fc2ブログ

良いお年を!

大みそかですね。

今年は、娘たちの受験、大学進学に伴う彼女たちの引っ越し、

自分の持病治療の注射開始、などなど、いろいろなことがありました。

心が上がったり下がったり。

そんな中、

ブログ「きたあかり日記」に沢山のあたたかいコメントをいただき、

都度都度、前向きな気持になることができました。

また、皆様のブログに訪問させていただき、

その秀逸さに、晴れやかな気持になることができました。

ありがとうございます。お世話になりました。


皆様のご多幸をお祈りします。

良いお年を!

愛してるよ~愛し合ってるかぁい!



PS ピコ太郎のモノマネをする下子に、「何をしに大学行ってんだか!」とあきれましたが、

   今までにない、まあまあ似ているというクオリティに、まあ、許してやろうかと思う年の瀬でした。。。。

   と、そこへ上子が帰省。なななあんと、恋ダンスを八割がたマスターしているとな!
 
   どうしよう。踊れないアタシ。許してもらえるかしら・・・。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/31 13:27 ] 思いつき | TB(0) | CM(8)

札幌から函館まで

「片道4時間近くあるから、往復で本を一冊は読めるだろう」

札幌から函館まで電車移動(スーパー北斗)の時、

そう思って本を用意したアタシでしたが、間違っていました。


というのも、車窓からの景色が美しすぎて酔うほどでしたの。

もぉ、見とれて本どころではありませんでした。

お天気に恵まれていましたしね。


まずは、苫小牧駅前の観覧車じゃなくてですね、笑

苫小牧を過ぎての樽前山、この雄大な姿にうっとり。

Mt_tarumaezan.jpg
画像お借りしました

電車から、山裾まで、高い建物が無くて、山のてっぺんから下まで丸見えなのです。

富士山をプッチンプリンの型につぶしたような姿。

山の神様はいる、確信しました。美しくて。


長い道のり、海をのぞみ、進むのも爽快でした。

DSC_0164.jpg

DSC_0165.jpg

DSC_0166.jpg

DSC_0167.jpg


水色の空、青白い雲、クリーム白い雲、真っ白い雲、群青色の海、白い波、

そこに、太陽の光がキツク当たって、金色に輝いています。

まぶしかったです。照らすということ、こういうこと。

海が太陽に照らされて輝いている。輝くってこと、こういうこと。


それから、カモメが飛んでいました。何十羽も。

電車を恐れないのでしょうか。窓すれすれに飛んできます。

みんな真面目な顔をしているのが可愛い。

カモメたちの中に、二羽くらいカラスが混じっているのも可笑しい。

すっかりなじんでいて、同じようにまじめに飛んでいます。ははは。

DSC_0170.jpg
うまく撮れませんでした。反対側の席が海側でして・・・泣


スーパー北斗は進んで、駒ケ岳付近まで行きました。

これがまた美しい。

白い雪をお化粧にして、人を寄せ付けないような冷たさがたまらない。

美人ってこういうのを言うんだろうな。

    反対側の窓から見える景色で、、、写真ありません、、、泣



自然の美しさの前に、アタシのあれこれなんて、ちっちゃいなあ。

ああ、綺麗だな、で何もかもクリアしていいんだな。

お目出たいなあ。アタシ。と、自分のすべてをリセットできる気になっている。


都会の人工的なイルミネーションも素敵です。

駅前は電飾ビラビラで趣深かったです。

でも、山や海、空、それらもとても美しいと思いました。


また乗りたいです。スーパー北斗。

みんな乗るべきです、スーパー北斗。


tr002a_s.gif




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/30 23:17 ] 旅行 | TB(0) | CM(8)

年末掃除

帰宅して10日ぶりに夫に会うと、夫は

「俺を一人にして遊んできたな、馬鹿者!」

とかなんとか文句ばかり言っています。この人は文句を言わずにはいられない人なので、

「アタシは、人生を楽しむことに決めたのじゃ!」

と応戦すると、彼も負けていません。

「俺はなぁ、家中の掃除機かけも、家中の窓掃除もやっといてあげたんだぞぉ!」

おおお、それは凄い。すみません。申し訳ないでございます。


彼は普通のサラリーマンで日中は働いています。そして、この時期は、特に忙しいのに、

年末の大掃除みたいのもやっててくれたのですね。


アタシは反省し、夫のために夫の好物の

①炊き込みご飯  ②ポテトサラダ  ③生野菜のサラダ  ④なめこのみそ汁ネギ多め

を作りました。    こんな普通のおかずが好きな彼・・


そして、アタシがいなかった10日間の彼のアレコレ話を聞いて、合いの手を入れたり、

適宜笑ったりしました。  機嫌をとってみる・・・


その彼は、今日から、彼の実家に言っています。

彼が実家に行かないと、姑が「お正月なのに一人」になっち。ゃうからです。

年寄りが一人きりのお正月じゃあ、可哀そうだもんね。

せっかく遠方の娘たちが帰省するというのに、夫はどう思っているのかなあ。

なんだかなあ。


ま、いいか。アタシは気を取り直し、今日は一日中、大掃除をしてました。

夫だけにやらせたんじゃ悪いもんね。

やればやるだけ、他の個所も気になり、エンドレス~

掃除2DSC_0226
↑床のこういうところ、こういうのに埃がすぐたまるぅ!


掃除DSC_0225
↑出窓。網戸が降りてくるところ。隅が黒く汚れるのよ・・・!


掃除4DSC_0228
↑勝手口の開閉部分と外枠の連結部分。べとべとに・・・!


掃除3DSC_0227
↑換気扇の前部分の板をつなげるところ。凹んだところに油がたまる!

そのほか、網戸などを掃除していたら、あまりに疲れ、疲れると

「毎日毎日掃除しているのに、こんなに汚れてるとは!」

と気分もブルーになり、、、、う~ん、、、なもんで、

「いかんいかん!明るく生きなければ年末!

 明るい心にこそ明るい来年がやってくる、はず!やぁ!」

と、元気出すためにオヤツを食べました。

カステラDSC_0229

パワーが戻り、またまた掃除しました。  おいしい・・・★

明日も頑張るぞ~。笑顔で頑張るそ~。明日は玄関とトイレとタンスだ~!

明けない夜はない、終わらない掃除はない、ん?あるかな?  考えない考えない。笑




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/30 17:05 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

無事、自宅に戻りました~

10日ほどの札幌滞在も終わり、今日、東北の我が家に帰ってきました。

  空港は平常どおりで、誰かが暴れるわけでもなく、雪で全便欠航なわけでもなく、
  
  良かったです・・ふぅ。


札幌は大雪で大変だったけれど、

ブロ友さんとお食事したり、美味しいもの食べたり、下子の生活を確認したり、

とても楽しく過ごすことができました。

今、自宅で、

「ああ、日常に戻った!」

と、少しガッカリ、だけれども、少し安心、な”変な気分”です。



札幌のアタシは「非日常」でした。

その「非日常」が、平凡な「日常」を輝かせてくれますように。

そんなことを願ってみます。


当たり前のことは、違う角度から見ると、当たり前じゃなく、新鮮なのです。



   まだ札幌のことを書きたいので次回以降、しつこく書いてみます~





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/28 19:10 ] 旅行 | TB(0) | CM(12)

札幌市電

札幌市電M101号-0152949
画像お借りしました。


札幌の市電に乗りました。乗りたかったんです。市民の足です。

市内循環。クルリと市内を回ります。

驚くほどのスピードで走ってみたり、市電同士すれ違ってみたり、

渋滞につながってみたり、

市電はのんびりながらエキサイティング。

窓から街の雪風景の眺めながら、子供のようにワクワクします。


停留所に止まって、いざ走り出そうとしたときに、

市電の乗ろうと遠くから走ってくる親子が見えました。

若いお母さんと、幼稚園くらいの男の子。

ツルツルの歩道をよくぞまあ、走ってきます。

運転手さんは当然のことのように、

お母さんと男の子がたどりつくのを待ってあげてました。

乗客も、当然のことのように、見守っていました。

やっと親子は乗り込んで、また、市電は走り出します。

DSC_0143.jpg

DSC_0144.jpg


この雰囲気、たまりません。

母親と小さい子供。知らない人だけれど、あたたかく接するということ。

人に優しいと言うこと。

この土地柄の、助け合いの人情。味わうのが旅の醍醐味です。

          助け合わなければ生きられなかった開拓の歴史・・・あわせて思わされます



札幌市電は、次の停留所で降りるという意思を、ボタンを押して知らせます。

チーン、という音がします。

昔の電子レンジの、加熱終了の音とそっくりです。

チーン、いい音です。

もちろん、アタシは鳴らしたいわけです。

西四丁目駅の前でボタンを押しました。

チーン、アタシがボタンを押したから鳴ったわよ!自慢したい。やっほ~☆


そして市電から降りました。

親切な運転手さん、

観光客に市電の乗り方を伝授してくれた運転手さん、ありがとう。

安全運転、ご苦労様。


道は雪が凍ってツルツルでした。

ある横断歩道のところで、アタシは立ち往生してしまいました。

横断歩道から歩道へのところで雪が固まり、小さな山みたいになってて、

ツルツルに凍ってて、登ったは行けれど、降りられなくなりました。

転びそうで身動きできず、どうしようかと困りました。


通りがかった老婦人が声をかけてくれました。

「良かったら手をつないであげましょうか?そうすれば、そこから降りられるでしょう」

「ありがとうございます」

アタシはお言葉に甘えて、見ず知らずの人に手をつないでもらい、

無事にそこを通過しました。


老婦人さん。ありがとうございます。

あなたのように親切に生きたいです。

あなたのご多幸をお祈りします。


明日、帰るよ。バイバイ、札幌。







↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/27 23:37 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)

札幌ラーメン共和国

札幌ラーメン共和国に行ってきました。

DSC_0149.jpg


素晴らしく混んでいました。

アタシは「あじさい」という店に30分ほど並んで入店しました。

DSC_0150.jpg


塩ラーメン。普通の味。どんな人にもなじむ安心の味でした。

DSC_0151.jpg

DSC_0152.jpg


若者も中年も老年も、男性も女性も、並んでました。

外人さんも、大きな声で話しながら並び、

赤ちゃんを連れたお母さんも、赤ちゃんに大泣きされながら根性で並び、

怪我をしたのか松葉杖の人も、杖に寄りかかりながら頑張って並んでました。

何店舗も入っているのだけれど、どこの店も長蛇の列。

人を駆り立てる何かがラーメン共和国にはあるのね。

何かって、なんなのか、アタシにはわからないと思ったけれど、

自分も、その駆り立てられた一人なのでした。


駆り立てる側になってみたいものです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/27 10:32 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)

tugumi365さんとお会いすることが出来ました

はこだて散歩日和(パッチワーク日和)のtugumi365さんに

お会いすることができました。


札幌から、tugumi365さんのお住まいの函館まで、

JRのスーパー北斗に乗って意気揚々と出かけたのですが、

なんと途中、千歳のあたりで列車が緊急停止してしまいます。

整備不良による安全装置の誤作動だそうで、、、!

10分後に動き出したあとも、時速40キロののろのろ運転。

函館に着いたのは、予定よりも30分も後でした。


tugumi365さんは、改札のところで待っていてくださいました。

寒い中、本当にごめんなさい。

tugumi365さんは、遅れたアタシを責めることなく、

にこやかな笑って出迎えてくださいました。


ブログを拝見していても思うのですが、

心の広い、あたたかい人間性を感じました。

ありがとうございます。


景色の良いお食事処で、楽しいおしゃべりとおいしい食事。

DSC_0172.jpg

DSC_0174.jpg

DSC_0177.jpg


初対面なのに、たくさんお話してくださって嬉しかったです。

tugumi365さんのお話は、どれも深く、明るく、

tugumi365さんの芯の強さを感じさせられるものでした。


その後、tugumi365さんの、素晴らしいパッチワーク作品も見せていただきました。


DSC_0178.jpg
籠からドーナツがひょっこり出てきます。仕掛けがかわいい。
表と裏、違う味のドーナツになってるんですよ。お茶目な遊び心です☆


DSC_0179.jpg
花の色、葉っぱの色、地面の色、こんなに色を沢山使っていても
調和しています。見入ってしまいました。


DSC_0180.jpg
サンタのブーツがふんわり盛り上がっています。
ブーツの背景に、この柄を持ってくるのがすごい!


DSC_0182.jpg
アイヌ刺繍とパッチワークのコラボ。文化の融合。枠のアイヌ刺繍もすてき。
右はヨーヨーのクリスマスツリー。これも色の組み合わせが絶妙。


ブログで拝見させてもらっていた作品を実際に見て感激しました。

もうこれは、芸術作品です。


なんと、バックをプレゼントしてもらっちゃいました。

DSC_0183.jpg
個性のある柄たち。大阪の布屋さんから購入されたビンテージ布だそうです。
手前のリンゴもいただいたのでした☆


DSC_0184.jpg
アップです。
花柄。大好き。この面積比で長方形を合わせていくオリジナリティに
作品への思い入れを感じます。


一生大事に使います。


他にもたくさんいただいて、感謝です。


ああ、日帰りじゃなくて、函館に一泊すれば良かった!

もっとお話したかったし、パッチワーク作品をたくさん見せていただきたかった!


後悔してるけれど、きっとまた、お会いできると信じます!

ありがとうございました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/26 14:24 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)

雪印パーラー

一昨日は大雪にも負けず、下子と買い物に出かけました。

札幌は雪の季節が長いからなのでしょうか?地下街で快適に買い物が出来、、、

快適に出来、、、か、かい、、、てきじゃな~い。

何であんなに暑く暖房しているの!

厚着して出かけてきて歩き回っているのに、

地下街があんなに暑いんでは、汗が吹き出てきちゃうわよん。

下子と二人、暑くて暑くて大変なことになってしまいました。

地元の人は慣れているんでしょうね。

地上に出て、雪印パーラーに寄りました。

DSC_0116.jpg

DSC_0118.jpg

下子がチョコレートパフェ、アタシがコーヒーゼリーパフェを頼みました。

DSC_0133.jpg

この、コーヒーゼリーパフェの美味しいことと言ったら!

DSC_0134.jpg


暑い雑踏に疲れた喉をあま~く癒やしてくれます。

アイスクリームの冷たくとろけたのと、生クリームのふわふわ感と、

コーヒーゼリーの”つるにゅる”っとした食感が、と~っても合うの。

コーヒーゼリーの固さぐあいが、ちょうどいいんだろうなあ。


「この美味しさは素晴らしい!お母さんは感動した。

 蟹とかイカとかホタテとかバターとか牛乳とか言っている場合じゃない!

 北海道で食べた中で一番だぁ!

 仙台の牛タンを越えている!ああうまいうまい!」

と言ったら、下子は、笑っていました。

そうよね~。

セコマのお総菜食べても、イソップベーカリーのメロンパン食べても、

スーパーで買った北海道産の牛肉焼いたの食べても、

北海道産牛乳飲んでも、

「ああ、これが一番おいしい!」

と、その都度言い続けているアタシですもの。


パフェで元気になった二人は、アパートに帰り、恋ダンスの猛レッスンをしました。

「お母さん!右と左、逆になってるよ!」

と、ここでまた笑われました。難しいんですもの~。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/25 18:05 ] 旅行 | TB(0) | CM(10)

スープカレーの店「ピカンティ」

札幌スープカレーの店、「ピカンティ」さんに行ってきました。

あんまりお腹すいてなくて、具を野菜だけに頼んだからか、

なんだか、見た目は残念な感じ。

DSC_0159.jpg


一口食べても、残念。でも、二口食べて、あれ?

そうして、三口食べて、まあ、、、

スープの甘みを感じるようになりました。


辛いんですよ。スパイシーですよ。カレーですもん。

でも、バターのようなまろやかな甘みを、辛さとスパイスと同時に感じるのです。

不思議だ。おいしい。合わさって、とてもおいしい。

食べれば食べるほど、だんだんおいしくなる。

おお、野菜もおいしいじゃないか!


体も心も、とてもあったまって、幸せな気分になりました。

また明日も行きたくなりました。


DSC_0160.jpg

38億年の風っていう濃いめスープを今回は頼んだけれど、

あっさり和風の開闢ってのも試したいわ~。

野菜だけじゃなくて、子羊のガーリック風味って具も試したいわ~。

ピカンティさん、札幌に何店舗も展開しているのね。おいしいもの。わかるわ~☆

舌の肥えた北海道民に食を提供するプロですもの、

味付けのセンスを感じました。参りましたぁ。座布団一枚!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/24 21:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)

札幌は大雪

人の身長より高く積み上げられた雪。
DSC_0135[1]


電話ボックスは帽子を被っているよう。
DSC_0124.jpg


家から出るのが大変だったことでしょう。
DSC_0145.jpg


夜、歩道がツルツルに凍っている。
札幌つるつる2DSC_0039[1]


札幌のカラスは人に脅えない。大雪に何かを思っているかな。
DSC_0123.jpg




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/24 18:16 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)

セイコーマートとか

北海道と言えばセイコーマート。

00セコマ看板


お総菜をいろいろ買ってみました。

セコマお総菜DSC_0044[1]

安い!うまい!

ゴボウサラダのゴマソースがクリーミーでゴマの味が濃いのに

ゴボウとよ~くマッチしてるぅ。

キュウリの酢の物、ワカメの歯ごたえがたまらない。


カツ丼も焼きそばも買いました。

セコマカツ丼DSC_0045[1]

セコマ塩焼きそば2DSC_0043[1]

こちらもうま~い☆

塩焼きそば、干しエビがパリパリぃ。もちもちの麺とからんでうまい。

これで税込み108円よ!!安い!!

カツ丼は、甘さも塩辛さも抑えられていて、うまみが濃くて、

爽やかな味、、。えっと、450円だったかな??


で、他のスーパーのお総菜も買ってみました。  スーパーの名前忘れました。ごめん。

DSC_0111[1]

DSC_0110[1]

ナルトみたいな赤い練り物が、煮物に入っててビックリ!

東北じゃ入れないなあ。

とっても薄味で、味付けにもビックリ!素材がイキテルなあ。

とても美味しくて、こんな風に真似して煮てみようと思いました。


観光客用のレストランも良いけれど、地元の人が普段食べているモノを

食べてみるのが好きなアタシです。

明日も何か食べてみよう。乳製品かしら。楽しみ~。

大雪でスーパーに行けるかわかんないけど~泣




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/23 22:54 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

手を握られる

便座カバーをするのをあきらめたが、よっぽどつらかったのか、

次の日の朝、下子は、お腹を壊してしまいます。

トイレから出てこなくて、アタシは心配で、近所の病院を検索検索。

タクシーを呼ばなくては行けないかと、一応検索検索。

下子はしばらくしてトイレから出てきて、ベッドに寝込んでしまいました。

「今日、学校、無理」

悲しそうです。思えば、彼女はとても体が丈夫で、小学校高学年から高校卒業まで、

一度も学校を休んだことはありません。

「痛いよ~痛いよ~薬無いよ~」

泣きそうになっています。アタシは、いつもお腹の薬は持ち歩いています。

今回の札幌行きにも、もちろん持ってきています。

アタシは、下子に

「お母さん、薬持ってるから大丈夫だよ」

と言って、薬を飲ませました。

下子は

「薬、何分で効いてくるの?」

な~んて言って苦しんでいます。

そして、ベッド脇で見守っているアタシの手を握ってきました。

アタシはびっくりしました。

体調が悪いとき、手を握るような存在だったんだ、アタシって

下子は、前述のとおり、体が丈夫で、

体が弱かった上子のため、我慢することが多かったです。

そのために、どこかアタシとは距離を置いている感じだったのです。

アタシは嬉しかったよ。

薬は効いて、下子はアタシに見守られながら、よ~く眠り、元気に回復しました。

流行病かと思ったよ。大事(おおごと)にならなくて良かった。ほぅ


そして、お母さん、お母さん、と、アタシにべたべたしてきて、

べたべたに満足すると、夕方からバイトに、出かけていきました。

バイトの後は、友達の家に泊まるそうです。


引っ越しと寒さで、ちょっと疲れちゃったかな。

部活に自動車学校にバイトに引っ越しに、少しだけ勉強に、

トイレの便座カバー装着の挫折に、

よく経験してますなあ。 

バイト先や友達の家でお腹こわしたら大変恥ずかしいのでは?という母の心配もよそに、

飛び出していく下子の無鉄砲は、アタシにとってはアタシの若い頃を思い出させてくれ

ほほえましいのでした。


さて、今、札幌は大雪で大変なことに。

この季節にこんなに降るのは50年ぶりだとか。

何でアタシが来た時にそんなに!観光できるのか~!

JR札幌駅DSC_0100[1]
↑これは大雪前の札幌駅



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/23 21:11 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

便座カバーの装着は難しいようだ

下子の新居、トイレはO型便座です。

ボロマンションなので、暖房便座なんてなってなくって、便座カバーを買ったわけです。

下子は、引っ越し時、さっそく、そのカバーを設置しにトイレに行きました。

あれれ?10分経っても、戻ってきません。

不審に思って、声をかけると、カバーをするのがなかなか難しいらしく、困っている。。。

「お母さん、どうしてもできない。スマホ持ってきて!」

アタシにスマホを持ってこさせ、何やら、トイレのカバーの仕方をYouTubeで検索しています。

なるほど。動画で見ればできるかも。だが、そんな動画をアップしている人がいるのかぁ!

あははは。

ムキになって頑張ってますが、その後、30分。

下子は、高校時代、部活で強豪校からコテンパンにやっつけられた時のような顔で

トイレから出てきて、言いました。

「これ、捨てる!どうしても出来ない!き~」(*`皿´*)ノ

あはははは。あきらめちょる。(´∀`σ)σ


下子は、恐ろしい怒りの形相で、床にその便座カバーを投げつけました。

アタシはびっくりしました。彼女は、とても穏やかな性格で、いつも冷静なのです。

このブログで、そのアホぶりを披露してきましたが、

全て、冷静に、というか、静かに表現するのです。

辛辣なことも、ギャグも、全て、冷静に表現するのです。

床に便座カバーを投げつけるとは!

北海道の生活が、彼女をどう変えたのかぁ!

よっぽど悔しかったのか、はてさて、彼女は次の日の朝、体調を崩してしまいます。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。




ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/23 09:41 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

六花亭本店喫茶室

北海道の有名なお菓子屋さん、六花亭さんの本店に行ってきました。

わ、わかりにくいわ、場所が・・・。ビジネス街に地味~に看板があるんですもの。

六花亭看板DSC_0074[1]

バターサンドが有名ですね☆

th.jpg画像お借りしました


二階に喫茶室がありました。

六花亭のお菓子を食べながら、お茶飲むことができます。

六花亭店内DSC_0069[1]


雪こんチーズとコーヒーをチョイス☆

六花亭コーヒーとDSC_0070[1]

雪こんチーズ、ココアビスケットにミルクチーズ味のアイスクリームがはさんであります。

六花亭雪こんチーズDSC_0071[1]

ああ、これだわよ、六花亭の味だわよ、と思いました。

濃厚でクリーミー、しっかり甘い。

コーヒーがまた美味しかったです。香ばしくて濃いんだけれど、さわやかで

濃厚なお菓子の味によく合います。

下子と食べようと思って、バラエティパックを買いました。

いろいろ入っているお楽しみ。

六花亭お得セットDSC_0102


貧乏学生で、ろくなものを食べていないだろう下子。

どんなに喜ぶだろうかと想像しました。想像したら幸せな気分になりました。

子供が美味しそうに食べるのを見て、幸せな気分にならない母親はいないでしょう。

バラエティパックの中身はこちら。

六花亭お得セット中身DSC_0104


帰宅後、二人で分け合って食べました。

六花亭雪やこんこDSC_0105

六花亭一口食べたところDSC_0107


大学に入学して数ヶ月。なんだかねぇ、下子は少し、変わったみたいよ。

その模様は次回。 


↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/22 21:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)

新渡戸稲造像、クラーク像

新渡戸稲造像です。

新渡戸稲造像DSC_0056[1]

新渡戸稲造氏が、ご自分のことを「短気な癇癪持ち」と

書いているのを読んだことがありますが、

像は、温和な優しい表情をしています。微笑んでいます。

他者の全てを受け入れ、受け入れながらも導く教育者の雰囲気がよく出ています。

こんな笑顔で過ごしたいと思いました。


白樺DSC_0062[1]


一方、クラーク像は、

とても厳しい、キリっとした表情をしています。

クラーク像DSC_0067[1]

クラーク像アップDSC_0067[1]

大志を抱きたくなっちゃいます。時々は、こんな顔もしたいものです。

優しい顔と厳しい顔、使い分け、できるかな?

優しい顔が80%、厳しい顔が20%ぐらいがいいかしら。


架け橋とは、何だろう、大志とは、何だろう。あ、また悪い癖が・・・。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/21 23:16 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

ランチで楽し

ブログ「ちょっとひとやすみ」のまりんさんにお会いすることができました。

お会いした場所の近くにあったクリスマスツリー。

キレイ。

クリスマスツツリー48[1]
↑上下切れててごめんよ

まりんさん、お忙しいなか、都合をつけてくださり、ありがとうございます。

ランチしながら、たくさんお喋りできて、うれしかったです。

まりんさんって、説明上手というか、何をお話されても、

わかりやすいのですよ~。

うんうん、そうだそうだと共感することがも多かった~。


ブログを通してでなければ、きっと知り合うこともなかったのだろう、

また、下子が、遠く札幌に進学しなければ、アタシは札幌に来ることもなく、

そしてお会いすることもなかったと思うと、

人と人の縁の不可思議さを感じます。ありがたいことです。


年をとって、過去の経験が多くなってきて、

それでばかり自分の個性がつくられているとばかり思っていたけれど、

未来はこれからも広がっていき、ひょいっと縁があったりして、

想像もしなかった経験が待っているのかもしれないから

まだまだアタシも、可能性があるかもなあ、

将来のアタシ、どうなっていくのかなあ、面白いなあ、

な~んて思っちゃいました。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/21 19:48 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

札幌に来ています。

札幌は雪が多いなあ。

札幌DSC_0032[1]

人力で積み上げているんだから、偉いもんだ・・・

札幌2DSC_0033[1]





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/19 21:45 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

上子のこと

下子のことばかり書いちゃいましたので、ちょびっと上子のことも書こうかと思います。

上子は最近、元気がないのです。

愚痴を言ってくるわけではないし、アタシは元気だよと言うのですが、

LINEや電話の感じでわかります。

あんなに楽しい楽しいと言っていたバイトも辞めるそうです。

希望の大学に進学して、最初はなんでも新鮮だったのでしょうが、

遅い五月病が来たのかどうか、、、どうなんだろう。


もう大学生なので、こちらから無理に、暗くなってる理由は聞き出そうとはしません。

ただただ、遠くから見守るだけです。

彼女は、素直すぎるというか、幼いところがあるので、これで少しでも

成長してくれることを祈るのみです。


勉学は大事ではあるけれども、

社会を生き抜く力の習得、母としてはそれが一番の望みなのです。

何か苦しいことがあって、そこから立ち直ること、

それが良い経験になりますように。


上子ちゃん、お母さんはいつでも味方します。

何か言いたくなったら言いなさい。言いたくなければ言わなくていい。

お正月に会えるのを楽しみにしてるよ~ん。


↓塗り絵塗りました。

塗り絵

    
    明日からはネット環境がどうなるかわからず、更新できるかわかりませ~ん。

    下子のパソコンを借りて、何とか頑張ってみま~す。

    できるかな~??



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/16 16:17 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

お母さん、ごめんなさい

 「お母さん、ごめんなさい」 


電話口で下子が言うのです。悲し気な声で。

アタシは思いました。

そりゃそうだ。遠くの大学に進学しただけでも、親は大変心配している。

しかも、今回、引っ越しするに際しても、お金や手間、いろいろと親に負担をかけている。

冬の北海道の引っ越しだぞ。ほい。彼女は親に悪いと思ったのだろう・・・。

親を思いやる気持ち、

やっとやっと、そんな気持ちを持てる子になったのね。うるぅ



そして下子は続けます。

「アタシ、最近忙しくて、お母さんと約束してた

 恋ダンスのマスター、

 正月まで間に合いそうにない。

 ごめんなさい。
 



はあ!  ヽ( ´_`)丿


そうだ、そういえば、お目出たい正月に、一緒に恋ダンスを踊ろうと

上子と下子に、恋ダンスのマスターを命令していたのだった!忘れてた!

下子よ、そこじゃないだろう。親に謝る箇所は!ずれているんだよ君~。

ええ、もちろん言いましたよ。


「ダメ!許さないわ!部活にバイトに自動車学校に忙しいのはわかるけれど、

 恋ダンスは絶対マスターしなさ~い!正月が来ませ~ん!」


思えば、彼女は、アタシに似て、ずれているのです。

あれこれ、いろんなことに対して。


例えばですね、彼女、いよいよ家から出て、北海道に旅立つという高校三年生の冬、

夕食時に言ったことがありました。

「お母さん、アタシ、今までお母さんに言いたくても言えないことがあったんだよ」

深刻そうなそぶりに、何事かと身構えたアタシでしたよ。

なんて言ったと思いますぅ?

「お母さんは、夕食に、よくシチューと納豆の組み合わせを出してたよね。

 シチューと納豆は、超合わないと思うよ。今までずっと思ってた。

 小学生のころからずっと思ってたけど言えなかった!

 もうすぐ北海道に行くから、言うなら今しかないと思って、言ったよ!」

そうですか・・・・。そんなことを、このタイミングで言うわけね。ははは。

もちろん言いましたよ。

「そりゃあ気が付かなくて悪かったね。今度から気を付けるよ。

 でも下子ちゃん!言えて良かったね!成長だね!」

下子は満足げに微笑んでいましたが、アタシは、心の中で、

ええいそれなら、シチューにサンマの塩焼きを

付けてみよう、いひひ、

な~んていたずらを考えてたのでした。。


と、その下子の引っ越しのため、明日、北海道へ飛びます。

下子は、ブログのネタになることを沢山やらかしてくれることでしょう。

あんな風に育てようと育てたわけじゃないのに、

子供の成長とは不可思議なものよのぉ。

運動系の部活に加え、最近は自動車学校に通い始め、更にバイトまで始めている下子。

期待してますよ~。そのズレっぷりを。はははは。

(彼女に言わせると、母親のアタシの方が変わってるらしいけどさ)





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/16 14:42 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

伯母の退院

 体調を崩して入院していた伯母が、ちょびっと回復し、退院したとの電話連絡を母からもらいました。母は言います。
「E子ちゃん(伯母の名)、退院したとは言え、あの体ではもう旅行なんて無理だべな。あんなに網走旅行に行きたがってたのに」
「そういえば、E子ちゃんが旅行したなんて聞いたことないね。旅行したことないのかな?あ、でも、長く正社員で働いていたもの。社員旅行くらいは行ったことあるかな」
 アタシがそういうと、母は鼻で笑って答えました。
「社員旅行なんてとんでもない。じいちゃん(伯母の父、アタシの祖父)と、ばあちゃん(伯母の母、アタシの祖母)が許すわけないよ。厳しかったから」
 
 母はウソつきなので、話半分に聞いてちょうどいいくらいなのですが、この言葉は納得できました。母や伯母から聞く、祖父と祖母は厳しく冷たく、子供たちへの冷徹な行動は背筋が寒くなるほどなのです。
 例えば、母がアタシを妊娠中に父が失踪してしまった時の事です。困りに困った母が実家を頼ろうと連絡すると、一切の援助を断ってきたそうです。お腹に赤ちゃんがいて、一文無しで、知り合いのまったくいない東京で、娘が困り切っているというのに、知らんぷりです。母は、父の実家に身を寄せることになります。
 だから、祖父と祖母が、E子ちゃんを社員旅行にも行かせないという厳しさも想像できます。きっと、E子ちゃんだけじゃない、母に対してもそうしたのでしょう。母も、社員旅行に行ったことはないのでしょう。

 アタシが高校生のころ、母は、アタシが修学旅行に行きたいというのに激怒しました。周りの友達は全員行くという大イベントでも、「身分をわきまえろ」と𠮟りつけました。結局、大喧嘩の末、なんとかかんとか、旅行に行けたのですが、あの時のつらさは忘れられません。旅行に行きたかったわけではなく、自分一人だけ行けないことが、友達に対して恥ずかしかったのです。先生に「母が修学旅行のお金を出してくれませんから行けません」と言えなかったのです。母に修学旅行の積立金(毎月数千円ずつ、現金で先生に提出していた)を「これで満足か!」と、投げつけられたのを覚えています。
 母は、自分がそうされたように、アタシに接したのでしょうか。娘が旅行なんて、身分をわきまえていないってこと?

 それだけじゃなく、母はアタシに対して冷たく、それは、母の祖父祖母からの育てられ方からも大きな影響を受けていたのかもしれない、アタシはそう思いました。

 祖父は満州開拓から引き揚げてきた人です。命からがら日本に逃げ帰ったあとの生活は、貧乏を極めたようです。もしも裕福だったなら、娘たち(伯母と母)にももっと違う接し方ができたのではないかと思います。今生きる術、衣食住で必死。そこでの価値観がずっと続いていたのでしょうか。

 母の育てられ方がどうだったにせよ、アタシが母から受けた仕打ちの数々は忘れることはないでしょう。恨む気持ちは、もう、アタシの核の一部分になっています。もう、それ自体、アタシなのです。この人生経験、ダークな感情は、時間とともに太っていくようにも思えます。ツライです。ツライですが、これを活かせないかと思うのです。アタシの人間性の中で。模索中です。もう数十年ずっとなのですが、模索中です。
 
 さて、明日、北海道に出かけます。10日ほど滞在します。
 病後、自宅療養している伯母に、何か北海道の美味しいものを送ろうと思っています。
 母にも、きっと送ると思います。
 伯母には、、、元気出してもらいたいと思うから。
 母には、、、きっと、あかりが立派にやってるって見栄を張りたいから。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/16 12:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

コッパパンなのね

なんということでしょう。近所の小学校で、今、あの、世界の大スター、


ダース・ベイダー様のテーマソング

(いわゆる帝国のマーチ)






の替え歌



が流行っているそうなのです!

ママ友の情報によると、多くの小学生たちが元気な声でそれを歌いながら

日々通学しているようなのです。

気になる歌詞はというと、、、


 ♪伝説のコッペパン♪コッペパン♪ 

 ♪幻のリンゴジューゥスゥー♪ 


おおお、アタシは、この現象が近所だけのものなのか、ネットで調べてみました。

すると、なななあああんと、全国的に伝統的な替え歌が存在しているようなのです!

しかし歌詞がちびっと違う。全国的伝統的な歌詞はというと!


 ♪牛乳とコッペパン♪コッペパン♪ 

 ♪牛乳とコッペパン♪コッペパン♪ 





近所の小学生たちが勝手に、伝統的歌詞を変えて歌っているのか、

それとも、地方ごとに歌詞を変えて歌うのが普通なのか、

気になる・・・(・Д・)ノ


皆様のお住いの地域では、どうですか~!


アタシなら、、、こう歌うわね。(^◇^)

 ♪仮面でコッペパン♪コッペパン♪ 

 ♪食べにくそう♪コッペパン♪ 


                   ダース・ベイダー様はコッペパンをお好きかしら~☆




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/15 10:17 ] 思いつき | TB(0) | CM(2)

N子さんとエラリークイーン

昨日は、読み聞かせ仲間のN子さんが、我が家に遊びに来てくれました☆

N子さんは10歳くらい年下なのですが、読み聞かせではアタシよりず~っとベテラン。


読み聞かせ活動の中で、選書のアドバイスをしてくださったり、

紙芝居の舞台の設置を手伝ってくださったり、

いつも親切にアタシを助けてくださいます。

大大感謝しているところなのですが、家に遊びにまで来てくださって、嬉しい限り。


読み聞かせの話や、N子さんのお子さん(小学生)の子育ての話、

最近読んだ本の話、映画の話、、たくさんお喋りできました。


その中で「達成感と挫折」って話になりました。

N子さんは言います。

「オリンピック見てて思ったの。
 
 私、特に何かを頑張って人生おくってこなかった。

 いつも、ゆるゆるっと生きてきた。

 だから達成したことも挫折したこともないの。こんなんでいいのかな~」

きちんと子育てされているのに~そんな~!十分頑張ってるよ~!

N子さんのようなお母さんを持って、お子さんは幸せですよ~!

読み聞かせ活動も熱心にされてて尊敬してますよ~!達成してます~!


でも、「挫折」については、、、自分のことを思っちゃいました。

アタシは数年前に職場を去らなければならなくなり、仕事を辞め、

その時は挫折感でいっぱいだったけれど、それはそれで、一つの経験になったのかなって。

あの時の屈辱感、今でも夢に見る悔しさ、運命を受け入れるのに時間がかかったけれど。


人それぞれ、いろんなことを思い、日々を過ごしているのですね・・・(´・ω・`)


さて、N子さんとアタシは、普段から

「アタシたち、どっちも読書と映画が好きだけど、好きな傾向が違うね。

趣味が合わないね~好きな作家とか映画のジャンルとか違う~」

な~んて言ってたのですが、今日、ゆっくり話していたら、なななんと、

互いに本格推理小説が好きだということを発見しました!お~!

人と人、意外な共通点があるものね。面白い。


N子さんが、エラリークイーンを読み返したいなんて言うもので、

家にあるうちの数冊をお貸ししちゃいました☆

エラリークイーン


アタシも読み返そうかな、

読者への挑戦状、受けて立つ!な~んちゃって。

読者への挑戦状






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/14 17:41 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

飛んでくれ飛行機

引っ越しすることが決まりました。


アタシじゃなくて、、、、北海道に住む下子(娘)が!

昨日のコメ返でも言いましたが・・


冬の引っ越しは寒くて大変と、まりんさんからアドバイスをいただき、

アタシは下子に、「春まで待て」と言っていたのに、

今のところより家賃が安く、しかも学校に近い物件を見つけてきた下子は、

お父さん(夫)と相談して、今週末に引っ越すことに決めてしまったのだよ!


だもんで、アタシと夫は、各種手配にアワワワワでございます。

賃貸契約とか、敷金契約金の支払いとか、

アタシと夫が北海道に行く飛行機の手配

(本人だけに任せておけない夫が、俺たちも行くと言ってきかない) とか、

もぉ!


アタシの計画では、北海道へは夏に行き、

寒い冬は、上子が住む関東へ遊びに行こうと思っていたのに、

なんでこんな、さむ~い時期に北海道へ行くことになってんだよ~わ~。


と、今週末の引っ越しに伴い、アタクシ、それからしばらく、

北海道に滞在することにしました。 寒いだろうな~ひえ~。


ああ、飛行機は飛ぶんだろうか。飛んでくれ。頼む。


    なんだかんだ言ってますが、北海道に行くのは楽しみであります。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/13 15:25 ] 出来事 | TB(0) | CM(11)

阿梅と大八

地元では、真田幸村の子の阿梅と大八を、

伊達家でかくまったのは有名な話なのですが、

まさかNHK大河「真田丸」でとりあげてくださるとは、

嬉しい限りです。

阿梅は、後年、伊達家の重臣、2代目片倉小十郎の後妻になり、

大八は、片倉守信として仙台藩士になります。


幸村の子女を、伊達家でかくまっていると知った徳川方から、

「女は許すが、男の大八は殺せ」と、当初命令されます。

伊達家は

「大八は転んで、その拍子にたまたまそこにあった大きな石に

 頭を強く打ち付け、死んだ」

とウソの報告をし、片倉姓を名乗らせて、ひそかに養育したと言われています。

地元では、徳川もウソを見抜いていたけれど、だまされたふりをしたくれたという

説が有力です。


転んで頭ぶって死んだなて、わざどらしいウソばわからねわげねぇべな。

わがてて見逃してけっだなよ。武士の情けだなや。  ←勝手な憶測?


  大石の件は地元でそう伝えられているだけで、ホントかはわからず。悪しからず。

  

近所にも、また、娘たちの友達にも、「片倉」という名字の人が沢山います。

あの人もこの人も、もしかして末裔?な~んて考えるのも面白いです。


そして、

大河では、伊達政宗が、阿梅と大八に、ずんだ餅を勧めていました!

これで、ずんだ餅も全国区となっちゃうかしら~ありがとう、三谷幸喜さん。

心疲れた時に、甘い餅。元気が出たことでしょう。さすが伊達男よ・・・ううう。


大河ドラマも、次が最終回。

楽しみがなくなっちゃうなあ。寂しいです。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/12 15:49 ] テレビ | TB(0) | CM(6)

女優気分

昨日スポーツクラブから家に戻ると、居間に夕日が差し込んでいました。

それはとても綺麗で、まるでスポットライトがアタシを迎えてくれているようでした。

アタシ、舞台女優?


持病の治療注射のために、憂鬱感に襲われることも多いここ数か月でした。

でも、こんなアホなことを考えられるようになったのだから、回復したってことでしょう。

おめでたいです。

おめでたいアタシです。


西日を感じながら、夕ご飯をつくりました。

夕日



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/10 11:16 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

堀江貴文「刑務所なう」

堀江貴文さん著「刑務所なう」を読んでいる。

o02070300519bdypzgyl__sl300_.jpg


刑務所内の生活の様子がとても興味深い。

特に、日々の給食の説明が面白い。


たとえば、

6月25日の夕食。

   麦飯に鶏肉と野菜のあんかけ風スープ、

   高野豆腐炒めとザーサイ、そして缶詰のみかん(もちろん缶からは出してある)

缶詰のみかんが缶から出してあることを説明するあたり、刑務所内の雰囲気が

よく出ているように思う。そりゃあ、受刑者一人一人に缶切りを渡すことはないだろう・・・。


7月7日の夕食

 コッペパンにフランクフルト、マカロニサラダ、イチゴジャム、マーガリン、コーヒー牛乳

なんだか朝ごはんのような夕ご飯である。でもコーヒー牛乳とは美味しそう。

アタシも好きだったな、給食のコーヒー牛乳。

白い牛乳に、コーヒー牛乳の素の粉を入れるやつ★ 
  


また、よくわからない記述もある。

7月22日の朝食。

 麦飯、白身フライタルタルソース、南瓜のミルク煮、風味和え

なんだ!風味和えというのは!わからない。何かを和えているのか?


8月19日の夕食

  麦飯、ミルク肉じゃが、おひたし、揚げギョーザ

ミルク肉じゃがって、、、肉じゃがに牛乳をかけてあるのだろうか。

それに、おひたしって、何のおひたしなのかわからない。 


9月17日の夕食

  麦飯、さば味噌煮、変わり金平、野菜汁

何か変わっているんだ、金平!

そして野菜汁とは!野菜汁ということは野菜スープとは違うのか!


給食献立表があって、それを堀井さんが写し書いているのか、それとも、

ご自分で食べるものの説明を記述されているのか、わからないけれど、

この「よくわからない」「あいまい」な感じ、「伝わらない」感じ、

非常にアタシは好ましく思った。


きっと、この本に書いてあることは、刑務所生活全体の中の

一部分なんだろう、この本を読んでも、ほとんどの部分はわからないんだろう、

そう思うし、だから食事も、そんなんだろう。伝わらないだろう。想像するしかない。


はい、わからないことがわかりました。


ちなみに12月22日の昼ごはんにはショートケーキが付いていましたそうで。

「ケーキは1ピースであるが

 チョコレートのプレートと砂糖で出来たサンタさん付という豪華版。


 ちゃんと一人一人にサンタが付いているとは芸が細かい」

と堀江さんは書いていらっしゃいました。

一人にひとつのサンタさん、受刑者の方々は何を思ったかな。


では、続きを読みまする。

わからないことを。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2016/12/09 10:25 ] | TB(0) | CM(6)

村田紗耶香「コンビニ人間」

大笑いしました。

村田紗耶香氏著「コンビニ人間」を読んで。

715eQT0YZqL.jpg


言わずと知れた芥川賞受賞作品、それを読んで笑うとは、

崇高なげ~じゅつがわかんないのかアタシは!

とも思いましたが、あの山田詠美巨匠も

「十年以上選考委員を務めてきて、候補作を読んで笑ったのは初めてだった」

とおっしゃってるし、笑っていいのね。ほっ。

それに、山田詠美さまと一緒なんで嬉しいじゃあないの。  大好きよ~ん。



↓ちょっとだけあらすじ。

主人公は、ちょっと変わった38歳女性、恵子さん。

子どもころから「変」でした。

公園で死んでいる小鳥を見て「これ食べよう」と言ってしまい、周りにドン引きされたり。

教室で怒り狂う女性教師に、同級生たちが「やめて」と泣き出すと

なら教師を黙らせようと、走り寄ってスカートとパンツを勢いよく下ろしたり。

一般的な感情も行動も、彼女にとっては理解不能なのです。


でも、そんな彼女も、コンビニのマニュアル化された仕事をすることでだけ、

「世界の正常な部品」と自分を認識できます。

マニュアルどおりに動くのが楽なのでしょうか。

「朝になれば、また私は店員になり、世界の歯車になれる。

そのことだけが、私を正常な人間にしているのだった」

なのです。


順調なコンビニバイト生活でしたが、年をとるにつれ、

正社員として働かないし結婚もしないことで、

まわりから偏見の目で見られるようになります。

そこで彼女のとった行動は・・・。


と、ここからが笑えるんです。

ああ、どう笑えるか書きたい・・・

でも、小説を読まないとわかってもらえない気がする・・・


読んでみてくださ~い☆

アナタは笑うでしょうか。どうかしら。。

      恵子さんと、最低男の会話が面白いよ。


そしてラストも、なんとも言えず絶妙なのです。

このラストで、アタシはこう思うのか!と、

この年で自分を発見した気分になりました。


社会に適合できない主人公がとった行動と、

その経験から得ていく確信は、

物語りのラストの盛り上がりの中で、とても奇妙です。


一般的には、受け入れられないでしょう。


でも、常識としては気持ち悪いのですが、

それを、笑いの中で認めていく読者の自分がいたのです。


世の中に迎合するためにコンビニで働いていたはずなのに、

実は・・そうなっちゃってたのね。


いいんだよ。好きに生きて。好きに思って。

良かったね~。ああ、清々しい。奇妙だけど、清々しい。


ラストはきっと、人それぞれ、感想が違うだろうと思います。

またそれもいいんだわよ。

読者を一つの方向にもっていくんじゃなくて、多方面へと散り散りに放り投げる感じ。

爽快です。


おススメよ~!





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2016/12/08 17:11 ] | TB(0) | CM(6)

図書貸出

公民館にある図書室の貸出係ボランティアに登録しました。

月に1~2度、数時間ずつ、貸出係おばさんをする予定です。

こないだ、打ち合わせ会合に出席してきました。

DSC_0002.jpg


登録し、貸出ボランティアをされている方は、、、20人くらいいるのかな?

みなさんベテランです。アタシは新人。

貸出や、新規登録などの手続きの仕方を、会合の際に、親切丁寧に教えてもらいました。


小さな図書室だし、借りる人も地域の方だけです。

でも、本に囲まれる時間を持てること、また、地域の人とのちょびっと交流が出来ること、

アタシにとっては、人生の中の、新しい貴重な経験になるんじゃないかと期待しています。

新しい経験を吸収して、新しい自分をつくることができるでしょうか?


年を取り、体が衰えて、若いころには安々とできたことが、出来なくなってきている自分。

でも未来に期待する気持ちは、忘れないでいたいです。


今日は、貸出係のみんなが集まっての忘年会があり、呼んでいただきました。

まだ、一度も仕事していないのに、申し訳ないことです。

ああ、楽しみ。

ええ、酔って暴れたり、からんだり、泣いたりしませんですことよ。たぶん。おほほほほ。


↓塗り絵塗りました。
塗り絵1



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/06 09:59 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

絵本「ヤクーバとライオン 1 勇気」

今日は久しぶりに絵本の読み聞かせに行ってきました。

今回は、対象が高学年ということもあり、ちょっと重いお話のコレ。


「ヤクーバとライオン⒈勇気」

51dhN244JZL.jpg


アフリカの奥地の小さな村で暮らす、少年のヤクーバ。

この村では、子供から大人になったと証明するには、

ライオンと一人で戦って倒さなければならない

ヤクーバも年ごろになり、ライオンを倒すために出かけていく。

そこで、一匹のライオンを見つけた。

ライオンは夜通し手ごわい敵と戦って、力が尽き果てていた。

ヤクーバとライオン2


ライオンの目は語りかけてくる。

「おまえには、二つの道がある。

 わしを殺せば立派な男になったと言われるだろう。

 それは本当の名誉なのか。

 もう一つの道は、殺さないことだ。

 そうすれば、おまえは本当に気高い心を持った人間になれる。

 だが、そのときは、仲間はずれにされるだろう。

 どちらの道を選ぶか、それはお前が考えることだ」

ヤクーバは、殺さないことを選ぶ・・・。そして村に帰ると・・。

ヤクーバとライオン1



たとえ人から評価を貰えなくなっても、自分の信じた道を選ぶヤクーバ

子供たちに、何かを考えてもらえたらと、心をこめて読みました。


高学年の選書は難しいです。

高学年用の図書は、説教臭い、というと語弊があるけれど、

一つの価値観が前面に出た内容のものも多くて

     (アタシの知識が乏しいから知らないだけかもしれないけれど

でも、そういうの、アタシは、あまり好みじゃないのですよ。


自分が楽しめない本を読んでも、聞き手に伝わらないと考え、

自分の好きな内容のものを、探します。


だから、どうとでも考えられる、

子供の何かを刺激して、想像を促せるような内容を、と頑張って探します。


この本も、ヤクーバの決断が良かったのか悪かったのか、

自分だったらどうするか、あれこれ思ってくれたらと思いました。


仲間はずれにされることを承知で、ライオンを殺さないこと。

それは、とても立派なことです。


でも、小さな村でのヤクーバの生活は、どうなってしまうのでしょうか。

絵本では、ヤクーバがライオンを殺さなかったことで、

村の牛がライオンに襲われることはなくなったと、終わっていますが、

ヤクーバは一生、男になったとはみなされないのは変わりません。

ヤクーバの両親は、どんなに心配することでしょう。


子どもたちは、熱心に聞いてくれていました。

ありがたいことです。   みんな良い子だねぇ・・・。おばさんは嬉しい。

一緒に聞いていたクラス担任の先生にも褒めてもらえました。

「とても良かったです」   一言。


読んでいる最中、アタシは、ちゃっかり先生の顔をチェックしていました。

周りの子どもたちよりも感動しているような表情をしていらっしゃいました。

やったね!素直に喜ぼう!社交辞令なんかじゃないサ!

一生懸命練習したのだもの。うふふ~。


読み聞かせ後は、仲間たちと、今後の活動の打ち合わせをしました。

気の合う仲間たちとの話し合いは、とても楽しいです。

↓ランチにまで一緒に行ってしまいました。
ハンバーグランチ


さ~て、次は低学年担当なのだ。またまた選書&読みの練習、頑張るぞ~!



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2016/12/02 15:41 ] 絵本 | TB(0) | CM(8)