fc2ブログ

たぶん思う、のホームベーカリー

今日は風が強くて寒いよ。

青空に浮かぶ雲の動きが早い。

乗っている(と思われる)孫悟空も大変だわ、こりゃ。


チューリップの球根を植えました。

玄関先にみっつ。プランターにみっつ。

ホームセンターで一個48円だったのよ。お安いわね~笑

春に花を咲かせてくれますように。

花を待つ気持ちを冬中楽しみます。


そして、パンを焼きました。

念願のホームベーカリーを買ったのです。やった~☆


夫との喧嘩の結果の、戦利品です。

夫は、電化製品を買うのが嫌いで、それに何故か、

夫の実家に無いものは買っては駄目という不思議なポリシーを持っていて、

電化製品を買うのはいつも大変なんだけど、

何とか頑張りました。

長年苦労させられて、このくらい当たり前じゃ!夫に感謝します。


はじめてのことは何でもハラハラします。

うまく焼けるか心配だったけれど、びっくりするくらい美味しくできて、

大満足。

パン焼けた

パン焼けた2     パン焼けた3


展示品限り大処分というこのホームベーカリー。

店員さんにアレコレ聞いた際、

たぶん、この羽をセットすると思う んですよ」

たぶん、展示品だけど説明書があったと思う ので今持ってきます」

たぶん、新製品はこっちの方だと思います けど」

と、たぶん&思うの連発されました。


たぶん、じゃ困るんですけど。

違うかもしれないわけでしょ。

思う、じゃ困るんですけど。

アナタが思っているだけで、違うかもしれないでしょ。



頭にきて、一緒に買いに行ってくれてた夫に

「え~ど~しよ~やめるぅ?」

と言ったら、その店員さんは、それを聞いて慌てたのか、

「ここから一割、値段をおさげしますから~」

と言いました。


たぶん、ラッキーだったんだと思います。あれ?




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/26 14:57 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

秋の味覚まつり

喧嘩中の夫とも、何とか口をきくくらいにはなり、

今日は夫の希望もあって、

↓に行ってきました。

0000.jpg


行く途中の紅葉、、、、もう終わってる感じで、何の趣も無かったものの、

土産センターの野菜売り場は、品ぞろえよく、あれこれ選ぶのも楽しく、

たくさん買ってしまいました。     野菜好きなあたし。


ポスターでは「きのこ汁配布」となっていたけれど、実際は

「豚汁」を無料で配ってくれていて、夫と二人で貰って、ちょびっとこぼしたりして、

わ~わ~騒ぎながら「おいしいね」と言って食べました。

風が強くて、夫の帽子が飛ばされたのを笑って。


豚汁、やはり、作るひとによって具材が変わるのかねぇ。

アタシは白菜は入れないなぁ。

人の作る家庭料理は興味深い。



しかしですね、

家に帰って、買った野菜を切ったり茹でたりしてみると、

なんだよ、古いよってのが一杯あって、

がっかり。

     (菊の花は黒く変色していました。)


山の幸フェア、味覚まつりっていうくらいだから、ある程度は新鮮なものを提供してほしいよ。


野菜たち


そういえば、

地ビールの新作販売!なんて言っておきながら、

試飲も無く、味もわからない高額ビールを買う気にならず、スルーしたなあ。



何を言いたいんでしょうか。

山の幸フェア。


お客さんは、超いっぱいで、車を停めるところが無いくらいでした。

なにか、楽しいツボというか、通ならではの遊びのポイントがあるのか???


今日、はじめて行ったから、わかんないのかもね。

何かがあるのさ。

そう、あの、温泉場付属のレストランのラーメンが、滅茶苦茶おいしいとか。

ソフトクリームが天国の味とか。

テント販売のおこわとかが、メマイするほど美味しいとか。


素人ではわからない何か。

また次に考えよっと。


もうすぐ冬。こんなレジャーはおしまいだけどさ。

春になるまで、じっと我慢。でも、こもっている中に、きらきら光る何かを充電しますよ。

虎視眈々とねらうわよ。

真冬の楽しみ?何だっけ?



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/25 22:15 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

体と心

今日は耳鼻科の病院に行ってきました。

最近、めまいがして、それから、耳のこもった感じが気になって。

以前、メニエールを患ったことがあるんで、それかなあなんて

思ったりして。

診断結果は、異状なし。

様子を見て、治らないようなら、また来てね、だって。

めまい、貧血から来るものだったのかなあ。


年をとるにつれ、いろいろ、体の不具合が出てきますね。

目は緑内障気味だし、差し歯はいつ崩壊してもおかしくない状態。

婦人科系の持病もあるし、、、とほほ。


体が不調だと、気持ちもブルー。

ああ、今朝は上の娘と喧嘩したなあ。

大人げないことですこと。

体と一緒に心も衰えて、性格悪くなってんのかなあ。。。。


でも、家に戻ってから、たまたま読んだ本に、エリクソンさんという人の

言葉が載ってまして、救われました。


人は年齢とともに自我が発達する。そして精神的成熟を深めていくことができる。

近づきつつある死に直面するとともに、それを乗り越える事で心理的な成長を遂げる。

これは、生涯を通じて終わる事のない課題である。



そっか


あれ?でも、


精神的成熟って何?

死に直面して、乗り越えるって何?   わかってないアタシ


探そう。考えよう。

耳も目も歯もお腹も、衰えていても、探すことは出来そう。

もし見つからなくても。


とりあえず、上の娘の好きな大学いもを作って、仲直りしよう。


さつまいも

少し焦げるまで揚げて、苦みを出すのが、あかり流でございます




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/23 17:36 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

油断と satan

昨日の夜、どうしちゃったのかしら、アタシ。

別に、特別忙しかったとか、何かに動揺していたとか

そんなことは無かった気がするのよね。

娘が二人とも塾で遅いのと、夫が飲み会で遅いのが重なって、

夜、家で一人でいたから、

油 断

していたのかしら~。                    あれ?家族がいると警戒しているの?


はっと気が付いたら、夜の10時過ぎ!

ええええ!

なんとなんと!


「相棒14」見るの忘れてた~。わ~!


相棒14

先週はちゃんと見たのに~。きゃ~!


新相棒の反町隆史さん演じる冠城亘さん、最高だわと、

先週の放送を見て、嬉しくて嬉しくて、って

感動していたのに、アタシったら、馬鹿バカ!


右京さまの魅力を最大限にひきだしながら、自らも輝くと言う素晴らしい反町隆史さん、

今まではあんまし好きじゃなかったけれど、

まあ、なんという存在感のある役者さんかと、思って、

毎週楽しみに、、、見ようと決意したはずが、、、、





録画?

もちろん忘れてたわよ!!!



がっかり・・・・

と、そんな傷心女心を癒すのはこれさ

satan.jpg ←ベルギーのストロングエール


ふん、satanな気分になってやると飲んだものの、


お~

まろやかなのに多い泡。んでもって、コクがあって甘いのにキツイ。

なんじゃこりゃ、ガツンと来るなぁ、という、さすがアルコール度数8%なお味で、


すっかりにsatanにやっつけられた気分になってしまいました・・・・・


おいしいんだけどね・・ええ、おいしいわ・・・



悪いことは続くもの、その後、

体重を測ったら、なぜかびっくりするほどほんの少しだけ増えていて、

なんで~と泣きたくなりました・・・

        (最近、毎日のようにビールのんでっからんねがぁ)

アルコールをひかえるわ。しゅん。



そんな時もあるさぁ。明日は明日の風が吹く~。ぴゅ~




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/22 22:17 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

絵本「わたしが母さんなら」「ぼくが父さんなら」「おとうさん」

絵本「わたしが母さんなら」

シャーロット・ゾロトウ文/ヒラリー・ナイト絵

わたしが母さんなら2_


主人公の女の子は、お母さんの膝に座りながら、言います。

お母さんがこうだったらいいのになあ。アタシはこうしたいなあって。


「あたしが母さんなら

 (子供が)パーティドレスで学校に行っていいことにするわ。

 母さんのことを誰に話しても、おこらない。

 月を見たいならうちへ帰るのが遅くなってもいいし、

 日の出を見たいなら暗いうちから起きて、待ってもいい。

 母さんみたいに

 子供の時のしつけが大事なの。大人になればわかります

 なんて言わない!」 

お母さんは、ぷっと吹きだして言います。

「それは私のお母さんの口癖だったわ

 わたしもそう言われながら大きくなったのよ」

 お母さんは主人公の女の子を高い高いして、

 二人は笑って、物語はおしまい。


絵本「ぼくが父さんなら」

シャーロット・ゾロトウ文/ヒラリー・ナイト絵

ぼくが父さんなら2_


主人公の男の子は、友達と遊びたいのに、今日はピアノのレッスンがあります。

ああ、ぼくが父さんならなあ。こうするのに。

男の子は思います。


「ピアノのレッスンは無し。

 寒い日に耳あてをしろなんて野暮なことは言わない。

 床屋なんて無駄。髪はぼさぼさでいい。

 パーティに出るのも自由。食べるのも自由。

 ぼくが父さんなら自分の息子は自由にさせるぞ」

でも男の子は大急ぎで家に帰ります。

なぜって?ピアノのレッスンがあるから。

「先生、遅れてごめんなさい」

男の子は先生に謝って、物語はおしまい。



絵本「おとうさん」

シャーロット・ゾロトウ文/ベン・シェクター絵

絵本おとうさん_


主人公の男の子のお父さんは戦争で亡くなりました。

男の子はお父さんはきっとこんなんだろうと思い、お母さんに言います。

「父さんは、僕の友達のことを名前でよんでくれる。

 それだけじゃなくて、カレーパンが好きだとか、犬の名前はパンジーだとか

 知っている。

 ぼくの好き嫌いを大事にしてくれる。 ぼくは、緑のシャツが嫌い。

 仕事のことを話してくれる。毎日が冒険さ。 ぼくは友達に父さんの自慢をする。

 こどもがすることには訳があると言って、 訳を聞いてくれる。

 父さんが生きていたら、どんなにうれしいだろう」

お母さんがぼくを抱いて言います

「父さんは今ここにいるわ

 あなたは、今話してくれたとおりの父さんになれるわ」

男の子は決心します

「とうさんのぶんも立派に生きる」。



最後の絵本は、お父さんが悲しくも戦争で亡くなっているという設定だけれども、

この3つの絵本に共通しているのは、

子どもの「こうだったらいいのに」という想像が、

物語の大部分を占めているということです。

十分に想像したあと、子供たちは現実の世界に戻っていきます。

空想が子供の現実を慰め、自然に次の現実行動を決定しています。


想像力が子どもの辛さを軽くしているように思えます。

たとえかなわなくても、想像することだけで、生きる力になることを思いました。


子どもだけじゃなくて、大人も、

現実に疲れすぎて想像力も働かすことが出来ない!なんていう、

寂しいことが、ありませんように。


この絵本は、読み聞かせには向きません。

どうしてかと言うと・・・

ちっちゃいのです!   大きさが・・・何センチだろ・・・18センチ四方くらい??   

後ろの方の子どもに、絵が見えない!   


でも、アタシ、この絵本たちが大好きで、ブログに書いてみました。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2015/10/21 17:27 ] 絵本 | TB(0) | CM(8)

もってのほか

さっき、ジムから帰ってきました。

いやあ、今日は混んでいたわよ。

毎年、この季節は混むのです。

スポーツの秋、体を鍛えようと思い入会する人が増えるので。

ジムの繁盛は良いことです。儲からないから閉鎖なんてなったら悲しいし。

でもね~、マナーを守らない新入りさんたちには困った困った


ストレッチエリアに座り込んで、数人でおしゃべりに夢中のご婦人たち。

こんなに混んでいて、押し合いへし合いしているのに、

ストレッチしないで、ただ座り、長々とお喋りしてる、、、、


場所を占拠しないでよ~もぉ!


何とか隅っこに場所をみつけて、ちょびっとだけのストレッチをしましたよ。


イライラするアタシ。


きっと自分の気持ちに余裕がないから、他人に寛容になれないでいるんだろうなあ。

お喋りご婦人たちが楽しそうにしているのを、温かい目で見て、

ま、いろんな人がいるからって、思えないアタシ、ダメね。

いろんな人が集まってくるジム、いちいち怒ってたら、楽しめないのはわかってるのにさ。


平常心を持とう。


大丈夫、今日のアタシには素敵な食材が!これに夢中になれば忘れられる。


食用菊です。この紫色の菊、もってのほかうまい菊、といいます。

菊


花びらをむしりとって、

酢を少し入れた熱湯でゆでます。浮くので、菜箸で押さえながら。

菊2


ゆでたら、水にさらして、固まっちゃったのを少しほぐして、水を切って、できあがり。

菊3


酢の物にしたりもするらしいけれど、

アタシは、醤油をかけてパクパク食べるのが好き。

菊4


この季節、食用菊を食べるのが毎年の楽しみです。

独特の風味がとても美味しい。

以前は、花びらを取るのが面倒だったけれど、

今は、立ちのぼる菊の香りを楽しみながら作業するようになりました。

とても良い香り。


菊、この辺ではポピュラーな食べ物だけれど、

他の地方ではあんまり食べないのかなと思って、記事にしてみました~。

    一袋200円で幸せな気分。なんて安上がりなアタシ。

    ああ、一度でいいから「金のかかる女だぜ」と言われてみたい。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/20 16:18 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

アイスとビール

娘、カラ元気なのか、どうなのか、昨日の夜はこんな感じ。





「お、冷凍庫にアイスがあるのを発見した!ほほほほほ」


アタシが

「ああ、子ども用に買ったんだよ。食べていいよ」

と言うと

「やった~。おか~さん、ナイス!」

だそうです。


えへへへと笑って彼女は続けます


「今から模試の自己採点するんだよね~

かな~り凹む予定なんだよね~

凹む前に少し元気をつけるのに、アイスはいいねえ」



ぱあくぱあくぱくぱくぱく。


すごい勢いであっという間にアイスを食べ終わった娘は

ほほほほほ

と笑いながら自室に消えていきました。


なんだか元気だなあ。

良かったよ。

今のところだけかな。

この強さ、負けても負けても強豪校に立ち向かっていった、運動系部活のオカゲかなあ。


赤本



そんなアタシの今晩のビールは、コロナエキストラ。

コロナ


メキシコのビールだそうです。

今まで、国産ビールばかり飲んでいて、アタシ、知らなかったけれど、

世界で最も飲まれているビールだそうで。


爽やかで軽いです。苦みもそんなになくさらっとしていて、

炭酸が強くないし、飲みやすいです。

ラッパ飲みするリゾートビール。


ライムを添えて飲むのがいいみたいですが

買うのを忘れてしまいました。

今度、スーパーに行ったら買おう。


でもなんだか、飲んでいるうちに、そんな細かいことは、忘れちゃう。

コロナエキストラが、爽やかで涼やかで、おいしくってさ。


まるで夏休みに何もする事が無くて

扇風機の前でぼーっとしている小学生のような気分。   秋だけど。


考えすぎ注意報が出た時によさそうなビールだわよ。

なんだっていいじゃない。おいしいなら。


おっと娘よ。君は高校生だから、ビールはまだだよ。

勉強したところ、忘れないほうがいいだろうし。

おか~さんだけこんなんでゴメンネ。     いろいろと忘れたいの。

でも、応援してるよ。うん、強く生きろ! 




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/19 21:46 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

どんまいプリン

いつもは夜遅く帰ってくる娘が、昨日はなんだか早めに帰ってきて

「あ~もう嫌だ!勉強が嫌になった!疲れた!つらい!」

と大声で言い出しました。

娘は受験生。大学進学に向けて頑張っているところなのですが、

体も心も、疲れが出てきたんでしょうか。

もし、子供にそんなことを言われて自分が親だったら、なんて言いますか?

「弱気になるな!今が頑張り時だ!ライバルはみな必死なんだぞ!」

って言いますか?

アタシ、今まで一度も娘に勉強しろって言ったことないんですよ。

自分が命令されるの嫌いなので、娘にも極力言わないようにしています。

アタシは

「嫌なら勉強しなきゃいい」

と言いました。

娘は

「うん、あたし、したくないことはしない!」

と、怖い顔で返事をしました。

したくないことはしない、あらら、アタシそっくり じゃあないですか。わはは。

アタシはちょっと笑ってしまいました。

そして

「勉強するもしないも、自分で決めな。」

と言いました。

娘は、むにゅむにゅって複雑な顔をして、リビングのソファーに座り、

「え~ん、覚えられないよ~」

とか何とか言いながら、参考書を取り出し、暗記モノを始めました。

なあんだ、勉強するんじゃん。

ま、どっちでもいいよ。


娘は、大学受験のプレッシャーで、つらいと思います。


これから寒くなるなあ。

おいしいご飯をつくってあげなくちゃ。


と、先日お弁当に入れた、ミニプッチンプリン、「どんまい」とあって、

なんでどんまいなんだよ~き~

と、怒られました。

ん?

00どんまい


模試の成績が悪かったのかなあ。



どんまい弁当




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/18 18:03 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

映画「6才のボクが大人になるまで」

6才の僕が大人になるまでっていうタイトルそのまんまの内容です。

6歳の僕が大人になるまで


母親の度重なる離婚、再婚で、引っ越しや転校などを余儀なくされながらも、

僕は成長し、大学進学で母親のもとを離れます。


撮影は、主役の僕、メイソンが子供から青年に成長していく姿を描くために、

12年間を通して断続的に行われたそうで、

まぁ、何とも継続した根性なことよ、なのです。


166分という長い作品ながら、全く飽きることなく、夢中になって観てしまいました。

たぶん、母親の結婚離婚などに翻弄されるメイソンがせつなく、

自分のことのように思えてしまったからだと思います。


メイソンが、母の再婚相手から無理矢理散髪させられるシーンがあります。

有無を言わさず、丸刈りにされてしまうのです。

メイソンはショックで学校をずる休みしようとまでします。

メイソンは小学校高学年くらいですかね。

ひどいなぁ。

お義父さんからすると、そんなに悪気はなかったような感じですが、

こういうことを悪いとわからない人ってどうなんだろう。

(後に彼はアル中になり暴れるようになります。)


実母と実祖母(実母の実母)のことを思い出しました。

実母は、小学生の頃、髪を長く伸ばしていて、とても自慢だったそうです。

実祖母は、それが気に入らず、いつも「髪を切れ」と実母に言っていましたが、

実母は嫌だと言って聞きません。

実祖母は、実母が寝ている間に、髪をザンバラに切ったそうです。

朝起きて、自分の髪が切られていた時のショック。

実祖母は

「ふん、ば~か、アタシにはかなわないでしょ」

という態度だったとか。

ひどいなあ。


自分の考えを子供に強制するってどうなんだろう。


映画は、成長してたくましくなったメイソンが

大学進学のため家から離れるところで終わりです。

もう、親の都合で生活を乱されることもありません。

   アル中の父親がいたときは、大変だったね~。

   酔って、弱い子どもたちに怒鳴ったりモノを投げたりするのって、最低。


進学先の大学へ出発する息子を見て、母親は泣きます。

「アタシにはもう何も残っていない。残るはアタシの葬式だけ」

   このお母さん、男運が悪すぎで、その時、ひとり暮らしを始めようってところで・・・。

寂しいんですね。とても気持ちはわかるけれど、子供は親から巣立っていくものです。

子どもが親の付属物ではないように、親も子どもの付属物ではない。

一心同体ではありません。違う人間です。

一人の人間として自分の足で立たなければ。


と、こう書いていて、自分で自分に言い聞かせているのでした。

あ~ん。もうすぐ娘は進学して(予定)どっかに行っちゃうよ~。さみしいよ~。



とりあえず、母親役のパトリシア・アークエットの太りっぷりにはびっくりしたので、

自分も気を付けよう。

パトリシア・アークエット、若いころはあんなにスリムだったのに~。


父親役のイーサン・ホークは、ずっとスリムで若いなあ。

年を取ってなお、無邪気な笑顔が素敵でした。


この映画は、メイソンが主人公でありながら、かかわる大人たちの

人生模様が意味深いと思われ、、、

パトリシア・アークエットとイーサン・ホークの存在感がいい味だしてました。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/10/16 20:23 ] 映画 | TB(0) | CM(12)

ごめんね

友人に漫画本を借りて読んでいるアタシです。

漫画やアニメは苦手なのですが、人生長くない、いろんなことに挑戦だと思ってですね、

でも、ああ、ダメだわよ。

最初は物珍しさが手伝ってか、読めたけれど、だんだん、

つまんなくてたまらない。ツライ


やっぱり人それぞれだわよ。

映画が好きな人もいれば、スポーツ観戦が好きな人もいる。

アタシは、まあ、これであきらめずに他も読んでみるつもりではいるけれど、

どうだろ・・・・☆

借りたのは少女漫画だから、他は大丈夫なのかなあ・・・☆


そういえば、これを貸してくれた友人とは、趣味が全然違うのでしたわ。


彼女は大のディズニー好きで、年に何回もディズニーランドに行っているらしいけれど、

アタシは、

ミッキーマウスのどこが可愛いのかさっぱりわからないのです。

(ミッキーより我が家の庭のカナチョロの方がよっぽど可愛い)

それに、

彼女は大のEXILE好きで、アタシに強制的にプロモーションDVDなるものを貸してきたけれど、

アタシは、

ダンスが上手いのはわかるけれど、だから何なのか、さっぱりわからないのです。

(ジムのインストラクターS氏のほうがかっこいい)

それから、

彼女の熱狂する「ハリーポッター」シリーズも、

アタシは、何が面白いのかさ~~~ぱり。はてな?なのです。

(映画さえも一作も観ていない)


考えてみれば、彼女とは、こんなに趣味が違うのに、20年以上仲良くやっているのだよ。

不思議なものだわよ。

人と人の相性って、趣味が同じだとかじゃない

何か不可思議な縁があるのだと思う秋の空なのだよ。笑


そ~言えば彼女、アタシにコミック本を貸す時に

「ダメだと思ったら無理しないでいいからね!」

と、つよ~く言ってくれた気がする。ごめんね~




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/14 22:54 ] 思いつき | TB(0) | CM(12)

インドの青鬼とナポリタン

夫と喧嘩中なので、休日のお昼はナポリタンスパゲティ。

夫は、

うどんも、ソーメンも、パスタもダメな人で、

休日のお昼ご飯は、彼の好きな、ラーメンか日本蕎麦って決まっているんだけれど、

反抗しました!うふっ!

反抗なんて、まるで青春時代みた~い。うふぅ!

この年になって、、アタシも元気一杯だ大人げないなあ。

(喧嘩も年季が入っていて、このくらいのやつなら余裕さ、ふん!)


それがね、何気なく、仕上げにリンゴのすりおろしを入れてみたら、とっても美味しくできて

びっくり。

アタシ、ナポリタンスパゲティにはニンニクを入れるんだけれど、

ニンニクのきつさを、甘すっぱくマイルドにしてくれるみたい。

プルコギとか焼肉のたれに、リンゴ入れたりするよね。そんな感じ。

試してみてください。

↓大好きな玉葱もたくさん入っている❤
ナポリタン


リンゴっていいなあ。

お弁当に一切れリンゴが入っていると、おかず全体が爽やかな感じになりません?

不思議なことに、柿やイチゴではこうならないんだなあ。


と、夜のビールは「インドの青鬼」

青鬼

イギリスで18世紀末に、植民地のインドで暮らすイギリス人の為につくられたビールなんだって。

強い苦み、しかもフルーティ。ほんと、マスカットの味がした気がしますよ。

アルコール度数も7%と高くって、すごいパンチ力。

個性の強い友人といると刺激的で面白い、そんな感じの、美味しさです。


イライラしたとき、スカッとするのにいいと思います。



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/13 17:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

映画「少年は残酷な弓を射る」

悲しい物語です。でも、常日頃思っていることを支えてくれました。ありがとう。

少年は残酷な弓を射る


たまたま妊娠してしまったので結婚し出産したエヴァ、

産まれた息子ケビンには、それなりに親としての愛情を持って接しますが、

ケビンの方はいつも反抗的。

エヴァが抱いても泣くのに、エヴァの夫でケビンの父であるフランクリンが抱くと泣きやみます。

その後、成長しても、嫌味な行動は続きます。

わざとおもらししたり、エヴァの壁紙を滅茶苦茶に汚してみたり。

エヴァは憔悴していきます。

10代になると、ケビンの破壊的行動は増長し、妹を失明させる行動まで。

そして残忍な殺人事件を・・・

エヴァは苦しみます。


最近読んだ「夜と霧」という本の中で作者フランクルが言っていました。

「この世にはふたつの種族がいる。まともな人間とまともではない人間と」


いろんな人がいます。

弱者を虐待して喜ぶ人を、どう考えても理解共感賛同はできません。


もし、そんな人が身内だったら?

親とか兄弟とか子どもとかだったら?

いくら愛情をかけ矯正しようとしても出来なかったら?


恐ろしいことです。でも、人の性格と言うのは、産まれ持っての資質も大きく、

なんとも出来ないことも多いでしょう。

この映画のエヴァは、そんな苦しみに中にいます。

エヴァの愛情に不足があったように映画では描かれている感もあるけれど、

親の愛情不足だって、犯罪を犯さない人は犯さないのです。

ちょっとしたことに敏感に気づき母親へ嫌味な行動をし、ついには殺人?

ケビンは異常です。


ケビンの父親でエヴァの夫、フランクリンは、妻の訴えに真摯に応えようとしません。

「男の子ってのはそんなもんさ」

軽く考えて終わりです。

この人もかなり問題ですが、ケビンの悪質が治らないようにこの夫の性質も治らないんですね。

そういう人っています。

いくらエヴァが苦しんでも、鈍感で真剣に考えない。

自分がこうだと思ったら、それに違うことは見えないんですね。

耳も貸さない。

何を言っても無駄です。こういう人は。


アタシの娘はアホだけれど、そんなに残虐というわけでもなく、平凡で

反抗するときもあったけれど、まあ、普通です。

もし自分の子どもがケビンのようだったらと思うと恐ろしいです。

たまたま、でしょうね。自分の子が平凡だったってのは。

もしかしたら、ケビンのようだったかも。


親子って、血がつながっているからって、どうしようもないこともあるのです。

悲しいけれど、強く、そう思います。 


あの子は親がああだから、きっとこういう子だ、とか、

子どもがああなのは、親は悪い、とか、一概に言えないと思います。

100%、絶対に関係ないとも断言できないけれど、

人の行動とは、資質と環境が複雑に組み合わさって出るものだから、

当人でもわからないでしょう。それを、人がどうこう言うのも。


私の実父は兄弟八人。うち三人くらい、生活が破たんしています。

でも、立派に社会人としてやってる人もいます。

同じように育った兄弟が、こんなにも違う。

そうなんです。


よく虐待の連鎖といいますが、

虐待されても自分の子には虐待しない人もいるわけで。

虐待されなくても自分の子には虐待する人もいるわけで。

環境が人に影響を及ぼさないとは言えないだろうけれど、

環境だけが人をつくるのではないと思え、ひっかかってます。



PS この映画を教えてくださった202日記のさとちんさんに感謝です。

   悲しい映画でしたが、親子でもわかりあえるとは限らないことを

   正面からとらえていて、、勇気を与えてくれる映画でした。

   原作も読んでみたい。



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/10/09 22:23 ] 映画 | TB(0) | CM(5)

気絶だったのか

娘が毎朝お寝坊で、アタシが起こさないと自らは起きてこないので、

「大丈夫?(受験勉強のしすぎで)疲れてるんじゃない?

 体に気を付けて、無理しないでよ。 ちゃんと寝ないと~。

 そして、ちゃんと自分で起きなさいよ!

 高校生にもなって親に起こしてもらうなんて! 」

と言うと、娘は


「おか~さんは娘をわかってないね」

なんて言うのです。 


わかってない?


彼女は続けます

「おか~さん、アタシ、毎晩、寝てるんじゃなくて気絶してるの」


気絶?


「夜、ベットに入った記憶も曖昧なまま、気が付くと朝で、おか~さんが起きなさい!なんて言ってるの。

 あれは、睡眠と言うより、気絶だよ。うんうん。絶対気絶

 寝坊じゃないよ。気絶して動けないの。おか~さんは毎朝アタシを助けに来てね~」


助けに来てって・・・


娘はニカっと笑い、アタシと言えば、圧倒されものも言えず・・


確かに、起こしてもピクリともしない時もあるわよ。気絶だったのか。

それは助けにいかなければ。



追伸:娘があんな感じなのはアタシがそんな感じの親だからでしょうか~泣



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/08 20:56 ] 出来事 | TB(0) | CM(20)

絵本「ときめきのへや」

絵本「ときめきのへや」

ときめきのへや


モリネズミのピウスは、ものを集めるのが好きです。

森の中を歩いて、ねじれた根っこ、海へ行けばガラスのかけら。

誰にも届かなかった手紙。

拾ってきて、家に持って帰り一番広い部屋、ときめきの部屋に飾ります。

いろいろな人が見せてくれとやってきますが、

誰しもがガラスケースに飾ってある石ころをだけは

「つまらないもの」と言います。

「めざわりじゃないか。こんなの捨てちまいなよ」

ときめきのへや2


ピウスは、みんながそう言うんだからそうなのかなあって思って、

ある日捨ててしまうのですが、

それから、他のどれを見ても楽しい気持ちになれず、

何をする気にもならなくなってしまうのです。

その石は、実はとても気に入っている石だったのです。

はじめて、ときめきのへやに飾った宝物だったのです。

ピウスは、今まで集めたたくさんの宝物を、全部誰かにあげてしまいます。


何もなくなってしまって、冷たい床に寝そべるピウス。

空っぽの部屋と同じに、彼も空っぽでした。

丸三日間何もしないでいたピウスでしたが、

彼はまた、意を決し、出かけます。

あたらしいときめきの部屋をつくるために。

そして、あの石とそっくりの石をみつけるのです。


***********


他の人に理解されなくても、

その人にとって価値あるものはその人にとっての宝物。

石ころが大切だと思うピウス、、

それでいいんだよね。

誰でも、

自分の心を満たそうとしていいんだよね。


同時に、

他の人に理解されなくても、自分の心を満たそうとするのは大事。

石ころの素敵さを誰もわかってくれないかもしれない、

でも、自分には大切な宝物。

他の人の価値観を恐れず、批判を恐れず、

言いたい人には言わせておけ、で、

自分の思いで行動する強さを持たなければ、自分を満たすことはできない。

もし、ピウスが、世間体を気にして、同じような石ころを拾わなければ、、、

ピウスは自分の心の空っぽを受け入れなければなりません。


アタシ、このちっちゃなネズミに教えられた気がしました。


自分の大きな欠点の一つ、

   まあ、自分でもわかっているのですが治らないんですよ、笑


人からの評価を得たい病、

人から「それは良しですよ。いいことですね」と誉められたい病とでもいうんですかね、

何とか打破したいと思いました~☆

                  負けないぞ

                  同時に、人の価値観を理解しようと努力することも忘れずに




絵本の読み聞かせでは、子供たちに絵本の意図するところを

言い聞かせたり、感想を言ってもらったりするのはご法度です。

言葉にならない感情を、心の奥に染み込ませ、心の土壌を刺激するのが

絵本読み聞かせの良いところだからです。

大人の言葉で子供の大きく広がる想像の世界を狭めてはいけません。


そしてもちろん、前述のとおり、この絵本の読み聞かせでは、

子供たちには何も言わないつもりなのですが、、、

ピウスの物語には、大人の私をも癒してくれ、

ちょっとブログに書いてみました。


人に理解されなくても、人生を彩ってくれる大切なものは、どんな人にも宝物。


それが、仕事でも家族でもボランティア活動でも趣味でもお洒落でも!


さぁ明日も楽しもう。


皆さんもご一緒に。



↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2015/10/06 21:22 ] 絵本 | TB(0) | CM(6)

英語参考書超訳の巻

先日のこと、

姑をめぐる夫との諍いでブルーな夜、鬱々としてヤケ酒なんて飲んでいると

下の娘が塾から帰ってきた。


彼女、受験のプレッシャーで一時期ちょっと暗くなっていた気もしたが、根が能天気なのか

最近は開き直って明るい。


「おか~さん、アタシ、もう地理はあきらめたさ。

 勉強してもダメだ。

 英語を頑張るっ☆

 この参考書の中から問題出して!」


見るとDuoとかっていう参考書である。

いろんな例文が載っている。

例えばですね、



"Let's make up Lisa."

"Stop taking me for granted! We're through for good this time I mean it"


 ↓参考書の訳

仲直りしようよ、リサ

私がいて当然だなんて思わないで。私たち、今度は永遠に終わりよ。本気なんだから




何だか高校生にはふさわしくないような気が・・・

えっと、お次はっと。



"Come on Don't get so emotional, Lisa. I didn't mean to hurt you Let's talk it ober"

"You betrayed me!"


 ↓参考書の訳

おいリサ、そう感情的になるなよ。君を傷つけるつもりじゃなかったんだ。じっくり話し合おう

私を裏切ったわね




何だか、物騒な感じだ。裏切るっていったい・・・♪



"Please forgive me. How can I make it up to you?"

"I'll get even"


 ↓参考書の訳

許してくれよ。どうしたら埋め合わせできるかなあ

仕返ししてやる!




わははは。仕返しって、具体的にリサは何を! 



娘に聞くところによると、この参考書の例文は面白く、大笑いしてしまうのだとか。

もちろんアタシもその日本語への超訳ぶりに笑い

(だって、英文読んでいるとまあ普通だけど日本語訳がおっかしいでしょ☆)


当然、英語劇のように感情込めて(発音は悪いけれど)読んでいると、

娘も調子にのって、

"I'll get even"

なんて舞台女優のように大げさな身振り手振りで言い出し、

二人で腹をかかえて大笑いしたわよ。


受験生にして、この明るさよ。何かをあきらめたのか、娘よ。

でも、おかげで一瞬だけど夫との諍いを忘れられたよ。

ありがとね~。

英語の成績は上がりそうもないけどね~。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/04 22:35 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

映画「社葬」

テレビでやってたから観ました。

映画「社葬」

社葬


大新聞社「太陽新聞」では、

販売営業畑の太田垣会長派と、記事作成編集派の岡部社長派の間で

派閥争いが激化していた。

役員会で会長退任要求案が出た事で、高齢の会長はショックで危篤状態になってしまう。

社長派が社内で大きな勢力となると、当然に考えられる中、

なんと!今度は社長が芸者と寝ているところを急性心不全で死んでしまう。

社葬2


会長派、社長派、入り乱れての社葬の準備の中、

次の社長の座は誰か??社内は大混乱。



緒方拳演じる鷲尾が、本来は営業畑の会長派だったところを

友人の、江守徹演じる徳永に強引に誘われ、なんだか編集畑の社長派みたいになって、

派閥争いに巻き込まれていき、ついには、クビになりそうに、なんて

ブラックなコメディの楽しい映画、というコンセプトなんだろうけれど、

アタシは、主役の鷲尾が、途中から、超大嫌いになって、

鷲尾への怒りにふるえ、血液が、超循環よくなり、

何だか、笑いでじゃなくって、怒りで健康づくり みたいよ。


この鷲尾君、宴会芸で腕立て伏せをして、アタシを笑わせてくれたのはいいけれど、

恩義のある会長が生死の境をさまよっていると言うのに、

十朱幸代演じる芸者あがりのワケアリ女にホイホイと誘惑され、

妻に嘘をついて、スキー旅行に出かけちゃうのよ。

社内は、社葬準備で大わらわだってのに、サイテーだわよ。許せん。


映画のストーリーは進み、友人だと思っていた徳永に裏切られ、

ブチ切れて家に帰る彼は、今度は受験生の息子に何故か挑みかかり、

庭で柔道の真似ごとをし始めるのも、何だか、人(妻や息子)の気持ちをわからず、

自分の気持ちのありようばかりを優先させる大ばか者にしか映らないのだよ!

受験期に受験生が怪我したらどうすんだよ。アホ。

庭で夜中に柔道って・・・飼われているワンコもびっくりよ。

びっくりしているワンコがかわいかったけどさ、ふん。


妻役の吉田日出子、笑ってないで、

自分も参戦して、緒方拳を投げ飛ばし てほしいわよ。

アナタならできる。 ←アタシでもやれる、多分。やったことないけど

上海バンスキングだぜぇい。



そして、社葬当日、鷲尾は突然

「社長は百合の花は嫌いなんだあ。全部カトレアに変えろ!」

だってさ。

前もって、葬儀屋に指示しないおめ~が悪いんだろうが。

今更、花を変えたら、経費がかかるよね。社で払う葬儀費用が増えるよね。

それって、販売店のみんなが、頑張って稼いだお金だよね。むかっ


んでもって、裏工作がうまいこといきそうになると、今度は急に機嫌よくなって、

葬儀屋さんにも愛想よくなって、すみませんなんて言って、

こんなさいて~男、本当にいたら、絶対許せない!き~!


ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

(*`・з・´)


と、こんなに怒れるっていうのも、演じる緒方拳さん の存在感が大きくて

観ている人を引っ張る、吸引力があるからかな、なんても思うわけ。  ←急に大人。

何か人をひきつける不思議な力、濃さがあるような。マジック~☆

これだけ夢中になって怒ることが出来るって、その人に関心を持てたからだよね。



他にもこの映画、メンバーが濃いのよ。一人いれば、2時間は大丈夫(何が?)な濃さよ。

十朱幸代、若山富三郎、江守徹、佐藤浩市、野際陽子、井森美幸、うう、書ききれない。

あ~濃い。皆さん素敵。高性能掃除機なみの吸引力がありそう。 ←隅々まで吸います。ただし埃をね。


ということで、吸引されて頭にくるし、なかなか忙しいエキサイティングな映画だったわよ。

無責任な怒りって、血行がよくなるわね~。


ああ秋の夜、寂しげな虫の声、人生とは何か。

アタシ(もしくは俺)は、生きる意味を問いたい

遠い空に飛ぶ鳥の自由に似た心を持ち、自分の心に問いたい、


とか、感傷的になってしまいそうなときは、この映画を観て


こりゃ~(怒)

ばかやろ~(怒)


となると、よく眠れると思います。ははは。





↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/10/03 21:37 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

靴下新発見

この間買った安物の靴下は、

大きな足のアタシが履いていると、

いつの間にかズルズルと下がって脱げかかってきてしまい、

知らない間に踵が出ちゃったりしてて不快なんだけれど、


なんとなく捨てられず、

履けば洗って引き出しに入れるもんだから、

また今日も、履いてしまってて、


でもまあ、今日はどこにも出かけないし、ソファーで映画三昧予定だし、

とあきらめてたら、

案の定、映画の終盤くらいには、足先にからまっているくらいの状態になっちゃった。

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


そしたら、何という事でしょうか。

良い感じなのです。

靴下大発見


今日みたいな、暑いような、でも寒いような、そんな日には、

半分脱げかかった安物靴下は、アタシの足を、

暑くもなく寒くもなく、快適に保温してくれてるようなのです。


足を半分だけ覆っているのが、快温のポイントなんだろうなあ。


変な発見だけど、発見は発見だ。


靴下の良さを発見したような、

靴下の良さを知った自分を発見したような、

ようするにアタシの足が大きいだけのような、

そんなことじゃなくて、何かでっかい発見をしたいような、

何か他に考えなさいよアホかおめ~はのような

ま、いいか、のような。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2015/10/02 15:51 ] 思いつき | TB(0) | CM(8)

映画「100円の恋」

くわえ煙草のうつろな目の一子。

そのポスターの印象だけで、

これは、誰にも受け入れられない女の孤独を、

寂しく悲しく、無情にもあらわに描きだし、

きっと観客には、冷たい人間関係を思いしらしめる、

そんな映画だと思っていたけれど、


ぜ~んぜん違ったよん。


これぞ、ハートウォーミングよん。

かわい~安藤サクラ。さいこ~。


100円の恋


32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、

実家の弁当屋の手伝いもしないニートな日々を送っていたが、

子連れで実家に出戻ってきた妹と喧嘩ばかりになり、

家にいられなくなって、一人暮らしを始める。

近所の百円ショップの深夜バイトを始めるが、

帰り道にあるボクシングジムで、見かけたボクサー・狩野に心惹かれ、ドキドキ❤

そして、たまたま狩野が百円ショップに客としてやってき、

買ったのに忘れていったバナナを

一子が届けて、、、二人は、、、動物園デート、、、で、、、


100円の恋3



好きな男の前でだけ、素直な女になれる一子ちゃんに、ほんわかさせられる。うんうん。

でも、その好きな男に、一子ちゃんはツレナクされちゃうのよ~。

もぉ、男ってやつは!許せん!

そして、一子ちゃんは、男がやってたボクシングに熱中していくの。

100円の恋2


わかるな~。

その一生懸命さがかわいくって、

ちくしょ~このやろ~っていう思いが良くわかって、

応援したくて、

本当にいい映画でした。


同時に、テキトーな男どもには、板の間に正座で、

一子ちゃんに一発殴られて ほしいとも思う映画でした。


100円ショップ店内で練習する一子ちゃんは、

肉屋でパンチの練習をするロッキーをも思い出させてくれたわよ。


君々!そこの君!一子ちゃんにパンチを浴びるは、君だぜ!  

女心をもてあそぶ、い~かげんな男どもめ、自分は何様なんじゃ!

そんなおめ~は、一子ちゃんのパンチをもらって、

「ありがとうございました~」

と、深々とお辞儀でもしてちょ~だい!ふん!


色男どもめ。いい気になってんなよ。こっちはかなりの心の傷が・・・なんつって。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2015/10/01 21:55 ] 映画 | TB(0) | CM(4)