fc2ブログ

何を着ようかしら

今日は、高校卒業式で娘が履く袴などなどを選びに

レンタル屋さんに行ってきましたヨ。

娘の通う高校は制服が無く、卒業式で女子は袴姿になるのが恒例なのです。

そう、こんな時期から予約しないと、ダメなのです。着つけの時間が取り合いで。

店内


あれこれあって、、迷っちゃう。どれを着たい?


我が娘は、

小学生の頃に水泳をやっていたので肩幅が広く、

親のアタシに似て、背が高く、

さらに、お肌がちょっと黄色っぽいという、

絶対着物は似合わない容姿なんだけど・・・・


でも、いいの。親にとっては可愛い娘です。

せっかくのハレの日に

友達と同じように綺麗な着物を着て、華やかに笑ってほしい。


自分の成人式や結婚式が散々だったので、せめて娘には

卒業式での「おしゃれ気分」を味あわせたい。

袴姿
↑店の人に言われて、白手袋をしている。着物を汚さないようにだね。


娘、嬉しそうでした。

つい最近まで、

「え~卒業式の一瞬のためにお金かけることないよ~

アタシはふなっしーの着ぐるみ着るよ~」

と言っていたくせに。

友達の影響かな。


しかし、親は大変だわよ。

あれもこれもと追加料金があって大変なことに。


それに、当日は、

娘に対抗して、戦わなくちゃいけないでしょ。


え?もちろん美しさでよ!負けないように!

アタシは何を着ようかしら~。やっぱりドレスかしら~。ららら~



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/31 16:32 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

すみませんな一日

昨日の夜、下の娘が市民図書館から借りてきた

湊かなえさん著「夜行観覧車」を、

からとりあげてにお願いして貸してもらって

読んでいたら、これがまあ、面白くて、

それに、超読みやすくて、

いや、違う、読みやすいんじゃなくって、

ぐいぐい読ませられるひっぱられる、引き込まれる感じ、で、

ついつい最後まで読んでしまい、夜更かしで、

でも、次の朝(今朝ですな)はいつもの通りに起きて娘の弁当をつくり、

暑い暑い、、ああ眠い。



で、よせばいいのに、気持が通常モードじゃないのか、

いつも判断能力は無いのに、それ以上に無くなっているのか、

なんとなく大丈夫な気がして、ジムに行き、

またここでも、最近入った目新しいマシン

↓こんな感じ
マシン

使いたくなったりしている馬鹿なアタシは、使うわけで。

これが、内腿とお尻の下の方にきく~し、呼吸もぜ~は~になり、

相当にひどい疲労感を・・・・

暑い暑い、、あ~疲れた。



這うようにして家に帰って躊躇なく冷房を入れ、へろへろして、こんな時はどうすべきか

冷静に考えなければ、と、自分を叱咤激励し、スポーツ飲料などを一気飲みしたら、

そうだ、少し体を休ませようと、まともなアイディアも浮かんできた。

と、体に休養を心に栄養を、と考えるのは世の常なのか、

ソファに座って、ここはやはり、心のために

大好きなテレビドラマ「相棒」を見るわけで。

↓アタシの基本です。
相棒



30分くらい見ると、気持ちも落ち着き安心して、、、冷房も程よく効いてきて、、、ららら~



右京さま、この秋も期待してますよ。。

新たな相棒さん、う~ん、どうかな。

やっぱりイタミン、あなたがいなければ、ダメよん。





と、つい、昼寝してしまい、

起きたら夕方で、



毎日毎日、この暑い中、社会のため家族のため自分のため、一生懸命働いていらっしゃる

正しい勤労者の方々に、本当に申し訳ない気持ちになり、

すみませんでした。


なおらないと思います。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/30 22:19 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

肺がん検診で健康女性

市でやってる市民のための肺がん検診に行ってきました。


市報に添付の申込用紙を郵送すると、しばらくして受診券が送られてきます。

それに、自分の体の様子をあれこれ書いて、

市が指定した検診場所に出かけていき、提示すると、

レントゲン搭載車がいててくれて、順番に写真を撮ってくれます。

結果は40日後だって。


市では、数か所の数日、検診場所を指定してくれてて、

もっと前に受けても良かったんだけれど、、暑かったりいろいろあって、、、今日になっちゃいました。


ものすごい混雑かと思ったけれど、そうでもなかった。

50人くらいかなあ、待ってたの。

でも暑くて暑くてさ~。

場所は区役所北側通路。屋根があって日陰だけど、暑いわよ。

列


そんな中も誘導する係り員の人が、

暑さに市民がイライラして混乱して、喧嘩騒ぎになどならないようにとの配慮かなぁ、

ユーモアたっぷりのお話をしてくれて、助かった。

「受診券をご確認くださ~い。自分の名前になっているか、これが重要です。

 旦那さんの名前じゃだめですよ

 いくら家族でも、自分の検診ですからねええ」

そんな、間違って旦那さんの券を持ってくるご婦人なんているんかいな。

あははは。


何分か待って、やっと自分の順番になり、レントゲン車前にいる係り員に券を渡すと、

「あっちの車です。入ってください」と促され、無事レントゲン車の中へ。


初めて入ったけれど、2畳くらいかなあ、待合室っての?服を脱ぐ場所は。

そこに5人くらいいて、もぞもぞしながら、金具のついた下着を取るわけです。

蛸の盆踊りのように手を動かし何とか脱いでいると、

「45番さ~ん」

と奥にいるレントゲン技師さんから呼ばれ、

写真を撮ってもらいました。

後は帰るだけだ~とほっとしてまた待合室へ戻り、金属金具のついた下着をつけようと

上半身裸になったとたん、後ろの方にいるご婦人が騒ぎ出しました。


「あらら、ど~しましょ。汗で下着がひっついて取れないわっ!ちょっと

 あなた!手伝ってよ!引っ張ってよ! 」


え?アタシに言ってんの?他の人に言ってんだよね!だって、アタシ上半身ヌードよ!

こんな格好で見ず知らずの女性のひっついた下着を引っ張るなんて、

そんな大冒険、末代まで語られちゃうわよ。


と数秒のうちに素早く思いを巡らせ、どぎまぎしていると、そのご婦人の順番になったのか、

奥のレントゲン技師さんが呼ぶのです。


「47番さ~ん」

「待って~じょっとぉ下着があああ、かぶりだからこれ、どう、えっと」


ご婦人はかなり慌てています。周りの数人は、どうしたらいいのかわからず、無言です。


すると、レントゲン搭載車の外で受診券を受け取っていた係り員の人が外から叫び始めました。


「K田さん、K田さんいらっしゃいますかあ、券の名前が違うようです~」

「K田さん~男性名の券のようですが~旦那さんの券じゃないでしょうか~」

「K田さん~出てきて確認をお願いしま~す」


K田さんとは、この、下着が取れなくて慌てているご婦人のようで

「ありゃ!そう言えば間違った!お父さんの持ってきた、かも」

と言い出し、でも負けずに、

「ぎゃ~待ってくださ~い。アタシ、順番が来て、よばれているんです~」

だって。


レントゲン技師さんも、負けていません

「47番さ~~~ん!いらっしゃらないんですか~~~~!」


K田さんは言います

「ごめんなさ~い。今行きま~す。ちょっとアナタ!手伝って!」

アタシのことを言っているんかもしれませんが、もう金具のついた下着の装着を終え、

Tシャツも着ているアタシは、

レントゲン車から逃げました。   逃げろ~


並んでいるときから、係りの人に

「名前の間違いが無いように」ってあれだけ言われているのにもかかわらず間違え、

さらに、間違いを指摘されても、順番が来たからと、撮影してもらおうとし、

そのために、知らない人に自分の下着をひっぱらせようとしている、

この ご婦人のパワー、すごい。こんなに暑いのに。


70代なかばくらいかなあ。

絶対、彼女、健康だわ・・・・ある意味、そんけ~




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/29 15:39 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

激しさへの恐怖

先日、妹とその夫と、妹の息子、ん?

つまり妹一家が、我が家に用事あって、来てくれたんだけど、

世間話などしている間に、妹の夫が

ば~ちゃん(アタシの母)もE子さん(アタシの母の姉)も

 激しいよなあ

と、何気なく言って、うんうん、と大爆笑。


アタシの母は、アタシの妹の夫を、アゴで使う感じなのですよ。

近所に住んでいることを良い事に、買い物、病院と、連れて行かせるし、

雪かきはさせるし。

それが、超上から目線で、命令口調なのよねえ。

気に入らないと怒鳴るし。

すみませんねえ。妹の夫よ。

無理しないで、無視してください。

やってもらって当たり前、自分の事しか考えてないから~


そして、E子さん!(アタシの伯母ですな)

嫁いびりが凄い。

嫁の炊いたご飯が気に入らないと言って、そのご飯を

庭に投げ捨てたりしてんのよ。

こわ~い。激し~。

そこまでするかよ。  雀は喜ぶかもしれないけどさ~。

ま、アタシも、アタシのつくった味噌汁を、姑に捨てられたことがあるけどね。



いやあ、激しいよなあ、と皆で笑いながら、アタシは、その血を受け継いでいるであろう、

自分も、実は超激しいのではないかと不安になったわよ。


母の母、つまりアタシの祖母もかなり激しい人だったのよね。

祖父が亡くなった時、奔放に生きたアタシの母から迷惑かけられたせいだと言って、

大声で責めてきて、大変だったわ~。


遺伝?こわ~。


自分で気が付いていないだけで、アタシは激しいのかしら?

ああはならないようにと気を付けて生きてはきているけれどさ~。


どっちかというと、アタシは父に似ている容貌と性格なので、大丈夫と思うことにしよう。

妹も、従兄弟たちも、のんびりした性格だし、、うん、あたしもそうだそうだ。。。

そう思わないと、暑いうえに、怖すぎる。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/28 09:49 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

順番まちがえた!

皆様の住んでいらっしゃる地域の百貨店バーゲン時期はいつでしょう?

あたしの住んでいるこの辺は、

いま、

でございまして、先日、

猛暑、

の中、行ってきましたよ~。


ワクワク感がたまらないわ~。


でも、ちょっと失敗。

婦人服→食材→家庭用品

と売り場をまわれば良かったのに、

家庭用品→食材→婦人服

という順番で回ってしまったのです。


結果、家庭用品売り場でフライパンを購入し、その後、ワカメを購入し、

それを持ったまま婦人服売り場に行って、  ←重い

試着すると言うアクロバット買い物をしてしまいました。


我が家はIHなので、フライパンが超重いし・・・ワカメは塩蔵だけど一応要冷蔵だし・・・



試着室にフライパンとワカメを置いて、よいしょと服を着替え・・・






暑いですね。

たぶん、頭まわってないんだと思います。

もうちょっと経ってからのバーゲン、また行かなくちゃ~

今度は間違えないわよっ


↓戦利品。じゃがビーは勢いがついて帰り道のドラッグストアで買った。娘へお土産。
戦利品



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/26 23:55 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

DVDを、レンタル店で数本まとめて借りると、

あらすじ等を全本、大体チェックしているつもりが、

勘違いしたりしてるときがあります。

社会派だと思ってたら、ラブロマンスだったり。


アタシだけ?


この映画「シェフ」も、超シリアスものだと思って観はじめて、

でも、いつの間にやら大笑いしてしまってて、


あら?アタシ、シリアスな映画に笑っていいの?

どうしたのかしら?アタシの何かが壊れたかしら?

しっかりしなくちゃだめよ。年齢に負けちゃダメよ。お肌も思考も。


と、あせったりしてしまいましたが、


あれ?

笑って大丈夫だったのね~。

主人公の受難を、まじめに気の毒がるんじゃなくって、

あははと笑ってていいのね。

と、だいぶ経ってから気が付きました。

あ、こりゃ、コメディだ!

シェフ



ああ、小技が効いているのよね。

ストーリー的にはなんちゃらないんだけど。


シェフ3


腕の良いシェフ、カールは、ロスの某レストラン雇われシェフ。

でも、ネット批評家が店に来るってとき、

嫌々ながらオーナーに言われたとおりのメニューをだしたら

それが大失敗で、批評家に散々言われてしまう。

結果、オーナーと大喧嘩。

店を辞めてしまう。

元奥様の勧めでトラック屋台を始めてみると・・・。

これが大当たりぃ。

シェフ2


息子にジャンクフードをねだられて、ダメだよそんなの、と叱りながら

次のシーンでは一緒に食べていたり、


元妻の元夫(自分と結婚していた時期の前に結婚していた男)に

トラック屋台をはじめる手助けを頼みに行くシーンで、

「きみはゲスじゃない~大丈夫~」

と何度も慰められ、かえってむっとしてしまったり、


元妻がその元夫と、何か関係があったのではないかとやきもちをやいて、

「知りたい知りたいんだああああ」

と追求したら、

「ごめんなさい。寂しかったの。でもあなたとはもう夫婦じゃないから別に」

と言われ、

「知りたくなかったああああ」

とかなり身勝手な発言をしたり。


あははは。

と、人間味あふれる主人公が、かな~り好きになれる映画です。

おいしそうな各種食べ物、う~ん、ホットドックみたいなのとかも美味しそうでいいし、

主人公の、料理人としての誇りも、清々しくていい。

シェフ4




息子との交流も、不器用ながら誠実で、そしてそれを息子も良くわかってあげてて、

ほんわかしていい。


気分よくなれる映画です。

シリアスじゃなかった!!!

と、そのうち、コメディだと思ってたら、違ってたん、も紹介したいです。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/07/26 23:11 ] 映画 | TB(0) | CM(8)

月曜日の予定

今日、土曜日お昼頃の些細な諍いでございます。お笑いください。


夫   「絶対許せん!」

アタシ 「そんなに許せないなら、もうわかった!出ていく!」


夫   「ああ行け!」

アタシ「あ!一つ問題が!」


夫   「?」

アタシ「今日の夕飯、炊き込みご飯のつもりで、もう半分仕込みしてあるよ」

夫   「それなら、出ていくのは明日にしろ!」


        夫は、炊き込みごはんが大の好物なのです。



アタシ「明日はダメだ。妹のY子が(用事で)来るから」

夫   「う~ん。以前からの頼まれごとだな!仕方がない。あさってにしろ!」


         妹の夫の方からも、丁寧にお願いされていることなので、、、、




アタシ「はい。あさって出て行きます。

    全財産持って!   ←さりげなく言ってみたけど、別に財産なんて無し。

    とりあえず、今はジムに行ってきます。

    暑いから(アタシが出かけている間も)何か飲むんですよ」


夫   「はい」   


       あれ?素直だな。かなり怒っていたはずだが。



ということで、あさっての月曜日、出ていくことになりました。

忘れていなければ、出ていくことでしょう。

たぶん。忘れる。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/25 21:42 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

検査のため病院へ

検査のため病院へ行ってきました。

まあ、患者さんの多いこと。

みんな健康になりたくて来ているのかな。

看護婦さんにアレコレ話しかける人、そこにある血圧計で懸命に血圧測る人、

雑誌を読む人、杖をついている人、車いすで誰かに付き添われている人、いろいろ。

アタシも、その中の一人。


お医者さんは親切にアレコレ説明してくれました。

アタシみたいな症状の人は多くて、特に急な処置は必要ってわけでもないみたいで、

一安心。

そっか、上手につきあえばいいのかと思い直し、

よし、元気を出そうと帰り道にある牛タン屋さんへ・・・

行ったけれどお値段が高すぎて・・・断念・・・

病院にけっこうかかっちゃったしなあ・・・


結局、すぐそこのラーメン屋さんで冷やし中華。

ぬるかったです。

ぬるい・・・


人生いろいろだね。

受け入れて飲みこんで、笑顔で過ごしたいです。   できるかな?


以前働いていた職場で、隣の席だった女性から

「いろんな経験をして、いろいろ考えて、

そんなアナタと

私はつきあいたいと思う」

と言われたことを思い出しました。  ありがたいことだわよ

今も、たまに会ってます。つきあってます。


その人、女性だからねっ!   ←アタシも一応女性。


↓スーパーで買ったポーチュラカ、やっと咲きました~うれし~
ポーチュラカ



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/22 15:05 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

映画「アデル、ブルーは熱い色」

タブーへの挑戦、過激、という、うたい文句に、

すっごい刺激的な映画なんだろ~な~

自分のふつ~な社会的道徳観念なんて、ぶっこわされる映画なんだろうなあ~

女性と女性の恋愛かあ・・・・

と思って、気にはなってたけど・・・観てなくって、、

でも、さとちんさんのブログ202日記で感想等を読ませてもらったら、

そうなんだ~

と、ますます興味を持ち、つい観ちゃいました。

アデル



アデルとエマの恋愛とその崩壊の物語です。←二人とも女性よ。


女子高校生アデルは、美術学校生エマと知り合い、二人は強く惹かれあって、

数年後、アデルが教師、エマが画家となっても、ラブラブに一緒に暮らしていました。


しかし、二人の間にはすこしずつ亀裂が生じてきます。

パーティで料理作りに精を出すアデルに

「料理も良いけれど、(創作的な)文章を書いてみたら?」と言うエマ。

アデルの生き方にエマは納得できてない感じなのです。

そして、芸術家肌のエマは、芸術家肌の友達との親交が楽しいみたいです。


アデルは疎外感を感じてしまいます。

そして、つい同僚の教師と浮気してしまうのです。


許せないエマは激昂。アデルを追い出し、破局。

どうしてもエマを忘れられないアデルは、必死に許しを請うのですが・・・。


さとちんさんの感想にもあったけれど、どんな恋愛にもありがちな

ふつ~の崩壊で、ストーリーに過激とか衝撃とかを期待して観ていたからか、がっかり。

女性と女性の恋愛って、もっと精神的な神秘的なものを描くかと思ってたけど、

違ったよ。

動物。

ただ、それがこの映画の狙いなのかとも思うのですよ。


むしゃむしゃガツガツ食べるシーンが多いのです。

バリバリ食べながらベラベラ喋るのです。

ほ~んと、動物的というか肉食系というか、生への強さを感じさせられます。

アデルがエマに許しを請うシーンも、鼻水たらしてもう!体当たりな

「アナタが好きなの~」

なんですが、なりふり構わない感情の爆発で、

あららな肉食動物です。動物動物。


自分が知らない世界を〇×な感じかなあって思ってても、実は違う んだね。


芸術家で奔放そうなエマが、

恋愛相手アデルに「アデル芸術創作活動」を望みながら、

しかし、「浮気はダメっていうモラル」を守ってほしいっていうのも、

皮肉な違いだし。わかんないなあ。



アタシの一方的な偏った勘違い がもとで、違う、とそう思うんだろうなあ。


不思議な後味の映画でした。

あ、女優さんの裸が綺麗でした。←つけたしでゴメンナサイ、アデル&エマちゃん❤


まあ、よくもまあ、こんなに綺麗に成長したこと~。

あんだけバクバク食べてたら、そうもなるよねえ~。


ボロネーゼ、クレープ、生ハムみたいの、牡蠣、揚げ餃子みたいの、

それから、たくさんの煙草も。

若いうちはいいけど、健康に気を付けてねん。年をとるとお腹出てくるしねん。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/07/22 13:25 ] 映画 | TB(0) | CM(8)

ママ友会送別会

先々週くらいの話なんだけど、


仲良く参加させてもらっているママ友たちのボランティアグループで、

旦那様の転勤で遠くへ引っ越しされる方がいらして、

送別会が行われ参加してきました。


引っ越しして遠くに行っちゃう人と、気軽には会えなくなって寂しいよ。

ここは東北なんだけど、

金沢の方へ行かれるそうで。


バザー準備打ち合わせの時は


「え?テント張りに男手が必要だってぇ?大丈夫、アタシの旦那に手伝わせっから。

 え?旦那の都合?そんなの聞かなくっても大丈夫よ。この場で決めて。

 ええ。旦那はアタシの言いなり だから。お~ほほほほ」


と豪語していた彼女。旦那さんには、ついていくんだね

多分、知らない土地に行っても、たくましく生きていけると思う。


お元気で。。



ママ友グループのつきあいは難しいと聞くけれど、

この会は、そういうことはなく、ありがたいです。

いつも、ど~でもいいような話題で盛り上がってます・・・・


たとえば

「子どもたちの間では今、一輪車に乗るのがブームだが、

 アタシタチも乗れるだろうか?」
   とか・・



乗れるわよ!

じゃああ~た、やってみたことあるの?

あるわよ!もちろんですわ!

乗ってどこに行くのよ!目的地がないでしょ!

まあ失礼ね!ゴミだしに行くわよ!両手にバランスよくゴミを持てるのよアタシ!

ゴミの袋が一個だったらど~すんのよ!



一輪車、乗れますか?



↓そのとき食べた牛タン焼き定食の牛タン。
  ダメだ。やっぱり牛タン焼き専門店の勝ちだわよ。
  普通の和食屋さんのじゃダメ。
牛タン焼き



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/21 09:52 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

こっちからは好き

下の娘が通う高校の野球部は、あまり強いとは言えない、、、んですが、

野球というのは筋書きがないですね、ドラマですね、、、

今のところ、夏の高校野球県大会で勝ち残っています。

中堅どころ強豪校から勝ったのよ!びっくりぎっくり!

あ~奇跡だわ。


レギュラーではないけれど、近所の子もその野球部で頑張っていて、

アタシは勝手に心の中で応援しています。


暑い日も寒い日も、雨の日も風の日も、毎日よく頑張ってたよね!

是非是非、悔いのないプレイを!


学校全体の盛り上がりもたいしたもんで、

今までサボった事が無い真面目な子まで、授業を抜け出し応援に球場へ

行ったりしてるそうで、、、。


下の娘も大盛り上がり。

「ぎゃ~お母さん!今日も勝ったよ!奇跡奇跡!あの〇×高校から勝つなんて!」


あのさ~お母さんが大嫌いで口ききたくないんじゃなかったか~。

ま、いいか。


勝ちたいっていう強い気持ち、驚きの勝利。

娘さん、あなたも最近経験したような気がするよ。


でも、結局、次で負けてたね。そんないろんな気持ち、

母は見守りますよ。嫌われても、こっちからは好きですからね。


だから毎日お弁当つくってんのさ。



↓いつの間にか、朝顔咲いてた。
朝顔西洋種




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/17 13:57 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

悔しい思いも経験のうち

上の娘の学校行事、クラス対抗ミュージカル合戦、決戦の時が近づき、

娘の話を聞くと、

それはもう大変なヒートアップで、笑っちゃう感心いたしますです。


衣装の早変わり、

わかります?ほら、よく紅白歌合戦で歌手の方が歌の途中でぱっと

上の布を取り去って、下の衣装をあでやかに見せるヤツ。

それを計画したそうなんだけど、、

(びっくりでしょ~でも、そのくらい当たり前だそうで・・)


早変わり前より早変わり後の方が、色などが地味で、

それでは観客を驚かせられない、インパクトが無い、と、娘は思ったそう。


衣装発案者の子に遠慮して、皆意見を言い出しずらく、

娘もなかなか言えなかったけれど、

でも、どうしても、言うべきだと思って、頑張って言ったんだって。

結果、意見は通って、急きょ、衣装を考え直すことになり・・・・。


この衣装の件は丸くおさまったけれど、

良い演技にしたい、優勝したい、と、子供たちは真剣で、

だと、意見もいろいろで対立することもあり、

クラス内で喧嘩のようになって険悪になったりして、大変だそうです。

    実際、娘が提案した、照明の色の変化具合は、却下されました・・・。


こうしたい!と意見を出しても、それが通るとは限らない。

悔しいこともあると思います。

でも、

自分の気持ちとは違う結論の演技を本番では精一杯

やるのです。


何も経験しなければ、得るものも無いけれど、そうやって悔しい思いなどを経験すれば、

人の痛みもわかる子供になれる可能性があるのではと、

娘だけではなく、学校全体の子供たちにエールを送りたいと思います。




「毎日暑いのに、よく頑張るねえ。みんな体に気を付けてね」

と朝に娘に言ったら、

大丈夫!授業中、寝てるから! 」

と元気に言われました・・・・・・。



はい。了解。


↓いちごの花咲いてます
いちごの花



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/17 13:38 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

ミツバチとウグイスとカラス

我が家の貧相庭のリッピアという花に、大量にやってくるミツバチについては

以前もちょっと書いたけれど、

つくづく見ると、そのミツバチたち、かなり根性がある のである。


リッピアのちっちゃな花にヤツらがとまると、その体重を花が支えきれず、

花は大きく揺れる。

揺れる花にも、ミツバチはしっかりとしがみつき、蜜を吸っている。

次の花、その次の花でもブラブラぐるぐる揺られ、でも諦めず、吸い続ける。

その根性、生きる執念、強い意志、このアタシには微塵もないのである。

学ばなくちゃ。


それから、

我が家の庭には、ウグイスも未だに毎日やってくる。

ホーホケキョ、と鳴く鳥である。

風情があるねえなんて考えてはいけない。

曲者である。

たま~に鳴声が聞こえるからしみじみするのであって、

毎日毎日、おめ~は舞台俳優か!というくらいの大音量で鳴かれると、

あの、ちょっと静かにしてもらえないでしょうか、

とお願いさえしたくなってくる。

彼らは、たまにギャグもやってくれる から始末に悪い。

ほーほけきょ、ほーほけきょ、ほーほけきょ、ほーほけきょ

ほーほけきょ、ほーほけきょ、ほーほけきょ、ほーほけきょ

ほーほけきょ、ほーほけきょ、ほーほけきょ、ほーほけきょ

と、規則的に鳴いているかと思うと、

ほーほげげげっ、げお、げろげろ、ぴちぴお

と、時々つっかかったりする。

おや、ウグイス君、何か喉にひっかかりましたか?大丈夫?

それとも、ウケを狙ってます?

なんて、ウグイス相手に心配しなくちゃいけない。

悔しいのは、アタシがこんなに心配しているのに、知らん顔で空を飛びまわり、

隣家のテレビアンテナなんかにとまり、また、大きな声で

ホーホケキョ

なんて得意げに鳴くところ。

もぉ、その得意満面さ、上から目線(隣んちの屋根の上から見下ろされている)、

卑屈になりがちなお年頃のアタシ、見習いたい。


そして忘れてはいけないのは、カラス

夫が一生懸命ちまちま育てている庭のイチゴを狙ってやってきたはいいが、

ネットが張られているのであきらめた彼らは、

いやがらせにか、

イチゴの脇に植えているプチトマトをつまんでいくのである。

それも、そのプチトマトを完食することはなく、

ちょびっとつっついて、そのへんに、ポイっと捨てていくのである。

捨てられたトマト

きっと、

「けっ、すっぱくてまずいトマトだな。こんなん食えるか」

と言いたいのだろう。

その、カラスさえ見向きもしないプチトマトを、人間様のアタシたち家族は

おおいに有難がり、弁当に入れたり、パスタソースにしたりしているのである。

悔しいのである。

このカラスのいやらしさよ。嫌味よ。

ああ、アタシも習得して、何かに使ってみたいのである。


何に?


ああ、それを想像して眠ろう。おやすみなさ~い。猛暑快眠の術。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/15 22:02 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

時間が解決?

アタシを茹でたいんですか!


というような暑さの中、持病が暴れ、、、お腹痛くて、、、

昨日はドロドロ寝ていました。

でも今日は大丈夫。

もう我慢せずにエアコンをスイッチオン!したから、、


ではなくてですね、

今朝起きたら、夫が既に朝ごはんの準備をしていてくれ、さらには、

洗濯機まで回してくれてて、その上、

「お腹は大丈夫?」

と言ってくれたから!

ま~なんということでしょう!嬉しいことです。元気になります。

           まだお腹は痛いけどね。ちっ。


普通の人は、体調の悪い人には優しいでしょうが、わが夫はそういう人じゃなくって、

アタシの体調が悪いとアタシを責める発言ばかりする人なのでしたのよ。


女は執念深い ので、覚えているわよ。ふふふ。

出産後にアタシが腹痛で苦しんでいるときも

「なんなんだよっそれっ!」

とアタシを叱ったでしょ!ふんっ!

           一応言っておくと、、
           誰かに育児を助けてもらえる環境になかったので、
           アタシが倒れると夫が何とかしなければならず、
           彼は仕事も忙しくて大変だったから、、、なのですが、、、


それが、人間、変わるものですねえ。

夫よ、年をとって、丸くなったねえ。しみじみ。


と、夫は年齢とともに、そんな感じに変化しているのですが、、

娘は順調に(?)お年頃になり、順調に(?)反抗してきてます。


ちょっと前までは、いつも「わははは」と笑っている明るい子だったのに、

「おか~さんのココが嫌い!アタシは傷ついている!」

と堂々と宣言して口もききません。

でも、

「ご飯&お弁当は今まで通り作ってね」

だそうです。なんだそりゃ。


これも、時間が解決してくれるのかねえ。

ということで、今日もお弁当を持たせ、学校に送り出しましたよ。


たぶん夜には帰ってきて、また ご飯をモリモリ食べることでしょう。


↓買った時には枯れそうで、
 お店の人にも、もおダメかも、みたいに言われた200円のガーベラ。
 次々と花を咲かせてくれ、また蕾みたいのが出てきました。
 嬉しいものですネ。
がんばってるガーベラ



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/15 09:58 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

優勝を祈る

暑いですネ。

暑いなか、昨日は上の娘の学校に、ホニャララで行ってきました。


最大の学校行事、クラス対抗ミュージカル合戦が近づいているので、

各クラス、製作中の大道具小道具などが沢山積まれて大変なことになってました。


↓段ボール組み立てたのにセロハンを貼っている。
小道具

↓大道具。扉らしい。
大道具

↓背景画
背景画


歌、ダンス、照明、音響、背景画、大道具、小道具、すべて手作りの、

7~8分のミュージカルをクラスごとに披露し、

優勝を争うそれ、

生徒たちの燃え方が半端ないです。

この暑いなか、中庭で歌って踊って練習してんのよ!

じっとしてても暑いのに!

顔、真っ赤に日焼けしてて、かわいいわねえ。


そう言えば昨晩の娘も、動画撮ってきたのをアタシに見せ、

「ねえ、この動きで、夜になったのが表現できてるかなあ」とか

「ねえ、この照明で、混乱した状態が訴えられるかなあ」とか

真剣でしたわ。


アタクシ、去年は、背景画を描くための幕の製作を手伝いました。

古いシーツ9枚を縫い合わせ!あ~大変だった!

新品ならそうでもないのですが、古いシーツなので、、、

延びてるし、穴は開いているしで、延びてんのもなんとかして縫い合わせ、穴はつぎ、、。


「ミシン糸の代金を支払います」

なんて可愛いことを娘のクラスメイトたちから言われ、、


いらないわよ!


そんなことより、

存分に歌って踊りなさい!



と、完成品に「優勝を祈る」のメッセージ紙をしのばせて渡しました。


生徒たちは何故か大笑いしてくれ、ながいこと黒板に掲示してくれてました。

優勝を祈る



アタシは何故か娘のクラスで有名人となり、授業参観で娘の学校に行く度に

「あ!〇子ちゃんのお母さんだ!わはははは」

と何故か笑われてました。嬉しいよ。



今年もがんばれ~。


追伸:あまりにも真剣なので、うまく踊れなくて泣き出す子もいるらしい。
    うん。それも青春さ。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/14 09:20 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

プレミアム商品券購入の巻

今話題の、地方発売二割増し商品券、わが自治体でも発売されたんで、

昨日、買ってきました~。

商品券


1000円券12枚つづりの冊子を、10000円で買えるというお得さ。

発売前からそれなりに話題になってたせいか、

アタシが購入にでかけた大型スーパーでも、時間前からかなりの行列。

200~300人は並んでいたかしら。

でも、混乱もなく、良い感じでした。


猛暑の天気予想だったからか、立体駐車場内で待てるようにしてくれてたり、

麦茶や塩飴を配ってくれたりと、

お店側の配慮も嬉しかったですが、


あの震災時にスーパーに並んだ経験からか、待つ方も辛抱強くマナー良く、

気持ちよく買えました。


ええ、この二割分のお金がどっから出てて、とか、深いことは考えず、

我が家の家計が少し潤うかしらと、空想だけしました。笑


一緒に並んだ夫に

「お得したぶん、お昼は少し豪勢に行こうゼ」

と提案すると

「よし!奮発して〇×屋のチャーシュー麺だ!」

と彼は言うので、やった~と喜んでいると、続けて、、


「俺たち二人のうち、一人は普通で、もう一人をチャーシュー麺にして、

チャーシュー麺の方のチャーシューを半分っこ にしよう」だって。



せこっ!



なんて、夫らしい発言っ!

大笑いっ!


昨日の当地方最高気温31度。青空を見上げて笑いました。


追伸:行ったラーメン屋さんで「チャーシュー麺」というメニューが無く、
    結局二人とも、普通の味噌ラーメンを食べました。
    間が抜けているのが、アタシたちらしいです。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/12 22:52 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

はせがわよしふみさん講演会 その2

絵本作家、はせがわよしふみさんの講演会に行ってきました。の、つづき

えほんライブパンフ


絵本作家さんの講演と言うことで、

小さなお子さん連れのご家族が、多く観覧されてました。


ブログで何回も書いてて、しつこいようですが、

アタシは大の子ども好き。

もう、周りの子供たちがかわいくてかわいくて。


前の方にいた男の子二人兄弟。あれれ、講演中に喧嘩になっちゃったよ。

上のお兄ちゃんは3歳くらい。弟は、、、2歳になったかならないかくらいかなあ。

掴み合いの喧嘩から、とうとう、お兄ちゃんが弟を ぶっちゃった! あれま!


は、感情爆発、素直で超ストレートな、大泣き

すぐお父さんに抱っこされてました。


お兄ちゃん は、、、、

「ボク、お兄ちゃんなのに、守ってあげなくちゃいけないはずの弟をぶっちゃった!

 弱いものいじめをしちゃった!

 でも、ボクだって、我慢しきれないことはあるんだ!

 弟が悪いのに、、、、でも、、、お兄ちゃんだから、、、」

と、複雑な表情をして、固まってました。


お兄ちゃん、つらいよね、わかるわかる、、、と心配していると、

すかさず、しかも、さりげなく、静かに、お母さんが抱きしめてあげてました。

何も言わず、ただ抱きしめてました。


いいご家族です。 


何だか、うるっとしてしまって。



でも、

子どもの感情はくるくるすぐに動きます。今泣いたカラスが、もぉ笑った、です。


兄弟は、すぐに明るく笑い出し、

お兄ちゃんは、会場を抜け出して、どこか冒険に旅立ち(←お父さんが追いかけてた)


弟は、観客が座っている椅子の下を、ハイハイして縦横無尽に動き回ると言う

曲芸をし始めました。


↓こんな椅子でした
いす


そのハイハイの早いこと早いこと!

ああ、あっちに行っちゃった!

ああ、あのおばさん、びっくりしてる!

ああ、アタシもやりたい!

でも、大人だからできない!



大人になるって窮屈だね。今だけ今だけ、十分に椅子の下ハイハイを堪能してね。


名前も知らないボクへ。

                            公共の場所でマナーは守りましょう。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/11 23:13 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

はせがわよしふみさん講演会 その1

こないだ、絵本作家、はせがわよしふみさんの講演会に行ってきたよ。

えほんライブ



名作、「おかあちゃんがつくったる」などを

自ら読み聞かせしてくださり、感激。

おかあちゃんがつくったる


実話だそうです。


お父さんを早くに病気で亡くした後、はせがわよしふみさんのお家では

お母さんがミシンを踏んで生計をたててました。

お母さんは、よしふみさんのためにも、ミシンで

ズボンやカバンや体操着などを縫ってくれましたが、

どれも周りの子から笑われる、ちょっと変な、ださい出来上がり。

よしふみ少年は超不満

ある日、学校で父親参観があるって時、

つい、よしふみ少年はお母さんに言ってしまいます。

お父ちゃんを作ってくれよ。ミシンで。

お母さんは、、、、さて、どうしたでしょう。

おかあちゃんがつくったる2



アタシは、小学生の子供たちに読み聞かせする本を選ぶとき、

家族が登場するものは、避けていました。

というか、絶対読まないようにしていました。

家族を失った震災の深い傷が、癒えない子供も、

中にはいるかもしれないと思ったから。


でも、はせがわよしふみさんの講演会を聞いて、

家族愛って、幸せな気持ちになるな、

家族を描いた作品を避けるって、違うのかな、なんて

思ってしまいました。


ご意見募集中。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/10 09:50 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

映画「箱入り息子の恋」

いい映画観ちゃったわよん。

とっても幸せな気持ちになりました~。


箱入り息子の恋


主人公の天雫(あまのしずく)健太郎(星野源)は35歳、独身、

彼女いない歴35年

市役所記録科に勤務するも、昇進歴なし。友達なし。いつも定時で帰宅。趣味は貯金。


彼の父(平泉成)も母(森山良子)も、そんな息子が心配で、

親が子どもに代わって相手と見合いする親婚活パーティ

に出席し、そこで今井夫妻と知り合った。


今井夫妻は、目の不自由な娘の奈穂子(夏帆)の結婚相手を探していた。

でも、今井さんちの旦那さん(大杉漣)は、天雫健太郎を気に入らず、

娘の奈穂子の相手に考えようとしないが、

今井さんちの奥さんの方(黒木瞳)は、

あ、あの雨の日に、娘に傘を貸してくれたの、この人だ!

と気が付き、二人が出会える見合いの席を設定する。

そして二人は惹かれあい。。。。

お見合い




親って、どうして子どもを結婚させたがるかなあってアタシは思っていて、

結婚したからって、イコール幸せとは限らんぞと思っていて、


それは自分の両親が不幸な結婚に滅茶苦茶だったのを見たせいもあり、

自分の結婚も長い不仲の苦しい時代があったせいもあり、


なんだけど、この健太郎の両親のドタバタぶりは、ユーモアがあって、

おかしくって、ほほえましく思えました。

子どもの事が心配なんだね。



そして、親世代の中で、特に印象に残ったのは、ヒロイン奈穂子のお母さん(黒木瞳)。

奈穂子は全盲で、何をするにも人の手を借りなければならず、

いつもお母さんに「〇〇していい?」って聞いていたの。

お母さんの都合を聞かないと、何も決められない。


でも、お母さんは言うのよね。

「(この恋に関しては)自分で決めていいのよ


恋に戸惑う娘の背中を押してあげるんだなあ。

人のこと考えないで自分の気持ちに正直にってね。


じ~~~ん いいお母さんだ。お手本にしたい。



シーツの中でふざけ合うシーンもほほえましい健太郎と奈穂子。

アレコレ障害があろうとも、絶対に離れないゾっていう、

彼と彼女の強い意志が感じられるラストでも、

また、じ~~~ん 


これも、お手本に、、、あれ?

今さら・・・・




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/07/09 22:17 ] 映画 | TB(0) | CM(8)

これはなんでしょう

これはなんでしょう。

何?

アタシの、カバン?

アタシの、どこでもドア?

アタシの、家来たちが住む住居?


いいえ、違います。


これは、じゃん!


紙芝居の舞台でした~。


じゃん!




これは、

お寺の小僧を食べようとしてやってきた怖いやまんばを、

お寺の和尚さんが、機転をきかせて退治するお話です。


和尚さんみたいに、知恵を使って工夫して、

病気の種とか、その他いろいろな悩み事を、やっつけられればいいねえ。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/08 09:50 ] 思いつき | TB(0) | CM(8)

ワタシのカルテ

昨日は病院に行って、身体某所を診てもらってきました。

長い待ち時間で、ついツラツラと、いろんな事を考えてしまいました。



アタシは、お年もお年なので、

あちこち悪くなっちゃって、いろいろな病院に行かなくちゃいけなくなったりするけれど、

新しい病院に行くたびに、問診表書いて、、、お薬手帳見せて、、、

って、何とかならないものですかね~。


今まで受診した病院から、自分のカルテの写をもらっておいて、

「はい、こんな体のアタシです」

って、今回の受診時、お医者さんに見せられればいいのになあ、て思います。

体って、つながってて、一か所に不具合が出ても、他の病気との関連だったりって

可能性もあるわけで。


問診票に書くのは自己申告。

患者は、専門的なことはわからないから、思い違いな内容を書いたりすることもあると思うし。



な~んて思いながらぼ~っとしていると、

やっと名前を呼ばれ、診察室に入ると、お医者さんは親切丁寧に症状を聞いてくれました。


結果、ほかの病院で検査することに・・・とほほ。ま、仕方ないね。


お会計は、、、3400円!まあ、想像はしていたけれど、お高いわよ。

こっちも、とほほ。


三割負担でコレでしょ。将来はきっと、五割くらいにはなると予想しているアタシです。

おそろしや・・・。



↓全然関係ないけれど、この間行った小学校に掲示してあったポスターです。
 にんじんの摂取はたいせつなようですね

にんじんのはたらき




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/07 09:08 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

知らないことを知る

今朝、下の娘に

「おか~さんは今日、用事があるから市民図書館に行くよ」

と何気なく言うと、彼女は

「え!じゃあ悪いけれど、アタシが借りている本を返してきてくれる?

 返却期限が近いんだよね」

と言う。


「うん、いいよ。ついでだから」


すると彼女がアタシに持ってきたのがコレである。


おとなの背中


すごくびっくりした。

こんな本を読んでいたんだ~。

市民図書館では、偶然遭遇したことがあったから、ああ、利用しているんだなあとは

わかっていたけれど、、、、、。


アタシは、彼女のことを、とってもわかっていると思っていたんだよね。

でも、ホントは、わかっていないんだな。

ただただ、明るいだけで、何も考えていない娘だとばかり思っていたよ。


アタシは、市民図書館に行った際、彼女の要望のとおりに上記の本を返し、

同時に、係りの人に頼んで、その本を自分名義で借りた。


彼女の読んだ本を読んでみようと思ったのである。


それで、少しわかるのだろうか?

わからなさが増えるだけ?


でも、どっちでも良い。

わからないということをわかって、でも、わかるところはわかって、

それで良い。


愛情を持って、相手を知りたいと思うことが、それだけで良いのではないかな。


自分のことだって、

自分が自分を好きだから、でも、わかってないから、

知りたいんだろうしサ。



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/05 21:37 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

切っても戻る

今日は、ペチュニアの「切り戻し」をしました。



↓最初、こうだったのが・・・
ペチュニア



↓最近はこんな感じで・・・
ペチュニア切り戻し前



↓散髪してみると、こんな感じで・・
ペチュニア 切り戻し後


                  いつもだけど、写真が下手でごめん。才能ないし、やる気も無い・・・


梅雨時期に蒸れて、病気にならないように、

また、延びきった枝を綺麗に整えるように、

NHKテレビ「今日の園芸」で、ペチュニアの切り戻し を紹介してました。

梅雨前には茎を1/3くらい残して切りましょうって。

2~3週間で、また花を咲かせてくれるようになるって。

すみません。言ってたのに、、、遅くなりました~。


このペチュニア、ブサイクで、

花びらがまるで、

注射されるときに

「腕をゴムで縛られた状態」

みたいな感じの色なのですが、

血管みたいな色をまた、咲かせてくれるでしょうか?


ウチのちっちゃい庭の、それでも彩になってたのだから、頼みますヨ!


↓切り戻した花を飾ってみる・・・
切られたペチュニア





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/04 23:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

大失敗からの謎

昨日のお昼は、

「トマトじゃなくってゴーヤでパスタにしよう」と記事に書きながら、

結局トマトも一緒に入れてしまいました。

ゴーヤとトマトのパスタ


さて、昨日のバイト採用面接は大失敗だったアタシ。

でも、大丈夫。

大失敗だったからこそ、自分のどこをどうすべきか、はっきりわかったので、

次の大成功へ向けて、気持ちを切り替えます、デス。←deathじゃないよ(・o・)

ま、ゆるゆると行きます。


夫に、

「大失敗だったから、不採用確定だから、またしばらく家でゴロゴロしてることでしょう」

と報告すると、彼は大そう安心した様子でした。

そういえば、

(働いたらアタシの)体と心の調子がまた悪くなるのでは?

もう少し休んでからにしたら?と、

彼は心配して言っていた気がするわ。忘れてたけど。

不採用で安心したんでしょう。そして言うのです。


「また毎日昼寝だな」


ええ?どうして日中は家にいないアナタが、アタシの昼寝癖を知っているの!!

監視カメラ?

気味が悪いほど、わかられている・・・・

怖いデス←deathじゃないよ(・o・)


服装とかには全然関心が無くって、

アタシが15年も毎夏着用しているズボンを、今年も見て

「お!新しい服を買ったね」

と言ったりするのに。。。謎だ。。。


↓ガーベラ、咲いてます
ガーベラ



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/03 10:44 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

映画「バーディ」

バーディとアルの友情映画です。

バーディ


ベトナム戦争従軍後、精神を病み、口もきけなくなり、

病院に閉じ込められているバーディ(マシュー・モディーン)。


バーディの高校時代の親友、アル(ニコラス・ケイジ)もベトナム戦争で顔を負傷し、

国へ帰還していましたが、

バーディの治療に良い影響が出るのではと考えた院長から

バーディのいる病院へ呼ばれます。


バーディが正気をとり戻し、病院から抜け出せるようにと、必死にバーディに話しかけるアル。

Birdy2.jpg



いやあ、

映像がエグいくって、観客がパンチドランカーになるかと思うほどの、パンチ炸裂ぶり。

若いニコラス・ケイジが髪の毛ふさふさで、しかも短パンに白いハイソックスで、って

え?

あ、そこじゃなくてぇ、笑

だから、バーディのいっちゃってる感じ、そこです。


バーディは、高校時代から鳥オタクで、全裸で鳥と一緒に寝て見たり、

本気で飛ぶ練習をしたり、

ハトの毛で服をつくって着たり、していて、

かなり個性的な趣味をもっているのですが、

従軍後に精神を病んでからは、まるで自分が鳥だと信じているかのようなのです。

すんげぇ。

こんな状態のバーディ。

鳥のつもりか!


はたして、アルはバーディを正気の世界へ、連れ戻せるのでしょうか?

終わり方は・・・・



ここで紹介するのは・・・・

どうかなと・・・・・思ったけど、ちらっとだけ言うと、


賛否両論あるようです、このラスト。

でも、アタシは、好きです、この終わり方。好き、というか、こうとしか考えられないでしょう。


正気の世界にいると思われるアル、狂気の世界にいると思われるバーディ。

救うのはアルで、救われるのはバーディ。


でもそれは、ひとつの世界のひとつの価値観であって、

そうとばかりは言いきれない。


実は、幸せなのはどっちなんでしょう。どっちがどっちを必要としているのでしょう。

必要とされるのは、どんな状態の他者なのでしょう。


そんな深刻なテーマを考えさせられながらも意外な

アレ??

そんな感じ。終わり方。うふっ、おわかりいただけたでしょうか??わかんないか・・。


付け加えると、カメラがとっても良かったです。

例えば、バーディの白い病室に入っていく軍服姿のアル、その

全体の風景を、床の位置から見せるんです。


白いタイルの壁、小さな窓からの光。黒くってでっかいアルの長身、

それらを見あげているような映像、

床にいるバーディの視線からの光景なんでしょうか?

アルの目線じゃないんですよ。

何かを暗示しているのかっ!



つかりこ兄さん、コメントでいろいろ教えていただいて、ありがとうございました。

確かにおっしゃるとおりです。珍作・・・傑作・・・

そして、つかりこ兄さんが、感想を聞きたいと思う気持ちがよ~くわかる映画でした。

アタシ、思えば、アラン・パーカー作品って、「アンジェラの灰」しか観ていない気がして、

「ミッド・ナイト・エクスプレス」もこれと一緒に観てみました。

感想は・・・・えっと・・・・また今度。

私的に言うと、 「バーディ」の勝ち です。

           勝ち負けじゃないか





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/07/03 01:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

投稿してみる

自民党議員の勉強会で、

報道機関へ圧力をかけ言論をコントロールしようという発言があったことに対しての、

アタシが購読している地方新聞の

その編集局長名で発表された記事を読み、←社説?

大いに共感し、

更には、うんうん、アタシ、付け加えてここもこう思うと生意気にも思い、

それを

読者からの投稿コーナーへ投稿することにした。


ブログの記事は字数制限を気にしないで書けるけれど、

投稿は400~500字って決まっていて、その中で主張しなくちゃならなくって、

ムツカシイね。

たった400字・・・それに、今日2時間くらいかかっちゃったわよ。


アタシ、何をやってんだろうねえ。

ボツかもしらんのに。


でも、それでもいい、思いを文章にし、送りつけることができるだけでもいい、

梅雨の肌寒い日に、なぜか燃えているアタシなのでした。


思うに、

この読者からの投稿コーナー、高校生くらいまでの若い世代と、

60歳以上のシニア世代からの投稿ばかりが多く、

中間がいないんだけれど、皆様の読んでいる新聞ではどうでしょうか?

どう???




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/07/02 00:18 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

角田光代氏「対岸の彼女」

専業主婦の小夜子が一念発起して外で働き始める物語と、

いじめを受けて転校した高校生がナナコという友人と交流する物語と、

章ごとに、交互に描かれるこの小説。


登場人物の心理が切なくて、読んでいてかなり

痛い。いじめに怯える描写とかね・・・

でも、痛いけれども、読者に対し、ラストで一気に光を浴びせてくれる。

人と人との付き合い方や、付き合いがあるからこその自分の個性の持ち方を

考えさせられもした。


対岸の




夫との間に幼い娘がいる主婦小夜子は、人付き合いが苦手で、

ママ友と公園で親しくなることもできず、鬱々として日々を送っていた。

外で働くことで、自分を変えていくことができるのでは、人見知りの娘にも友達ができるのではと、

求人を探し、女社長、の会社の掃除業務メンバーとして働き始める。



いじめが原因で田舎の高校に転校した

(小夜子が働きはじめた会社社長の高校生時代)は、

どこのグループにも所属しないでいる、明るいナナコと親しくなり、

夏休みには一緒に、泊まり込みで民宿のアルバイトをするが、

アルバイト終了日、ナナコは帰りたくないと言い出し、二人は家には帰らず・・・。




最近アタシは記憶力の減退が激しく、

映画を観ながらも本を読みながらもテレビを見ながらも、

メモを取るようにしている。

この小説を読みながらも、これだと心に刺さった文章は、ノートに書き写した。

最初に書いた文章がコレ↓


「ひとりでいるのがこわくなるような大勢の友達ではなく、ひとりでもこわくないと

思わせてくれる何か」



飲み会の後、女社長と別れてタクシーに乗った小夜子が、を思って浮かんだ言葉。

まだ序盤の98ページにあるソレ。

誰の心にもありながら認識されるかされないかの瀬戸際のようなソレ。

偶然書き写したのだけれど、この小説の核となる部分のように思った。


小夜子は、公園でママ友と親しくなれない自分を気にし、

娘のことも、友達をすぐ作れない性格であることを嘆いている

そんな性格の女性なのだが、

と接することで、

ひとりでもこわくないと思わせてくれる何かを得たいと変わっていったのではないか。


一方、親友ナナコと不幸な別れをしてしまったは、

学生時代に旅をしたラオスで強盗に遭い、

その、人の好意を信じられない経験から、逆に

「信じる」ことを選びながら生きようと決意する。

「信じる」ことを選んで人生を開拓していったに、小夜子は出会っていたのだ。



「みんな違う。みんな違うってことに気づかないと、出会えない」

これも、ノートに書き写した文章だけど、どのへんだっけ?

と、わかんなくなりながらも、


一人でもこわくないと思わせてくれる何かとは、

自分の信念であり、個性であるということ、

そして、それを互いに信じる事、つまりは、

個性を分かり合えること、違いを気づくこと、尊重しあうことが

人と人の出会いなんだなと思った。



二人の女性が心の葛藤を経験し、乗り越えながら、

しかし、なおも違う個性ながらも、

出会っていくこの物語に、

アタシも、

自分でつくった殻を破り、実はやすやすと壊せる檻を抜け出し、、

自分を信じ、人を信じて

清々といきたいなと思った。


まずは、何をしようかなっと思ったら・・・

明日はバイトの面接でした~

応援してねん。お願いっ☆ようするにソレか・・・




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2015/07/01 18:06 ] | TB(0) | CM(4)