fc2ブログ

紅白を見なくちゃ! その2

我が家のご近所に住んでいる黒人の外人さんは

歌が大好きなようで、

我が家の前の道を通るとき、大声で歌を歌っていることが多い。

というか、

ほぼ100%歌を歌っている。

けっこうなボリュームである。

家の中にいても聞こえる。


日本人みたいに、口ずさむとか、鼻歌とか、そんな感じではなく、

演歌歌手さんみたいに熱唱するのだよ~。



聞こえてきた最初の頃は、歌なのか叫び声なのかわからなかったけれど、

だんだん、

あれ?これは歌のようだ、とわかるようになった。

そして、

ここ数年で、どんどん上達する彼の歌声。



娘二人と、最近のこの上達ぶりでは、もしや、あのクリス・ハートさんのように、

歌手デビューするかも!なんて噂している。

顔が似てるし。

↑どんな根拠だ。



ということで、今年の紅白もクリス・ハートさんは見逃せないわ。

ご近所の人が紅白に出ているつもりになって応援するわ。

↑何か勘違いしている気もするが、まあ、いいでしょう。年末年始だし~。



クリス・ハートさん

↑うちの近所のクリス・ハートさんは、もうちょっと細身。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/31 20:08 ] 思いつき | TB(0) | CM(4)

紅白を見なくちゃ! その1

今年も残りわずか。

明日はNHK紅白歌合戦を

見なくちゃ。


アタシは妊娠中、

出産予定日まであと3カ月という時から、出産時まで

病院に入院した。

危険な状態だったから。

その3カ月の間に年末年始があった。


たまたま、その時期はアタシの他には誰も入院していなくって、

産婦人科病棟はアタシ一人。

大晦日の夜になり、一人寂しいアタシを可哀そうに思ったのか、

看護士さんが「待合室でテレビ見ていいよ」と言ってくれて、

アタシは一人で紅白を見た。

当時はスマホどころか携帯も無い時代で、

そしてその病院には病室毎にはテレビは無くって、

待合室でテレビを見るのは、最高の贅沢だった。


アタシは、ひがみ根性が強い性格で、

他の誰かが綺麗な服を着ていたり、楽しそうに笑っていたりすると、

悲しくなる方なのだけど         (当時はね、今は違いますよん)

その時は何故か違って、

テレビの中で、豪華おしゃれな衣装を着て

歌い踊って笑っている華やかな人たちを、とても嬉しかった。


まるで自分までが、この暗い病院を抜け出して、彼ら彼女らに連れ出され、

何の心配も無い世界に飛んで行けるような気がした。


賑やかでいいなあ。


婦長さんから

「もう消灯時間よ!寝なさい!」

と叱られて、自分の病室に戻っても、わくわくした気持ちは消えず、

支えられている感じだった。

何の根拠もないけれど、アタシの出産は大丈夫な気がしてきた。

あれはなんだったんだろう???



以来、紅白はなるべく見るようにしている。

ほっと安心する。

クリス・ハートさんが楽しみである。


ご近所に、そっくりな人が住んでいるのである。

つづく。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/30 19:58 ] 思いつき | TB(0) | CM(10)

ほんの少しでも

友人から小包が届いた。

お菓子が入ってた。


お菓子ありがとう



手紙も入ってた。


「やっと仮設(住宅)を出ることができました。

 建売住宅を買えたのです。

 震災の時は、いろいろありがとう」


小包を送ってくれたKちゃんは、大震災で自宅をやられ、

ずっと仮設住宅で暮らしていた。

震災のショックから立ち直れないまま、慣れない仮設での暮らしで、

かなりまいっていたけれど、やっと、本当にやっと、

新しく家を購入することができたんだね。


良かった。


震災直後の混乱の時、海の近くに家を建てて住んでいたKちゃんのことが

とっても気がかりで、返信用のはがきを同封した手紙を出し、

手紙は何とか、Kちゃんの元に届き、

返信のはがきをもらった時の嬉しさは、忘れられない。


ああ、生きていた、無事だった!


ほっとはしたけれど、不自由なKちゃんの暮らしを思い、物資を送った。

送ったけれど、見当はずれなものばかりだった気がするよ。

何を送れば喜ばれるのか、わからなくって、元気な気分になれるよう

変な柄の五本指靴下とか、明るい気持ちになれるような絵本とか、

パスタソースとか、野菜ジュースとか、送ったけれど、う~~~ん。

ごめん。アタシも動揺していたんだよお。


Kちゃんは、そんなアタシの見当違いもを受け入れ、覚えていてくれ、

今、こうやって、お菓子を送ってくれたんだね。

ありがとう。


そして、アタシはね、お菓子を送る気持ちの余裕ができたKちゃんを思い、

嬉しいよ。

震災の傷は、消えることは無いと思うけれど、

ほんの少しでも、前を向き、明るく進んで歩く元気が出てくれたらと思う。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/28 21:34 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

社長!

今度の働き先の会社は、とっても小さな会社なので、

パートのアタシでも、社長と一緒に仕事でお出かけすることがある。


その日の午前中も、社長と一緒にお出かけし、仕事のアレコレを済ませた。

ま~ここまでは普段通り。普通。


すると、午後、社長が事務室に来て言うには、

「社員のみなさんスミマセンが、私、具合が悪くて

今から病院に行ってきます。ごほごほっ!

ひっくしょん!

早退します。お先に失礼します」


社長はふらふらしながら事務室を出ていき、病院に向かったようだが、

その後の事務室の盛り上がりようったら!


「わ~社長、インフルエンザだったりして~やだ~全員うつされてたりして~」

「年末年始、社員全員寝込んだりして・・・」

「そういえば、顔色、悪かったですよ、朝から」

「この会社、社長で持っているようなもんだから、もし社長にもしものことがあったら!」

「止めてよ~縁起でもない」

「いや~、社長が具合悪いなんて、俺はじめてみたよ」

「ホント!ロボットかと思ったら、やっぱり人間だったのね~」

わはははは。


ひどいわね!社長が具合悪くて苦しんでいるというのに!

早退するのに、社員にスミマセンと言いに来るなんて、かわいいじゃあありませんか。

社長は男性で30代、独身の一人暮らしみたいだけど、

一人で頑張って治してね。


と、


「ホント!ロボットかと思ったら、やっぱり人間だったのね~」

言ったのはアタシです。ごめんね。

はい、頑張って働きますわよ。会社のために!


アタシ、うつされてないかしら~午前中、一緒だったし。

あれ?そうじゃなくって、彼がアタシの毒にあたったの?あれ?





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/27 22:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

怪我なクリスマス

今日は、知り合いの女性とランチ会で、いつもの通りにおしゃべりで大いにもりあがり、

帰り道にデパ地下で買い物し、

ニコニコしながら家に帰り、夕食の支度なぞしていると、

下の娘の学校から電話が来た。

「娘さんが部活動中にけがをしました。大至急、病院に連れて行かなければならない

状態のようだから、学校に来てください!!!」


わ~


急いで学校に行くと、保健室の先生が、この夕方の時間でも診察してくれる

近隣の病院をすでに探してくれてて、急いで娘を連れ病院へ~GO~


あ~


12月のゴトウ日(五のつく日のこと)だから、超、渋滞してるわ~

サンタさん、プレゼントも配り終わったと思うので、ちょっと

乗せてくれない?空を飛んで、アタシと娘を病院まで連れてって~


むり~



でも、病院について診察してもらったら、たいしたことは無かった。良かった。

本当に心配したよ~


無事、帰宅・・・・


夫と上の娘に連絡すると、とっても心配して、

夫は用事先から飛ぶように帰って来るし、あんなに下の娘と仲が悪い上の娘が

心配して、泣きそうになりながら、友達との約束を止めにして、帰って来るし~


最近は険悪な雰囲気の我が家だったけど、下の娘のけがで

妙に穏やかと言うか仲良しのような雰囲気になったよ。


下の娘は痛そうで、可哀そうだけど、、、。


下の娘は小学校一年の時の学童保育時間に校庭で怪我をしたにもかかわらず、

先生にそれを言えず、ただ痛さを我慢していた時があった。


今回は、ちゃんと保健室の先生に言う等、できたのだな。

成長したな。

としみじみ感動していたら、実はそうではなく、

全て友達がやってくれたようなのである。

娘が言っていた・・





まず、娘の怪我の状態を見て、歩行は無理だと判断した同じ部活の友達三人が

部活動をしていた体育館から、保健室に走ってくれたそうだ。

当初、保健室の先生は、

「怪我をした本人が保健室に来なさい!」

と主張したようなんだけど、三人のうち一人はその場に残って保健室の先生を説得作業!


動けない状態です!先生が体育館に来てください!




もう一人は、保健室の先生が動いてくれないかもしれないことを想定し、

他の先生を探しに走った。体育の先生かもしくは、他の運動部の部活顧問で、

怪我に詳しそうな先生を!


〇子が怪我をしたよ!アタシタチが出来ることは!先生助けて!




残りの一人は、怪我をした娘がヘナヘナと座っている体育館に戻り、

娘に保健室の先生の対応を話し、でも何とかするから頑張れと励ます。


たぶん親を呼ぶことになるよ。スマホはどこにある?用意していてあげるよ!

バックはどこ?すぐに帰ることになるだろうから、荷物まとめておくからね!





娘は友達の好意に甘えるばかり・・・・

すみませんねえ・・・

アホな娘につきあってくれている部活の友達に、普段から頭の下がる思いだけど、

今回は本当に頭を下げました。


少しは友達を見習ってくれよ~~~


ま、とりあえず、今は怪我が痛いだろうから、何も考えずゆっくり休んでね。

ほんと、心配してあせったよ。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/25 23:09 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

噂の女

入社二日目のパートおばちゃんのアタシ・・・

ええ、

やっちゃいました・・・

上の役職の方と、ちょっと言い争いを・・・・

その方が、あまりにキツイ口調で、あれこれおっしゃったので、

同じような口調で、言いかえしたわけでして・・・


後からその人は、アタシに

「ごめんね」

と言い、アタシも

「すみませんでした~」

と言ったけれど、


ええ、


会社内の噂のパートおばちゃん になったことは、間違いなく、


光栄だわ、えへ。


なんだか皆、アタシに対する態度が、コワゴワって感じなんだけど・・・

ごめんね、気を遣わせて・・・・

入ったばかりのアタシに・・・・


どうなることやら。パート生活。自分と家族を一番大切に働きま~す





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/24 23:13 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

どうすべきなの?

下の娘が狂ったように勉強しはじめ、夜遅くまで進学塾で勉強している。らしい。

らしい。

多分。

どっかに遊びに行っているかもしれないけれど、多分、らしい。


昨日の大雪の夜もなかなか、帰ってこなくて、アタシも夫も心配である。

自転車で行ったけど、大丈夫かなあ。


アタシも夫も、そんなに無理をして、偏差値の高い大学に行ってもらわなくていいのである。

本人が、勉強したいと言うので、その意志を尊重して好きにさせているけれど、

アタシなんて、どちらかというと、一緒にテレビ見たり買い物行ったり映画を観にいったり

してほしい・・・


そして、こんな雪の夜は、無事に帰ってくるか、心配だし・・・。


心配されている本人は、ケロッとした顔で、元気に

「たっだいまああああ」

と夜遅く帰ってきた。10時半くらいかなあ。


「大雪の中、自転車こいでいるのに、カップルから呼び止められて

 デートの記念の写真を撮ってください、って言われたよ。

 ははは」

そんな事を言う、能天気な娘に、夫は、心配がこみあげて爆発し

「おめ~は何を考えているのだ!こんな雪の日には早く帰ってこい!心配するだろ!!!」

と怒鳴ってしまった。


娘は、勉強を頑張っているのに、何で怒鳴られるのかと、ふくれてしまって、

眉間にしわを寄せ、

あれこれ文句を言い始め、

勢いがついて、

「アタシはおか~さんのココが嫌い!」

と、何故かアタシの悪口を面と向かって言い始め、

それが


ことごとく当たっているので、アタシは神妙に反省し、


「ごめんね・・・・そんな風に思っているなんて、気が付かなかった」


と、涙して言い、すげ~暗い家庭内に・・・・。



ということで、昨日は、ブログ更新できず、コメント返信もできず、失礼しました・・・。


娘は、今日の夜になって、謝ってきました。

言ってもどうしようもないことを、ネチネチと言いすぎた、ごめん、だそうです。


アタシも謝りました。

自分では、これで良しと思っての行動も、独りよがりだったってこと、ごめん、なのです。


三食と着るもの住む家が保障され、学校に通うのに費用を心配することなく、

洗濯も掃除もしてもらい、朝は起こしてもらい、

意志を尊重され、進学を許され、進学塾に通い、少しだけど小遣いをもらい、

何て幸せな生活をおくっている子供たちかと、アタシは思っていた。

自分の高校生活から考えると夢のような暮らし。


でも、娘からすると、それは当たり前のことで、もっとの欲求があるんだね。


自分の人生の体験で、全てを判定してはイカンなあ。反省・・・。


おか~さん、自分では気が付かないことが多いよ。これからもイロイロ言ってね、

ちゃんと受け止めて考えるよ、

と言ったけど・・・・・大丈夫かなあ。


そして、いまだに怒っている夫も・・・大丈夫かなあ。


娘からすると、うるさいなあ、好きにさせてよお、ということなのだけれど、

夫からすると、心配だ、事故にでもあったら、取り返しのつかないことに、

なのですよ・・・。


どっちの気持ちもわかるなあ・・・

悩ましい。



何だか、パートの仕事が・・・どうなのかなって思いはじめてしまったよ。

パートとはいえ、初めてのことがたくさんあって、覚えることがたくさんあって、

夢中になってて、いいのかな。

家族のことを、考える時期なのかな。


アタシはずっと、フルタイムで働いてきて、、、最近は家にばっかいたけれど、

自分の人生の意義ばかり考えて、もっと、家族のことを考えるべきだったかな。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/23 23:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

職場の習慣あれこれ

最近働き始めたパートの職場は、学生時代のバイトをのぞくと、

私にとっては、4度目の職場なんだけど、

いやあ、

職場によっていろいろな習慣があるものだと、今更ながら思わされる・・・。


最初の職場は、なぜか、職場内事務室でコーヒーを飲むことを

「悪」としている会社だった。

コーヒーを飲むことは贅沢であり、経費削減しようと思う意欲がなくなる、

よって、仕事に対しての誠意欠ける、という意味なのか??

どうなのか??

家からインスタントコーヒーを持ってきて、職場のポットからお湯をもらい、

マイ湯飲みで飲んでいたら、お局様に怒られた記憶がアル。

緑茶ならいいんだって~。わかんない。


二度目の職場は、女性社員が男性社員よりも30分から40分早く出社し、

全員の机上と会議室と喫煙室と、ええもろもろを清掃し、

更に、出社した男性社員のためにお茶を淹れてあげる習慣があり、

これに逆らうと、お局おばさまから、超いじめられた。

実際にいじめられて大変なことになっている人もいた。

そういう会社って多いのかなあ???



三つ目の職場は、経営難で、事務用品等をかな~り節約する習慣があり、

シャーペンの芯すら買ってもらえなかった。

自分で買うか、もしくは、一本ずつ支給された。

でもなぜか、コーヒーは高級なものを経費で購入していて、

社員は自由に飲んで良かった。

お高そうなコーヒーメーカーもあった。

なんだったんだろう・・・?

上司はコーヒーを飲まない人だったのに???変だ???

ま、得したな。


四つ目の職場は、ま、今のパート先なんだけど、

コピーはカラー厳禁!とか、

経費については、社長がかなり鋭く目を光らせているとの情報を得たが、

絶対必要ないと思われるのに、アタシの名刺を作ってくれた???

仕事の内容を考えると、使うことはないと思う。パートだし。

変だ。

それに、職場で使用するボックスティッシュは、会社で買ってくれるみたい。

いくら鼻をかんでも良いそうだ。

社長が花粉症で、その苦しみを知っているから??なの??


という具合に、習慣がいろいろで、おもしろいなあ、と思っているアタシ。




でも共通しているのは、アタシ、運が良いのか、職場の人間関係で苦しんだことが

一度もないということ。

      ま、嫌な上司とかはいたけれど、そんなことはどこでもあるだろう・・・。



今のパート先は、まだ働きはじめたばかりだけど、

大丈夫かなあ。

多分、多分だけど、大丈夫な気がする、というか、そう思おう。

はい、誰かと喧嘩しないように気を付けます・・・・

社長!特にあなた様とは喧嘩しないようにしなくては・・・・。

腕力ではアタシが勝ちそうなんで・・・・。なんちって・・・。

naguru





みなさまの知っている職場での、びっくりな習慣、あれば教えてくださ~い。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/21 20:46 ] 思いつき | TB(0) | CM(10)

映画「マダム・イン・ニューヨーク」

家でDVDを観ているとき、カレーの匂いがしてきた。

どっか、ご近所で、カレーつくってんのね。

田中さん(仮名:隣の家)かな?今夜はカレー?


どうして、どうして、こんな絶妙なタイミングでカレーのにおい?

だって、アタシ今、映画「マダム・イン・ニューヨーク」観てんのよ!

カレー食べたくて食べたくて仕方なくなっちゃうじゃあないのよ!


マダム


インドの主婦シャシは、ラドゥつくりの名人なのに、英語を話せないことで

家族、特に娘から見下されていたが、そんな中、

姉の娘の結婚式のためニューヨークへ行くことに。

ニューヨークでは、言葉の壁に苦しむシャシ・・・。

でも、戸惑いながらも、見かけた英会話教室の広告に一念発起!

英語を学ぼうと・・・。


シャシきれいだよ




世界中、自分の知らないことばかり。

一つ出会えば、またに十くらいのわかんないことが出てくる。

迷い道のラビリンスを踊っているようで、なんだろう、

どこまでを知ろうとするかは、人それぞれの決断だから、

知識の方向性や量で人を判断するのは、アタシは、難しいと思う。


↓ラドウ
ラドウ


でも、この映画の中で、娘は英語を話せない母親を見下す。

シャシは軽蔑の冷たいコトバに傷つく。

家族を愛し、家族のために家事をこなすシャシに、家族は敬意をはらわないのだ。

更に、シャシは、ニューヨークでも、カフェで満足に注文できなくて惨めな思いをする。

英語わかんないから・・・。


そこで、彼女は決意して行動する。勉強しようとする。

泣いているだけではなく、勇気を持つ。


どんな立場の人だって向上心を持って勉強していいし、勉強は心を豊かにするって

思わせてくれて、とっても嬉しい映画だった。


私、がんばったよ、そして、少しだけど、成長した!

できたよ。以前は出来なかったことが、上手にじゃないけど、できた!

嬉しい!

シャシおめでとう、良かったね~~~(・o・)


いいよなあ。

最近、勉強してないなあ。(+o+)

パートの仕事に関連するアレ、アレ、勉強してみようかな。ひ~ひひひ

と、すぐ映画に影響されるアタシでした~


任侠映画観たあと、肩で風切って歩いちゃう感じです~

それが映画のたまらない魅力とあたしは思うけどね←正当化・・・



ああ、それにしてもカレー。

映画はラドゥが登場するシーンが多いんだけど、冒頭、ちょっとだけ

カレーのシーンがあって、ああ、そしてからに、ご近所からのこの匂い。

この寒い東北の地で、窓等締め切っているのに、どっから入ってくるのだよ。

どんだけカレーくさいんだああああ。

食べたい。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2014/12/20 17:18 ] 映画 | TB(0) | CM(10)

サバサバパサパサ

先日の夕食時、夫が

「この塩サバ、焼きすぎじゃあないか?固いし、水分が無い感じ」

というので、一口食べてアタシが、

「ホントだ。焼きすぎたみたい。ごめんね。何だかサバサバしてるねえ」

と答えると、彼は

「それを言うならパサパサだろう!

 サバサバじゃねえ。

 塩サバが、さっぱりした性格でど~する!」

とニヤニヤする。




わははは。間違った。



アタシは、ぎゃはははひょほほへへへのへと大笑い。

夫もつられて、ほえええわははははぎゃはははと大笑い。




娘たち二人はそんな両親を、かなりの冷たい目で見ていた。

世間の荒波を、この頼りない両親でやっていけるのか、不安だったに違いない。


さっばりわかりませ~ん。サバいばる!


サバいばる









↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/16 09:41 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

もお、うっかり者ね!

いやあ、人生いろいろあるものですね。

実家のこととかいろいろバタバタしていたこの頃のアタシ。

今日も、雑な用事がバタバタとあって、お出かけして、いろんな人と会って、

さっき帰ってきたところなんだけど・・・。

あれれ、パートで働くことが決まったよ。


雇い主さん、大丈夫?アタシなんかを雇っちゃって・・・。

雇い主さん、なんてうっかり者なの!

                          ま、パートだけど。


やるだけやってみます。ええ、がんばりますよ。少しは。精一杯。

大丈夫かなあ。務まるかしらん。←不安。




お出かけ先で見かけたシクラメン。

シクラメン



上から見ると表情が違う。

シクラメン上から






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/12 23:05 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

チョコレートで陰謀

娘が「おか~さん、これ、あげるぅ」と差し出したのがコレ。

チョコレート入ってた箱。空き箱。


チョコレートの箱


ありがとう、ええ、ありがとう、でもこれって、

アタシがつい先日鳴子温泉に行った際にあなたにお土産で買ってきたチョコレート。

の・・・空き箱。


     なんで鳴子でロイズ?

     たまたま立ち寄った道の駅で売られていたのでござる・・・



部活の友達たち10人に分けてあげなさ~いと渡したのが数日前のことで、

あれれと思って聞いてみると

「うん、みんなで分けて食べたよ。箱がかわいいからおか~さんが

趣味の手芸刺繍糸入れるのに良いと思って、空き箱、持って帰ってきたあ」

んですか。

ありがとね。

ええ、アタシの事を一応は考えてくれてアリガトね。

空き箱ね。空き箱か。空き箱よ。



「チョコレートは全部配ったの?」

と聞くと、娘は

「うん!」

と元気に言う。ま、良かったよ。



我がアホ娘に、よくもまあ、つきあってくれているもんだ、ごめんね、と

娘の友達にはいつも申し訳なく思っているアタシ、少しはお礼になったかな、

と思っていると、娘は続けて



「な~んてね、おか~さんのぶん、残しておいたよ。はい!」

と言って、3個だけ残ったのを渡してくれた。

チョコ3個


おお、おか~さんの事を考え、持ってきてくれたのだね。う。

余ったんだろうけど!


更に娘は言う

「こないだ、おか~さんが作って冷蔵庫に入れといたダシ汁、飲んじゃってごめんね」




そうなのであります。

アタシが昆布と鰹節でダシをとって、お茶ポットに入れ、

冷蔵庫に入れて保管しておいたのを

この娘は、お茶と勘違いして飲んでしまったのであります。

しかになにも、300ミリリットルも一気飲みしなくても、と思うのだけれど!


ええ、娘は300ミリリットル飲みきったのであります・・・何故だよ~。

おいしかったかね。



アタシはアタシで、紛らわしくお茶のポットに入れて冷蔵庫に入れておいて

それをお茶と勘違いした娘が飲んじゃって、さぞや娘はびっくりしたろうと思い、

悪いことをした、ごめんね、と思っていたのだけれど、

娘は娘で、おか~さんが作っておいただし汁を飲んでしまって

悪かったと思っていたようだった・・・。

それのお詫びのチョコレートかな・・

いいのになあ・・・

じ~ん・・・・

こちらこそゴメンね・・・

しみじみと思ってみる。



その日はその幸せ気分で寝たのだけれど・・・、

次の日、その娘が言うには、

「おか~さん、実は、部活の友達たち10人と一緒に

関西に旅行行く計画があるんだけど

旅費、出してくれな~い?へへへ」

だって。

関西!

ここは東北!

なんでも、お父さんが単身赴任で京都にいるって友達がいて、

そのお父さんが、部屋に泊めてくれるんだそうで・・。



チョコレート3つ、しかも、もとはと言えばアタシが買ったそれ、

そんなんで機嫌をとり、関西までの旅費を出してもらおうとでも策略を練ったのかね。

君は、アホかああ。

まったく情けない。じ~んとした自分にも腹が立つ!ぷんぷん!

しかし、こんな陰謀を考え付いただけ、少しは成長したということかねぇ・・・

出してあげるべきかねえ・・・・悩むよ。


いくらかかるんだよ!き~~~!





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/11 22:53 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

100番の靴箱

ジムに行って外靴を脱ぎ、下足入れに入れる時は


100番の番号札の下足入れに入れることにしている。


下足入れは、一足ずつだけ入れられるよう空間が小さく仕切られ、

個々の扉を閉めれば鍵をかけることができるようになっている。

「1」から順番に番号が付いている。


なぜ、アタシは100番かというと、

ずっと前、学生時代に「100」が口癖の友人がいて、

「100」というと彼女を思い出し、嬉しいから。


「このアイスクリーム、100個食べたい!すっごくおいしい」とか

「あの先生には腹が立つ!100回ビンタしたい」とか

「誕生日プレゼントありがとう。100回お礼言いたい」とか

とにかく「100」を連発していた彼女は可愛らしく、アタシは彼女が大好きで、

100番の下足入れに外靴を入れられたら、彼女にちなんで、

今日は調子よく走れる日、なんてアタシは勝手に決めている。



100番は奥の方にあり、不便だから、いつも、ほとんど空いてたのだが、

でも、それがなぜか、最近、他の人が使っていることが多くなった。


ま、仕方がないや、他に入れよう、と、何回も連続で思っていると、

ついつい、その下足入れの半透明の扉から中の靴を覗いてしまって、

すると100番を占拠しているのは、いつも同じスニーカー!アディダスの黒線!



このスニーカーの主のせいで、アタシは100番に入れられないのね!

男かな?女かな?

半透明の小さな扉じゃあ女用のスニーカーか男用のそれかわかんない!


どんな人なんだろう?興味あるぞ。


でもまさか、待ち伏せするわけにもいかず・・・。

おい、てめ~、その100番はアタシのお気に入りなんだよ!なんつって



と、悔しいような気もするけれど、何となく、

アタシと同じように、たぶん、「100」にこだわっていつもそこに靴を入れている人に

親近感がわいて、

「あの~アタシも100番好きなんですよ~あなたもですか~何か理由ありますか?」

とか、話しかけたくなってくるのである。


いつか、誰だかわかることがあるかなあ。

何だか、少し楽しみのような、わくわく感。

100番を譲るのは、ちょっと悔しいけれど、


99番や101番でも前後賞ということにして、


ちょっと当たりってことで

気分よく走ることにしよう。

あ、最近は膝の具合を見ながら走ったり歩いたりだから、無理はしないっす。。。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/09 22:11 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

幸せ気分を逃さずに~

あたしは、炊飯器でご飯を炊くときの、あの

ピシューっていう勢いのある蒸気が好き。

ご飯が炊ける良いにおいも好き。


ららら、もうすぐ、ご飯が炊ける。

ららら、今日も、ご飯が食べられる。


幸せな気分になる。


でも、うっかりすると、おかずをつくるとか、他のことに夢中になって、

せっかくのソレ、感じるのを忘れるときがある。


今日は逃さないようにしなくちゃあ。

今、だいたい炊けてきましたよ。

敏感に幸せを察知しなくちゃ~




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/07 18:02 ] 思いつき | TB(0) | CM(4)

映画「東京難民」

今の衣食住ある程度満たされた状態は、たまたまこれまでの運が良かったから

あるのであって、

何かのちょっとしたきっかけで壊れるであろうことは、いつも想像し恐れ覚悟していた

つもりなのだが、

この映画「東京難民」を観て、普段の平和ボケな我が身を振り返えってしまった・・・

毎日毎日を大事に、瞬間瞬間をかみしめ大事にしようと思わされた。



東京難民


平凡な大学生が、親の失踪で仕送りが止まり、

学費未納により大学を除籍になり、更にアパートは滞納で追い出され、

ネットカフェ難民となっていく。

ティッシュ配りバイト、治験バイトなどを経たあと、

キャッチによりホストクラブに連れて行かれ、当然支払できない彼は、

頼み込んで、やっとホストとして働くようになる。

女性客のツケを、彼女を風呂に沈めて回収しようとするホストクラブ支配人(?)。

彼女と良い仲の先輩と謀り、彼女を逃がす・・・・。


映画最初の方は、主人公の甘さが鼻についた。

不動産会社から届いた内容証明郵便を確認しようとしない。

アパートを追い出されそうな状況にも関わらず、

自動販売機で飲み物を買おうとしている。

そんなん、アタシだってしない。

自動販売機は正価だ。スーパーで買えば安い。

さらに、家から空のペットボトルに水をいれてくればいい。

100円あれば、食パンが買える。一日くらいは生きられる。

金銭的に余裕があるならいい。でもアナタはかなりやばい状況でしょう。

親からの仕送りがきちんと届かないかもしれないと、

危機管理していないのがまずやばい。


でもアタシも自らをふりかえって思う。

最近は、やっと家庭内も穏やかになり、平和ボケしていないか?

今日生きられたから、明日も同じような日が続くとは限らない。

何か、想像もできない出来事が起こるかも。

危機管理リスクとともに、今を大事にしなくちゃいけないな。


先輩をかばって「俺も運び屋になって稼ぎます」という主人公に

ホストクラブの支配人(?)が、

「せこいこと言ってんじゃね~!わかってんのか!

金より大事なものがあると思ってんのか!世間知らずが!

甘ったれたこと言ってんじゃね~よ」

と言ってぼこぼこに殴るシーンがある。


支配人は、主人公にそう言いながら、支配人自身にも言っている気がした。

自分に言い聞かせている。

金しかないんだ金が世の中金。

そうなんだろう。正論ってやつ?


わかってるよ。

アタシもさんざんそう言われてきた。


でも、明日の生活を心配して今の楽しみを全て滑落させたくないよ。

今を大事に、

今をある程度楽しまないと、明日はもう無いかもしれない。

金じゃなくって、健康が無くなるかもしれないし。


いろいろな方のブログを見させてもらうと、

素敵な旅行を楽しんでいられたり、

趣味のアレコレをアクティブに追及されていたり、

映画観て号泣してたり、

かわいいおいしそうなお弁当をつくってらしたり、

大好きな観察物をひたすら観察していらしたり、

詩や絵画を創作されていたり、

とっても素敵だ。


いいな、と思う。

見習って人生を楽しまなくちゃな。ブログ読ませてもらって学びまする。(・o・)

みなさま、よろしくお願いします。

アタシは、諸般の事情で、大きな旅行や豪華な趣味は無理!な身の上だけど、

普段の何気ない出来事に、魅力的な楽しみをみつけるよ。

     身内のいざこざで凹んでいるなんて、時間がもったいないよ~頼むよ~。

     勘弁して~。ううう。


せめて、日常の平凡にキラメキをみつける目を持てますように。



ええ、危機管理意識と一緒にね。お金は大事です・・・でも、人生を有意義に!



と、いつどうなるかわからない。それを思い起こさせてくれる映画だった。

衣食住全て奪われることなんて、予想されることだなんて、当然のことなのに。

原作本、読んでみよう。

きっと、もっとリアルで具体的で迫力があるのだろう。←予想、まだ読んでない。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・



ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2014/12/05 22:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

惚れた弱み

ハニーボディローションの彼女からメールが来た。

きたあかり日記7月31日号「ハニーボディローション」   見てね。



「長い間連絡しなくてごめんなさい。

 実は私、会社辞めました。

 今度会いませんか~ランチでも~」


・・・・・・


彼女からはずっと連絡が無くって、最初は心配していたんだよ。


連絡をもらえないのはつらいことだ。

彼女がとっても大変な目にあって、そして仕事も忙しくて、

そういうのを想像もするけれど、

自分の事を鬱陶しく思っているのかな、とも想像する。


アタシのことなんて、別にどうってこと思っていないんだな、

嫌がられてるのにこちらから連絡するのはせつないから、

ま、仕方がないとやっと割り切ったころにこのメールである。


あのさ~


何も考えてないでしょ!!!


アタシはどっちかと言うと理屈の人で、筋道通して考えたいんだけれど、

そうじゃない人からすると、うざったいらしい。

仕事が忙しいのはわかるけれど、だから、何?

それは、アナタの都合であり理屈。

アタシにはアタシの理屈がアル。

アタシという他人の理屈を享受できない状況なんだろうから、

はい、わかりました、と、思って心をやっと折り合いつけたのにさ~

勝手だよ、勝手!

馬鹿者め、バカバカ!



だいたい、アタシは、男の人の言い訳ベストワンの

「仕事が忙しくて連絡できなかった」は

信じない派でござる。

(いや、人それぞれだと思いますが、アタシはそ~~~なんです・・・)

(ご意見はコメントにて・・・)



女でもそ~だな、今後の教訓にするわいっ!!!



と、かなりイライラしたアタシだけれど、

したアタシだけど、


はい


会う約束をしてしまいました・・・・・


メールありがと~。久しぶりですね~。

是非会いましょ。



ううううっ


だってだって


好きなんだもの、彼女が。


冷たくされて、都合よく呼ばれても、それでも好きなのよ~

馬鹿なのはアタシだぁ

惚れた弱みでしょうか。


ドタキャンされて落ち込んでいたら、そっとしておいてください・・・





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/04 21:58 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

アタックテスト

たっだいまああああ

と、夜遅くに勢いよく娘が帰ってきて言うには

「アタックテストで痛いよ~」


ん?アタックテスト?なんだそりゃ?妄想?

いけないわ、娘を更生させなければ。目を覚まして頂戴。

「いいから!手を洗ってご飯を食べなさい!」


娘はめげない。というか、アタシのいう事を聞いていない。続けて言う。


「アタックテストで痛いよ~」



アタシは娘の訴える顔に、また何かやらかしたかと思い、言ってみる。

「アタックテスト?テレビのクイズ番組のカメラテスト?

あの、パネルを開けていくヤツ。いつの間に応募してたの?

いつ放映?良かったね~、

カメラうつりが少々良くなくってもおか~さんは応援するよん。

ま、いいから、早く手を洗ってご飯を食べなさい」


「違うよ~おか~さん!落ち着いて~」


娘は解説する。

「今、体育の授業でバレーボールやってんだけど、

 そのバレーボールのアタックが

 うまくできるかどうか、今日テストがあったんだよ!」



そのアタックか!


クイズ番組、もしくは洗剤かと思ったが、違った・・・

しかし、彼女は確か、高校は普通科に行っているはずだったが、

体育科だったか?アタシの勘違い?ま、いいか。



娘は続ける。

「トスをあげてくれる友達が元バレーボール部で、とってもうまいんだよ。

だから頑張って打ったんだよ~おかげで腕のここが腫れて赤くなって痛いよ~」


高校生女子が体育の授業で本気を出し、腕を腫らすとは・・・とほほほ。

小学生男の子か!


全く、毎日毎日笑うわよ、あ~たには!アタシはふざけて言う。

「そのアタックチャンス!逃さなかったでしょうね!

 海外旅行を賭けて、体育の先生にぶつけたんでしょうね!激烈なアタックを!

 うまく当たったかしら~ははは」


そんな冗談を冗談と認知したのかしないのか、娘は

「残念だったんだよ。当たらなかったよ~狙ったんだけど~悔しいよ~

 腕が痛いだけだったよ~悔しいよ~おか~さ~~ん」

と真顔で言うわけで・・・・・・・・。


悔しがる先が、そこなのかよ、君の青春は。

でもアタシも大人である。

「まあ、次に頑張ればいいじゃないの。次のテストでは当たるかも」

となぐさめると、娘は


「うん!」


と簡単に気を取り直し、本当に次のテストで頑張る気になったようだった。 

単純ですから。

次はサッカーのシュートテストかな?

体育じゃなくて数学のテストで頑張った方がいいような気がするけれど、

ま、いいか。


とりあえず、手を洗ってご飯を食べなさい、ということで。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/03 10:58 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

鬼首で温泉卵

実家の母との対決に向けた準備をがんばったというのに、

その母からは逃げられ、

落ち込み気味のアタシであったが、夫からの再三の要請により

鳴子(なるこ)とか鬼首(おにこうべ)とかに遊びに行ってきた。

鬼首には有名な間欠泉があり、岩の間から熱泉が吹き上げているという。


だから何?

ふん!


全く興味がないが、夫が行きたい行きたいとうるさいし、

一人で行かせるのも可哀そうなので、

ぐずぐず言いながら行く。


奥さんの買い物にしぶしぶつきあう旦那さんの心境ってこんなかなあ・・・


と、行ったら本当に噴出していた。びっくり!

吹き上げている


ひゃ~。

ごぼっごぼっどどどどどぉどっか~ん

と自然がやってくれている。

人工的な遊園地施設じゃあないのよっ!

ひえ~。



水たまり、いや、お湯だからお湯たまりかな、そこに卵を入れて

15分くらいすると、温泉卵ができるそうで、

夫は自宅から卵を持参し、投入していた。

温泉卵ゆでてます


散策後ひきあげて、車に戻った後、おそるおそる割ってみると

本当に温泉卵になっていて、またまた、びっくり!



間欠泉に卵を投入し温泉卵にして喜んで食べている中年の夫婦って

なんて、なんて、バカなの・・・アタシタチ・・・他に何か有意義に人生おくってよ~

と思うと笑えて、というか、本当に




わ~はははは




と私は笑い、うまいうまいと食べ、すっかり夢中になって、

    (はい、すぐ気分が変わるアタクシです)




次は鳴子の有名な蕎麦屋さんへ。

    (もう、ここでアタシは夫以上のハイテンションになってました)



藤治朗


時間が良かったのかすぐに座れて良かった。

けれど、次々とやってくる他のお客さんたちは、

寒風の中、店の外で並び、申し訳なくて急いで食べた。

20人くらいは待ってたかなあ。

はふはふ言ってしまったよ。

これはアタシが注文した850円のなめこおろし蕎麦。

なめこおろし蕎麦

ええ、おいしかったでござる。

喉ごしが良いのに、蕎麦っぽいコシがしっかりある。


温泉水で蕎麦を打つらしい・・不思議だ。

付け合せがパイナップルというのも、不思議だ。

パイナップルと蕎麦、そしてがんもどきにこんにゃく・・・


ま、いいか。

今のアタシ、何事も考えすぎないことが大事なのね。

おいしかった、それでい~や。有意義です。







↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・




ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/12/02 10:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)