fc2ブログ

映画「PiCNiC」

映画「PiCNiC」

1996年に公開。岩井俊二監督作品。

精神病院のようなところに閉じ込められてる若い子たちの物語です。

精神病院は寒々としています。暴力と血。車に轢かれる赤い薔薇。

PICNIC.jpg



収容されていた、ココ(CHARA)とツムジ(浅野忠信)サトル(橋爪浩一)は、

世界の終わりを観に行こうと、病院を脱走して、塀の上を歩いていきます。

彼らは、塀からは降りられません。

ただただ、塀の上をつたって、歩いていきます。

picnic2.jpg

  外界(一般社会)にも生きられず、内界(精神病院)にも生きられず

  中途半端な居場所のなさを表現してんのかな・・・とアタシは思う。



CHARAの存在感に圧倒されました。

美しいと言う表現にもちょっとそぐわない。もちろん可愛いと言うのでもない。

もうCHARA独特のなにかがしっかりと存在している感じ。

それが映像の中で映え、寂しげで、切なく切なく

吸い込まれるようです。

大きな目で何かをはっきり見ているようで、でも焦点があっていないようで、

つかみごころが無いです。


浅野忠信、若いね~。でも若いけれど、表情がとても良くて、

ああ、彼は苦しいんだな苦しいんだなって、胸がしめつけられる気がしました。

細い首と鎖骨がとても綺麗。

こちらも、何かをじっと見ている目なんだけど、わからない目。

わかんないけど、鋭い目だわよ。真剣な目っていうのかなあ。



で、衝撃のラストも、忘れられないのですが、

アタシがこの映画の中でもっとも好きなのが、

彼らが偶然出会った神父さんが言ったセリフです。


出会った神父さん、塀の下に彼らを誘いますが、

CHARAたちは、降りることが出来ないと言います。

神父さんは言います。


「そうか、お前たちは、塀から降りられないのか。

 じゃあ、私がそっちへ行くというのはどうだ?」


神父さんは塀に登り、彼らと一緒に腰かけます。


そちらから来られないなら、こっちから行こう。


PICNIC3_2.png


向こうから近づいてきてくれるって、嬉しい、

拒否されているんじゃない、受容しようとしてくれている。


同時に、アタシは、

もし、そちらから来られないなら、自分から行こう とも、思いました。

拒否されても拒否しません、受け入れるように心は開いていますって。


この映画のそのセリフは、アタシの、人間接し方の

中心的考え方になっています。リアルで。この映画を観てからずっと。


もう、随分前の映画です。随分前に観た映画です。

考えてみれば、とっても影響されてんだなあ。

さすが郷土の星だわよ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2016/03/24 15:58 ] 映画 | TB(0) | CM(4)

娘の焼きそば

先日、上子にお昼に食べるチャーハンをつくってもらったアタシ。

今日は、下子に、焼きそばをお願いしてみました。

作ってくれました。

焼きそば


えっとですね、

はい、ちゃんと火はとおっているみたいなので、

お腹は、たぶん、こわさないと思われます。


そんな感想でした。

お察しください。笑





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/03/07 16:55 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

娘のチャーハン

もうすぐ、進学のため家を離れ、

一人暮らしで自炊を始める上子に

「料理の練習をしなさい!今日のお昼ご飯にチャーハンをつくってみなさい!」

と言ったら、本当に作ってくれました。


チャーハン


とても美味しい。アタシより上手。びっくりぽん。

具は、玉葱と鶏胸肉と卵だけだけど、

玉葱のシャキッと感と、鶏胸肉の固さと、卵のふわふわと、

すごくマッチしてるし、

玉葱の甘さと胡椒の辛さが、すごく対立してておもしろいし。


な~んだ。出来るんじゃないですか。

アタシより。


子どもは、いつの間にかに親より何でも出来るようになってるのかも。

いつまでもいつまでも、娘は何もできない子どもだ、

なんて、親の幻想だね。


    ま、その後、リンゴを剥かせたら、リンゴの表面がボロボロになってたけどね。笑





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/03/06 22:40 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

肉と大河で元気

大学受験の合否発表がまだで、心配で鬱々としてばかりいるアタシと娘たち。

気晴らしにお出かけして、こんなものを食べてきました。

肉


300グラムは多かった。何とか完食。



するとどうでしょう。

アタクシ

全身から力が湧いてくるように元気になったではないですか!お~☆



最近、心も体も疲れやすいと思っていたのに、

肉を食べて元気になるとは、びっくりだ。

なんと単純な体よ。貧血が一時的に治ったのか!

わからないけれど、発見だわよ。

今度から、やけ食いは元気を出したい時はこれだ!



発見と言えば、

アタシは、歴代の大河ドラマオープニングテーマソングを聞きながら

夕食の支度をすると、気分がいいという事を、最近、発見しましたぁ!


名場面を思い出しながら、西の夕日を見て、手元の野菜を見て、

何だか、頑張ろうと言う気になります。


なぜ?

日曜日の夜の気分 になるからかなあ???





わからない。





発見というのは、

時に わからない が、くっついてくるものかしら?

なんつって。







↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/03/04 22:34 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

着物は手間が

アタシは着物をほとんど着ないんだけど、

着物を着る機会って、もうほとんど無いだろうなあと思い、

娘の卒業式で着てみました。

和装  また載せてごめん
↑訪問着だよ

着てみると、、、和装っていいなあと、つくづく感じました。


手間はかかります。

準備、けっこう大変です。  

慣れていらっしゃる方はそうでもないのでしょうが、アタシは慣れていないので~



着ようと思っている和服を陰干しして、皺を伸ばしするだけじゃなくて、

帯その他を揃え、用意しなければなりません。

和装2
↑帯


帯に帯あげ、帯しめ、帯枕、前板

長襦袢、半襟、襟芯、おこし、伊達締め、ベルト、腰ひも、、コーリンベルト、

そうそう、足袋やバックや草履も!


なにか一個忘れそう。   画像を載せようと思いましたが、下着っぽいのでやめました。笑


着付けも大変です。

アタシは自分で着られないから、美容院で着つけてもらうんだけれど、

アタシの背が高いので、着物を着せてくれる美容師さんが苦労します。

今回なんて、帯がなかなか結べず、

勢い余って美容師さんが転びそう になってました。


和装3
↑小紋


さて、脱いでからも大変です。

着物は陰干しして、皺を伸ばします。

アタシは帯も伸ばします。

半日くらい干すのですが、皺が伸びたかどうか確認するのも手間です。

もし、なかなか頑固で伸びない場合は、アイロンをかけます。

これも、着物を傷めないように当て布をして、低温でそろりそろりとかけます。

畳むのも、慣れないと、わけわかんないと思います。

アタシ、最近やっと覚えました。

和装4
↑訪問着、シミあり。笑


肌着や長襦袢やおこしや紐など、洗えるものは洗い、アイロンをかけます。

長襦袢の畳み方もありまして、、、。


と、そんな手間なのですが、アタシ、けっこう好き なのですよ。

あわただしい気持ちを忘れて、ただ一心に、じっくり準備する。片付ける。

時々、ただ無心に、着物の柄を見つめます。

帯の模様、どこを前に持ってくるか後ろに持ってくるか、なんて考えます。


これは、性格だと思います。人それぞれで。好き好きです。

アタシの妹は、着物なんて面倒で嫌と言います。


母の着物が全部アタシにまわってきたのは、そのせいです。


母は着道楽でした。

でも、色留は一枚もありません。

母は父と離婚してから再婚はしませんでしたからね。

紋も困るだろうし、既婚ってわけじゃないし☆


なんだか、着物を片付けながらも、女の歴史を感じてしまいます。


いろいろ考えてぼ~っと片付ける春の夕方、あ、お雛様もと思い出しました。


お雛様です
↑静かな顔で座っているけれど、きっと彼と彼女にも歴史があるのだろう。


お雛様も、出したりしまったりが面倒だと言う人もいますが、

アタシは、その面倒がけっこう好きなのです。

暇だからかしら?ふふふ。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/03/03 20:37 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)