fc2ブログ

未来への期待

今日も、朗読教室のあとに、朗読仲間数人とランチとなりました。

誘ってくれる人がいて、感謝です。

こないだの朗読教室お茶会は、おばちゃんマダムだけの数名だったんだけれど、

今日は、男性も含め、若者も含め、大勢となりました。

Sちゃんが先生をも誘ってくれたけれど、先生は多忙のため×(バツ)。残念!


賑やかなランチ会は、、

夢を目指す若者を励まし、演劇の台本つくりに悩む舞台人を慰め、

朗読に関する情報交換もあり、お勧め本や映画や、お芝居の話もあり、で、

充実したものになりました。

この人たちと出会えるなんて、アタシはなんてラッキーなんでしょうか。


おススメしてもらったお陰様で、またまた、読むべき本、観るべき映画、お芝居、が

増えました。メモがはちきれそう。

自分のなかの、自分でも気が付かなかった個性を、

それらはもしかしたら、刺激してくれるかもしれない。

数々の未来の経験に期待するアタシです。わくわくします。


今年も、庭の千代萩と芍薬が咲きました。

20170530仙台萩と芍薬
↑紫が千代萩。白が芍薬。

20170530芍薬
↑真っ白で、触ると、まるで崩れそうな、とても柔らかい花びらをしています。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/30 15:27 ] 朗読 | TB(0) | CM(12)

佐野史郎さん 講演&朗読会

俳優、佐野史郎さんの講演&朗読会 に、妹に誘われて一緒に行ってきました。

佐野史郎さん講演会

こないだ、代表作の伝説ドラマ「ずっとあなたが好きだった」

ずっと10001649_h_pc_l

を、一気に全話見たばかりです。ま~なんて縁があるのかしら。

偶然です。   その記事はこちら → きたあかり日記 2017年3月12日号


「四半世紀を過ぎてなお、いまだに冬彦さんのイメージが強い。

 もし自分が死んだら、翌日のワイドショーには、木馬に乗った冬彦さんの

 映像が使われるだろう。とほほ」

冬彦さんo0641096013468677025

佐野さん、そんなユーモアを交えたお話で、会場を沸かせながら、

「でも、多くの人に観てもらえた作品に出演できて幸運だった」

と、静かにおっしゃるあたり、ステキでした。


講演会は、礼拝堂でありました。

佐野史郎さん講演会会場


お話は、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の話へと進んでいきました。

佐野史郎さんは、故郷の松江ゆかり の作家ということで、

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)に親しみ、

その作品の朗読をライフワークにされているとか。


アイルランド人のお父さんと、ギリシャ人のお母さんとの間に生まれた

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、両親の不幸な離婚のあと、

大叔母に引き取られるものの、その大叔母も破産&死去。

19歳でアメリカにわたり、新聞記者となります。

そして出版社の通信員として来日後、日本文化に傾倒し、

日本で英語教師として教鞭を執るようになります。

日本人のセツさんと結婚し、日本人への英語教育に尽力するようになった彼は、

日本に住みながら、欧米に日本文化を紹介していきます。


以上は、佐野さんが講演会場でお話してくださった、

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の経歴でした。

経歴を少し分かったうえでの、佐野史郎さんの朗読は、

興味深く面白く感じられました。

それは、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)のエッセイで

「つゆのひとしずく」。

「書斎の窓の竹格子に、ひとしずくの露の玉が震えながらかかっている。
その小さな球面には、朝の色――空と野と遠くの樹木の色が映っている。その逆さの像がそのなかに見える。――また、戸口のまえで子供たちが遊んでいる小さな家が、顕微鏡に映った像のように見える。
目に見える世界以上のものが、そのひとしずくの露に映し出される。目に見えない世界、無限の神秘の世界もおなじように、そのうちに映し出される。そして、そのひとしずくの内にも外にも、絶えざる運動――原子と力との永久に不可解な運動があり、また空気と日光とに触れて虹色の光をはなつ微かな戦慄がある。」


とても難しい文章で、一度聞いただけでは、

その意味も、自分の感想も、書けそうにもありませんが、

ただ、”つゆ” も ”人間の存在” も” 人間の個性” も、

宇宙と言う大きな存在から見れば、変わらない同じようなもの、と

言っている気がしました。

   怖い小説、怪奇っていうのかなあ、そんなのともつながっていくのかしら??


佐野史郎さんは、迫力ある厳しい声で、強く朗読されていました。

アタシは、その同じ文章を、女性の柔らかい声で優しく読んだら

また違った面白さがある気がして、朗読してみたいと、無謀にも思いました。


う~ん、良い講演&朗読会だったなぁ。

朗読の勉強になったなあ。


と、そこで終わらないのが、アタシと妹の珍道中です。


十分堪能したアタシと妹は、休憩ということで少しだけカフェでお茶を飲み、

さて帰ろうと、会場から出ようとしたら、なんとそこに、主催者関係者が

背広を着てずらりと並び、一台の

ボロな軽自動車 経年劣化が趣のある小さな乗用車を見送っていたのです。


「おお。これは、佐野史郎さんをお見送り しているに違いない!」


そう思ったアタシと妹は、その自動車に近寄ってみました。

乗り込んだのは、佐野史郎さんじゃありませんでした。


「な~んだ、違ったよん。そ~だよね。

 佐野史郎さんみたいな、都会の大芸能人が、あんな

 ボロな軽自動車 経年劣化が趣のある小さな乗用車に乗らないよね~」


そう大声で言ったアタシと妹は、遠ざかろうとしましたが、

その時よ~く後部座席を見ると!なんと!

そこに佐野史郎さんが乗っていらっしゃるではないか!


わ~! 


ミーハーなアタシと妹は、突然態度を変え、車の中の佐野さんに

「きゃ~佐野さ~ん💛」 

と手を振ったのでした。佐野さんは、笑顔で会釈してくださいました。

ほんと、良い人だなあ。


見送ったあと、

「あれこれ言ったの、聞こえちゃったかなあ」

と、妹と二人、大笑い してしまいました。あはは。


いやあ、勉強にもなり、大笑いもして、波乱万丈な一日でした。

佐野さんが、”つゆのひとしずく”となって、そこにいそうです。こわっ☆




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/29 16:19 ] 出来事 | TB(0) | CM(18)

うまくいかない大人の塗り絵

大人の塗り絵 ジョハンナ・バスフォードさんの「Secret Garden」

Secret Garden 本

に、SEKAIDOの君から頂いた水彩色鉛筆で塗ってみたら、

大失敗でした。

「Secret Garden」の紙、水彩色鉛筆に耐えうる紙質じゃないんですね・・。

水を含ませた筆を乗せると・・・紙がブヨブヨに・・・・。

次のページまで、ブヨブヨに・・。

しかも、一回水を乗せてから乾いてしまうと、もう一度水を乗せても、

溶けなくなってしまう。


うまくいかない


うまくいかない2


頑張って頑張って塗ったモノが、見事に大失敗だと、凹みます・・・。

SEKAIDOの君に申し訳ない・・。ごめんね。


そんな時に目につくのは、目をかけて育てているパクチーの元気がない姿。

うまくいかないパクチー


ああ、無情。

でも、、、


でもここで負けたら、東北女の名がスタルわ!


塗り絵、やめないわよ。負けるもんですか。ど根性よ。

これを教訓に、次へと活かします。

趣味って、上手くいかないときこそ、次へ伸びるチャンスと思って、

続けることですよね。

そうすれば、もしかしたら、上達していくことにつながるかも。

ま、負け惜しみじゃないわよ!ふん!


さっき、水彩色鉛筆の水筆に耐えうる紙質の本を買ってきた!

さ~塗るぞ~!        諦めの悪いアタシである。

                  人生にだって美貌にだってあきらめていないもんね~ふんっ

                  パクチーに肥料あげようっと。ららら~  ←陽気




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/27 08:29 ] 大人の塗り絵 | TB(0) | CM(12)

大人の塗り絵を塗る部屋

進学のため遠くへ引っ越して、めったに帰ってこない下の娘の部屋の

彼女の机を、アタシの「大人の塗り絵」作業のために奪取しました。

塗り絵スペース
ちゃんと、下子の許可をとりましたよ。


今まで、塗り絵は、一階の和室で塗ってたんだけれど、

そこは日当たりが良すぎて暑いんだも~ん。

これからの季節、快適に塗るために、二階の北側にある、

下の娘の部屋に目を付けたわけです。


下の娘の部屋は、騒々しい道路からは遠く、裏には何もなく、

ひっそりと静かだという事に気が付きました。


ちっちゃな家なんだけど、下の娘の部屋だけ、なんだか遠く隔絶された感じがしますし。

廊下の奥にあるからかなあ。


こんな寂しい部屋にいたんだなあ、彼女は。


今、遠くに暮らす下の娘、実は一緒に暮らしていたときも、気持ちは遠くにいたのかもと

思わされました。



それはそれで、良いとも悪いとも、アタシには思えず、

ただ、今現在、そう感じる自分だけを感じました。

そんな自分のことも、良いとも悪いとも思えず、だからどうだということもなく、

塗り絵を塗りました。


大人の塗り絵 ジョハンナ・バスフォード 秘密の花園 東屋のある庭

背景を塗ろうかどうしようか、塗るとしたらどう塗ろうか、考え中です。

どうしたら”良いと思える”ようになるかな?




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/26 09:28 ] 大人の塗り絵 | TB(0) | CM(11)

映画「淵に立つ」 感想

暗いっす。

暗く悲しく、おも~い気分になりたい人にはオススメです。

映画「淵に立つ」


淵に立つ


↓ これから観ようと思う、暗い映画が好きな方は、読まない方がいいと思う

  ネタバレ含む感想です。

   先入観無く、観たほうが良い映画と思われます。  偉そうでゴメンヨ( ̄^ ̄)ゞ



小さな町工場を営むお父さん(古舘 寛治)と、その妻(筒井 真理子)

そして小学生の一人娘(篠川 桃音)は、平凡に普通に暮らしていました。

そこに、ある日、お父さんの古い知人である八坂(浅野忠信)が訪ねてきます。

お父さんは、お母さんになんの相談もなしに、その知人を従業員として

住み込みで雇うと言い出します。戸惑うお母さんでしたが、

段々と打ち解けていきます。娘もなついていきます。

過去に人を殺したことがあり、服役していた・・そんな八坂の告白を聞いても

お母さんは、かえって、八坂に惹かれていきます。

八坂とお母さんの関係は微妙になっていき、男と女としての親しさを増し、、、

すると八坂の凶暴な本性が徐々に現れてきます。

そして、あるきっかけで、八坂は牙をむきます。その牙の向かう先は・・。

淵に立つ2


家族といえども、自分のすべてをさらけ出しているわけではないけれど、

言わなくちゃいけないことは、言うべきだわよ。

そう思って観ていたアタシ。

この物語では、お父さんの衝撃の告白のあと、

ああ、これで家族に救いがある展開になるかしら、と思いきや、

最後の最後で、さらなる絶望へと向かっていくのです。

これからの暗黒を暗示して、物語は終わります。


どんより、くら~くなってしまいました。(。´・(ェ)・)


絶望なら絶望で、すっきり絶望ぉ~で、すっきり映画を観終われれば、

まあ、自分では納得も出来そうな気もするけれど、

アタクシ、このお父さんの描き方が不満でして、気持ち悪いです。


浅野忠信演じる八坂の不気味さ、

その存在感はバリバリ画面から伝わってくるんだけれど、

お父さんのソレがよくわかんないのです。


過去に傷を持つ、病的で陰のあるっていう人のようでもあり、

平凡な、普通のお父さんのようでもあり、中途半端なのです。

中途半端なら中途半端なんだよ、と、わからせてほしいけれど、そうでもなく・・・?


ああ、後味の悪い映画でした。ああ、あかるくなれる映画を観たい・・・(´・ω・`)




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2017/05/25 09:27 ] 映画 | TB(0) | CM(12)

道場破りが来た!

アタシの通っている某朗読教室に、なななあんと!

プロが習いにやってきた!

        どこかのお店で、お金を貰って朗読しているというんだから、プロでしょ!


こ、これは、いわゆる

道場破り というやつか!  たのも~


頑張れ先生!アタシは先生の味方だ!先生の朗読は、にほんい・・・


と思ったらそうではなく、(;゜0゜)

ただ単に、いろいろな先生のいろいろな指導を経験したい、技を磨きたい、という、

真摯で真面目な朗読への取り組みから、いらしたとのことでした。

もちろん、先生は、親切丁寧に、ご自分のスタイルで教えていらっしゃいました。

               ゴメン(´・ω・`)    アタシの邪心に 喝!



しかし、いろんな人が来るなあ。

朗読教室、生徒が増えて増えて、バラエティに富んだメンバーになっています。


たとえば、俳優を目指している若い人。

彼女は、ここの朗読教室だけじゃなくて、他にもいろんなレッスンを受けているそう。

夢に向かって努力に努力を重ねている姿勢に、

「いつかきっと!」と、応援したくなります。


それから、地方の素人劇団の演出兼役者をやってる人。

その劇団の新たな方向性を模索するために、朗読の世界を体験したかったそう。

その向上心に頭が下がります。


今日は、指導の後、数人の女性を誘って、お茶してみました。

   オトコは入れないわよ。ふふ。スカート履いたら入れてあげるぅ。


話してみると、ほんの少しだけど、これまで生きてきた彼女たちの個々の歴史、

というと大げさだけど、人生の状況を知ることが出来て、

それは本当に、人それぞれで、抱えている過去の大きな苦しみなどもあり、

考えさせられることが多かったです。

    抱えて抱えて、ここに来てるんだなあ。。。


朗読教室を通して、知り合えた、このご縁を大切にしたいと思いました。


朗読教室、先生の御病気など、様々なことがあり、やめちゃおうかと

思ったこともあったけれど、続けられたこと、感謝して、

また先の、未知の世界に進みたいです。


未来への希望にあふれた仲間たちに影響されました。

アタシ、すぐに人の影響をうけます。

れ、れんしゅう しなくちゃ。


家のミニバラ、一輪咲きました。

ミニバラ咲いてきた




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/23 16:09 ] 朗読 | TB(0) | CM(12)

宮本輝「泥の河」 感想

こないだ、NHKの SWITCHインタビュー達人たち って番組を見ていたら

作家の宮本輝さんが出演してまして。

宮本輝

アタシは驚いたね。だって、口元がアタシそっくりなんだもの。

アタシ、かなりの  へ の字 口 で、コンプレックス~なんですよ。

でも、テレビで宮本輝さんの へ の字 口を見ていたら、なんとチャーミングなことか!

その お口から次々と発せられる言葉の、なんと面白いことか!

へ の字 口 、悪くないなあ。ふっ。


ということで、宮本輝さんの代表作「泥の河」を読んでみました。

なんちゅ~動機なんでしょう。ちゅ~

泥の河_


SWITCHインタビュー達人たち で、宮本輝さんは


「書きたいことを 書かずに 書く」  、

余白で魅せる」

余白がないと、隙間がなくなって、観客(読者もか?)の心が入っていけなくなる」


そう おっしゃってました。

それは、いわゆる 行間を読む(読ませる)ということかと、アタシは

テレビを見ていて思いました。

確か、同じ番組で、市村正親さんも、似たようなことを、おっしゃってました。  

「観客の想像力を刺激するのが良い芝居。やりすぎてはイケナイ」


さて、「泥の河」を読んでみては、、、


その通りでした。


読者が、読者の心を思うように動かせるように、というか、

想像できるように書いてあるのです。

その心の動きは、スイスイっと動かせる箇所もありながら、

微妙に動けない箇所もあり、  (言葉にならないんだなあ)

さらには、動きたい、ああ、こう解釈したい、と熱を帯びる箇所もあります。


余白って、なんて気持ちいいの!



「泥の河」、昭和30年代の大阪が舞台です。

端建蔵橋のほとりの うどん屋の息子、8歳の信雄が主人公。

信雄は、ある日、小さな舟の家で暮らす 喜一と知り合います。

「昨日、(港橋の)岸辺に越してきた。

 お母さんとお姉ちゃんと、暮らしている」

そう言う喜一。

同年代の喜一と信雄はすぐに打ち解けます。


当時は、水上生活者が多かったそうです。

お父さんは、戦争の傷が原因で亡くなってしまったという喜一の一家、

お母さんが、その小さな舟で、客を取って生活しています。


ほとんどの人が貧しかった時代。死と隣り合わせのギリギリな暮らし。

その中でも特別に貧しく悲しい、喜一の家の暮らしが、読者の胸を突きます。


そして、喜一や喜一の姉、喜一の母親へ届けられる、

信雄の両親の、あたたかい人情を思わせる描写が、切ない。


うどん屋の客が、喜一の前で言います

「あれっ、こいつ廓舟の子ォと違うか」

「(この子の母親は)パンパンにしては、ええ女らしいで」

信雄のお父ちゃんは言います

「子供の前で、そんな話、せんといてや」

喜一は身構えています。とがった神経を肩口でいからせ。


客が去ると、信雄は、

”喜一の瞳に まだ鈍い光を宿しているカスミのような膜” を振り払いたく、

お父ちゃんに、とっておきの手品をせがみます。

「よっしゃ、きょうは特別サービスや」

お父ちゃんは手品を披露します。

喜一は、手品に夢中になり、目をおおきく見開きます。



その後、ちょっとしたきっかけで、信雄と喜一は仲たがいをしてしまいまして、、

そして、ラストです。


手品の場面では、たぶん、85%くらいの人が同じような感情を持ったと、

アタシは推察するのだけれど、

このラストシーンは、様々な解釈を持てるよう、書かれています。


でも、アタシね、もし、自分たった一人の解釈であったとしても、

そう解釈したいと、鋭くまでも切望してしまったのです。

余白に、強烈に、力いっぱい埋めたくなったのです。

物語りに、まんまと、はまりこんでしまったのでしょう。

ああ、どうしても、そういうことだってことにしたい!


と、この小説を読んだことのない方、どんなラストだったと思いますか?

書かな~い☆  余白のつもり。


                        余白になってな~い。宮本輝さんゴメンナサ~イ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2017/05/22 11:49 ] | TB(0) | CM(12)

どうしちゃったの?

誰かと他愛のないおしゃべりしたいなあ、でも友達いないなあ、とか何とか、

もの悲しい記事を書き、

心優しい訪問者の方々から、あたたかいコメントをいただいて感動していたアタシ。


ま~ボチボチ改善すっかぁと思いながら、特に何も出来ず

(ほら、年も年だから、急に変わるのは無理よ!)

いたのだけれど、どうしたことでしょう。


急に、忙しいほど、いろんな方面からお誘いを受けるようになりました!なんで~?

予定がバッティングして、片方を断ったりしている!びっくり~。

で、そういうときに限って、趣味でやっている絵本読み聞かせ活動が

忙しくなったりしてですね。

練習に練習を重ねて本番に望みますし。

何度も練習すると、不思議なんですよ、本番で楽しく読めるようになるんです。

楽しくなるってわかってるから、バンバン練習するわけです。

読んでるのを録音して、聞いてみて、こうした方がいいなと思うところを確認して、

また読んで録音して、聞いてみて、またまた、工夫すべきところを考え・・・

とやっていると、数時間すぐに経ってしまいます。

    ご近所の人が変に思ってるかも・・・?  うるさくてスミマセン。小声で読みます。


おっと、話はそれたけれど、

あれこれのお誘いを受け、嬉しいです。

    全部、大好きな人からのお誘いなのよ~   注:全員女性  


きっと、優しいブログ訪問者の方が、日本中からこの東北へ、

良い縁のオーラを送ってくださったのでしょう。

感謝です。   もしかして皆様、魔法使い? 

    サリー?サマンサ?ミスターマリック?

    それとも引田天功? あ、あれは イリュージョニストか。でも、魔女っぽいよね~


    

それにしてもアタシ、考えすぎなだけで、実は、

普通くらいのコミュニケーションは取れる人間なのかしら?




え?いい気になるなって?  はい、申し訳ありませ~ん☆

皆様からの貴重なコメントアドバイスを胸に、楽しみま~す。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/19 22:47 ] 出来事 | TB(0) | CM(24)

分からないバジルとサボテン

娘の上子から 誕生日&母の日のプレゼントでもらった

バジル栽培キット、芽を出してくれました。

芽が出るって、なんでこんなに、嬉しい気持ちになるんだろう。

アイスクリームのヘラに、種まき日を書いて挿しておくあたりが、アタシだ。

バジルの芽

見えますか?    ちっちゃいなあ。

大きく育っておくれ。   食うからサ。 いひひひ。

と、どのくらいまで大きくなったら間引きすべきなのか、よく分かんないよ。う~ん。


分かんないと言えば、サボテンちゃんも悩ましい。

サボテンコブ


上子が、進学で家を離れる際、アタシに世話を託していって、

一度植え替えをしてあげたら、スクスクと成長し、

1.5倍くらいに大きくなってくれたのはいいけれど、

写真のとおり、コブみたいのが一杯出てきたの。


これって、子供? どうしたら?   食べられる? ウソ、食べないわよ!


そろそろ、二度目の植え替えをしてあげたいんだけれど、

そん時、コブは取ってあげるべきなの???

わ、わかんない・・・ネットで調べてもわかんない。


君、どうして欲しいかね?

サボテンちゃんは、聞いても答えず。寡黙なヤツ。

ま、いいさ。喋らないところが、植物の良いところ。長所じゃ。


サボテンのコブ、どうしたらいいか ご存知の方、教えてくださ~い☆



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/16 16:41 ] 園芸 | TB(0) | CM(8)

迷っちゃう

20170513サフィニア


今年のサフィニアは、毒々しい真っ赤な色のにしてみました。

少し咲いてきたよ。鉢いっぱい大きく育ちますように☆


で、毎年恒例、バザーの準備会に行ってきたよ。

今年は、いろんな事情から、規模を縮小しての参加ということになってたけれど、

実際集まって話し合ってみたら、いろんな意見が出て、

従来どおり、いや、それ以上の出品になりそうな感じ。

今までは、手作り手芸品だけを販売だったんだけれど、

工作キットを売ろうという案を出された方がいたりして。

今までにないモノを、となると、懸念されるアレコレもあります。

活発な意見交換となりました。

みんな優しいし、大人なので、

メンバーの気持ちを大切にして~の発言で、誰も場を混乱させることは言わないけれども、

やはり、まとめ役の人は、気苦労多いのではないかと思われます。

まとめ役の方に感謝です☆


アタシもアタシなりに貢献したいと思い、たいしたものは出来ないけれど

手作り手芸品、チクチク布製品ですな、アタシが出来るのは

を、今年も頑張ろう!!!

と、考えたんだけれど、、、

メンバーから、それぞれ持ち寄られる布、もう品切れ状態なのよ。

それなら、余り布でできるパッチワークで、巾着とか?と思ったけれど、

みんな気を使ってくれちゃって

「きたあかりさんに、そんな手間をかけさせるのは申し訳ないわ!」

「手間のかかった作品を安く売るわけにいかないから、値段設定困るわ!」

という感じで、あまり歓迎されないのよね~。

どうも、パッチワークというと、すんごい手間がかかると思われるようで。

どうしよう・・・困ったなあ。

アドバイス、よろしくお願いします・・・(´・ω・`)


これは、もう何年も前に作った巾着。愛用しています。

パッチワーク巾着



これは、子供たちが小学生の頃に履いていたズボンを利用しての手提げ。

赤とピンクのところ、子供のズボンだったのよ。

パッチワーク手提げ





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/15 08:37 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

関東観光 浅草喫茶店 アンヂェラス

合羽橋の事を書いたから、その帰り道に行った

浅草の有名な喫茶店 アンヂェラスさんの事も書いてみるよ。

思い出すと、気持ちが晴れ晴れとあったかくなる、良い喫茶店でした。

アンヂェラス店構え


創業70年、池波正太郎さんや手塚治虫さんにも愛された老舗だそうです。

お店の名前にもなっているケーキ アンヂェラス と、コーヒーと頼みました。

アンヂェラス コーヒーとロールケーキ


アンヂェラス、黒いタイプと白いタイプがあって、アタシの頼んだのは黒。

コーヒー味のバタークリームに、表面にはチョコレートがコーティングされています。

ちなみに、白は、バタークリームにホワイトチョコレートでコーティング だそうです。

断面はロール。

アンヂェラス ロール面


黒アンヂェラス、ずっしりと重い。重厚な味です。しっかりと甘い。

甘いなか、コーヒーとチョコのほろ苦さが甘さに添えられて混じってて

その具合が絶妙で、とても美味しい。

フワフワで しっとり の中側と、パリパリ硬いの外側が一緒に口に入って、

混ざり合うのが、また美味しい。

買い物に疲れたときは最高でしょう。

珈琲が爽やかで、ケーキととても合います。


店内は、昔ながらの喫茶店と言った感じで、落ち着きます。

アンヂェラス 内装
↑画像 お借りしました。


店員さんの接客も親切丁寧で、優しい気持ちになれました。


食べ物の話の後で、ゴメンナサイなんだけれども、

アンヂェラスさん、トイレが、

まるで魔法を使ったのかと思うほど、綺麗に磨き上げられていて、好感が持てました。

有名店でも、ソコが非常に野性的な場合もあり、

ゲンナリしちゃうことも多いアタシです。


アンヂェラスさんは、ケーキ作りやコーヒーを淹れることと同じように

丁寧にお掃除もされていらっしゃるんだなと感じました。


お客様への繊細な気遣いが、長く愛されることへとつながっていったのでしょうか。


ほっと一息。安らぎの空間で、幸せなおいしい時間でした。

アンヂェラスさん、ありがとうございました☆



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/12 16:30 ] 旅行 | TB(0) | CM(10)

関東観光中に購入したおろし金とかタワシとか箒


合羽橋道具街で購入したのは、悩ましいコーヒーミルだけじゃなくって、

これも買いました。

ステンレスおろしがね

ステンレス製おろし金。隣のスプーンみたいのは、ニンニクやショウガ専用おろし金。

今まで、おろし金は、アルミ製のペラペラな安物を使っていて、

切れ味、っていうのかしら、おろし味っていうのかしら、そういうのが悪くて、

いずれは納得できるものが欲しいと思っていたところ、

合羽橋道具街では、多くのお店で何種類ものおろし金が陳列されており、


それはセラミック製だったり銅製だったり、

マツコデラックスさんが紹介したのだったり、外国で人気だったり、して、

見てみると楽しくて楽しくてテンションが上がり、

あれこれ考えた末、何だかノーマルで武骨なタイプのソレを買ってしまいました。

東北でも売ってるだろって?うるさいわね~。いいの。旅の勢いで買ったのぉ!


それからこれも買いました。

タワシ2種

タワシと、ミニ箒。大正二年創業の「かなや刷毛」さんのものです。


箒は、掃除機をヨイショと出してこなくても、気になったときにチョコチョコ家の中を

掃けるので、ミニタイプを常々使っていたけれども、これも掃き心地がイマイチだったので、

優秀そうなこの子をゲット。掃き掃除が楽しくなるかしら~。


タワシ、茶色の濃い色の方は棕櫚(シュロ)製で、柔らかく、

木のまな板などを洗うのに良いそう。

白っぽい方はパーム製で、硬く、ザルなどを洗うのに適しているとのこと。

使いわけよう。使い分けは得意よ。

好きな人には笑顔で優しい言葉を使い、嫌いな人には仏頂面で辛辣な言葉を・・・

時と場所と人間によって、対応の仕方を変えるの。おほほ。

上記のステンレス製おろし金は、パームちゃんで洗うといいかな??


と、ここで問題が・・・(´・ω・`)

収納場所よ・・・・。

我が家の台所用品は、全てあるべき場所にあるべき物が、

台所の女王(我が家限定の女王ネ)、きたあかり様によって

決められているんだけれど、もうどこにも空きスペースが無~い   (´・ω・`)


もう何年も使っていない

「タコ焼き器」とか「焼くとプーさんの顔が出来るホットサンドメーカー」とか

「レンジで茹で卵器」とかを処分すべきかしら・・・・・。


おろし金とタワシと箒くらい置けそうだと思うでしょ。それが置けないんよ。

台所断捨離、するべきかしら。

何とか収納方法を考えるか~  (´・ω・`)


かっぱ河太郎さん、どうしましょう。

かっぱ橋河太郎

合羽橋道具街にいらした商売繁盛の神様、かっぱ河太郎さま。

全身金色。リアルなお姿。御利益ありそうだわよ~☆

もちろん、心をこめてお祈りしてきたわよん。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/11 14:03 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)

関東観光中に購入したコーヒーミル

コーヒーミル

関東観光中、カッパ橋道具街で購入した

コーヒー豆を挽く機械、コーヒーミルです。

HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル セラミック スケルトン ブラック 。


さすが大都会東京。さすがカッパ橋道具街。優れたものがあるものよ。

なななあんと、これ、分解して丸洗い できるのです。

以前から我が家では、コーヒーメーカーにくっついてるコーヒーミル(電動)で

コーヒー豆を挽いていたのだけれど、洗っちゃダメなので、

お手入れに不満が残るのよね。

細かい豆のカスが取れないまま、次のを挽くときの不快感よ!

たいていのコーヒーミルは洗えないのかなあ、

仕方がないのかなあと思っていたけれど、、

ふふ、もうそんな不快感とはオサラバさ。これなら、いつもきれいにできるぅ。



さすが大都会東京。さすがカッパ橋道具街。優れたものがあるものよ。

ららら~

と、大満足なアタシだったのだけれど、先日、行きつけのホームセンターに行ったら、

これと全く同じのが売られていました・・・・

なんだよ、ここでも買えるんじゃあないかいな・・・シュン・・・


いいのよいいの。旅の思い出よ思い出!

優れた機械だからこそ、東北でも売ってんのよ!


さて実際使ってみると・・・けっこうお時間も力も必要で・・・

電動コーヒーミルに慣れたアタクシには・・・ちょっと・・・

ああ、この旅の思い出は、思い出のオブジェとして、

台所深くに眠ることになるのかしら。



買い物って難しいね。

とっても満足して購入しても、後から失敗だったと思うのがあったり、

そうでもないと思って購入しても、大当たりで何年も愛用したり、ネ。

     買い物だけじゃなくて、人付き合いも似たものがあるなあ・・・遠い目。


できれば、どんなモノも、縁があって出会えたモノだから、

愛情持って使いたいけれどネ。

そしてこのコーヒーミル、旅の思い出添付されてるしなああああ。


う~ん、時間も力も必要なコーヒーミルちゃん、どうしよう。


とりあえず、コーヒー飲んで考えようかな。  

ああ、コーヒーミルのことで悩むのは嫌だから、インスタントコーヒーを飲もう  


って、そんなんじゃせっかくコーヒーミル買ったのに、本末転倒じゃ!

(´・_・`)



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/10 15:52 ] 旅行 | TB(0) | CM(12)

大人の塗り絵の色鉛筆 uni WATER COLOR

少し前、とっても素敵なプレゼントをいただきまして、

でも、ずっともったいなくて使えなくて、時々眺めて撫でてましたが、

とうとう、開けました!使いました!

これよ!じゃ~ん! uni WATER COLOR 色鉛筆!

UNIウォーターカラー

UNIウォーターカラー2


憧れのお店の袋に入ってました。行ってみたいものですぅ。

SEKAIDO.jpg


まあ、お値段が付いていたわ!飾らない温かい人柄を感じます。

UNIウォーターカラー3


↓水彩色鉛筆の使い方を解説した紙が入っていて、参考になります。親切だなあ。

uni WATER COLOR 親切な手引書


水彩色鉛筆は、あまり使ったことがないの。おっかなびっくり色見本を作りました。

混色、難しいけれど、楽しみながら慣れていこうと思います。

ウォーターカラー色見本


やわらかい色合い、いいなあ。わくわくします。


以前から塗ってるやつの背景を少し、

uni WATER COLOR の茶色で塗ってみました。

大人の塗り絵ジョハンナ・バスフォード花の円


分かりにくいのでアップ。う~ん、これでもよくわかんないか・・・?

大人の塗り絵ジョハンナ・パスフォード花の円アップDSC_0421


どうでしょうか?

黄色とオレンジで、ぴかぴかしていたのが、少し落ち着いた感じになったかしら?

もう少し、濃く塗った方がいい?


水彩色鉛筆に慣れようと、桃の絵を塗ってみました。何事も練習じゃ!

大人の塗り絵 桃



塗り絵大好き。ほとんど毎日塗っています。

水彩色鉛筆で、またまた楽しみが深くなりそうです。

SEKAIDOの君、ありがとうございました。

またよろしくお願いします、なんつって。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/09 10:35 ] 大人の塗り絵 | TB(0) | CM(14)

大型連休中はバタバタ

大型連休中、上の娘と下の娘が入れ替わりに帰省してきて、夫は舞い上がり、

あちこち出かけたりして、なぜかバタバタと忙しく、

ブログ更新に間が空いてしまいました。   |ω・`)


上子も下子も、それぞれの進学先に戻りました。やっと正常運転なアタシ。

元気です。



連休中、上子のリクエストで、

アタシと上子と夫で釣り堀に行きました。90分2500円は安い?高い?

釣り堀

小学生軍団を連れた家族連れが沢山いました。

子供の声が賑やかです。釣り上げると歓声があがります。

そこの子供の釣り上げた魚が跳ねて、

その子のパパのTシャツにパシャ!と当たっちゃいました。

慌てるパパに笑わないでいるのが苦しかったです・・・
     
        パパ、ごめんよ☆



それから、アタシと上子と夫で何とかというアウトレットモールに行きました。

アウトレット

すごい人手。県外ナンバーの車がずらりと駐車場に並びます。

遠くから、何が目当てなのかしら。ああ、買い物か。 ほかに何かあるわけないか!

上子がスニーカーを買ってもらいました。買ってもらった上子より

夫の方が笑顔でした。

        アタシにも何か買っておくれ☆   



また、上子の成人式用振袖姿、レンタル屋さんに写真前撮りに行きました。

振袖前撮り

写真帖っていうんでしょうか。上子の写真をプロが撮ってくれたアルバムみたいなのを

16万円で勧められました。断りました。高すぎでしょ!

        自分のなら買うかも☆   ウソよウソ!



と、バタバタと忙しくして面白かったのですが、

一番笑ったのは、最近やっと自動車運転免許を取得した下子の運転練習

つきあったときのこと。

運転練習

やはりまだまだ慣れなくて、超緊張状態の下子、あれれ?なんて言いながら

運転してました。右折も左折もおっかなびっくり。

もちろん駐車なんてとんでもございません。

助手席の夫は冷や汗。あ、あぶない!と何度も言いながら脂汗。

アタシも手に汗を握り、あまりの心配に気持ち悪くなってしまいました。

ぐったり疲れた三人は、そこにあったイオンに行き、無言でずんだシェイク

を飲みましたとさ。   ああ、美味しい。豆のツブツブの食感よ~し。

ずんだシェイク  画像お借りしました。


まあ、ゆっくり運転に慣れるといいよ。

免許取得できただけ良いとしよう。かなり不安だけど。


ということでアタシは元気です。

   ご心配くださった皆様、あたたかいコメントくださった皆様、ありがとうございました~。

   みなさま、なんて良い人なの~。幸あれ!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/07 11:34 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(8)

友達のいないアタシでも少しはいいところがある、、かも

201704ハボタン3  家の葉ボタンの花が咲いたよ



以前、アタシには気軽にお茶に誘えるような友達がいないなあ

ってような記事を書いたんだけれど、   これです→  きたあかり日記17年3月14日号

皆様からあたたかいコメントをいただいたり、

関東旅行中にお会いできた尊敬するブロ友つかりこさんから

貴重なアドバイスをいただいたり、

またまた、いろんなブロガーさんの記事を読んだりして、

自分なりに、考えてみました。

     大型連休中だというのに、景気の悪い話でゴメンヨ☆



結果、自分の性格

(対人関係上、あまり自分の意見を言わない。あなたはあなた、アタシはアタシって考え)

は、その強烈な生い立ちから強い影響を受けており、

なかなか治るもんじゃあないけれど、

まあ、アタシにだって、少しは良いところもあるんだろうから、

悲観的にならず思いつめず頑張りすぎず、つらつら、それなりに

つかりこさんご助言の「もうちょびっと自分を出す」ことに気を付けよう、

ってことにします。


仕方がない面もあるんですよね、この性格。あんな家庭に育ったんだもの。

母の暴君ぶりがひどかったのです。

若い頃は、その横暴に意見していたころもあったのですが、

論理的に返してもらえることは一度もありませんでした。

怒鳴られ、ひどい仕打ちをされるので、どうしても、

自分の思いを言わなくなってしまうのです。

言っても仕方のないこと、嫌な思いをするだけ、ウチに籠ってしまいました。


学校の友達と話をしていても、まあ、映画や本や芸能人の話は普通にできても、

どうしても黙ってしまわなければならないことも多かったです。

例えば、友達が「お母さんの作るお弁当のイロドリが悪くていやだ!」

なんて文句を言っていたとするでしょ。そんなレベルの家庭じゃないアタシは、

「そんな、贅沢すぎるよ。アタシのお母さんなんてね、

制服つくるのだって文句言って、男と旅行にばっかり行ってるし、、」

と言いたくても、言ってもわからないだろうな、アタシみたいなのは特殊だもの、

と思って言わなくなるのです。

「ふ~ん、そうなんだ」

くらい言って話を合わせるのです。友達はつまらなかったと思います。


今でもそうです。この人にはわからないだろうなと思うと、言いません。


わかってもらいたいなあと思うような場面でも、

そもそも訓練できていないので、うまく表現できないことも多々あったりして。

走っちゃダメってず~っと言われてきて、突然に走れと言われても

上手く走れない感じ。


今後は、言葉を選び、内容を選び、自分を出せればいいなと思います。


思えば、アタシ、上手く喋れないときだけじゃない気もしています。

あたたかいコメントに励まされ、思い出してみました。

知り合いと話していて

「きたあかりさん、ユニークねぇ」とか「爆笑する」とか言われることもあるのです。

「ほらほら、あの、職場の上司と歩いていたらママ友と偶然会って、

イケナイ関係と疑われた話、どうなった??」

と続編を聞かれることもあります。

アタシだって、やれる!     ←  何を?


それに、昨日だって、市民図書館から絵本7冊借りて、自転車で坂道を走り、

やっと家に帰ってきて、はぁはぁ息をあげて自転車を自転車小屋に置こうとしたら

「あの~すみません。〇×小学校へ行くにはどの道を~」

なんて知らない人から道を聞かれました。     

アタシ、超多い頻度で道を聞かれるのです。

話しかけやすい容姿なのよ!きっと! 友達だってそのうちできるわ!

なんだかレベルの低い自信だけど・・・笑     それなりに頑張る!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。





ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/05/01 11:02 ] 思いつき | TB(0) | CM(27)