではないでしょうか? 


アタシ「んだら、まだまだ寿命んねのんねが?

    うちのせんたっき、10年ぐらいなっじゃあ」

          直訳 そうでしたら、まだまだ寿命ではないでしょう。

              我が家の洗濯機は、購入して10年くらいなりますよ。         


話していてアタシは思いました。

アタシも妹も、洗濯機のことを せんたっき と発音します。

これは、世間的常識から言うと、異常ではないでしょうか?

正確には  せんたくき  と発音するはずです。

夫からも指摘されたことがあります。

「せんたっき じゃあなくて せんたくき だろう!!!」


ん~   ( ̄^ ̄)ゞ

せんたくき を せんたっき と発音するのは、アタシと妹独特の習慣で

かなり変な言葉でしょうか?? 

実家でだけ通用する方言でしょうか??

一般的には せんたくき と 発音されているのでしょうか?

でも、子供の頃から、ずっと せんたっき と言ってきたので

アタシにとっては、

電気ポット を 電気オット と発音するくらい違和感があります。

あるいは、

スーパーマーケットを スッパイマーケット と発音するくらい違和感があります。

もしくは、

電子レンジを、電子オレンジ と発音するくらい、違和感があります。



ここで、質問します!

みなさまは、ちゃんと せんたくき と言っていますか~





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

後悔する性格、後悔しない性格 その2

2017年10月10日

ロケット?

ロケットおくら


ああ、オクラがロケットみたいな形だからか。なるほど。

オクラを食べて、宇宙気分なアタシ。

もう夏も終わりだから、ロケットも終わりかあ。気持だけ、飛ぶよ。 どこに?(´・Д・)」



さて、昨日の続きです。

アタシは、ほとんど後悔しない性格です。

各種会合で気の利いた発言が出来なくて、ああ言えばよかったなあと後で思ったり、

断捨離で捨ててしまった服を、捨てなければよかったなあと後で思ったり、

そんなことは、しょっちゅうですけれど、

それは、他愛のない普段のちょっとした感情で、

次は気を付けよう、で終わります。


対して、上の娘は、後々、後悔する性格のようです。

部活動は何をするか、入ったら、どう活動するか、

友達とどう付き合うか、どんな洋服を買うか、どんなバイトをするか

進学をどうするか、などなど、、、

で、けっこう、ネチネチ、ひきずるみたいです。


思うに、育ってきた環境の違いが、そうさせている面も大きいと思うのです。

人間の性格の形成には、育ってきた環境と同時に、先天的なものもあると

当然推理されると思います。それはそれとして、先天的なものもあることは否定せず、

今は、育ってきた環境面だけを、あえて考えてみます。


アタシは、親に何もかも強制され、脅迫され、

さらに、親の不祥事で世間から白い目で見られ、育ちました。

だから、自分の努力の範疇を超えた、どうしようもないところで

運命が決まることが多かったのです。

自分に責任が無いところからスタートするので、後ろを顧みません。

次、次をどうするか、工夫することを考えました。どうすれば、有利になれるか。

どうしたら、この状態を脱することができるか。

それだけです。自分の過去の行動には選択の余地がなかったのですから。


反対に、娘は、自分で決めなければならない状況が多く、育ちました。

アタシが、自分が何もかも決められない人生を送ってきて、

それが嫌で悔しくていたので、

娘には、自分の行く道は、自分で決められるようにしてあげたかったのです。


いつも親が決めていて、突然に自分が決めなければならなくなったら、

対応しきれないと考えたアタシは、娘が小さいときから、

ほんの些細なことを決めさせていました。

「オレンジジュースと、りんごジュースと、パイナップルジュース、どれがいい?」

くらいから始め

「一冊だけ絵本を買ってあげる。この本屋さんで売っているなかから一冊だけ選んでね」

と、小学生になれば少し高度な選択をしてもらい、だんだんと

部活動は何をするか決めるとか、行きたい高校を決めるとか、

工夫していました。

もちろん、本人が決められなかったら、親がアドバイスしたり、

じゃあ親が決めようかと提案したりは、しますよ。


でもそれが、娘にはプレッシャーだったようです。

後から「あの時こう決めればよかった」と思いがちなようです。

自分で、ああできたのに、しなかった、がツライようです。

過去の自分の決定に不安なんです。


アタシの場合は、自分では絶対に決定ができなかったので、

迷いが無いんです。過去の自分に。

それがもう、癖になってるんです。



「自分の人生は自分のもの。自分が決めないで誰かに決めてもらって進んだら

 失敗したときに、自分じゃあなくて人のせいにしてしまうかも。

 人のせいにして起き上がることは、自分のせいにして起き上がるより

 きついんじゃああないか」

アタシがそう言うと、娘たちは

「それはそうなんだけどさ~」

と言っていました。


アタシが良かれと思ってした育児。娘たちにとっては、そうでもなかったのかもしれない

選択先がいろいろとあることは、迷いを産み、本人としてはツライのかもしれない。

絶対にこうしなければならないという道が無いなかから

自分の道を築くのは大変なことなんでしょう。人のせいにできないつらさ、わかる気がします。


娘の友達たちの中には、親からいろいろな制限をされている子も多いです。

それはそれで、その親子が幸せなら、いいのかもしれません。

幸せの形は人それぞれです。


アタシが人生を制限されて悔しかったってだけで、それが幸せって人も

いるのかもしれません。


この、後悔しない性格は、とても便利です。得してると思います。

後ろを見ない。

大変な前半生でしたが、こんな良い面もあります。


娘は、アタシの方針のせいで、不便な性格に育ってしまいました。たぶん。

今更、どうしようもないので、それはそれとして、

先を考えてほしいです。


あ、またここでも後悔しない性格が・・・・( ˘•ω•˘ )

だから進歩が無いのよねぇ。アタシ。


ま、いいか( ˘ω˘ )    だから、そこが~笑





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

後悔する性格、後悔しない性格 その1

2017年10月09日

ひまかっぷ  ヒマカップです。


さて、先日の事。

上の娘の上子が「相談したいことがある」と言うので、聞いてみると

「大学での勉強の、コースの変更をしたいけど迷っている」そうな。


なんでも、

大学入学時には〇×▽という学問を志して頑張ったものの、

実際に触れてみると、思ったような感じではなく、興味を持てない。

似た系統でも、〇×▽#という学問をやってみたい。

目指す職業につく就活をするにも、その〇×▽#を勉強していた方が有利なようだ。

でも、当初の志とは違う方面に行くのは、良くないのではないか

安易に、こっちが嫌だからそっちってのは、

結局、何事も成し遂げられなくなるのではないか?

だそうで。


もう娘は大学生。大学で勉強する内容を、云々と親が言う年ではありません。

まあ、迷いに迷ってしまって、アタシに背中を押してもらいたいだけでしょうね。


アタシは、自分で決めなさいと最初に断ったうえで、

「そこまでの意志があるなら、何も迷うことは無いのではないか、

自分がしたい勉強をすべきではないか」

と言いました。


すると娘はなんと言ったと思います?


「そ~なんだけどさ~アタシ、後から後悔する性格だからさ~

 あのとき、コース変更しなければよかったって、悩みそうでさ~」

ですって。


アタシは驚きましたよ。なぜって、アタシが、

ほとんど後悔ってことをしない性格だからです。

上子が、思い悩む性格ってことはわかっていたけれど

後悔しがちな性格だとはねぇ。。。。。。


「お母さんは、後悔ってのは、ほとんどしたことがないよ。

 だって、過去を振り返って、うじうじ思っても、過去は変えられないでしょ。

 将来どうなりたいか、自分の意志を見つめて、決めて、

 そうなるように対策を考えたほうが、よっぽど有益だわよ」

とアタシが言うと、上子は

「そう言われれば、そうだけどさ~」

とか何とか言っていました。


どうしたんだろ、結局???


と、後からよく考えてみると、娘の性格とアタシの性格の違いって、

育ってきた環境が違うからってのも、大きい気がするのですよ。

で、次回★



うちの ヒマカップ こんな風に使われています。

ひまカップの使い方




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ランキング

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking