fc2ブログ

人生グルグル

娘と些細なことで喧嘩をしてしまいました。

受験まであと少しってことで、娘もアタシもピリピリしてんのよね~。

あ、娘は普通に明るいな。アタシだけか、ピリピリしてんのは。


娘はまだ高校生で、成長しきれていない子どもだってわかっているのに、

「ど~して親の気持ちがわかってくれないの!」

「ど~して親に感謝できないの!」

ついつい思っちゃって。


親の事は考えなくていいよ、今は、自分の道を進むことだけ考えてって

応援している自分のはずなのに、

なぜか悲しくてたまらなくなってしまったのです。


この自分内の矛盾が解消されるときが来るのかしら?


今日は、何も考えたくなくて、でも、逆に考えたくもなって、

だから

アドラーについて書かれた『嫌われる勇気』という本を

読み始めました。


内容にはパンチ力があり、

読後の感想は、そのうち記事にしたいと思いますが、


答えとは、誰かに教えてもらうものではなく、自らの手で

導き出していくもの


という、最初の方の哲人の言葉に、非常に厳しさを感じまして、

自ら導き出せるのか、頭グルグルです。


アタシの人生ずっと、グルグルしている気もします。

ま、それもまた、良いのかな。え?それが結論?



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/29 18:21 ] 思いつき | TB(0) | CM(10)

本日は大安なり

本日は大安なり


お天気も良かったです。

明るい日が差す青空は申し分なく、

ところどころの雲は真っ白で、もこもこで、ゆるやかに流れてました。


そして、昨晩食べた竹輪カレーは、竹輪なカレーでした。

ちくわカレー
↑ ♪竹輪は竹輪~クジャクや鳩や、ましてやオンナにはなれない~♪ 


ええ、完璧です。


運が切り開け、どこまでも飛んで行けそうな日です。




ということで、

娘二人分の某国立大学前期試験及び後期試験願書を郵送してきました。お~!



大安ですからっ!


祈 合格!




いやあ、大学によって、

書留で送れとか、簡易書留だとか、速達書留とか、簡易書留速達とか

違うのよね~。

郵便局窓口で対応してくれた、研修中のお兄ちゃん、

アタシの言った通り、間違わずに送ってくれたかなあ。



郵便局の人「〇美さんのA大学は簡易書留速達ですよね」

アタシ   「〇美じゃなくて、〇子です!しかも、A大学は書留って

        今言いましたよね!」


アタシからの鋭い視線に、郵便局の人は辛そうでした。笑

怖がらせてごめんね~。笑




玄関先のチューリップの芽が元気でびっくり。

この間の雪で埋まっていたのに~。

雪のチューリップ


つらいことがあって耐えて忍んで枯れそうになっても、

時が過ぎて状況は変わり、日が当たれば、

上を向いて伸びはじめる生命力。

あやかりたいものですわ。


良いことがありますように





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/27 17:39 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

友達

雪の舞う寒い今日、友達とランチしてきました。

友達とよ!

おほほほ。


会った女性は、以前働いていた職場の先輩です。

今はアタシも彼女も、その職場を辞めてしまい、

たま~に会って食事するくらいの仲だし、年も離れているので、

アタシとしては、

友達

と呼ぶのは、申し訳ないと言うか、生意気だと言うか、

そんな風に思っていたんだけれど、

今日、会ったとき、彼女、こう言ったんですよ!きゃほ~


「ああ、こうやって友達と会ってお喋りするのって、ひっさしぶり~。

 嬉し~。会ってくれてありがとね~」


えええ、友達ぃ。アタシのこと、友達だと思っててくれたんだ~

うれしいじゃあないですかあああ。感動。


友達と思ってくれるなら、アタシもそう思っていいよね。

良かった。


お喋りの内容も、そういえば友達っぽくなってきた気がするよ。


以前は、仕事に関する話ばかりだったのが、

今日は、

化粧品や飼っているワンコの話、それからお母さんの介護の話、

読書や映画の話などで盛り上がり、

二人の意外な共通点が見つかったり、

互いに互いの意見など言い合ったりしてね。


これからもずっと、友達って思ってもらえますように。



あんまり嬉しくて舞い上がり、ランチの写真は撮り忘れました、でござる。礼。






↓ 関係ないけど、これは、家のパン焼き機で焼いたチョコケーキ。
   がんづきじゃないわよ!

チョコケーキ





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/25 20:16 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

やなぎみわさんは美しい

今日は、現代美術家の、やなぎみわさんの講演をちょっとだけ聞いてきたよ。

やなぎみわさん

時間がなくって、ほんの20分ほど聞いて、席を立っちゃったんだけれど、

席は一番後ろで、やなぎみわさんは、と~~~~おくに小っちゃく見えただけだけど、


やなぎみわさんは、とても美しく情熱的で、まぶしいくらいでした。


演劇の事をお話されていました。

演劇は昔、祭りであって、演じ手を観客がジャッジするってことはなく、

みんなが一緒に、恍惚トランス状態になるものだったって。

それが今は時代が変わり、

観る側、演じる側、明確に分けられるようになったって。


どちらが望ましいのか、いつも悩み苦しんでるって。


どうなんだろう・・・。

恍惚状態になるには、ある程度以上の自分の中のジャッジが必要な気がするけれど・・・。


どうなんだろう・・・。

ジャッジしようという姿勢でいると、恍惚状態から遠ざかってしまう気もするし・・・。


表現者は望ましさに苦しむんだろうけれど、

アタシのような一般人は、望ましさの選択を楽しんで良いかしら・・・。

別にアタシがどうであろうと、他者はどうなるわけでもなく、

アタシの事はアタシで決めていい?


いや、決めるも決めないも、無いか。ただ、楽しみましょう、だね。


凜とした、やなぎみわさんを見ていたら、自分まで背筋が伸びた気がしました。

本当に美しい人でした。


エレベーターガール





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/23 23:13 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

映画「ヒッチコック」

「女はなにかに夢中になると、現実を忘れる」

劇中、アンソニー・ホプキンス演じるヒッチコックおじさんが、

妻に向けて言ってました。


ぎゃ~アタシのことぉ!!

よく御存じで~☆


言い当て妙とはことことか・・・。


映画『ヒッチコック』

ヒッチコック


名作『サイコ』の誕生に至る経緯を描いています。


アタシにとってヒッチコックといえば、ヒッチコック劇場。

〇十年前、下宿先の自室テレビで、夜中見てました。

ブラックでシュールな笑いとミステリーはとても面白く、

有名なオープニングテーマソングを聞くと、わくわくしたものです。





そういえば、

「スタートレック宇宙大作戦」も夜中にやってたなあ。

カーク船長にミスタースポック。

パトロール中のエンタープライズ号に突如襲い掛かる宇宙人。

意味不明、常識を覆す文明の星。

あれも、オープニングでワクワクした~。





おっと、思い出に夢中で現実を忘れてたかしら。

でも、女は、いつも、

現実を忘れられる何かを求めているものよ。ふふふ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2016/01/22 12:58 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

自分も、そうなりたいけど

センター試験が終わり、このブログでも、たくさんの方に

あたたかい応援の言葉をかけていただき、

大大大感謝なのですが、

リアルでも、友人から応援メールをいただき、

ありがたくて涙が出ます。




「やきもきして落ち着かないと思うけれど頑張って!

 きっと望む結果になる!応援してるよ~」



おおお。


このメールの送り主は、旦那さんが体調を悪くして、

経済的にも精神的にもまいってしまい、自分まで具合悪くなってるって女性。


四人のお子さんのうち、一番下の子は高校受験がひかえていて、

どんなにつらいかと思うのに、アタシなんかを気にかけてくれて・・・。

自分がどんな状況でも、周りに思いやりの気持ちを持てるって、、、。


アタシはそんな風に生きている?

何だか反省しちゃいました。


子どものことでワタワタして落ち着かず、視野がせま~くなっているアタシ。

わかっているけど、、、、


よ~し、深呼吸して、生活態度を改めよう!

とりあえず、町内会のごみ置き場の雪かきでもして、

            (町内会の若手ですからアタクシ。オホホホ)

と思ったら、今日は天気がよろしくて、

すっかり雪は溶けて、綺麗になってました。あれれ。


まあ、いいや。あせらず行こう、

と思ったところに、友人から電話が来ました。

「職場の愚痴を聞いて~誰かとおしゃべりしたいの~来週会って~頼む~」

だそうです。

以前、愚痴ばっかり聞かされて困る人の記事を書いたことがあるけれど、

彼女はその人じゃなくて、ほかの人。

アタシが精神的にまいっていた時に、親身になって支えてくれた人でした。


ハイヒールを履いてネックレスや指輪で武装(?)する職場から

スニーカーを履いて走り回る職場に転職し、なんだか大変そう・・・。


もちろん、来週会う約束は即OK!

お互いの近況報告しながら、お互いの人生のなかの少しを覗いて、

お互いに、少しだけでも、気持ちを広く持てるように、、、、なるかな。


何だか、たくさんの良い人に出会って、助けられているアタシです。

自分も、人を助ける人になりたいものです。



↓我が家の物干しざおにツララでございます。
つらら





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/21 13:32 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

センター試験だぞ~☆

昨日、センター試験初日、

朝から雪。

やはりセンターの日は荒れるって本当ね~


我が家では、上の娘も下の娘も受験するわけなんですが、


上の娘は、ぎりぎりの時間くらいに

「あ~ん、ティッシュが無いよう

なんてバタバタして、家の中を走りまわって、やっと出かけました。


下の娘というと、ゆうゆうと朝ごはんを沢山食べたあと、

「じゃ~博打に行ってきま~す

なんて言って、笑顔で出かけました。



ティッシュなんて、前の晩に用意しときなさいよ!

博打って、こんな日まで、ギャグかお前は!


二人とも、いつも通りだなあ、なんてアタシはしみじみしていて、


夫は、というと、

やはり娘のことが心配なのか、そわそわして、

会場は寒くないかしらとか、飲み物は十分持って行ったかしらとか、

五月蠅いくらいアタシに話しかけ・・・。


さてさて、どうなることやら。


悔いのない勝負ができますように、落ち着けますようにって、

昨日も今日も、いつもと変わりのないお弁当を持たせたアタシでした。


もう少ししたら、帰ってくるかな?


自己採点のあと、自分の位置を確認するような作業をして、

国立前期、第一志望のところを受験できるか、相談となります。

個別試験の配点が多いので、どう判断するかは、自分の意志になると思われ・・・。


また、来月になると、私立大学の一般入試もはじまり、

精神力、体力は更に必要になってくるし・・・。


大学入試は、学力はもちろん一番だけれど、精神力や体力が大切なんだなあって、

我が子を見ていて思います。

もちろん、もね。


どういうことになろうとも、しっかり応援したいです。

アタシがソワソワするとイカンと思い、ど~んと構えますわ。


                      お金の心配は顔に出さずにしたいとおもいます。泣





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/17 13:52 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

エーリッヒ・ショイルマン「パパラギ」

「パパラギ」は1920年にドイツのエーリッヒ・ショイルマンさんが発表した本です。

南海サモアの酋長ツイアビさんの演説を、

エーリッヒ・ショイルマンさんが訳し、まとめたものとされています。


ヨーロッパ各地を旅して文明人たちを多く見、そして感じたことについて、

ツイアビさんは批判的に語っています。


(エーリッヒ・ショイルマンさんが創作したという説もありますが、

 ここでもアタシの中でも、言及しないことにします)



パパラギ

パパラギとは、ツイアビさんらから見た白人(ヨーロッパの人々らしい)を意味します。


ツイアビさんは、


パパラギが

洋服を着ることを批判し、体へ光が届かなくて、やつれて青白いと言い、


パパラギの

物欲を批判し、物がたくさんなければ暮らしていけないのは、貧しいからだと言い、


パパラギ社会を支配する

貨幣制度をも批判し、お金で人は幸せにならないと言い、


パパラギ都市の

建物の建築様式や都市道路については、

日もなく光もなく風もなく、日当たりが悪いと嘆きます。



読んでいて、なるほどその通りと思えない箇所もたくさんありまました。

だって、ツイアビさんが暮らしていたところとヨーロッパは気候風土が違うでしょ。

服を着なくちゃ、冬は寒いわよ。

物欲、それを持たなくてもいいほど、温暖な平和に暮らせるわけじゃないし。



でも、ところどころ、自分が全く思いもよらなかった考え方に、

うならされるところもありました。


いろいろあるんだけれど、特に感じたのは「時間」に関する演説。


ちょっと抜粋

時間のこの叫びが響き渡ると、パパラギは嘆く。「ああ、何ということだ。もう一時間が

過ぎてしまった」。そしてたいてい、大きな悩みでもあるかのように悲しそうな顔をする。

ちょうどそのとき、また新しい一時間がはじまっているというのに。

(中略)

パパラギは時間をどういうものかを知らず、理解もしていない。それゆえ

彼らの野蛮な風習によって、時間を虐待している。




時間は、有限の、与えられるものではなく、ただそこにあるものってことかな??

時間に追い立てられる暮らしじゃなくって、

ある時間を有意義に使おうってことかな??


ツイアビさんの主張は、そんなふうに、

そうじゃないと思ったり、なるほどそうかと思ったり、

なんだけど、

それ以上にこの本について思うのは、

今までの自分の当たり前な価値観が

他から見ればびっくりぽんな変なことかもしれないなってこと。

他からの見かたを知るのは、面白く興味深いということ。


この本が、初出版されてから60年も経ってから、またブームになったりしてるのも

そこかと思います。


年を取り、経験を積んでいき、ついついガチガチに固まってしまう頭。

アタシは、そんなふうになっちゃってる自分をよくよく感じることがあります。


本等、いろいろ触れて、少しでも柔らかくなれたらなあと思います。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2016/01/17 10:39 ] | TB(0) | CM(8)

映画「もらとりあむタマ子」

大学を卒業しても働かず、実家でぐ~たら、

漫画読んだり寝たり、お父さんが作ってくれたご飯を食べたりしているだけの

前田敦子ちゃん演じる、タマ子ちゃんの物語です。

もらとりあむタマ子



タマ子ちゃん、よく食べるなぁ。


特に大事件が起きるわけでもなく、たんたんとゆっくりと

ストーリーが流れていくのですが、

妙に、タマ子ちゃんが何かを食べているシーンが多いのです。


ロールキャベツ、秋刀魚の塩焼き、カレーライス、

ゴーヤチャンプルー、アイスクリーム・・・・

がっつがつ食べます。

たま子爆食


お年のせいか、以前より量を食べられなくなった自分と比べて、

なんと旺盛な食欲よ!ブラボー★


と、その食べっぷりに、強く若い生命力をとても感じたわけです。

毎日毎日、無為な生活を送るタマ子ちゃんだけど、とっても生きているなあって。

ご飯を作ってくれてるお父さんの愛情を吸収してるなあって。



だから何だってわけじゃないんですけどね。(-∀-)



前田敦子ちゃんの足がとっても綺麗で、うっとり、

と同じくらいの強さで、

だから何だってわけじゃないんですわ。(-∀-)

     あれだけ綺麗な足の人って、なかなかいないと思います。




綺麗といえば、富田靖子ちゃんが、お父さんのお見合い相手として出演してたんだけど、

上品で綺麗な大人の女性を見事に演じていてびっくり。


NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、

富田靖子ちゃんは、九州の炭鉱で働く女性を演じています。

もぉ、炭鉱のお母ちゃん以外には見えないのに、

「もらとりあむタマ子」では全く違った顔を見せ、

女優さんってすごいなあ、と、今更ながら感心してしまいました。



だから何だってわけじゃないんですけどね。(-∀-)



と、そんな感じで、


だから何だってわけじゃない、するするっとした映画に感じました。


ふ~ん、というか。

あんまり感情が動かないんですよ。



ストーリー展開にも、

ふ~ん、で終わり。

ゆっくりゆったりのんびりまったり~足湯は気持ちいいなあ、みたいな。

          映画観てて、タマ子ちゃんに影響されちゃったかしら~





でも、こういう映画も、いいなあ。

あれこれ忙しく遊びまわる時間も楽しいけれど、   

家にいて何も考えず、ぼ~っとしている時間も良いような、  

そんな感じ。ぼ~



モラトリアムあかりでした。(-∀-)   ←モラトリアムに年齢制限ないよね、よねよね!





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2016/01/16 10:49 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」

スクラップ・アンド_


本屋さんで、手に取った本を買おうかどうしようかって迷っている時、

適当にページを開き、ちょびっと読んでみたりしませんか?


アタシは、します。

なんとなくだけど、親しみやすいか興味を持てるか、確かめるために。


そうやって、この本『スクラップ・アンド・ビルド』を手に取って、

開いたページに書かれていた文章がこれです。


一杯ずつのドリンクで粘ったあと、駅へ向かった。途中、スーツ姿の背が高いとんでもない美人が向かいからやって来て、健斗があ目で追うと気づけば亜美が口をとがらせていた。
「どうせ私なんかブスだもん」
その発言には、前後にただよういくつもの言葉が内包されている。面倒くさいと思いながらも、健斗は友人主催のバーベキューで知り合った、外見的に中の中である彼女をなだめながら歩く。女性ホルモンが多いのか、嫉妬深く卑屈だった。改札を抜けると、階段やエスカレーターには目もくれず真っ先に身障者優先のエレベーターを使おうとする亜美に黙って従う。




なんだ、この男は。(゚д゚)



アタシはこの健斗という主人公らしい男を、なんてひねくれた嫌な奴だろうと思いました。

亜美というのは自分の彼女でしょう。その彼女を「外見的に中の中」なんて冷静に判定し、

そして、女性ホルモンが多のか嫉妬深く卑屈、と言うのです。

おかしくないですか?    女の立場からすると、、、

ねじまがっているわよ。



そしてアタシは、逆に、小説の方には、とても興味を持ちました。


芥川賞を受賞した作品という事で話題になったため、

この小説が、介護等をテーマにしているらしいということは知っていました。

このねじまがった男が自宅で祖父を介護するとはどうなってしまうのか。


1200円(税別)。

アタシは購入しました。



↓ちょびっとあらすじ

主人公健斗は、無職で就活中の若者。自宅に母親が祖父を引き取ったことから、

祖父が風呂に入るときに様子をみてあげたり、また、病院に送っていってあげたりと

祖父の面倒を何かと見てあげていましたが、

毎度毎度

「もう死にたか」

と愚痴をこぼす祖父に、ふと、その尊厳死の手助けをしたいと思うようになります。

介護職についている友人のアドバイスを受け、徹底的に過剰な介護で動きを奪い、

(身体を弱らせることを目的に、本来、自分で出来ることまでやってあげると言う意)

やがては死に至らしめようと計画する健斗。

さて、結果は・・・。



この健斗という主人公、

祖父の愚痴は慰めが欲しいからのポーズであるなんてことは想像もせず、

自分の判断で、祖父を弱らせよう死なせてあげようとしていて、

かなり、ねじまがっているのですが、

登場人物たちも、かなりねじまがっているように感じました。


健斗の母親は、自宅に祖父を引き取って、自分はパートで働き、生計をたて、

と、働き者の良い人のようにも思えますが、作中では、いつもいつも自分の父親である

健斗の祖父を口汚くののしっています。

「あんにゃろう、これみよがしに杖つきやがって。杖なしでも歩けるくせによ」

ひどすぎませんか?

母親が祖父を介護するシーンが出てこないからそう感じるのかもしれませんが。


健斗の彼女も、健斗の判断とおり、卑屈です。

「どうせアタシはぁブスですぅ」

そんなことを健斗に言ってネチネチしています。

ようするに、慰めてもらいたいわけですよね。そんなことないよ、なんて言われたい?

嫌な女。



肝心の健斗の祖父も、ずれています。

死にたい迎えにきてもらいたいと、悲観的なことばかり言っていて、

あちこち具合が悪いと連呼するわりには、

家族の留守に盗み食いするときの素早い動きなど見せ、

食わせものに思えます。

そして結局は、ちょっとした命拾いをしたあとに、

「ああ死ぬところだった」なんていうのです。

あんなに死にたいと言っていたのに、実は生にしがみついている人なのでしょうか。



登場人物はみんな、ねじまがっている?



そしてそんな中、ストーリーは急にあっさりと終わります。

あれっ、そうなるの?って感じです。



まるで読み手がぽいっと放りだされたようなあっけなさに、

まるで自分までがねじまがっている不思議な感覚になりました。

このラストで、自分が何を感じたらいいのか、わかんなくなっちゃいました。


ねじまがっている、みんなねじまがっている、そう終わる、だから何?

アタシは、これをどう読めば、ねじまがっていないアタシなのか?

どう、読む、べきなの?


気持ち悪いです。


自分の、自分ではわからないねじまがり箇所を突かれたようで、気持ち悪いです。

そしてそこがどこでどんなふうなのかわからないのです。


炭酸のきつ~い、レスカですっきりしたいです。

            ↑ レモンスカッシュの意。死語? Σ(´Д`*)




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2016/01/15 21:11 ] | TB(0) | CM(10)

どうなることやら

センター試験受験も近いという事で、昨晩、娘たちとその話になりました。


アタシが

「忘れ物ないようにね~」

なんて当たり障りのないことを言うと、上の娘は

「そうだよね。どうしようどうしよう。何か忘れたら焦って動転して・・・」

なんて、泣きそうになってます。


だったら、前の日にきちんと準備するとか対策を考えてよ~。

心配性なわりに、何もしないところが欠点なのよ~。困ったねぇ


「そうだねえ。上子ちゃんは、小学生のころから忘れ物多かったから

 気を付けてね。

 いってきますって学校に出かけたと思ったら20秒後に帰ってきて

 給食袋忘れたとか言ってたもんねぇ」

アタシは、緊張をほぐすためにそんな馬鹿話を言い、更に、

全く緊張感の無い下の娘には

「そういえば下子は、忘れ物を取りに戻るなんて、一回も無かったねぇ

 君は完璧かな?ふふふ」

と茶化して言ってみると、彼女は言います。


「おか~さんは娘のことがわかってないねぇ。

 アタシは、超忘れ物多いよ。アタシの場合、忘れたら諦めるのよん。

 家に取りに戻るなんて、めんどくさいも~ん」


はぁ?

めんどくさいって・・・・。


「で、でも、センター試験の受験票とか、忘れちゃダメよぉ」

アタシは真顔でそう言ってみました。


すると、なんて言ったと思いますか!彼女は!


「大丈夫大丈夫!受験票を忘れても受験できるみたいだから!」






忘れることを既に前提にしていてどうする!

呆然とするアタシと上子の前で下子は


「センターの二日目、二時半くらいで終わるんだよね~

 その後、ヒマだから、買い物に行こうかな~

 おばあちゃんからもらったお年玉あるし~ららら~」


度胸がアルとか気持が大きいと言えば聞こえがいいですが、

突拍子もないというか、無鉄砲というか何というか・・・。


大丈夫なのか・・・。

いつか痛い目にあうと思われ・・・。

それが明日あさってか!

きゃ~。


個性が超違う双子の娘たち。

それぞれ違った意味で心配であります。

どうなることやら。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/15 10:27 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

どんと祭に願いを込めて

今日は「どんと祭」。

アタシも我が家の正月飾りを奉納してきました。


各家庭から持ち寄られた正月飾りやお札などが神社の一画に積み上げられ、

日没の頃に点火、焚き上げられます。

どんと祭 
↑画像は借り物です


その火にあたるとご利益があるとのことなのですが、

点火の後はすんばらしい人ごみとなるので、日中のうちに納めました。

どんと祭3
↑どんどん高くなります。高くなってきたら、更に上へ積み上げられるよう、
  ぽ~んと投げ上げるのがマナーです。


役目を終えて行き場の無いお人形や、

字が上手くなることを願ってお正月の書初めを納める風習もあり、

今年は、娘の学業成就を願って、彼女らの勉強テスト用紙も

納めてみました。

奉納



商売繁盛などを祈願して、市内の会社や大学の有志の方々が裸でお参りする

「裸参り」も有名で、夫も若いころは参加したことがありました。

もう、お年なので引退よ。笑

どんと祭2 
↑これも借り物です。さむそ~


今年は暖冬で、裸参りの方々も少しは楽かしら。

この辺では「どんと祭の日は大雪で寒くなる」という言い伝えがあるんだけど・・・

今のところ、青空。


でも、例年通りのご利益をお願いいたしますよ。


松川だるま
↑奉納されていたダルマさんです。思わず手をあわせました。



今日は真摯に願いを込めて、オチはありません。

って、いつもオチてないって?が~ん






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/14 15:55 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

頭の中をグルグルなNK細胞活性化ソング

「最近、お父さんとお母さんがよく歌っている

 ♪焼肉焼肉焼き放題、ビールは別料金~♪

 ♪焼肉焼肉食べ放題、制限時間は90分~♪ って何?」

と昨日の夕食時に上の娘が言うので、わけを話すと、

彼女は腹をよじって大笑いし、そこに下の娘も加わって、

アタシと娘たち三人で爆笑、大盛り上がりしてしまったので、

そんなに面白いのか (´・Д・)」 と思い、記事にしてみます。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



「あのね、お父さんとお母さんが、週末によく食料品を買い出しに行く

 激安スーパーの肉売り場で、いつも流れている音楽がそれなのよ~。


 秋ごろに流れ始めたころは、うるさいな~くらいにしか思ってなかったのに、

 だんだん頭の中でグルグル流れてくるようになってさ~。

 お父さん、売り場を歩きながら口ずさむようになっちゃって。

 だと、お母さんも つい、合いの手を入れるようになったわけよ~。


 最近なんて、帰りの車の中で二人で大合唱よ。

 家についても歌が止まらなくて~歌っちゃって~うるさくてごめんね~


 お正月ころは、スーパーでも迎春な曲を流してて

 焼肉食べ放題も終わりかと、お父さんとお母さんは超心配したんだけど、

 先週行ったら再開してて、ほんと~に良かったわぁ」ヽ(≧∀≦)ノ


↓これです。




調べてみたら、 「ヨーデル食べ放題」という、

けっこう有名な曲みたいです。


ご存知でしたか?


割り箸も割り放題♪やっほ~♪

というところで、それは違うだろっとツッコミを入れるのがお気に入りです。


と、センターまであと数日だというのに、こんなことで大笑いしている我が家・・・

大丈夫なんだろうか・・・


♪焼肉バイキングで食べ放題~ぱあらだいすぅ~♪


家族全員ヤケクソ?

いやいや、NK細胞爆発で、いい感じにいけてるはずじゃ~やっほ~♪(/・ω・)/ ♪





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/13 09:29 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

初積雪

やっと積雪となりました。

こんなちょっぴりだけど。。。

庭

観測史上最も遅かったとのこと。暖冬ですねえ。

このまま、春になるのかな??


と、今日は、塩を買いに街へお出かけに行ってきました。

お気に入りのモートンソルトです。

モートンソルト 
↑ 左は新パッケージ 右は以前からの。


以前、あれこれ塩を試してみたことがあったんだけれど、

これが今までで一番のお気に入り。

魚料理にも肉料理にも、卵焼きにも、そして、なななんとぉ

野菜の浅漬けにも合う、とっても便利で美味しい塩なのです。

アメリカではポピュラーらしいです。

行ったことないのでよくわかんないですが

そうなの?


さて、明治屋で塩をゲットし、

帰り道にバーゲン行ってぇ   (実はこちらがメインだったりする  おほほほ)、

そして美味しいラーメンでもぉ食べてぇ、と思ったら、何と、


昨晩、お腹を出して寝ていたのかしら・・

急に腹痛が・・・ 


恥ずかしながら、家に帰ってしまいました。しゅん・・



すると、帰宅したとたん、体調が良くなるわけなんですよ、これが・・!

なかなか、うまくいかない冬の空なのです。




    美味しそうなラーメン画像満載の

    ブログ記事を拝見させていただくことの多い今日この頃。

    う~ん。明日こそ!

    負けないぞ!   ←何に?





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/12 20:34 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

援助と絵本

「援助する際の基本姿勢」

 援助行為は、受け手側が望んでいなければ、

 それは大きなお世話である。

 援助する側が受け手側を「弱い人間だ」と決めつけ、

 上から目線で見ている、と、とらえられかねない。

 受け手側の自尊心を傷つける可能性が高い。



先日、そんな講義を受けていて、自分も気を付けなければならないなあと

痛感しました。


「援助」というのは、ここでは、ボランティア活動を含む、人のためになる行為の総称で、

例えば、カウンセリングや傾聴などなども含む意味で使ってます。


アタシは、趣味で、小学生向け絵本読み聞かせ活動をしているのですが、

それは、一応、「ボランティア」という名目なんですよ。

活動団体の名前も「絵本読み聞かせボランティア〇×の会」ってなってるし。


アタシの読み聞かせ活動も気を付けなくちゃなあああ。



活動を始めたばかりの時、読み聞かせ基本講座受講時、押し付けはイカンと

強く指導されたので、普段から気を付けている気持ちではいます。


聞きたくない子供を無理に縛りつけないで、聞きたい子にだけ読むようにしています。

アタシが絵本を読んでいても、知らんぷりで宿題をやってたり、

お喋りしたりしてても、それはそれで、自由にしてもらってます。


ただ、読み聞かせ前に、子どもの興味をひきそうなお話をしたり、

数冊読む本のうちの一冊は「ギャグ絵本」みたいなのにして、

笑ってもらい、

このオバサン、面白そうだから、聞いてやっか、

くらいは思ってもらえるように頑張ってますが。


でもでも、更に、自分を律し、気を付けなければなあ。


絵本は確かに素晴らしいけれど、世の中、それだけが素晴らしいんじゃない。


子どもによっては、校庭で遊んだり、テレビを見たりする方が、楽しいでしょう。

それは子どもの個性であって、個性は型にはめちゃいけないね。

絵本は義務教育じゃないんだから、好き好きでいいんだよね。

大人だって、スポーツ観戦が好きな人もいれば、映画が好きな人もいる。

嫌いなら別に無理しなくていいよ~ということで。

絵本から得られるものは大きいけれど、他から得られるものも大きいでしょう。




以前も記事に書いたことがあるけれど、

最初は全然興味も関心も無かった子供が、押し付けていないのに、

お話にだんだん夢中になってくれて、

最後の方には目を輝かせ、読み聞かせが終わると

「え~もう終わりなの~もっと読んでよ~」

なんて言ってくれると、涙が出るほどうれしい。

押し付けていたら、こんな気持ちにはなれない。



「おばさん!絶対また来てね!」

と言われちゃったりすると、

「ありがとう!絶対また来るよ!」

と抱きしめたくなります。


絵本読み聞かせ活動を通して、子供たちからたくさんの笑顔をもらっています。


いわば、子供たちがアタシに援助活動をしてくれているのです。

アタシが押しつけさえしなければ、

子どもたちの側からは、押し付けないように、なんて、気を付けなくても、

簡単に

援助いただけちゃうのでした。

               絵本に全く興味を持ってもらえなくても、

                   子供たちを見ているだけで癒されているしね~おほほ



               ほ、ほんとだって 




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/11 12:29 ] 思いつき | TB(0) | CM(12)

アタシもう勉強したくない!

昨日の夕方、帰宅した下の娘が、疲れた顔をして大声で言い始めました。


「おか~さん!アタシもう、勉強したくない!」



お~、かなり煮詰まっているようだわよ。

大学受験勉強がツライのね。


アタシは返事をしました。

じゃあ、勉強しなければいいじゃん。 

 無理すんなよ。

 どんな道を選ぼうと、おか~さんは応援するよ。

 大学じゃなくて、何かの専門学校に進学してもいいし、

 就職先探してもいいし」


そう、アタシは、勉強や進学について、強制したことは一度もないのです。

将来、自分の食い扶持は自分で稼ぎなさいくらいは言いましたが。



娘は

(´;ω;`)  ←こんな顔をしながら、見当はずれなことを言います。


「周りの友達は、すんごく努力してる。努力する才能があるんだよ。

 そして、その努力を実らせて、ちゃんと学力をつけ、偏差値を伸ばせる。

 それに比べてアタシなんか、

 努力することすらできないんだよ」


アタシから見ると、娘は十分努力しているように見えるのですが、

聞けば、周りの子たちは、朝は7時には学校に来て、ひたすらに自習。

夜は塾や予備校に行き、遅くまで勉強しているそうで、

比較すると、やはり娘は努力不足ということになるのかな?


「自分なりに精いっぱいやればいいんだよ。

 自分は自分なんだから」


アタシがそう言うと、娘は少し落ち着いてきました。

そして言います。



「アタシは、努力はできないけれど、善行を積んで、

 運が向いてくるようにはしてる。

 んっと、例えば、車が来なくても信号を守って、青になってから横断歩道を渡るし、

 昇降口が開けっぱなしだったら、ちゃんと閉めるようにしてるんだぁ」


なんだそりゃ。

そんなんで、運が向くのかい。確かに、交通ルールを守るのは大事だし、

昇降口閉めないと、寒いだろうから、閉めた方がいいんだろうけどさ~



なんか、ズレテないか!我が娘は!




そしてアタシはつい、言ってしまいました。


「そんなんで善行と言えるのかい。善行なら、親孝行を頑張ってくれよ~」




Σ( ̄。 ̄ノ)ノ  ←娘がこんな顔をしているので、続けて言ってみます。




「たとえば、お父さんの親父ギャグを聞いたら、大笑いしてあげるとか

 そんな親孝行ができね~のか!」




「ぎゃはははははは。できな~い。それだけはご勘弁を~わはははは」


!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ!





あらら、笑ったよ笑ったよ。ああ、良かった☆(*´v`)


                    夫の親父ギャグも役にたつことがあるんだなあ。

                    娘よ。あともう少しだけ、頑張れ!



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/08 09:56 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

映画「フランシス・ハ」

尊敬するつかりこさんのブログで知り、観ました。

                  つかりこ兄ちゃんのブログ→ゆらゆら草

                  勝手に名前出してゴメンナサ~イ☆


映画「フランシス・ハ」。


フランシス



「ハ」ってなんだ??   ワダアッコの名曲?  ♪あの頃は ハッ♪ みたいな?

と思って観たら、全然違いました。

そういうことか~。なるほど~。




↓ちょっとネタバレ、

ニューヨークでダンサーを目指す27歳のフランシスは、ここんとこついてない。

ちょっとしたことで、彼氏と別れちゃうし、

大親友のルームメイト、ソフィーは、他の街に住みたいと言って、出て行ってしまうし、

あげくのはては、勤務していたバレエカンパニーをクビになってしまう。

さ~ど~するフランシス。

で、あれこれ試してみても、ど~も噛みあわないと言うか何というか、

うまくいかないよ~ん。

フランシス2




アタシは、こういう女性が嫌い・・・。


彼氏との、深刻で重要な場面なのに、

携帯に電話が入ると、はしゃいで喋ってしまったりする、

空気が読めない鈍感さ。


いつも金欠気味なのに、ちょっと小金が入ると、人に奢ろうとする

将来を見ない考えの浅さ。


パーティで、初対面の人に仕事は何かと聞いたのなら、

あなたは?と聞かれるだろうと予測できない

コミュニケーション想像力の無さ。


不器用なんですね。

そして、それも自分でわかってないから、いつも自分中心で

自分のことや自分の好きな親友であるソフィーのことばかり喋るわけ。


ふ~ん、と思いながら、きら~い、と思いながら、つらつら観てたんだけれど、

フランシスが、親友ソフィーを慕いながらも、

でも離れなければならない切なさなんかを

見せられ続けて、だんだん、ソフィーがかわいらしく見えてきちゃったのです。

不思議。


ストーリー上、フランシスが改心して努力を重ね、

とっても良い人になるってわけじゃあないんですけど、

ずっと、あんな調子でずれてるんですけど、


あ~、フランシスはソフィーが好きなんだね


って、それだけなんだけど、

なぜなんだろう。


あの笑顔かなあ。

そして、 「ハ」の謎 が解けるラストかなあ。





最近『奇跡の2000マイル』という映画も観たのですよ。ミア・ワシコウスカちゃん主演の。

奇跡の


オーストラリアの砂漠を縦断する女性の、冒険挑戦ストーリーなのですが、

こちらの女性も嫌いなタイプ。


わかるよ、縦断したいんですね、

でも、人に迷惑をかけたり我儘言ったりしてはイカンよ。

スポンサーに愛想悪いのは良くないんじゃないかい?

礼儀に反しているわよ!き~っ!


と、終始一貫、嫌いで終わったのですよ。



この差はなんだろう。

どっちも、ヒロインの性格は、映画の最初から最後まで変わんないんだけど???

う~ん。

と考えちゃうのも楽しい。顔の好み?音楽?




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2016/01/08 01:11 ] 映画 | TB(0) | CM(4)

電気式毛布のスイッチと鮭ほぐし瓶と床の汚れ

毎朝、スマホのアラーム機能を目覚ましにしているのですが、

今朝の起床時、表面を指でなでてもなでても、音が鳴りやみません。

「もぉ、またスマホの調子が悪くなったのね~」

と、寝起きの不機嫌倍増で、よ~く見てみてみると・・・

アタシが触っていたのは、スマホじゃなくて、電気敷毛布のスイッチでした。

↓形が似ている・・・・

電気


その後、順調に朝のお弁当つくり等は進み、さて、朝ごはんのトーストに

マーマレードを乗せようと、冷蔵庫から瓶を取り出し、蓋を開け、

スプーンを入れ、すくってみると・・・

それは、マーマレードの瓶じゃなくて、鮭ほぐしの入った瓶でした。

↓冷蔵庫のドアポケットに入ってたからさ~蓋しか見えなくてさ~

横から

上から


家族を送り出してのいつもの掃除タイム。ふと床に汚れを発見しました。

なんだよ。シャーペンの芯を落として、それを踏んじゃったみたいな。

イラッとしながら、マイペットを探し、あれ、どこにしまったっけ?なんて時間を費やし

さて、こすってみるかという段取りになって、ふと、

シャーペンで書かれたんだから消しゴムで消すべきでは?

と思いたちました。消しゴムで消してみましたら、おおお、綺麗になりました。

マイペットを探していたあの長い時間はなんだったのでしょう。

↓写真を撮るあたり、ネタにする気が満々です。

床


アタシ、大丈夫でしょうか?

いつもボケてはいるのですが、ひどくありませんか?


・・・・・・


わかった!

娘二人の大学受験料、数大学合計分があまりに高額で、

以前からわかってはいたものの、具合が悪くなってるんだわ!


助けて~


35000.jpg   18000.jpg





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/06 22:50 ] 出来事 | TB(0) | CM(24)

つや姫らしい

重なるときは重なるもので、

あっちの方からも、こっちの人からも「つや姫」をいただきました。

  お~真面目に生きていればいいことがあるわねっよしっ今年は縁起がよろしいわよ!

つや姫
  ありがと~ございます。

と、山形県が平成22年に発表したこのお米。

ちっとお高いのですが、味は抜群です。

一粒一粒がしっかりとコシがあって、しかも口当たりがよく、甘く、

つやつやと美しい姿は、まさに名前のとおり「つやつやなお姫様」。

お姫様は美しいだけじゃないのよ。一本通った信念がなくちゃ~。


米好きの夫とアタシは、当然、あっちからのとこっちからのと、

どっちもつや姫ではあるけれども、

食べ比べして見ました。

もう、だんぜん、大きい袋の方のがつや姫様らしくって勝ち。

同じブランドでも、産地や生産者さんなどによって、違うのよね~。


待てよ。。。

つや姫様らしいって。。。


日頃からつや姫とその他のお米を食べ比べているわけでもなく、

そんなにお米に詳しい訳でもないのに、

らしいって、何でわかる?


もしや、小さい方が、より、らしいのかもしれない。

単に自分の好みの味が強く出ているのが、大きい方だったのかもしれない。


らしさという表現は、対象と比較しての、そのものの特徴ということとすれば、

対象のことも、そのもののことも、ある程度わかっていないと、言えないのではないかしら。


そもそも、わかるという表現も十分曖昧な感覚的なもの?

感覚的なものを土台にした「らしさ」って?

自分にとっての仮定的一説でしかないのかしら。


男らしさ、女らしさ、人間らしさ、田舎らしさ、都会らしさ、

野菜らしさ、肉らしさ、動物園らしさ、水族館らしさ。

アタシらしさ、アナタらしさ。

わかっているようで、本当はとても脆弱な、揺れる思いでしかない気もします。


アタシは、こんなふうに、

ちょっとしたきっかけで、どうでも良いような事を考え込む癖がありますが、

これはアタシらしさでしょうか。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/04 21:53 ] 思いつき | TB(0) | CM(12)

初売りダメで納豆汁

昨日は初売り に行ってきまして、

ゲットした素敵な品物などを紹介するブログ記事ににしようと思っていたんだけれど、

駄目、敗北でした。


午後に出かけたものだから、お目当ての品は売り切れ~残念☆

仕方がないので、地味ですが、つくった納豆汁を記事にしますぅ。



納豆汁


里芋、なめこ、芋がら、豆腐、油揚げ、ワラビ、コンニャクの入った味噌汁に、

納豆をすりつぶしたものを加える納豆汁。

とても体があたたまります。おいし~よ。


納豆をつぶすのは大変な作業。

すり鉢で潰すのも包丁で切るのも、くっついてなかなか重労働。

でも、今は、簡単に出来る「納豆汁の素」ってのがありましすのよ。

なっとう汁の素


これは、納豆を潰して味噌やお出汁を練りこんでくれてまして、

お湯で溶かして味噌汁に投入するだけで簡単に納豆汁ができます。


そうだ!芋がらって知ってます?地方によっては、ズイキって言います。

芋がら


里芋の茎を乾燥させたもので、

独特の青い苦みがあり、この苦みが納豆汁には欠かせないアクセントになるのです。

ぬるま湯で少し戻してから切って調理します。   アタシ、大好きなの~



里芋、なめこ、芋がら、豆腐、油揚げ、ワラビ、コンニャク、

全ての材料、それぞれ個性が全然違うのですが、

納豆と言う、これまた超個性的な媒体を通すと

個性を消さずにいながら、マッチしていて、なじんでいて、

不思議なものです。

そんな共同体の一員でいたいものです。        一匹狼もいいけどさ。



疑問:納豆汁って日本全国各地で食べられてるのかな?東北だけ?





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/03 11:13 ] 料理系 | TB(0) | CM(10)

初詣は

初詣に行ってきました。

神社


子供たちが小さい頃、

この神社のすぐ近くに住んでいたことがありました。


神社の駐車場が少し傾斜しているのを利用して、

子供たちは、そこで自転車の練習をしました。

夫の猛特訓で、ふらふらしながらも、補助輪なしで乗れるようになった時の

子供たちの晴れやかな顔。


今年の初詣のお願いはここでしなくちゃ。

きっと神様は応援してくださる。

神社3


たくさんの人で混雑する中、並んで並んで、やっとのことで順番になって、

お参りして、お願い事を三つして、

やれやれ押し合いへし合い。

お守りをふたつ、巫女さんからいただきました。


たくさんの参拝客~。   みんな願いごとを願うのでしょう。

神社2


参拝客だけじゃなくて、警備する神社の関係者の方や巫女さん、

警察署のポリスマン、たくさんの屋台でたこ焼きや綿菓子を売るテキヤの人々、

大勢です。


彼と彼女と中間の人々らも、願い事はあるのでしょうか。

お参りするのでしょうか。


自分と家族のことだけじゃあなくって、ほかの、、

その働く人々、その人々の幸福をも願うべきだったかなと思ったときには、

帰り道でした。


帰り道のスーパーで、家族で一緒に食べるロールケーキを買いました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/02 10:11 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

あけましておめでとうございます

さるどしだ~



あけましておめでとうございます。

今年も、よろしくお願いいたします。


そう、新年なのです。

アタシの新年の信念は、ずばり!



X JAPAN 紅だぁ~



♪お前は走りだすぅ 何かに追われるよう♪

♪俺が見えないのかぁ すぐそばにいるのに♪


離れていく人への愛と寂しさを歌った名曲『紅』

もう少しで離れていく娘たち、

そして、子離れしなくちゃいけないアタシみたいだわよ。

年末のミュージックステーションでノックダウンでございます。X JAPAN様。

はい、子離れ、今年の目標にします。



子どもから離れながらも大事に愛し、そんな自分の気持ちをも尊重しながら、

前に進みたいと思います。

脱皮したいです。   


「きたあかり日記」も、脱皮して、新しい文章となれるかな?

ん~

ま~ぼちぼち行きます。


おめでとう。

新しい年におめでとう。

古い年にもおめでとう。


      新しいって、古いがあるから、新しいんだよね、、きっと。  気障だねぇ、、ぽっ

      古女房、大事になされヨ



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/01/01 11:00 ] 思いつき | TB(0) | CM(14)