fc2ブログ

相棒ノートみつかる

今日、午後二時半頃、

〇×市の住宅街にある「きたあかり」(仮名)(年齢不詳)さん宅、

一階のリビング本棚において、

きたあかり(仮名)(年齢不詳)さんが、この一年探し続けていた


「相棒ノート」が発見されました。


発見者は、この家に住む主婦きたあかり(仮名)(年齢不詳)(しつこい)さんで、

話によると、

ネットスーパー利用のためのパスワードを忘れて、

メモを本棚内のファイルに綴っていないか、

検分していた際に発見した模様。



「相棒ノート」とは、


きたあかりさんが、テレビドラマ相棒を視聴した際に、

ストーリーや出演者、監督や脚本家名

さらには、「イタミン」や「米沢さん」のキャラが光っているところなど、自分の感想を

書き留めておいたノート。



「いやあ、見つかってよかったです。これで、season13について、書き加えることができます」

ときたあかりさんは語っていますが、もともと、自分のウッカリで失くしたものですし、

相棒ファンとしては、もっと真剣な態度を望みたいものです。


以上、

現場からでした。




そ~なのよ。みつかったの!相棒ノート!やった~


これで書けるわ!



第11話「米沢守最後の挨拶」で、右京様とカイト君と米沢さんの三人が

犯人をおいかけて階段を走るシーンで、至上の喜びを感じた、とか、

米沢さん



第13話「人生最良の日」で角田課長が「メガネザル」と暴力団員に罵倒され

ブチ切れて襲い掛かっていったのが痛快だった、とか、

課長



さらには、ノートの欄外に

現場検証の際に靴の上に履く、透明ビニール袋、アタシも履いてみたい、とか、

特命係の部屋を窓の外からのぞいてみたい、とか!


ノートに書くだけで幸せなの・・・。

夢が広がる感じがするの・・・・。



二人




最近はイタミンの物まねを特訓中のアタシ・・・誰にも見せたことない・・・けど。
イタミン




いやあ、テレビドラマでこんなに盛り上がれるなんて、

ありがたいものです・・

ちなみに、家族友人知人親戚兄弟姉妹のなかに、相棒ファンは一人もいなくて、

寂しいんですがね・・。



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/31 21:46 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

いちご弁当

下の娘が夕方学校から帰ってきて、

途端、ダダダと勢いよく台所にいるアタシのところへ来、

「おか~さん、いちごいちご」

と慌てた様子で言う。

    
亘理のいちご


え?いちご?冷蔵庫に確か1パックくらいあったような・・

でも、「ただいま」より前に、いちごって何?


すると娘は、背負っていたリュックから、朝持っていったお弁当箱を取り出し、

蓋をぱかっと開け、

おもむろに、中のいちごを食べた。


「今日のお昼休みは時間が無くって、

お弁当箱に入っていたいちごを食べる暇が無くなってしまって、

残してしまって!

もう、午後中、お弁当箱に残したいちごが気になって気になって。

部活も勉強も手につかない!

ああ、今食べられて良かった!嬉しい!」


あ~~そうですか。


そんな、残したいちごが気になって仕方がない今日の午後のアナタって!


そんなにいちごが好きだったとは・・・・。


わかったわ。アタシも協力するわ。

明日のお弁当はこんな感じに・・・



いちご弁当

  ↑イメージです。


思えば、娘は食い意地がはっており、小学校の頃、学校のことを話すと言えば

給食のことばかり。

朝は

「今日の給食に冷凍みかんが出るんだよ!いってきま~す」

夜は

「今日の給食の春雨サラダ、おいしかったよ!家でもつくって~」



食べることに興味があるんだね。


食が細くて体が弱かった頃から考えると、ありがたいことだと思いながら、

他に考える事はないのかよ!とも思う。

無いんだな・・・・


               


↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


[ 2015/01/28 22:28 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

執念深い女房

以前の職場でのお話だけど、前の記事で「執念深い云々」と書いたら

こんなこと ↓ を思い出したので、書いてみる・・・



***********



向かいの席の次長が、朝、くら~い顔をして出勤してきました。

まあ、ど~したんだろと思いながらも別に追求しないでいたら、

「聞いてくれよ~」

と、話しかけてきたので、聞いてみると・・



「昨晩、女房と一緒にテレビを見ていたら、おいしそうな料理が出てきたんで、

 いいな、俺もあんなの食べたいな。今度つくってよ~、と、ぽろりと言ったら、

 急に女房は激怒するんだよぉ。

 あ~た!結婚してすぐの頃、こんな料理をつくったら、あなた、何て言ったあ?

 俺はこういうの大嫌いだ、二度とつくるな、

 どんな味付けをしようと、こういうのは嫌いなんだ

 そう言ったわよねぇ。そしてアタシを叱ったわよねえ。以来、一回もつくってないわよねえ。

 今更そんな事を言ってくるなんて、悔しいし悲しい!き~!

 だってさ。


 結婚してすぐの頃って、もう30年も前のことだぞ。

 もう時効だろうが。


 まったく、うちの女房は執念深い。そんな事で怒られたら、何も喋れないだろうがあ


 それから喧嘩だよ。君はそんなこと言わないよね。普通の人はそうだよね」




アタシはそれを受けて




「まあ、そんな昔のことは、当然もう時効ですよ。

 旦那様がそう言っているんだから、奥様は昔のことは水に流して、

 はいはいと聞いてあげたらいいんですよ。

 人間、月日が経てば、変わるものよ。しみじみ・・・」




とは言わず、




「まあ、いくら昔のこととは言え、それからずっと、奥様はそのことを忘れず、

 食事の支度の度に、ああ、この料理はつくれないわ、と悲しく思っていたのです。

 次長はすっかり忘れていたのかもしれませんが、奥様は違うのです。

 奥様のお気持ちを次長は尊重すべきです。謝るべきは次長です。
 

 私は、奥様の味方ですねっふんっ!」



と言いました。



次長はシュンとしてしまって、ますます、くら~~くなっていました。

ごめんね。味方してあげなくて。

だって、自分の気持ちにウソはつけないわよ。

その次長とアタシはもともと仲良しで、だから言えたのかもしれないけどね。

その後も、ぎくしゃくするわけでもなく、普通に仕事できましたよん。



次長、元気かなあ。

皆さま、どっちの味方する?





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/27 16:24 ] 思いつき | TB(0) | CM(14)

言い方に気を付けましょう

伯母が、同居する嫁と険悪な状態で何年もいるのは、

お嫁さんの体に少し障害があるのを、伯母が気に入らず、

結婚前から結婚自体を大反対していたのから始まってはいるんだけど、

最大の原因はやはり、出産準備事件からだと思う。


お嫁さんが妊娠したのがわかると、伯母は、

赤ちゃんにお金をなるべくかけなくていいようにと、

伯母の娘(つまりはお嫁さんの夫の姉)が出産した時に用意した赤ちゃんグッズを

お嫁さんに使わせようとした。

哺乳瓶、産着、よだれかけ、などなど、ですな。

「これを使いなさい。なるべく買わないようにしなさい。お金かけないように」


でも、お嫁さんは、お古は嫌、新しいものを使いたかったようで、

実家のお母さんに愚痴をこぼしたところ、実家のお母さんは激怒。

「新しいものを選んで買う妊婦の楽しみを奪うなんてひどい!」

猛然と抗議してきた。


伯母としては、良かれと思ってしたこと。それを否定されたことを悲しんだ。

アタシや母やアタシの妹にかなり愚痴をこぼしていた。

伯母は、子どもと言うのは、父親母親のものというよりも、家につくものという考えで、

この家の主婦はアタシなのだから、産まれてくる子供のことを決めるのは自分だと言う

思いもあったみたい。


この家の子供についてのことを、嫁の実家にアレコレ言われるなんて!くやし~!


それから、伯母とお嫁さんは、最悪の仲で、同じ屋根の下に暮らしているのに、口もきかない。

伯母はお嫁さんのすることなすこと、全て気に入らず、イライラしている。

伯母が病気をしたのは、ストレスのせいかなあ、とも思う。


でも、お嫁さんの気持ちもわかる。

赤ちゃんのもの、楽しみながらそろえたいよね。

産むとき痛いのはお母さんだもの。

伯母は

「お金をかけるのは無駄だから、これを使いなさい」

と言うんじゃなくって、

「お姉ちゃん(自分の娘)のときに使ったのをあなたが使ってくれたら

アタシは嬉しいよ。だって家族だもの~。ほら、これなんかアタシの手縫い。

クマの刺繍をしてみたよ」

と言えばお嫁さんだって悪い気はしなかったんじゃないかと思う。


人と人、言い方次第だなあって思う。


と、偉そうに言ってたけれど、アタシも自分の舅姑と同じような出来事があったよ。

と、長くなりそうなので明日にするわ~


↓ 関係ないけど、今日、夫と一緒に食べてきた一利起味噌ラーメン。おいし~
  隣の席の兄ちゃんがスープを全部飲みほしていてびっくりした!
  ま、そのくらいおいしかった。

ラーメン





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/24 21:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

映画「ハラがコレなんで」

はらが


ヒロインは妊娠9か月。

夫なし、お金なし、の絶体絶命な状況で、

幼い頃住んでいた長屋の大家さん宅に転がり込む。


でも、なぜか、根拠不明な自信に満ちている。

「粋」か「粋」じゃないかで行動を決め、

「大丈夫大丈夫」と言い続け、

再会した幼馴染から「お前を守る、子どもの面倒は俺がみる」と言われても

なぜか逆に「アタシがあんたを守る、大丈夫大丈夫」と、

幼馴染の食堂を手伝い、繁盛させはじめる。


「雲の流れのように生き、状況が悪けりゃ昼寝、

風向き変わったらドーンといきゃあいいさ」

だそうで。


人に何を言われても、自分の意志を曲げず、

周囲を巻き込む。


もう産まれそうだってのに、具合悪いってのに、

登場人物全員を連れ

自分が運転するワゴン車で、福島へ向かう。

いろいろ事情があって(ストーリー略)、行くべきだとヒロインが思ったから。


でもさ~

もうすぐ産まれそうなんだから~~~きゃ~、周りもあせっちゃうよ~


「病院に行かなくちゃだめよ~」

「大丈夫大丈夫」


大丈夫じゃないって!

ほらあ、言わんこっちゃない!



勝手な行動をする彼女は、

現実にこんな人がいたら、アタシだったら迷惑だけれど、

映画世界の中という見方であれば、

シュールで、どたばたがコメディで、なかなか笑えた。

彼女の「粋」や「義理人情」が、是か非かってのを思う映画じゃなくって、

彼女の突出した思い込みによる特殊な行動、そしてぇの超迷惑に笑う映画なんだと思う。

翻弄される脇役たちもなかなか味がアル。

序盤のゆっくりしたテンポからお話が進むにつれ、どんどん

登場人物たちの行動というか、

喋りというか、そんなのが早くなってって、、、ははは。

役者さんってのは、すごいもんだなあ。


そして、一番良いと思ったのが終わり方・・エンディング・・・

あれぇという感じで・・・びっくりしながら・・・納得しまして・・・

観てください。ぜひ。


             この映画を紹介してくださったアナタ!ありがとうございます!
             またよろしく~

    


↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/01/22 16:51 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

僕、困っちゃいます

今日は、社長と、その他の社員の人と、

アタシとかのパート数名とで、打ち合わせがあった。


現状を説明したり、問題点を言いあったり、、

まあ、適度に社長がまとめていたんだけれど、

アタシは、ある事について文句を言うつもり満々でいたのよ。


でも、言えなかった・・・

何故なら・・・・

社長が、ある社員の発言を受けて



「(それじゃあ)僕、困っちゃいますよ☆


と言ったのが、おかしくておかしくて、もお、爆笑したくなっちゃって、、


だって、僕困っちゃうって言われて、その社員はどう答えたら!はははは。

思わずニヤリとはしてしまったアタシに、

社長はニヤリを仕返ししてきて、

わはははは



ああ、、笑うのをこらえるのが苦しい~~~

ごめんね、その社員さん、むっとしないでね~~~。

その方にしてみたら、大変な問題なのにね。



今の勤務先、経営者が若い(30代)からか、社内掲示板に顔文字が使われていたりして

おかしくておかしくて~~~。


「社内掲示板」

〇月〇日、人事部に松田松子さん(仮名)が入社することになりました。

みなさん、仲良くしてあげましょう。(^_^)



これって世間一般的に普通ですか?

アタシが世間知らずなの?





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/21 22:35 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

風が強くて「キル・ビル2」

風が強い今日。我が家は揺れます。ぐらぐら揺れます。

こんだけ揺れると酔って気持ち悪くなります。

低血圧の貧血なアタシは、そんでなくても眩暈もちなのに、

眩暈へろへろになります。

雪が舞い、風が強く寒いので、外にも出たくない。

ごみを出すのもやっと。

眩暈に身をゆだねながら、ソファーでゴロゴロしてました。

ああ、今日はパートがお休みで良かった。


そんな時、おおお、いいものが、と思い出したのが

「キル・ビル2」のDVD。

killbill2.jpg



こないだ借りてきたのだぜ。

ユマ・サーマンの日本刀で、気分すっきりさわやかだぜ。

と、この長い映画を鑑賞。



ダメです。もっと眩暈になりました。

綺麗な金髪お姉さん二人が日本刀でバトル、そして血だらけ。

め、めだまが・・・き、気持ち悪い・・・。眩暈の強度アップ。

10076785173.jpg



でも、それが良いわ・・・。


すごくおもしろいわ・・・・。

ストーリー、音楽、映像、全部最高。

子どもを守り、良い環境で育てたいヒロイン、気持ちわかるわ。でもね・・・く~っ



この映画を今まで知らなかったアタシに勧めてくれたアナタ、ありがとう。

いいもの見させてもらいました。



その後は、、眩暈ゆらゆら揺られ、そのままソファーで昼寝してしまいました。

金髪になり、あの日本刀を操る夢をみたかったのですが、

パート先の社長に怒られる夢を見てしまい・・・!

殺し屋は無理なアタシは庶民です・・・

明日は頑張ってパートに行こう。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/20 16:16 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

牡蠣&ちぢみ雪菜

ご近所の方から牡蠣をいただきました~。

たくさん貰ったからおすそ分けだって~。

牡蠣


タワシでごしごし洗って~

焼いて~

牡蠣を焼いている


ああ、いただきます。おいし~

いただきます


夫と下の娘は牡蠣が嫌いなので、アタシと上の娘で山分けです。

得したわ~。ありがとう、好き嫌いが多い夫&下の娘よ、ありがとう。


ぷりぷり、おいしくて嬉しいわ~


でも、ご近所の方が新参者(まだ引っ越してきて数年)の我が家に

おすそ分けをくださったのが、もっと嬉しい~

お気持ちがありがたいのよ~。


いつか感謝の気持ちを表せますように。



と、関係ないけれど、夕食の準備をしていて、ふと思ったのです・・・

アタシが今住んでいるこの地方ではポピュラーな冬の野菜、ちぢみ雪菜、

これ、

ちじみユキナ

↓上から見たところ
上から見たちじみユキナ


他の地方では見たことない気がする・・・

南の方にお住いの皆様、普通に食べてます??


いただきます2

          こっちもおいしい。
         
          おいしく食べ物を食べられるって幸せなことだなあ~
          太りそうだけど~




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/19 18:24 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

クシャミに合いの手を

下の娘が夕ご飯を食べながらクシャミをした。


「ひ~っくしょん」

アタシは

「あ!」



娘は続けてクシャミをした。

「はっくしょん」

アタシは

「あ!!○子!!」



更に娘は続けて咳をした。

「ごほごほっ」

アタシは

「あらら!!!〇子!!!」



すると娘は笑う

「あ~はははははははははは。

おか~さん、いっつもそうやってクシャミや咳に


合いの手を入れるよね。


そんなおか~さんいないよ。変わってるねえ。変な人だねえ。おかしいねえ」



アタシは



むっ!



親に向って「変な人」と言うとは!

なんたる親不孝か!



第一、君はまだ十数年しか生きていないのに、合いの手を入れることが

そんなに変わった変なことだと、なぜ断定できるのかね。

他のご家庭だってそうかもしれないじゃあないかね。



皆さま、アタクシは変わってますか?

家族がクシャミ等をしたら合いの手を入れませんか?



あ、ちょいなちょいな~♪とか・・・。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/16 20:41 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

送別にどんな映画を?

よく行く美容院でアタシの髪をアレコレしてくれる美容師のYちゃん。

腕は確かだし顔は綺麗だし性格が良くて優しいし、さらに、

とっても映画好きな女性で、

映画の話をたくさんしてくれる。


髪を染めながら、髪を切りながら、シャンプーしながら、

アタシのぼけた映画話(俳優さんの名前等が出てこない・・)にちゃんと答えてくれる。


アタシが

「ほら、あれあれ、ユージュアルサスペクツのあの人!」

と言えば

「ケビン・スペーシー!最近の政治ドラマ〇△×、いいですよ~ん」

と答えてくれるし、

ケビン・スペイシー
       赤矢印の人よ。


「ピルイーターの、あれあれ、あの人!裏切りのサーカスで、ほらほら」

と言えば

「ゲイリー・オールドマン!アタシ大好きだったんですよ~って過去形ですが」

と教えてくれる。

ゲイリー・オールドマン_

     最近もすごい人気らしい。



これは絶対観るべき映画だよとYちゃんが言う数々の映画を

出来る限りアタシは次の予約までに消化して、感想を言ったりして、

また、アタシも、オススメしたりして・・・楽しい。


今日もさっきまで、お喋りしてて、

Yちゃんは、髪を切る手を止めて話してくれたりしてて、

なんだけど、


帰り際、彼女が言うには

「あたし…このお店・・・辞めることになりました~今までありがとうございました」


ええええ!


残念!



思えば、このお店、最近お客さんがまばらだよ。

以前は、なかなか予約取れなかったのに、今は、いつでも待ち時間なしで入れる。

いろいろあるのかもね・・・。


「しばらくゆっくりして、今後を考えます」

と言うYちゃんに、

「うんうん、ゆっくりたくさん映画観て、人生楽しむといいよ」

と声をかけたよ。

Yちゃん、これからたくさん良いことあるように、と思う。

腕は確かだし、きっと、アタシが心配しなくても大丈夫だとは思うけれど。


そんな時、送別に、どんな映画を紹介すればよかったんだろう。

アタシったら

「愛のむきだし」と「恋の罪」、なんて言っちゃったよ。ちょっと・・・違う・・・アタシのバカ!


愛のむきだし

      ぐらぐらになるから、次の日予定が無い時に観てねって言った。



みなさんなら何を?

      紹介しますか??



あ、ちなみにYちゃんからは「バットマン」って言われた・・。


バットマン

      深いわよ~って言われた。



出会いがあれば別れがあるね。ほんのちょっとした交流だったけれど、

別れがあれば出会いがあるって、思いたい。


元気でね~。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/15 15:45 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

映画「her」

ホアキン・フェニックス主演。映画「her」。

her.jpg



妻と離婚協議中のセオドア(ホアキン・フェニックス)が、

コンピューター人工知能OS、サマンサ(声だけ:スカーレット・ヨハンソン)に恋をする話。

もちろん、サマンサはOSなので、体はない。

セオドアは、サマンサとの会話だけで、恋におちていく。

気の利いたジョーク。

落ち込んだ時には秀逸な慰めの言葉。

時にはすねたり、消えてみたり。

全てコンピュータのプログラミングなんだけど、セオドアは、

恋におちてく。

映画のなかで、それを応援する肯定的な意見と、ばっかじゃないのという否定的な意見と、

両方の反応をする人たちがいたけど、

みなさんは、どうでしょう?


アタシは、この映画のホアキンフェニックス君の

寂しげな青い目と、ちょっとがっしりとした体躯、

ヴィヴィッドなシャツに股上のなが~い茶色のパンツ。

で、恋して騒いでいるかわいらしさを映像で観たから、

そう思うのかもしれないけれど、

(もともとホアキン・フェニックス君が好き)

本人がいいなら、いいんじゃないかなあ。

幸せなら。

her14.png



恋する相手が、人なのかそうじゃないのか、だからどうだというんだろう。

去る時は去るし、傷つく時は傷つくし、嬉しい時は嬉しい。

幸せ感は主観的なもので良いと思う。

良いのかな。


セオドアがサマンサとの会話から得たものは、

サマンサが実体ではなくても、セオドアの中では本物。



監督は「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ氏。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/01/12 22:00 ] 映画 | TB(0) | CM(8)

宮尾登美子「櫂」

宮尾登美子氏の代表作「櫂」

何度も何度も読み返した大好きな小説「櫂」。


その文章を書きうつしていた時期があった。

23年7カ月勤務した職場を勧奨退職という形で辞めた直後である。


娘は、

「おか~さんは、壊れてしまった」

と思ったそうである。


なぜ、そんなことをしたのか?

今思えば、宮尾文学の力強さで、地に足をつける勇気をもらい、

前に進みたかったからのように思う。



櫂

時は大正から昭和にかけて、

土佐の娘、喜和は、15歳で、渡世人の岩伍へ嫁ぐ。

やがて岩伍は「芸子娼妓紹介業」を始める。

貧しい娘を水商売へ紹介し、手数料をとる仕事で、

これは人助けだと、プライドを持って商売に打ち込む岩伍。

岩伍に懸命につくしながらも、女を食い物にする商売に疑問をもつ喜和。

病弱な長男、奔放な次男、大勢の奉公人や居候に、気難しい夫。

昔の女らしく、喜和は家族につくし、懸命に働くが

しかし、岩伍は、女義太夫を愛人に囲い、女の子を産ませる。

そして女義太夫が芸の道を極められるよう、女の子は自分が引き取り、

喜和に育てさせようとする。

夫が愛人に産ませた子を育てる事を、当初、喜和は拒否していたのだが、

乳母のへまで女の子が死にそうになる事件をきっかけに、

あふれるほどの愛情を女の子に注ぎ、自ら育てるようになる。

414DLvZ6hiL__SY300_.jpg


私には、わかる気がする。

喜和が、女の子を愛し育てる心境が。


喜和は、女の子を産んだのが誰だとか、夫の浮気とか、そんなことは飛び越えて、

ただ、母性愛だけなのだ。

浮世の義理、複雑に絡み合った人間関係、夫の商売を支える妻と言う立場。

そんなアレコレじゃあない次元で、ただただ子どもを愛する。本能。

女の子の名前が「綾子」というのも、作者のウィットがとんでいるところとも思える。


この喜和という女性の生き方、

ただただ耐え忍び、流されて生きている面もありながら、やがては、

夫の商売に疑問を持ち、意見をするようになる。

    作家林真理子氏も著書「林真理子の名作読本」で

    喜和の潔癖さ(喜和は夫の商売を忌み嫌う)を魅力的と書いている。

    私も同感。大いに賛成。


確かに、夫の人生に従うしかない昔の女だし、

最後には、その夫への意見がひとつの原因となり、

最愛の綾子とも引き離され、家を追い出されてしまう悲しい運命が待ち受けるのだが、

でも、そこで、ここ大事、喜和は歩き出すのだよ。


ラストシーン。

あの音で綾子との長い十三年はもう遠く引き離されたと思い、倚り掛かっていた橋桁からもうのげに躰を離そうとして喜和はふと、後の闇の中に巴吉太夫(綾子の実母)が、舞台姿のままじっと立ってこちらをながめているような気がした。喜和はその幻に向い、生まれたばかりの綾子を手放す辛さより、十三年間天塩に掛けた綾子を手離す辛さがどれだけ深いか、涙混じりにどっと掻き口説こうとしたが、次の瞬間、幻は儚く消え、橋の上にはもとの濃い闇があるばかりであった。納谷堀川から吹き上げる冷たい風に、ショールの裾を嬲られながら喜和はゆっくりと歩き出した。



最愛の綾子とも引き離されてしまう喜和。

でも、これからの暮らしを算段し、前に進みだす。

ただ、よよよと泣いているだけじゃあない。

もう「ひかれ者(養われている立場の弱い人)じゃあない気楽さがある」と

前向きに考えている。


「櫂」には続編のような作品が多くあり、

その一つ「寒椿」については、以前もブログ記事にしたことがあった。

宮尾登美子「寒椿」は力餅

「仁淀川」など、多くの勇気をもらった。「春燈」や「朱夏」にも。


どんな過酷な運命にも、しぶとく強く、進みだす力。

切り開いていく力。

時に流され、泣きながらも。


人生いろいろある。

どうにもならず、悔しく苦しい時、

宮尾文学は、人に力を与えてくれる気がする。

圧倒的な語彙力と人間観察、ドラマチックなストーリー、が、あらゆる角度から

読者を包んでいく。


宮尾登美子氏は昨年12月30日に亡くなられた。

亡くなっても、その文章は後世まで残り、多くの人を勇気づけ励ましてくれる。

尊敬と愛情と感謝をもって、心からご冥福をお祈りする。


宮尾登美子氏





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2015/01/11 20:36 ] | TB(0) | CM(8)

運の良いアタシ、つづき

昨日、高校時代の部活友達交流会の話を書いたけど、

ちょっと続きも書きます・・・。


この交流会、出られる人は出ましょう、でも無理しないで~

という、無言の、アウンの、約束というかそんなのがあるのです。


人生いろいろ事情が出来ることもあり、

来ない人はそれはそれで、周りは詮索もせず、

なのです。


近況報告したり、昔のバカ話したりってのをしたくない日々をおくっているとき、

アタシにもありました。


仕事はしていたけれど、それ以外は、部屋の隅で壁を向いて

体育座りをして、じ~~~としてたりして、

ただただ耐えているような日々。


誘ってもらっても理由も言わず断ってました。


友人たちは詮索することもなく、ただ、ああそうかい、じゃ、またね~

と言っていてくれ、会があればまた、声をかけてくれました。


そして、今は、落ち着いてきて、笑って参加できるようになったアタシを

何も言わず、受け入れてくれます。


ありがたいことだと思います。


この間の会の時も、何かとアレな、参加しないメンバーを、みんな心配はしているけれど、

詮索はせず、

集まれた人たちだけででもの明るい笑顔を喜びあいました。


いつかまた、合宿しようね!

と、毎回言っています。

高校卒業記念旅行をしたことがあったなあ。


いつになることやら。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/10 13:57 ] 思いつき | TB(0) | CM(2)

運の良いアタシ

去年の年末の話になっちゃうんだけれど、

高校時代に同じ部活だった同級の友達たちとの交流会というか、ランチ会というか、

そういうのに参加してきたよん。女子高だったから女だけ。

   


高校を卒業してすぐのころは、お正月の二日に必ず駅前の〇△喫茶に集まるっていう

決まりでやってたんだけれど、

だんだん年月が過ぎていくうちに、

就職や結婚、などなどでなかなか、集まれなくなったりして、

数年に一回なんてことにはなってきて、

そして、

全員集合じゃなくって、来ることが出来る人だけってなってるけれど、

まだ続いているわけで、


感謝します。ありがとう。



数年ぶりに会う友達の変わらない個性にじ~~~んとしたり、

また、変わった個性に人生の変遷の温かみを感じたり、

とにかく、

嬉しい。



高校生の頃は、進学やそれぞれの彼の話ばかり。

卒業後は、うんうん、彼の話とか就職の話とかだったよね。

それが結婚の話とか子供の話とかに変化してきたよね。


そして今は・・・・


そう!健康と介護の話よ



友人A「もう。ば~ちゃん(姑の親)に補聴器をつけさせたいんだけど、

    彼女のプライドを傷つけずに説得する方法はないかしら~」

友人B「目が悪くなればメガネ、歯がダメになれば差し歯、

     人間当たり前の道だと真顔で言うしかないな」

友人C「差し歯!アタシ、この間差し歯が取れて、入れ歯にしようか迷ってるのよ~」

アタシ「それは迷うよなあ、大丈夫?」



今回集まれたのは、全メンバー十数人のうちの六名だけだったけど、

子連れ参加の人もいて、けっこうな大人数になったなあ。

子ども同士が仲良くなれるよう、大ボウリング大会も開催したけれど、

し~~~んとしていた・・・ははは。



みんな、いろんな家の娘たちでいろんな事情を抱えている。

たまたま高校が一緒で同じ学年で、部活が同じだった。

それが、

絶対勝てないと思われる強豪校に勝つぞと一致団結し、燃え上がった。

結局負けたけど、

負けたけど、

団結だけは残った。

こんなつきあいのできる友人が持てた自分って、何て運がいいんだろうと

つくづく感謝する。



いやあ、高校一年生からつきあってんのよ。いったい何年よ!


 詳しく言うと年がばれるので・・・  想像にお任せします・・・。



↓その時、友達からもらったお土産

いが餅



お菓子






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/09 10:18 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

夢を夢だと確認するのは目覚めてから?

「ああこれは夢だ」と夢を見ながら確認し、また眠っている?



アタシ、同じような夢を何度も見るよ。

数か月に一回って感じかな。




夢でアタシは不思議な構造の家に住んでいる。

古い日本の木造家屋を、無計画に無規則に建て増ししていったような家。


四畳半の和室の押し入れの奥を押すと、それは開いて、

二畳ほどの窓も無い部屋が現れる。


ソファーの背がぴったりと押し付けられた壁を良く見ると、

それは引き戸で、

引いてみると中庭に続いている。


台所の食器棚の裏に、ふと扉をみつけ、

何かあるような気がして、食器棚を苦労して動かし、扉を開けると

生活感のあふれる、今まで人が寝ていたような布団をみつける。


知らない空間をみつけるたびに、わくわく楽しいような、

吸い込まれて恐ろしいような、

変な気分になり、


でも、空間に蓋をすることができず、

開いて開いているうちに、そこに進んで、入っていってしまう。

もとの構造や自分の暮らしの空間が何だかわかんなくなってくる。



まるで、恋する乙女のようなそんな夢。変な夢。




実父の実家だった家屋を思い出す。

古くて大きな暗い家だった。


トイレの横に扉があったが、

それはまるで隠されているかのように、

壁と同じような装飾につくってあった。


笑いながら叔父が開けてくれた扉の向こうには、

急こう配の幅が狭い階段があって、

とんとんと15段くらい上がると、

ほんの三畳ほどの和室があった。


和室は、

私の実父が若い頃に暮らしたという部屋で、

実父の弟と同部屋だったということだが、

殺風景で、小さな窓があっって

中庭が見えた。


人の心の中に隠された秘密の小部屋のようだった。


あの部屋を見たのは、小学生にも上がる前、幼い少女だったころだけど、

衝撃は今も私を貫き、

夢にまで、影響しているのだろうか。


あの実父の部屋のような忍者部屋を、私も夢にみるほど欲しているのだろうか?



それとも、あの忍者部屋も、私の夢の中の出来事だったのか?


わからない。

わかったところで、どうにもならない。

事実の確認より、夢のような記憶の方が今の私には大事だし。

また、夢を見るんだろう。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/08 22:38 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

大体多分あさってから

昨日の夕食時、上の娘が

「おか~さん、明日から(高校の冬休みが終わるから)学校行くよ」

と言うので、お弁当つくる都合もあり下の娘に

「〇子も明日から学校?」

と聞くと、


「えっと~どうだっけえ?確か、大体あさってからだと思うけど~」


とはっきりしない。


あのさ~大体ってなんだよ大体って!



「そんな!もしかしたら、あさってからじゃないかもしれないのね!明日だったりして!」

「うん」


「そしたら、みんな登校してんのに、あ~ただけが学校行かないってことも!」

「うん」


「そうしたら皆勤賞が消えちゃうよ!確認しなさい!」


「うん、でも多分あさってからの気がするんだよね~」



「多分じゃ困るの!」

「あ~い」



まったくもお!

下の娘は超健康体で、、

先日の献血時も、係り員の人から

「完璧な健康値ですね!」

と誉められたくらいで、

もちろん病欠もなく高校へは一日も休まず通っているのだが、

こんな


勘違いで学校に行かないとか、


そんなことになっていいのかあああ。



そして問題の今日、上の娘は通っている高校に行ったが、

下の娘はダラダラと家にいたようだった。


下の娘が通っている高校、冬休みが終了しているかどうか、

確かめるのが怖い・・


しかし、こんなことで、社会の荒波を乗り越えていけるのだろうか。

一度痛い目にあったほうがいいのではないだろうか。


かなり将来が不安である。

ええ、アタシの育て方に問題があったに違いないのである。

うううううう。


笑顔




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/07 21:35 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(8)

横断歩道で転倒骨折

昨日野暮用で妹に電話したら

「大変な事態になっている!」

と彼女が言うので、

「え?何何!」

と聞いたところ、なんと彼女は去年の年末30日に道路横断歩道で転倒、


手の指を骨折したと言うのである!!


痛くて痛くてたまらなく、でも一般病院は年末年始でお休み。

仕方なく救急患者を受け入れてくれる総合市立病院に行ったら

風邪やインフルエンザで高熱を出して苦しむ

ちびっこたちであふれかえっており、待合室に座る椅子も無い感じで、

自分は大人だし、ちびっこに席を譲って、寒いところで待っていたら、


自分も風邪かなんかに罹患し、


指痛いし頭痛いし大変なことに!



数日たった今も具合悪いそうである。



妹は言う。

「今日、何とか出勤して同僚たちに言ったら、

 おめ~横断歩道で転んだって、そりゃあ、

 白いところを歩いただろ!

 白いところは滑るんだよ!

 って怒られた~。

 んだの?(そうなの?の意)

 しゃねっけ!(知らなかったの意)

 姉は知ってた?」



知らないわよ!



帰宅した夫に聞いてみたら

「そんなの常識だろう!!!

 舗装の上に塗装してんだから!!!」

と言われました・・・・。



そうなの!

     みなさん、それは常識なんでしょうか・・・


横断歩道





とりえあず妹よ、早く良くなるよう、ゆっくり休んでくれ。

仕事に家事に勉強(彼女は大学生もやっている)に、

頑張りすぎてんだから、少しは休みなさいって、運命が言ってるのかもよ。


近くに住んでいたら、家に行って、ご飯つくったりとか家事一般を手伝うのに、

何にもできなくって、ごめんね。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/06 09:31 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

社員証落としました

昨日、どきどきしながらパート先に出勤したアタシですが・・・

やっぱりやらかしちゃいました。


外出時、社員証を落っことし、失くしちゃったのです。


首からカードみたいのを下げるタイプの社員証を

社員もパートもアルバイトも全員、

就業時間内は、いつもしてなきゃないきまりで、

昨日、仕事でお出かけした時も、してったんですが・・・

道でぽろりとカード部分を落としたみたいで。


↓ こんな感じの社員証です。イメージです。
社員証




その後、隣のビルの管理人さんが拾得し、会社に電話かけてきてくれて、

事なきを得たのですが、


社員の皆さんに、おおいに笑われました。

すみません。


今度入ったパートのおばちゃんは、

大丈夫なのかあああ




と新年早々不安にさせてしまったことでしょう。

今度から気を付けますです。


しょぼん・・・


ま、いいか。仕事がんばろ。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/06 09:03 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

映画「ベスト・フレンズ・ウェディング」

知り合いに勧められて観た。

ベスト・フレンズ・ウェディング



いやあ、やっぱりジュリア・ロバーツは天才だったのですね。

そ~んなに才能を感じて見たことはなかったけれど、

これ「ベスト・フレンズ・ウェディング」の彼女は、最高です。

うつくしくかわいい。ドタバタしてもイライラさせられない。ただ微笑んで見ていられる。


ジュリア・ロバーツ演じるジュリアンは、元恋人マイケルと、いまだ親友でいる。

28歳になってお互いに独身だったら結婚しようねって約束もしている。

そんな時、マイケルがジュリアに電話をよこして言うには

「運命の人と出会った!彼女を愛している!結婚する!」

マイケルの宣言に、自分は、本当は彼を愛しているってことに気付いたジュリアは、

その結婚を破たんさせ、彼を奪おうと決意するが・・・


この映画を紹介してくれた知り合いが言うには、

ジュリアンの別の友達、ジョージが良い味だしていて秀逸で、

さらに、

キャメロン・ディアス演じる

マイケルの婚約者キンバリーがかわいくってたまらないそうなのだが、

キャメロン・ディアスもかわいい!

    ↑ハリウッドオーラがまぶしすぎて、目が痛い・・・。


うん、たしかにそうなのだが、

やはり、ジュリア・ロバーツの

女心恋心きらきら感の中の、おバカな行動と、ひたむきさが、前述もしたけれど

美しく、かわいいのよ。

あの、転びっぷり。すごいわよ。

ドリフを超えているかも。←諸説あり。


凡才なら嫌味になるであろう役柄を、

彼女だからあんなにかわいらしく表現できるように思う。

「ノッティングヒルの恋人」も「プリティ・ウーマン」も「エリン・ブロコビッチ」も素敵だったけれど

これだわよ。これこれ。

ちょっぴり切なくて、でも笑って、明るい気持ちになれるという

お正月休みにはとっても良い映画だと思う。

あ~極楽正月万歳!

伊達巻おいしい!

初売りでコートを買いました!←映画に関係なし



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/01/03 21:47 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

不思議だな

いつもはあんなに仲の悪い娘たち二人。

今朝は早く、仲良く一緒に初売りへ出かけて行った。

福袋が目当てなのである。


高校生のお年頃。おしゃれしたいお年頃。流行の洋服がほしいお年頃。


夫は、仕事がお休み。

リビングでテレビを見ながらパソコンをいじっている。


私は、だらしなくパジャマのままで、

寝転がりDVDで映画を観ている。



こんな平和な時間が来るなんて、数年前までは、想像もできなかった。

不思議だなあって思う。



10代の頃のアタシは、他の娘たちが苦労せず手に入れている幸福を

自分がどうあがいても手に入れられないことを不思議に思った。




結局、何でも、不思議なんじゃあない?

いつでもどんなときも、このときは、不完全で、何かが違うと感じている。

いつか、本来の姿に戻るような気が、漠然と襲ってくる。

こんなはずじゃあないって思っている。


でも、じゃあ、どんなのがこんなはずなの?って自問自答しても答えは出ないのである。



出ないのか、あえて出さないのか、わからないけれど、

娘たちが初売り福袋でゲットした洋服をアタシに自慢げに見せて、きゃ~きゃ~と

騒いでいるのを見ているのは、とっても幸せだ。

娘が単純に喜んで笑っている。そしてその時間を感謝しているアタシ。

あいまいな本来の姿の中、それだけが、完全にあって、

その「こんなはず」をだけ信じられる気になる。



娘が笑っているのをどうしてアタシが幸福に思うのか。

嫉妬し、苦しむ要因にならないのが、それが愛情というものなのか、

不思議で、アタシにはわからない。


自分の決定的な感情だけを杖に、奔放に生きていい気がする。

夢のような不思議だから。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/02 22:33 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

あけましておめでとうございます

大晦日の昼ごはん時から、

娘二人で大喧嘩である。


あまりにひどいので、別室に避難したものの、

心配で戻ってみると、

取っ組み合いの喧嘩をしたらしく、一人が床に転がっている。


転がりながら、もう一人の暴挙を弾丸悪口である。


「もうすぐ元旦なのに、いい加減にしたら~」

と言うと、勢いがついている彼女は、攻撃先をアタシに変更した

「おか~さんなんか大っきらいいいいい!」


そうですか。また来ましたか。ここでひるむアタシではない。

「まあ、残念ね。アタシは二人の娘両方を大好きなのに」


するとアホな娘は続けてわがままを言う。

「アタシのことが好きなら、もっとああしてこうしてほしい!」


そうかね・・・アタシは、(・o・)

「嫌いな人からご飯つくってもらったり、アレコレされるの、イヤでしょ。

今後、考えさせてもらうわ~」

と、言ってみる。(←怒ったような悲しんだような顔を演出←女優気取り←映画の観すぎ)


はな



すると数時間後、娘は

「別に、いつも嫌いってわけじゃないよ。嫌いじゃない時もあるよ」

と妙なことを言ってきた。


はい。お年玉&新春初売りのお小遣いが欲しいわけですね。

ここで機嫌を損ねられたら困るわけですね。


打算ですね。

単純ですね。

幼いですね。

はあ・・・(ため息)

同時に笑。


ひつじ


そして今日になり、


娘は元旦のお年玉をもらうと、まるで何事も無かったかのように

超ご機嫌になって、


「れりごー♪」


と大声で歌い、踊っていた。

もちろん、居合わせたMay J.好きの夫も歌いだす。(←最近大ファンになったらしい)


もう一人の娘は何故か「あまぎいいごおええ♪」

と歌いだす。

やっぱり紅白の石川さゆりに魅了されたか。

それとも、何かを悟ったのか・・・


あたしは、薬師丸ひろ子かしら。

「あ~時の河を渡る船にい♪」

素敵だったわ~紅白。映画を思い出すわ~。ららら~



と、相変わらずのこんな我が家ですがあけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。





↓   読んでくださった方、新年早々、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・




ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/01/01 22:09 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)