fc2ブログ

あ、忘れてた!

毎週土曜日にはたいてい食料品のまとめ買いに出かけるので、

その朝はたいていコーヒーを飲みながら、

食料の在庫とか、今後の献立の予定とか、いろいろと思案し、

買うべきものをメモったりしている。


今朝もコーヒーを飲みながら、いつものように考えようと思ったら



あれ?変だぞ! 




どうもやる気が出ないのである。

そもそも、食事の支度をする意欲が湧いてこないのである。



おかしいなあ???どうして???



こんなことは滅多にない。


風邪は完全に治った。元気である。

健康診断の結果云々は、なるようになるさ、としか考えていない。

娘たちの模試の結果は最悪だけど、いつものことだから、別に。



コーヒーを飲みながら台所に佇んでいると・・・

炊飯器の脇に、茶色っぽいご飯粒をみつけた。

あれれ、先日、炊飯器で鯛めしを炊いたときにこぼしたのかな?



そうだ!わかった!

鯛めしで思い出した!




その鯛めし、アタシと娘たちにとっては最高に美味しく、

うまいうまいと言って食べたのだが、

夫にとっては最悪に不味い味だったらしく、

「二度とつくるな!」

とアタシはきつく言われたのであった。


↓ 鯛の頭を焦げ目がつくくらいに炙ります
少し炙ります


↓ ご飯と炊きこんで、頭部分は取り出し、身を手でそぎ取って、混ぜ込んだらできあがり
炊けました




それはいいのだけれど、

続けてその後も、食事の些細なことで夫と口論になり

(内容があまりにくだらないのでブログに書けない、恥ずかしくて)

そういえば、



喧嘩しているのだった!

忘れてた!

2日以上は口をきいていない気がするぞ!




喧嘩の原因が食事系だったから、なんとなく食事の支度を考えたくなかったのか!

お~。思い出した。

あの時の夫の言動、許せん!!!



ということで

家でご飯をつくっている場合じゃないわ。

もちろん、食料の買い出しや掃除洗濯なんてごめんだわよ。



アタシはなにをすべきなの?



はい、気晴らしに買い物よ。食料じゃないよ。

自分の洋服や靴、バック類の買い物よ。ふん。

(注:映画館に行くのとどっちにするか迷った)

(注:映画館は我が家の近くにあり、特別行動である感がないのでやめた



その後、どこに着ていくのかあてもない洋服を思う存分購入したアタシは、

すっかり機嫌をなおし、帰宅後は悠々と豚汁をつくった。。。

思えば、茶色いご飯粒を見つけたのおかげで洋服を購入できたわけである。

日々、ドラマね。



こんな物語をさっぱりしらない夫は、まだふて寝している。

お腹すかないのかな~。ほっとこっと。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


スポンサーサイト



[ 2015/02/28 21:27 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

ふがいない風邪ひきのアタシ

健康診断に行った病院が寒くて風邪ひくって、アタシいったい、何をやってんだよ、

ということで、こんばんはませ、風邪をひいた きたあかりです。


昨日は、一日中眠っていました。

人間、あんなに眠れるものなのね。

ひたすらにトイレ掃除をする夢をみました。夢占い的に何なんだろう???


今日は頑張ってパートに行ったのですが、

なんとなく元気のない感じが周りに伝わるんですかね、

クシャミ等していないのに、パート仲間のおばちゃんが

またランチに誘ってくれました。


そこで、なんとなくの会話の流れで、アタシの持病の話をすると、彼女は

「あ~れま、アタシもよ~!アタシの場合はあ~でこ~で

あ~こりゃこりゃどっこいしょ」

と、体験談を親切丁寧詳細身振り手振りの熱弁で話してくれました。


アタシは、彼女の生の実体験を聞くことでモリモリと元気になってきました。

悩むことなんてないんだから~♪と笑顔で言われると、

別に悩んでいたわけではなくても、嬉しくてね。

励ましてくれたってことが嬉しいのです。


そのおばちゃんは、バイト兄ちゃんに仕事のことで注意したら

逆ギレされたみたいで、

彼女のほうが落ち込んでいる状況だったのに、

何だかアタシの慰めがメインのランチになっちゃって、ごめん。

新米のアタシにいつも優しくアレコレ教えてくれて、

アタシはとっても感謝しているのですが、

どうしたらお返しできるのか・・・・。ごめんね。

lgi01a201405210700.jpg



と、夕方仕事を終え、パートから家に帰ったら、

ちょうど、ボランティア仲間から電話が来たのですよ!

いつも連絡はメールなのになあ。


「今度のご苦労様会、欠席だって?会えなくて残念よ~」

と言ってくれたので、

「パートを始めて全然活動してないから、悪くってね~」

と答えると、

「気にしない気にしない。堅苦しい会じゃないんだから~。

 無理しなくていいけど、また何かの時に来てね~」


そのボランティア仲間は、アタシのことを心配して電話してくれたのですよ。

いつも出席のアタシが欠席と言ってきたのを不審に思ったのでしょう。


彼女の言動をアタシはボランティア活動を通じてよく見ています。

周りの人の性格や今の立場などをよ~く考え、自分がこう言えば相手がこう答え、

それが他の人にどう反応され、全体がどうなっていくか、把握している。

気がまわるというか、気働きっていうか、そういうのが秀逸なんです。

想像力が豊かなんですね。人の気持ちを推し量れるんです。



彼女が、メールじゃなくって電話で

アタシの様子をうかがってくれた理由、アタシにはわかりました。


「元気な声を聞けて良かったよ。またね~」

声を確認したのだね・・・アタシのほうがアナタの明るい声に癒されましたよ。

080704larme_01_4.jpg


なんだかなあ。


人の思いやりに助けられる我が身よ・・・・。


アタシは人を全然助けてないぞ・・・いいのかなあ。


いつか将来、人の気持ちを幸せにできるような人になりたいなあ。



もうすぐアタシの住む東北にも春が来るでしょう。

仕事も辞めるし、体調と相談し、よ~く考えて、何かはじめよっかな。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/27 21:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

土井善晴さんの「おいなりさん」

先日、NHKの「きょうの料理」という料理番組で、アタシの大好きな料理研究家、

土井善晴さんが、「おいなりさん」の作り方を紹介してた。

土井善晴さんと後藤さん


2月最初の午の日は稲荷神社のお祭りがある。

お祭りでは商売繁盛を祈願して、稲荷神社の神の使い、おキツネ様に油揚げを供える。

ちなんで、2月は油揚げの月、人間は「おいなりさん」を食べる、なんだそうで。


先日、真似してつくってみたよ。


① 油揚げ12枚は沸騰したお湯の入った鍋の中で10分ほど煮る。

  油抜き。このくらい長く煮ると、油揚げが柔らかくなるんだって。


② 油揚げを熱湯から取り出し、だし汁カップ2と砂糖大さじ6の中で煮る。中火で7~8分。

  この時油揚げを広げてきれいに並べ煮ると、後が楽と土井先生が言っていた。

  洗濯機に洗濯物を入れる時、軽く畳んで入れると後が楽でしょ。それと同じ、だって。
 


③ 醤油大さじ3を加え、弱火で30分煮る。


④ 冷めたら、油揚げを開き、寿司飯を入れて、おいなりさんのできあがり。

  油揚げを開くときは、赤ちゃんに靴下をはかせるように、だって。

  やさしく柔らかくってことかな。


おいなりさん


土井善晴さんは、

ちょっとしたコツをわかりやすく教えてくれるし、

解説のところどころに、ついニッコリするような言葉を入れてくれるので

料理が楽しくなる。


この「おいなりさん」紹介の番組中も、

煮る時は綺麗に並べてね、洗濯機に洗濯物を入れる時のように、なんて、

楽しいことを言ってくれた。

くしゃくちゃに入れると、干すとき大変だもんね。

靴下を丸めて洗濯機に放り込む下の娘にはいつも頭にくるぜ。ぷんぷん!


そして、煮あがった油揚げは赤ちゃんの靴下?ふふふふ。

大きさは同じくらいだよね~。


随分前、「きょうの料理」でナポリタンを紹介してくれたときも、

ケチャップは炒めて加熱して、大人の色にするのがコツ、なんて言ってた。

加熱されて赤いケチャップが黒っぽくなるってことなんだけど、

黒くなるまで炒めるって言われるより、大人の色にって言われた方が、

何だか楽しい。


毎日の料理は家事労働で、

アタシは料理のセンスがないし、毎日毎日台所に立つと、

イヤになっちゃうときもあるよ。失敗したりしてね~

でも、ほんのちょっとした言葉で笑顔になれれば救われる。


嫌々つくる料理より、笑顔で楽しくつくった料理の方が、

おいしくできそう。


おいなりさん弁当

↑ 娘のお弁当も「おいなりさん弁当」にしてみた。

蓋を開けたとき、笑顔になってくれるかな。

あ、下の娘は「おいなりさん」が嫌いだった・・・・・

ま、細かいことは気にするなっ。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/25 19:37 ] 料理系 | TB(0) | CM(10)

スパイシーな人生を

「写真と数値をもとに、専門医複数で検討し、精密検査が必要か判定し、

 連絡しますから、そのつもりで」

と言われ、その後の違う種類の検査では

「経過観察とか言っている場合じゃありませんね。すぐ治療方針を

 かかりつけ医と相談してくださいよっ」

と言われ、


今回の人間ドックは、ヘビーだぜ。


今日、行ってきたのさ。



朝、検査着に着替えた時、

「ど~してLサイズは横幅だけがでかいんだよっ

 背の高い人のことは考えないのかよっ

 アタシみたいなトールの人は袖が短くって寒いわよっ


と怒ったアタシだったが、そういう問題じゃなくなってきた。


↓検査着の袖が短いアタシです。
IMAG0712.jpg



そっか、そんなに悪いのか。

そうなると、自然と何もかも悪い方悪い方へと考えてしまうのがアタシの癖で、

パート辞めるけど、仲良くなった社員さんたちと別れるのがツライな、とか、

実母と連絡とれないままだな、とか、

下の娘と喧嘩して一週間も口きいてないな、とか、

昨日つくった鯛めし、夫に超不評だったな、とか、

怒涛の暗い思いが込み上げてくる。


あれこれ検査をして、

いつもだったら売店のおいしいコーヒーを飲んで帰るんだけど、

売店行ってみたら、そのコーヒーをつくる機械そのものが撤去されていたし。

しょーがない、帰ろう。

這うようにして家に帰った。


家はいつものように乱雑だ。

娘たちは玄関の靴をそろえないし、リビングのテーブルは新聞が乱雑に積まれてるし、

今朝、早く出なくちゃいけなくって、シンクには食器の洗い物が・・



とりあえず、売店で飲めなかったコーヒーを飲もう。


あたしにはへそくりコーヒー豆っていうのがある。

少しだけ高級な豆をこっそり自分だけのために買って、冷蔵庫に隠してあるのさ。

今はマンデリンを二種類隠してある。

それをおもむろに取り出し、最近買ったコーヒーメーカー(ミルつき)で淹れる。

やっぱり、豆を直前に挽くと違いますわね。おほほほ。

↓超濃い目マンデリン
IMAG0715.jpg




さらにあたしには、「いつでも相棒」の用意がある。


時間があるときいつでも、大好きなテレビドラマ「相棒」が見られるように、

録画してキープしてあるのである。


マンデリンを濃い目にいれて、「相棒」を見る。

↓愉快な仲間たち
yukaina.jpg




はい、元気になりました。(^_^)v


精密検査だって、必要かどうか後で連絡が来るんだし、

来て、検査を受けたとしたって結果はまだ先だろうし、

かかりつけ医と相談って、相談内容なんて今はわかんないわけだし、


予測不可能な将来の心配を今したって、時間の無駄。

最悪になる前にアレコレ想像して暗くなってたって、時間の無駄。


その時考えよう。

アタシの人生残りどのくらい?

限られた貴重な時間を、わかんないことへの心配にあてるなんて!


ふんっ、わからないことへの心配なんて、ちょっとだけでいいわよ。

言わば、人生のスパイスね。

辛くて酸っぱい、それも受け入れて歩くわよ。


と思っていたら、夕ご飯のおかずには、

辛いだけじゃなくって、酸っぱい、いわばですね、

酸辣湯みたいな麻婆豆腐をつくってしまったわよ


↓おいしいよ
IMAG0716.jpg


ふん。おいしかったわ。当然よ。

酸いも辛いも噛み分けるわよん。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/24 22:32 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

映画「KANO」と八田與一氏

台湾に行かなければならなくなった。

どうしよう。



KANO.jpg


映画「KANO」を観たのである。


1931年、日本統治下の台湾から甲子園に出場し、

決勝まで勝ち残った、伝説の嘉義農林高校野球部を描いた映画「KANO」。


日本人、漢人、蕃人、民族を超えてのチームメイトたちが一丸となり、

それまで一勝もしたことがなかったにもかかわらず、鬼監督のもと

猛練習し、ひたむきに甲子園をめざす様子は、アタシのような野球を知らない

普通のおばさんでも涙が出た。


まるで往年の韓ドラのような、不必要な登場人物たちの転倒がわざとらしかったり、

男の子たちが純真すぎて、一面的で、みんな坊主頭で、誰が誰だかわかんなくなったり、

上映開始後3分で、映画館に来たことを後悔したけれど、

根が子供好きなので、若い子どもたちの一生懸命さと、真っ黒に日焼けした肌とで、

大丈夫、30分後くらいからは、熱心に見いちゃった。


野球を好きな人なら、きっともっと楽しめる映画だろうなあ、

アタシには、豚に真珠だったかも。

20140315-kano05.jpg



と、台湾に行かなくちゃと思ったのは、でも、「野球」じゃあなくって、

映画ではちょびっとしか描かれなかった、八田與一氏と、その治水事業に

感銘を受けたからである。



雨季は大地が水に浸り、乾季には水不足に悩まされ、

農業にたいへんな苦労があった台湾南部。

大規模なダムを建設することに奔走した八田氏。

土木作業員たちの生活を考え、宿舎の整備なども行い、

自らそこに住んだとも聞く。


アタシ、随分昔だけれど、

三春ダム建設に関する講演会に行ったことがあった。

その苦労と信念に感動したっけ。


八田氏や関係各人の10年の苦労の末完成した「烏山頭ダム」

ダム



こ、これは、人として見るべきなのでは!!!人類の功績よ!!!

野球もいいけれど、アタシはダムが見たい!

見たくなった。見なくちゃ。


ということで、

台湾に行かなくちゃ。行く。絶対行く。




でも人生うまくいきませんな。

夫と旅行に行く資金のためにと頑張っていたパートももうすぐ辞めることになり、、、

行けるのだろうか、、、、

どうしよう。


ええいあきらめないわよ。嘉農野球部の子たちだって最後まであきらめないで

頑張ってたもんね。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/02/23 14:36 ] 映画 | TB(0) | CM(8)

教えながら教えられ

郵便切手を封筒の四隅に貼りたがるバイト兄ちゃんのことを

先日書いたけれど、切手消印に関する考察と反応・・・

またまた彼はですね、

宛先を書かずに郵便を出そうとしていたのをアタシに発見されてですね、

「これでは郵便屋さんがどこに届けるべきかわかんないでしょ。

 届かないよ」

とアタシに指摘されてですね、

同室の皆に笑われる という事態になっちゃった。


アタシの指摘を受け、なるほどと彼は思ったようで、

その場で宛先を書いていたけどね。


思うにですね、20代前半のカレくらいの世代としては、

郵便制度にあまり慣れていない んじゃあないかと思われるよ。


今はメール等でコミュニケーション取れるでしょ。

郵便で何かを送るっていう機会が昔ほどないわけよ。


アタシが中学生くらいのころは、遠方の友人には手書きの手紙を送って、

近況報告したりしてた。

自分の思いを紙に文字にして書いて、それを折って封筒に入れ、

糊で封をして、

宛先を書く、裏に自分の住所と名前を書く、

重さ大きさに合わせて切手を貼る、

郵便ポストに入れる。


それらが身近だったわけ。

でも今の20代くらいの子は、そんなこと日常的にはしないよね。


職場ではでも、郵便って普通に使うからなあ。

若者よ、知らなかったかもしれないけれど、これから覚えればいいよ。

誰だって知らないことはある。それは恥ずかしいことじゃないよ。

知らないことを知っていくことは素敵なことだよ。

素直に聞きなさいよっ!


自分が知らないことを偏屈に否定したり、

自分が知らないことをバカにしたり、

しないでね。


知らせる側も、相手が知らないってことを、

馬鹿にしないで素直に温かく対応したいものでござる。


知らせる側が教えられる側に、ってことも、今後たくさん出てくるのだと思うしね。

人は、年若くてモノを知らない時もあれば、年老いて時代に遅れることもある。



あ、郵便出す時は、封をしてね~

封しないと、郵送途中で中身が飛び出てしまうかもしれないから~


そして、教えながらまた、教えられているのだろうか。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/21 22:45 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

男子生徒が珍しい

上の娘の通う高校は元女子高で、その名残かいまだに男子生徒が少ない。


というか、ほとんどイナイ。


女だけの、女の園状態

授業参観に行くと、人工フローラルな香りがする。



彼女、

普段は見慣れない「男子生徒」というのを学校行事などで、たま~に大勢見かけると

珍しく感じてしまうようである。


この間の何かの〇×行事もそおだった。


帰ってきての第一声、

「いやあ、久しぶりに男子をたくさん見たよ!」



珍しいのね・・・



アタシは、

そりゃあ良かったね!

と言った。



すると、何という事か、上の娘はアタシを鋭い軽蔑のまなざし で見るのである。

怒っているようでもある。



ええ?



男子を見ることができて良かったというのは、軽薄と言うか、不純と言うか、

節操がないと言うか、ふしだらと言うか、女大学に背くと言うか、

そんな感じなんでしょうか?

深い意味は無いんだけどなあ。


それに、自分だって、伊勢谷友介さんがかっこいいかっこいいと言って、

大河ドラマを見てニヤニヤしているじゃあないか!

何か違うのか!


乙女心はフクザツだわ・・・。


あ、でも、もしこれが逆だったら?

アタシの子供が、娘じゃなくって息子で、男子校に通っていて

んで、たま~に女子高校生を見たってとき、母親が

「良かったね❤」

と言ったら、男の子なら、母親を軽蔑のまなざしで見るかしら?

益々、わからない・・・





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


[ 2015/02/20 19:19 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

切手消印に関する考察と反応、及び疑問

先日、パート仲間のおばちゃんと、職場のお昼休みにちょっと抜け出して、

二人ランチ会をしました~。

もうすぐアタシ、ここを辞めるんだけどね、

おばちゃん同士ってことで、お昼にちょっと二人で気晴らしよ。


で、お昼ご飯においしいカレー

カレー

を食べながら、なぜか彼女はあたしに

怒涛の愚痴シャワーを浴びせかけましたの。


よっぽどストレス溜まってたのね・・・

うんうん、新米のアタシにいつも親切にしてくれたアナタ!

アタシは聞くわよ聞くわよ、いくらでも言ってちょうだい!

お地蔵さん


彼女は、バイト兄ちゃんたちを取りまとめる班長のような役割を担っていて、

いつも大変そうなのですよ。



「NくんよNくん!タイムカード、いっくら言っても押してくれないのよ!

 なんでこんな面倒くさいことしなくちゃいけないんですか~

 理由を説明してくださいって言われるのよ!くやし~!

 それをもとにバイト代を計算するんだ!バイト代0円でいいのか!と言ったら

 それから押すようになったけどさ~」

「そっか~理由を聞かれちゃうわけね」



「そ~なのよ!こないだも、社長あての親展の郵便を開けちゃってたから注意したら、

 親展ってなんですか?俺、知りませんけど。え?開けちゃダメ?

 そんなのバイトマニュアルに書いてないからわかんないですよ。

 何でマニュアルにないことを守らなくちゃいけないんですか~

 って言うのよ!くやし~」

「それは社会人の常識というかなんというか・・・」



「極めつけは切手よ!」

「え?切手?封筒に貼るやつですよね」



「Nくんは封筒表面に切手を貼るとき、四隅に一枚ずつ貼りたがるのよ!

 普通、左上角にくっつけて貼るでしょ。

 四隅に貼った方が綺麗だとか言って、四隅に貼るのよ!」

「それは変わった人ですねえ。必要金額分が必ず4枚になるようにすんの?」



「注意したら、何故左上角にくっつけて貼らなくちゃいけないのか、

 理由を説明してくださいっていうのよ!アタシ・・・アタシ・・・・

 理由を言えなくて・・・言い負けちゃったの・・・昨日の事だけど・・・

 くやし~」

「そりゃあ、郵便局の消印押し係員が、くっつけて貼られていた方が

 消印押しやすいし、必要金額が充当されているかわかりやすいし、

 じゃない?

 ま、N君の出した郵便(については)、消印係の人、押すのに手間取っただろうねえ。

 あれ?なんて、ははは」




ぎゃ~ははははははっそうかああああ、

消印係員かあああ!

わはははは。





消印係りの人が、消印押すの大変だったろうという、アタシの一言に

なぜか彼女は、その場で大笑いし、

綺麗に縫ったマスカラもとれそうな勢いで、涙を出しはじめ・・・・なぜ?



何だかツボにはまったらしい彼女は、午後の仕事中、ニヤニヤしていました。

そんなに面白い?

Nくんじゃないけれど、理由が聞きたいなあ。

封筒



面白い?




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/18 19:02 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

映画「TOKYO TRIBE」

ただ圧倒され、しかも、どうしていいのかわからない。

わからない。

そんな映画。

「TOKYO TRIBE」

TOKYO TRIBE


トーキョーの様々なエリアごとにチンピラたちが縄張りをはっていて、

権力争いのために、暴力喧嘩をやらかしている。

拳とか、ナイフとか、刀とか、拳銃とか。

そうすか。エネルギッシュですね。アタシ、どうしたら?

      アクションもラップも、遠い世界だから、アタシには・・・・



film_header_26-1.jpg
↑ 一人が裸で一人が厚着・・・


蹴られた男が、ワイヤーアクションで、びよーんと建物の屋根の上まで飛んでいくのも、

叶美香さんが、刃物つき巨大扇風機に吸い込まれてしまうのも、

中川翔子さんが、黄色いツナギを着て登場した際、

敵から「キルビルかよ」と言われ、「ブルースリーよ!」と答えるのも、

ファミマのトラックの脇を戦車が通るのも、

笑っていいのか、怖がっていいのか、アタシにはわかんないのである。



img_20140902-130524.jpg
 ↑けっこうかわいかった❤




描かれる人間たちに生活感がまるで無い。

まるで、魂のふきこまれていない人形のよう。

監督の悪ふざけに踊らされる人形。

セットも、ディズニーファンタジーのゴチャゴチャ九龍城版といった感じで、

人形の背景。


photo03.jpg
↑でもエネルギッシュ




ラストシーン近く、、「喧嘩に意味なんてない」と登場人物が叫ぶ。

そうか、喧嘩にも映画にも意味を見出そうとすること、

わかろうとすること、それそのものが、違うのかな。


教訓めいたお説教の対極にある意味のなさ、か。

そこに何を感じるか、だけ。



自分には、わかんない世界がたくさんあるんだな。


これからを生きるのに、実に都合がいいじゃないか。

笑っても怖がっても、また、そのどっちでもなくても、

意味わかんなくても、意味わかっても、そのどっちでもなくても、

忘れても忘れなくても、そのどっちでもなくても、

案外、存分に楽しそうだ。刺激的で。


楽しむ先はたくさんありそうだ、ああ良かった、

と、思った。この映画。

漫画、読むべきか。そうすか。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/02/17 13:07 ] 映画 | TB(0) | CM(14)

ツーサイズダウン!

昨日、ジムで筋トレを少ししてきたもので、

今、腕の筋肉痛が心地よいよ・・・

この痛み・・・たまらない魅力・・・(これ以上痛くなると苦痛だけどね)


長い間苦しんできた膝痛もだいぶ良くなってきたアタシ、このぶんだと、


ジムでやってる


「奥様ダンスクラス」に、近いうち、また参加できそうだよ~


やった~



「奥様ダンスクラス」は、

完璧な顔美貌&完璧なボディ&完璧な年齢不明のW女先生が教えてくれる

バレエやヨガやピラティスの動きを融合させたようなダンス教室。


あんまりステップも難しくなくって、アタシのような運動音痴でも何とかついていける。


でも一番の魅力は、ところどころで秀逸に入るW先生の掛け声。

普通、ダンスの先生の声って

「カモ~ン」とか

「オーケーエブリバディ~」とか

だと思うけれど(多分)


W先生は


「もおすぐ薄着の季節よ~それまでにサイズダウンよ~

 さあ皆さん、ワンサイズダウン!ワンサイズダウン!

 二の腕プルプル撃退!


 もひとつおまけに、ツーサイズダウン!ツーサイズダウン!


 さあ調子にのってえ!お腹のお肉よ、飛んで行け~



なのよ。(^。^)



アタシは、笑ってしまって、わ~ははは、と笑いながら踊ってしまってたものだけれど、

皆が皆、笑うわけじゃなくって、

先生の掛け声とともに、超真剣、必死な形相になる人もいた。



先生は

「なんじゃみな!その必死の面相は!」

とまた、笑わせてくれたけれど、人によるねえ、笑う人と必死になる人がいるね。

感じ方って違うものだねえ・・・しみじみ・・・。



W先生は、そんなダイエット掛け声だけじゃなくって、

ほかにも素敵な言葉をかけてくれるよ。



「間違ってもいいの、上手く踊れなくてもいい。

 音楽を聞いて体を動かして、心から楽しむのよ~」





はっきり言ってアタシは超不器用で、うまく手足を動かすことができない

リズム感のない人なんだけれど、それでも、

楽しければ踊っていいんだなあって思わせてくれる。

もちろん、人の迷惑にならない程度にだけどさ。



ああ、完璧に膝がなおって、早くW先生に教えてもらえるようになりたいな。


ダメダメ、焦りは禁物。


踊れるようになりたいから膝に気を付けようっていう

その生活をも楽しもう。


                 目標があって何かをするっていう張り合いは
                 とても貴重で切ないほど尊い。アタシには。





ダンス





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/16 21:02 ] 思いつき | TB(0) | CM(8)

また会えたね

昨日の夕方、

家族が帰宅する前に夕食が出来上がるようにと、

パート先から急いで帰ってきて、

バタバタと必死な形相で頑張って料理をして、

ああ、やっと出来上がり、と、ほっとしても

まだ家族は誰も帰ってこない。



干してある洗濯物を片付けて、

お風呂の用意をして、

新聞を読んで、

も帰ってこない。



今日は皆、ずいぶん遅いなあ。

そういえば、上娘も下娘も塾かな。

夫は激残業かな。

って言ってたっけ?



家の前の道路を大声で歩く若者の喧騒に比べ、

ソファーに座って一人、スマホをいじっているアタシは静かだ。




アタシは、ニュースと、ドラマ「相棒」以外のテレビ番組を見る習慣が無く、

テレビの音ってのは期待できないし、

暗くなるにつれ、静かは増していくように思える。




何だかもう、誰も帰ってこない気がする。




気がするだけなのに、なんとなく確信してしまいそうになり、

でも、それはそれで、真摯に受け止めるべきな気がして覚悟してみる。


そういえば、家族が朝、みんな出かけていって、一人になると、

こんな感じになる。




また、会えるかしら。会えたらいいね。サヨナラ。




と、玄関のカギを開けるカシャカシャが聞こえて、下娘が帰ってきた。

「たっだいまああああ。わははははは。おか~さん、今日のゴミだし当番じゃんけん

アタシ勝ったんだよっいいでしょ~ふふふ」

彼女はそういうと、その場でくるりと一回転した。

その場で一回転は彼女の最近のブームである。




おかえり。また、会えたね。       たぶん偶然だろう。



家族png



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/14 15:10 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

お内裏様、細かいことを気にしないでねっ

今日は、お雛様を飾りました~。

まだアタシが赤ちゃんだった〇十年前に、実母が買ったものです。


お雛様勢揃い


二人



何年か前に、実母からアタシが譲り受けました。

アタシには妹が一人いるのだけれど、妹の子供は男の子しかいなくって、

アタシは娘が二人いるんで、

アタシんちにやってきました。


↓ おすまし美人なお雛様
お雛様


↓ 三人官女はちょっと若いかんじ?
三人官女のひとり


三人官女のひとりのもうひとり




実母は、日々の食事を家族に提供しなくとも、こういう買い物は好きな人でした。

洗濯機が無くても、豪華茶箪笥を買い、茶箪笥に合わせて、家を改築するような

ポリシーを持った人でした。

勘弁してよ~そんなんに使わないで、学校の上履き買ってくれよ~と思っていました。


お雛様を貰うのも、そういう思い出も重なったりして、う~ん、とも思ったのですが、

「お前が貰わないなら、捨てる」

と実母は言い、アタシは、お雛様が捨てられたらかわいそうに思い、

結局、貰うことにしたのです。

罪を憎んでお雛様を憎まず・・・



↓ 味のあるオジサンもいい男です。
君もなかなかいい男


↓ 五人囃子は、年若い男の子のかわいらしさ
幼顔の五人囃子


↓ 白髪にてなお、働くあなたは尊い
定年なんかへっちゃらだい



時代ですね~

もうン十年も前のお雛様は、プラスチックな感じがして、

安々しいのですが、そこが良いですね。


↓ 牛もいる
牛くん


↓ レゲエっぽい頭髪のきたあかり作お雛様
きたあかり作


↓ 昔の同僚のひいおばあちゃんが作ってくれた
中はハマグリ


↓ 商店街の景品だった気がするけど・・忘れた・・
なにかの景品だった



お雛様は、出したりしまったりが大変で~と言う意見の人もいますが、

アタシは、その、出したりしまったりが、とっても好き。

これを飾るのに、2時間半くらいかかりましたが、楽しい時間でした。

段ボールや本を重ね合せ、駆使して台座にしています。



でも、ちょっとだけ、悲しいことが・・・

どこを探しても、

お内裏様の帽子と、あの、手に持ってるアイスのヘラみたいなのが

見当たらないのでございますよっ



↓ 頭が寒いし、手持無沙汰。
お内裏様


えええ?

去年はちゃんとしまったと思ったんだけどなあ。



お内裏様、ごめん。


どっか行っちゃったかも。




仕方がないので、そのうち、アタシが手作りするね。


それまでちょっと、我慢しててください、頼みます。


細かいことを気しないわよね、高貴なお方だけれど。


おひな祭りの度に、婦女子から崇め奉られるアナタですもの。おほほほ。

来年か再来年になるかもしれないけど待っててねん。忘れたらゴメン。







↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/12 16:50 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

自由にさせてくれてありがとう

パートを辞めようと思うと夫に言ったら、夫は聞いているのか聞いていないのか

「うんうん、小学生の親は気が気じゃないよね。ホント怖い世の中だ」

と返答する。あのさ・・・話題が違う気がするけど。


続けて、

就業規則があるから、あと1カ月は勤務しなくちゃいけない、とアタシが言うと、彼は、

「航空機の事故も怖いよなあ。自動車事故も。旅行行こうって気持ちが無くなるよな」

と返事をする。。あの・・・さ・・。


仕方がないので、無視して、退職願を書いていると、彼は

「あれ?パート、もう辞めるの?聞いてないけど」

だって。


あ~た、

雲の上の蝶々が天空を見まわしているような感覚でしか生きていないのでしょうか?


「さっきから言ってるけど、辞める」

退職願を書きながらアタシは答え、すると彼は、

「ふ~ん」



関心がありませんね。どうでもいいみたいですね。

もう、長いこと一緒に暮らしていますからわかりますわよ。



ということは、アタシ、ああ、なんて気楽なの。


ダメだとか言われたらヤだもんね。根掘り葉掘り聞かれてもツライしね。



いつも自由にさせてくれてありがとう。



仕事、続かなくてごめんね。また、気を取り直してがんばるよ。


思えば、つい最近まで、最悪の夫婦仲だったはずなのに、

こうやって今、養ってもらっているアタシ・・・

どうなのかなとも思う。


ま、いいか。もう20年以上一緒に暮らしているしな。

深く考えないようにしよう・・・。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/11 22:16 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

おぼえてろっ

待ち合わせと言う

誠実かつ高度な技を

天然なアタシ&アタシの友人が

執行できるかという

複雑かつ深遠な問題、、、、

を昨日の記事「友情の絆を阻む天然」で書きましたが、、、


はい!


ちゃんとランチできました~。

ありがとうございますありがとうございます。本日は晴天なり。



心配した雪もそんなにでもなく、良かったです。



今日のメンバーの一人、若手(単に一番年が若い)のNちゃんが

怒涛の職場愚痴を爆発させていました。

Nちゃんはいつも明るく元気で、

そして頭が良いので、余計なことというか、愚痴や人の悪口は言わない人。

どう波及していくかわかんないとわきまえている・・


そんなNちゃんが、今日は、、、。

よっぽどツラカッタのね

アタシで良かったら好きなだけ言ってね。たくさん聞くからね。

うんうん、うんうん、大変だったね。リフレッシュリフレッシュ。ゆっくりしてね。



もう一人のメンバー、天然な彼女(アタシよりは普通かも)は

豚の頭・・・豚の頭・・・ラーメン・・・豚の頭・・・

と言ってました。


ラーメンを食べに行ったとき、偶然、厨房の奥で

グロテスクな豚の頭がでっかい鍋に入っているのを見たんだって。

ラーメンのダシをとっていたみたいなのだけれど、

彼女はその、あまりの迫力に気持ち悪くなって、以来

ラーメン食べられなくなったそうで。


どうしたらいいかしら・・・困ったわ・・・

インディジョーンズの猿みたいで・・・怖い・・

夢にまで見たのよ・・・と。


それはねえ・・・



はははは。

ハリソンフォードはいなかった?




と、極楽ランチタイムでしたが、一つ、不満が・・・。

だって、

昼間っから飲もうね~と固い約束をしていたのに、

アタシ以外の人、みんな、車で来た のよ!!!


だって寒かったんだも~ん、と言われましたっふんっ


あら~きたあかりだけ飲みなさいよ~と言われても!!

ヤダっ

一人酔っ払いだなんてっ寂しいじゃあないかっ



この次は、おぼえてろっ!    ←どう覚えていたら・・・


↓飲んだのはコレ。キャラメルなんとか。

キャラメル





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


 

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/10 20:15 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

友情の絆を阻む天然

数日前、友達からメールが来た。


2月10日の火曜日、以前から言ってた『飲んで食べて喋ってランチ会』やろうよ。


 Nちゃんも誘うって話だったよね~。誘おうね~。

 きたあかりの都合が悪ければ他の日にするから、連絡頂戴ね~」



そこでアタシは勘違いしてしまったのである。



2月10日は確かに火曜日である。それなのに・・


「あれ?その日は水曜日じゃあないかい?

水曜日はパート勤務の曜日だからダメじゃ!」

と、すっかり曜日を間違って、


10日は水曜日。前も言ったけど、パート勤務の曜日だからダメだよん。他の日にして~ごめん」

と、返信してしまった・・・・。




すると、どうでしょう・・・。

その友人からは、


「あ、そうだよね。10日は水曜日だった!ごめんごめん。じゃ他の日に~

 また連絡するね」

とメールが・・・来まして・・・。



アタシの馬鹿な間違いに、ああそうかと納得する友人。




大丈夫なのか!この天然な二人は!


会えるのか!






数時間後、間違いに気が付いたアタシは、

ごめん10日は火曜日だよね、空いてます、と

謝りと訂正の連絡をしたら、彼女は




あら~そうだったかしら~


そういえばそうね~


じゃあ、会いましょう、と



言ってくれ、

何とか何とか、会えそうだわ・・・・。



こんな二人。

ええ、けっこう気は合ってます・・・・。



ちなみに、その友人は、以前働いていた職場で隣の席だった女性です。

こんな二人で仕事していた時があったなんて・・・

摩訶不思議だ。

場所を間違えずに待ち合わせられるのだろうか・・・10日は大雪らしいが・・・



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/09 19:52 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

怒鳴られた経験

アタシは、以前の職場でよく怒鳴られました。

全くの理不尽な理由で。


アタシと同じ部署のY子ちゃんのことを、専務が大のお気に入りだったため、

部長や次長としては、専務の機嫌をとるために、

Y子ちゃんの優秀さを誇示して、

アタシの馬鹿さを知らしめる必要があったのです。


わかります?


ええ、あなたのおっしゃるとおりY子ちゃんは優秀です。

ほ~んんときたあかりったら困ります。

怒鳴りつけてやりましたよ。

専務のおっしゃる通りです。やっぱりY子ちゃんが要ですよ~。

我々の意見は一緒ですね~仲間ですね~。

というわけ。

それがゴマスリになるわけ。


そんな職場でした。

あの時、もっと反抗し怒鳴り返せば良かったでしょうか。


でもあの頃は、子ども二人を抱えて働いていて、ただただ、転勤辞令が怖かったです。

転勤となれば、またまた保育所を探さなければならない。

もしかしたら、もう、預けるところはみつからないかもしれない。

保育所の全くないような僻地かもしれない。

そうしたら、もう、働けないのです。

働けないということは、収入が無いということは、生きられないよ。

当時は死活問題でした。


だから、子ども二人を抱えて働いている・・・ということは、反論できないということでした。



はいはい、と怒鳴られました。

アタシなど、Y子ちゃんを気に入っている専務の機嫌をとるための道具でしかないのです。

道具を辞退すれば、嫌がらせ転勤辞令が出る可能性が高いのです。

           転勤を断ればどうなるか・・・ここでは語りませんわ。



仕事の内容など、ゴマスリにとっては、どうにも関係ないのです。

いくら仕事をしても、関係ないのでした。

怒鳴られて、アタシはドモリや手の震えの症状が出て、手の震えはいまだ治りません。


でも、今となっては、思い出です。

遠い思い出です。

その職場、辞めたし。



さてさて、今のパート先の上司で熱血漢がいます。

勤務二日目くらいでアタシは彼から怒鳴られました。


でも、彼の怒鳴り声には裏が無かったのでした。

ただ、感情のままに怒鳴ってきたのです。。

仕事があれこれあって、ただアタシに当り散らしただけ。

つい、か~っとなっただけ。


人間なんだから、いつも正しく優しく良い人でいられるわけではないよね。

後から、ごめんねと謝ってきた彼。

人間的ですね。



以前の職場の、卑怯な怒鳴りとは性質が違いますね。

人間って面白い、と思える、アタシの許容範囲内怒鳴りでした。



なんだか彼とはうまくやれそうな気がします。

アタシの昔の経験が活きていると思うことにします。

そりゃあねえ、この年だから(アタシは年齢不詳だけど)、

大丈夫大丈夫。


ええ、他の面で、その職場、ダメかもしれないけど、ははは。

ちゃんちゃん。






↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/06 23:10 ] 思いつき | TB(0) | CM(8)

違う二人

私には二人の娘がいて、夫とアタシとその二人、今のところ同居しているが、


娘二人、とっても性格が違う。


顔はそっくりなのに。



今日の夕方のこと、上の娘が半分泣きながら


「おか~さん、試験の日程が書かれた大事なプリントがないよ~

なくしちゃったよ~

どうしよ~」

と騒いでいた。


聞けばその試験は、数日後に行われるようで、別に・・明日・・

学校へ行って先生にもう一度貰うなり、友達にコピーさせてもらうなり、すればいいし、

泣くほどのことではないと思うのだけれど、

上の娘は全てに動揺しやすい感じやすい性格で、

悲しいとなるともう前後不覚なのである。

そんなに大事なら、どこにいったかわからなくなんて、ならないように、

きちんとしまっておけばいいものを、万事だらしないので、

そうなってしまう。自分が悪くて自分が悲しくて泣いて・・。

冷静になってよ。どうしたいのさ。

もう、言葉も出ないほどあきれてしまう・・・・もぉ。

なだめるのが大変だ~~~(-_-)

叱ると逆ギレレするので・・・。




と、そこに下の娘が帰ってきた。


「わははははは」

笑っている。この子は、本当に良く笑うのである。

そして弾丸トークである。


「自転車で帰る途中、何か変だなあと思って、でも、何が変なのかわかんなくって

でも、少ししたら・・アタシはピンときたね!さすがアタシ!

ベルだよベル!ベルがいつの間にか無くなってんの!

あのね、〇△会場(部活の何かの会場)から出て、

帰ろうと自転車置き場に行った時さ、派手に自転車が倒れてたんだよね。

推理するに、誰かが自転車を倒してさ~その拍子に取れちゃったんだよ!

うけるわ~

はははははは」


なんでそれで大笑いするかね・・・自転車が可哀そうだろうが!(-_-)


でもアタシは

「ベルでまだ良かったのかもよ。サドルだったら(自転車に)乗って帰れないもんね」

と、上の娘をなだめた余韻で、何となく慰めるべきな気がして言ってしまった。


と、それが、笑いのドツボにはまったらしい下の娘は

「そうだねそうだね。あ~はははは」

と爆笑していた。


プリントを無くして泣く上の娘と

ベルを無くして笑う下の娘。

同じように平等に接してきたと思うのだけれど、違うわ~。不思議だ。


ま、でも二人のそのそれぞれの性格、どっちもアタシに似ている気もする。





もぉ、とにかくモノは大事にしなさいっ!





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/05 21:53 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

健康第一

またまたの上の娘との言い争いに、大雪の片付け、

持病からくる腹痛、それから、パートの仕事アレコレ、

いろいろと重なってしまって、ダウンしちゃいました・・・・。


布団の中にぱたっと倒れこみ、

そして、体調が悪いと心の調子も悪くなり、

考えなくても良いような、昔のいや~な出来事とかを思い出してしまってました・・


若い頃は、だいたい一晩寝れば、心も体も元気に戻り、やる気まんまんになるという

都合の良い性質のアタシでしたが、最近は年のせいか、

一晩じゃダメだわ・・・三晩くらいかかってしまう。


でも、一晩でダメでもいいや、無理に元気になろうとしないわ~

自然にまかせるわ~と思うことにしています。


体も心も年と共に衰えるのは自然の摂理だわよ。

ジタバタしないで受け入れます・・・。

東北の春はまだまだ遠いなあ。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/02/04 18:18 ] 思いつき | TB(0) | CM(10)

映画「ロッジ」

ホラー映画です。

lodge.jpg



10人くらいのの若者たちが、週末を利用して山奥のロッジに遊びにやってきます。


おしゃれなロッジ。

でも、このロッジ、なんか変。


受付というか管理人さんというか、そんな人がいないし、

ついさっきまで泊り客がいたような気配があるけれど、

誰もいない。

食事している最中だったようなテーブル、出しっぱなしの水道、

まだ温かい暖炉。


おっかしいなあ、と思っているうちに、一人、また一人と、メンバーが意味なく

いなくなってしまいます。

パニックになり、逃げようという人、いや、ガソリンが足りなくなりそうだからここにいようという人、

諍いながらも、また一人、そしてまた一人、消えるメンバー。

今まで、すぐここにいたのに、ふっと消えてしまうのです。


あれ?どこに行っちゃったの?


こわ~い。

こわ~い。

こわ~い。





ええ、怖いだけの映画でした。





いいんです。これで。

人生の裏に潜む人間の本性をさらけ出す、とか、

歴史の真実を暴く超大作に身が震える、とか、

あなたは直視できますか?その愛の残酷さを、とか、

そういうのも、とっても良いのですが、



あ~怖かったあ、で終わる のも、とっても好きです。



深いだけが映画じゃあありません。←超自論。




途中、元彼&元彼女が、いちゃいちゃしてしまうシーンがあります。



人が次々と消えていく・・・。

名作『そして誰もいなくなった』を思わせるような、緊迫した場面!

それなのに、ああ、それなのにアナタたちは!


アタシは


「そんなことしている場合じゃあないだろうが!」


と、笑ってしまいました。

             愛は自由なのにねっ



笑っちゃうという、無責任かつ正当なアクションをしてしまえる映画は、

近年なかなかみつからないのであります。


ありがとう。

深くない映画も、また良いのです。大好きです。




あ、ほんと、怖いですよ。

誰も携帯電話を持っていないって、設定に無理がありすぎる、

とか、

ちょっとでもガソリンあるなら、車でにげなさいよ、

とか、

そもそも、固定電話があるはずだから探しなさいよ、

とか、

考えながらも怖いです。


予想したラストと違ったし。あ~おもしろかった。いろんな意味で。

良い日曜日だったわ~




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/02/01 22:40 ] 映画 | TB(0) | CM(16)