fc2ブログ

小林カツ代氏訃報に泣く

料理研究家の小林カツ代氏が亡くなられた。

長く闘病生活をおくられていたのは知っていたが、

とうとう天国にいってしまわれた。


彼女の料理本をたくさん持っている。


今のように簡単にネットでレシピ検索ができない時代、

アタシは料理の本をたくさん持って参考にしていて、

料理研究家の第一人者である彼女の本は、

家庭料理として気さくに楽しめるので、

特に大好きだった。


すぐに手に入る材料で、気軽にできる。

ちょっとした工夫で、バリエーションが広がる。

など、ヒントがたくさんあって、得した気分になる。


一番のお気に入りは「お弁当づくり、あっと驚く秘訣集」という本で、

これは、厳しく鋭くお弁当づくりを指導しながらも、

暖かい気持ちにさせてくれる。


ケチャップで卵やきの上に絵や字を書いても、

蓋を開けたらぐちゃぐちゃになっているわよ、

そんなアホな飾りはやめなさい。


ゼラチンのゼリーを幼稚園児の弁当につめるような

バカなまねはやめなさい、暑い日の昼にはとけてべちゃべちゃになってます。


ソーセージばっかりに頼ってはダメ、

添加物が多すぎる。


はっきりダメ出しをするところが好きで、読みすすめると、

どうしたら魅力的なお弁当をつくれるかあれこれヒントが書いてある。


味にメリハリとリズムがあること。

冷めてもおいしくご飯にあうこと。


日本の伝統的な松花堂弁当がなぜ愛されるか、

それは甘いものやしょっぱいものが混在して味にリズムがあるから。

冷めて味が含まれる煮物などがあるから。


似た色のおかずを隣同士にツメナイこと。

お弁当のふたを開けた時に、カラフルにおいしそうに見えるように。


愛情だなあ、って思う。

職場や学校で嫌なこともあるだろう家族が、

お弁当のふたを開けた時にだけでも、明るいうれしい気持ちになるように、

思いやっている気がする。


カツ代さんの息子さん、料理研究家のケンタロウさんは、

大きな交通事故にあわれたあと、どうされているのだろうか?

回復をお祈りする。


カツ代さんとケンタロウさんの二人でテレビに出て、

照れくさそうにしながらも、嬉しそうな二人を覚えている。






スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/28 22:36 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

旦那さんってどんな人?

就職したら、旦那さんってどんな人?とよく聞かれるようになった。

どんなって言われても、普通のオヤジなんで、形容に困る。

というか、もう長いこと一緒に暮らしているので慣れちゃって、

いちいち個性をみつけられないのである。



でも先日、おばちゃん四人とランチ中に、同い年の女性が

「うちの旦那、超細かいのよ!むかつく!

 ご飯出すと、色どりが悪い、ここに赤があれば、とか文句言うのよ!」

と言うので、つい、我が家の恥を言ってしまった。




「冷蔵庫に数種類のヨーグルトが入れてあってね、

 朝、いちご味を朝食用に出したら、


 君!いちご味より桃味の方が賞味期限が近いだろう。
 
 いちご味より桃味を先に食べるべきだろうが!と

 夫がアタシを叱るのよ。

 え~だって今朝はいちご味が食べたかったんだも~ん、

 と反抗すると、ぶつぶつ不満そうに何か言ってる!

 桃味が食べたい なら、食べたいとそう言えばいいだろうが!

 ホント、扱いに困るわ」




わ~ははははっ


みんなに大爆笑された。

そんなにおかしいですか?

我が家にとっては普通の朝の風景なんですが、

「え~それで喧嘩にならないの~?」

 と笑いながら言われ、

「え?別にならないよ」

と言うと、また笑われた。


 





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/24 22:07 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

断定的なモノの言い方


地域性もあるのかもしれないが、

この辺りのおばちゃんは断定的にモノを言う。

以下、先日、ジムのサウナ内で聞いたおばちゃん方(推定年齢70代)の会話


おばちゃんA「やっぱり女は料理よ」

おばちゃんB「そうそう」


おばちゃんA「頭良くたって顔良くたって、ピアノが弾けたって駄目」

おばちゃんB「そうそう」


おばちゃんA「料理さえ上手ければ男は帰ってくる」

おばちゃんB「そうそう」


おばちゃんA「料理さえ上手ければ人気者。人生生活困らないわけよ」

おばちゃんB「そうそう」


若いころのアタシは、断定的にモノを言う年配の女性が大嫌いで、

発言そのものに激怒していたが、最近は逆に、いじりたくて仕方がなくなるのである。

(自分がその年齢近づいているからかしら~)


レインボウ「ま~それじゃあ、アタシも娘に料理を覚えさせなくちゃ~」

と話しかけてしまった。


おばちゃんA「あんた、娘何歳よ?」

レインボウ「あの~〇歳の高校生ですけど~」

おばちゃんA「ダメよ!高校生は部活が命よ。思う存分部活させてあげなさい!」

レインボウ「あ、はい」


このおばちゃんが「女は料理」「高校生は部活が命」と断定する

その人生いろいろ今までの経緯が知りたくて仕方がなくなるアタシ。

オトコが帰ってきたのでしょうか?

その手で今の旦那さんをつかまえラブラブなのでしょうか?

子供は部活で成果を出したのでしょうか?

オトコは何が大事なのでしょうか?

グッチ裕三さんやこうちゃんさん、マロンさんみたいに、料理研究家はどうなのかしら?

大事は他にあるのかしら~いひひ。



ちなみに、アタシと夫は味の好みが違っていて、

いつも彼には気の毒な思いをさせているし、

(本当に気の毒である)

子供は部活に一生懸命だけどアタシは別に協力していないし、

成果はさっぱりだぞ。

あれ?いつか両方帰ってこなくなるのかしら???



聞いておかなくちゃ。

帰ってこなくなりますか?断定的にお答えくださいよっっと。


と思ったけれど、サウナが暑くて出てしまった。






ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/20 20:48 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

お父さんを思う

私感であるが、労働とは尊いものだと思っている。

働いて金銭を得、衣食住を満たす。

職に貴賤は無い。どんな労働でも尊いし、

対価の額の高低はともかくとして、とにかく、尊い。


生きるために働いている、それ自体、偉いと思う。

生きることが尊いからである。

もしかしたら、そうではないのかもしれないが、自分ではそう思っている。


加えて、

働いて家族を養っているお父さんお母さんの労働が、とてもありがたいものだと

養われている子供は思うべきだと、いつも思っている。


当然のように、学校用具をそろえてもらっているが、

それは父母その他が、働いて得た貴重な金銭をつかって得ているものなのである。


養われている子供は、父母の労働とその対価としての金銭を

尊敬し、自分を尊重してもらうのと同じように親を尊重すべきなのである。


自己主張の強くなってきた高校生の娘二人にも負けず、

アタシは言うのである。


お父さんが一生懸命働いて衣食住を満たしてくれているおかげで、

生活のベースができているからこそ、

次を考えられる環境なのだぞ。


もし、学校の体育着を買えない、修学旅行の費用が工面できないとなれば、

そのことだけで頭がいっぱいになり、

体育や修学旅行に関して広がりをもった考え方ができなくなるのだぞ。


お父さんをバカにしちゃいけない。いくらおじさんでも、お父さんを大事にしてあげてね。

ちゃんと、おしゃべりしてあげるんだよ。


でも、子供たちと夫は、喧嘩して数か月以上口をきいていない・・・・

どうしたら・・・

そこなのよ・・・





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/19 22:47 ] 思いつき | TB(0) | CM(0)

クラムチャウダーに関する考察

「クラムチャウダーが好きだから、自宅で作ろうと思いたち、

 スーパーへはまぐりを買いに行ったのだが、このへんではなかなか、

 はまぐりを売っていないではないか!

 困っている」

と、最近この地に越してきた知人が言うので、

「え?クラムチャウダーと言えば、あさりじゃないか?

 はまぐりってのは?」

と聞くと、彼女は

「クラムチャウダーといえば、はまぐりが基本じゃ!」

と言う。


そうなのか? 


そういえば確か、彼女はサンフランシスコのクラムチャウダーがおいしかったと

言っていたことがあったが、その地のクラムチャウダーは「はまぐり」が

入っていたのだろうか?


と思ってそれを質問してみると


 「忘れた」 

と平然と言う。



アタシは多少調子に乗ってくる。

そう、アタシはお調子者。




あさりが一般的だと思うけどねえ、どうなんだろう。

 はまぐりってのは食べたことがないけれど、

 じゃあ、シジミはあ?シジミでいいんじゃあないのお?」

「貝のカラから身を取り出すのが面倒よ!

 のんべえのレインボウには良いかもしれないけどさ」


余計なことを言うヤツであある。




「じゃあ、牡蠣はあ?」

牡蠣臭さと牛乳は合わないわよ!

 私は牡蠣が嫌いだし」


自分の好き嫌いである。




アワビはあ?」

「高すぎるわよ。アワビは寿司で食べるもんよ」


そうなんでしょうか?




雲丹はあ?」

「煮込んでいる間に分解され、クラムチャウダーというより

 雲丹スープになりそうよ」


それはそれでおいしそうである。雲丹大好き~。



海鞘(ホヤ)はあ?」

「何それ?貝なの?」

確かに、貝というより、動物である。




「じゃあ、バナナはあ?」

「・・・・・・なんでバナナに飛ぶのよ!」

「だって、海鞘(ホヤ)は海のパイナップルだから・・・」




そう、その知り合いとアタシは、そんな意味不明な会話が大好きなのである。

滅茶苦茶真剣に話し込むのである。

結論としては、レインボウの家にその知り合い(女四:仮名)が泊まり込み、

各種クラムチャウダーを作成して味比べをして、さらに話し合うという

ことになった。


実現は、多分しないと思う。


もう少しすると、アタシたちには更なる深い疑問がわき上がるに違いないからである。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/18 22:22 ] 料理系 | TB(0) | CM(6)

甘い魔力

最近太ったのでダイエットと思っているのだけれど、

ダメだ・・・・

この職場、お菓子を食べる習慣があるらしく、

チョコレートをよくもらう。


甘いものをあんまし食べなかったアタシなのに、

無いアタマ使っているせいか、食べてしまう。


贈答お菓子も妙に多い。

ま~珍しいわあ、赤福~すご~い、みんなで食べましょう~~~

と誘われると、

食べてしまう。


ど~してここにいると食べちゃうのかしら~


と全員で言っているが、たぶんみんな、仕事が辛い からだと思う。


チョコとか甘いもので一瞬だけ現実逃避している気がする・・・・。




で、チョコって魔力がありそう。食べれば自分にも魔力がつくかしら。魔女になれる?






そういえば昔、「ショコラ」って映画があった。

ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップ、二人そろえばそれでもう魔法な感じだ・・・









ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/14 21:23 ] 思いつき | TB(0) | CM(4)

何かを暗示している

今日、用事があって、

娘二人と近所に自転車ででかけ、

その帰り道、

上り坂道にさしかかった。



中年のアタシは自転車を降りて引っ張る。

そしてその横を娘二人は鮮やかな立ちこぎでとおりすぎ、


「おかあちゃ~ん、先に行ってるよ~」

だって。


なんだよ。アタシをおいていくのかよ。


そう、子供たちは幼かった頃、三輪車に乗ってたよな。

アンパンマンの顔がついていた。


そして、小学校入学くらいに、やっと大きな自転車を買ってもらって、

補助輪を外して練習してさ。


そんな時もあったのに、


老いるわが身と月日の流れ、

もう、いいんだな、彼女たちは、アタシの手助けはそんなにいらないんだ、

って思ったりしてね。


手助けがいるのはアタシの方になっていくんだろうな。


ちょっとした日常の事なんだけれど、何かの暗示のようで

心にトゲのように刺さる。


針山かよ。







ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/12 23:15 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

スーパー銭湯妄想

今朝、「今日これから、アタシはジムに行こうと思っている」

と夫に宣言すると、彼は

「君は三連休だというのに、俺とよっぽど一緒にいたくないのだね」

と嫌味を言う。


そうですと言うとますます不機嫌になるので、一応

「え~じゃあ、どっか一緒に行く?別に行くところもないし~」

共通の趣味ゼロなので、あきらめるかと思って言うと

「温泉に行こう」

だって。

ということで、話し合いの結果はスーパー銭湯へGO・・・

しかし、一緒に温泉とかでかけたいならそういえばいいのに、

ネチネチ遠まわしに言うあたり、ホント、この人と暮らすのはコツがいるわ。


そのスーパー銭湯にはいろんなタイプのお風呂&サウナがあって、

アタシはけっこうお気に入りである。

まず、大好きな屋内大サウナに入る。そう、アタシはサウナ好き。

入り口には

「新聞雑誌の持ち込みはご遠慮ください」

との注意書きが!

何か理由があって銭湯サイドは困るのね。


サウナを満喫してサウナを出ると脇に水風呂がある。

そこには

「泳がないでください」

との注意書きが!

お湯だと泳がないけど水だとみんな泳いでしまうのかしら。

長さ3メートルしかないその水風呂で泳げるのだろうか。

やってみ・・・ませんけどっ!


そして、一番のお気に入り。屋外にあるサウナに行く。

そんなに暑くない設定温度のサウナの床に

適温のお湯が流れるようになっていて

客は寝転んでぼ~っとするという趣向である。

気持ちよくって、ほんと、お釈迦様のいる天国、いや、神様のいる極楽浄土

あれ?

まあいいや、寝ようという気もちよさ。

するとそこには

「ほかのお客様のご迷惑になる

みだらで不謹慎な行為はご遠慮ください」

との注意書きが!


みだらで不謹慎な行為って?何?

ここは女風呂で、男は入ってこれないと思うけど?

ふ~~~ん。女しかいないけど、



愛は自由よ。



そう、いろいろな形があっていいわよ。認めるわ。

でもしかし、他のお客様のご迷惑になるようなのはやっぱり駄目だ。



いや、しかし、不快感を持つ客だけだろうか?

かえって、快感を持つ客もいるかもしれない。



それは統計上、何か証拠があるから店側は言うのだろうか??




アタシはどっちなのか?



そうじゃなくって、



自由な愛を満喫するかどうかってじゃなくって、

それを見てどう思うか、どっちかということであって。


と妄想を膨らませ、仕事のあれこれを少しは忘れられ、

ありがとう、スーパー銭湯。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/11 21:46 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

人はなぜ


人はなぜ、丸いものを重ね、また連ねたがるのだろう。


だんご・・串に刺してあるが・・・

雪だるま・・・・人に見立てているのか・・・

鏡餅・・・・餅を重ねていいことがあるのか・・・


そう、鏡餅にみかんを乗せるのはなぜか・・・

乗せるのにいいアンバイだからとしか思えないアタシである。


いいアンバイだから、みかんを重ねてみた。

つい顔も書いてしまった。


みかん


「台所のテーブルにみかんがあるから食べていいよ~」

と、娘に言って食べさせてみたが、

顔を書いてあることはもちろん、重ねてあることも

何の感慨も持たず、感想はゼロだった。

気が付いていないようだ。






ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/09 21:06 ] 思いつき | TB(0) | CM(2)

明日は明日の風がふく

仕事で、ミスばかりしている新入社員のアタシ。

今日もあれこれやらかしたのであるが、

それを究明し修正している過程で、


同じ課のほかの社員たちの

超ど級の間違い が次々と発見され、


いったいどれからどうしていいのか、誰もわからないような

異常事態が発生!


アタシは、あんまし、経験はない、普通のおバカな 、中年女なんだけれども、

どう考えても、

シマツショとか、左遷とか、緊急役員会議とか、

そのくらいの、すごさでして。。。


   契約書の契約金額を二けた間違ってつくちゃった同僚が昔いたが、

   そんなレベルではないのである。 


一人出張中なので、明日みんなでどうするか相談することになったけれど、

おそろしい、おそろしすぎる。


みんな、人間だもの。間違えることはあるわよ。


間違え連鎖状態。これって普通なの?この会社では。


アタシのが伝染したの???


・・・・・


明日考えよう。明日は明日の風が吹く。


一番で銀行に電話しなくちゃ。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/07 22:33 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

疑問提示その2


夫が外出先から電話をかけてきて
「今産直市場にいるので何か野菜を買って帰ってやるが何がいいか」と言うので
家にない玉葱を頼むんだところ
戻った彼が持っているのはじゃがいもと人参であったので
「アタシが頼んだのは玉葱のはずだが」と問いただすと
「君も心の狭い人間だな玉葱もじゃがいもも人参も

だいたい同じ

じゃあないか!」と言い捨てられた。



「品切れだった」「間違った」など各種言い訳は考えられると思われるところであるが、
なぜそこでアタシを責めるような言い方をするのか疑問であるし、彼の言う
じゃがいも、人参、及び玉葱は、だいたい同じ、は真実なのだろうか?

もし仮に夫と同じようなオヤジが突然夜我が家に帰宅して
「あ~だいたい同じだ」とアタシが家にいれ一緒に暮らしたらどうなんだろうか?

じゃがいも、人参、玉葱、その個性の差は、夫とほかのオヤジとの個性の差と比べ、
どちらが大きいのだろうか?

疑問である。


と、疑問を持ちながら別に何事もなかったように、普通にご飯を一緒に食べた。

この人と暮らすにはコツがいる。







ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/04 21:51 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

疑問提示



疑問 ①

洋服を買いに行くと、店員さんは必ずアタシに

「背が高いからこそ似合いますよ」

と試着後の購入を勧めるのは何故だろう。

どんな店でも言われる。

確かにアタシはじゃっかん(じゃっかんねじゃっかん!)背が高いが

以前はそんな事は絶対言われなかった。

最近は、背の高さがコンプレックスにはならないと世間は判断するのだろうか。

甘いね。

どうなんだろう?



疑問 ②

いつも買う紙パックの安酒におまけがついてきたのはいいが、

なぜだ、酒のおまけがボールペンとは・・・。

500ミリペットボトル飲料のおまけがペットボトルホルダー、

ウィスキーのおまけがウィスキーグラス、

そういうのはわかるが、なぜ、酒のおまけがボールペン????

おまけに何をつけるか、大真面目に会議したのかな?

失敗?

いや、アタシがワカラナイだけで、真実の意図がそこにあるのかも。

わからない。

大企業の企業戦略がわからない。



疑問 ③

ジムに通っていますと言うと、

女性は必ず、月々の料金とかダイエット効果とかを聞いてくるのに、

男性は必ず「イケメンはいますか?」と聞いてくるのは何故だ?

自分も通えばイケメンになれると思うのか、

それとも、そのイケメンを自分に紹介してほしいのか、

わからない。わからないので、なぜそう聞くのか尋ねると

目を背ける・・・。

考えてみると、自分のことで精いっぱいで、他の人の容姿見目形なんて、

まったく見ていない。

なぜですか?

なぜ~~~?



以上三点、わからないのは愚鈍な田舎者のアタシだけで、

一般の優秀な方々はおわかりになっているのだと仮定し、

今から寝ます。

すみませんが教えてください。






ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/03 22:26 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

蜘蛛女のキス

映画「蜘蛛女のキス」をDVDで見た。


だいぶ昔、アタシに映画や読書や歌唱を

アレ見ろコレ聞けと命令する友人がいて、

その友人の命令で一緒に映画館に見に行った思い出の映画で、


アタシが「意味がわからない」と言ったら、

「レインボウの鈍さにはあきれる。これこれこうであれこれで」

と叱られた覚えがアル。


監獄で同部屋のゲイと政治犯が、たがいに心を通わせていく映画。


今見ると、主義主張や性癖は、仲良くなるのに障害にはならないのねって

思わせてくれるセンチメンタルな感じ。


愛情というか友情というか、そんな自分の感情が

蜘蛛女の蜘蛛の糸とキスみたいにがんじがらめに自分を囲い、

相手に同化していってしまう。


大事なのは相手なのか自分なのか相手を思う自分なのか、

彼との楽しい思い出なのか、


でもただ、ゲイの彼はそうしたかったのだろう。

したいから、そうしたんだ。

できて、良かったよ。ほかに前途はないんじゃ?


そして、政治犯は夢の中で恋人と遊ぶ。


意味わかりませんね。すみません。



映画はわかるわからないじゃない気もします。人間も。

一回は見てもいい映画だと思います。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/02 00:05 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

あけまして


あけましておめでとうございます。

良いお天気です。

子供たちと一緒にオムライスを食べながら

4代目市川猿之助の「義経千本桜」(この間NHKでやってたのを録画した)を見ました。



猿之助キツネは、

廊下から落っこちたかと思うと早変わりして縁の下から出てきたり、

階段をうさぎ跳び状態で上がって行ったり、

欄干をするする~としゃがんだまま進んだり、

天井から落っこちてきてポーズ決めたり、

片足を軸にしてうつぶせみたいな状態のまますごいスピードでくるくる回ったり

笑いながら観客席の上を宙乗りで飛んだり、



すごい体力と技術だ・・・内村航平かと思った。


何を思って舞台に立ってんだろう。そういう問題じゃないか。



ということで、皆様の健康とご多幸を本当にお祈りいたします。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/01 14:05 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)