fc2ブログ

2017北海道旅行 その2 べこもち 

北海道観光は、長時間歩き、夜はへとへとになって上子下子のアパートに帰り、

(娘の上子下子のアパートに泊まっております)

お風呂に入るのもやっと・・・。 欲張ってアレコレ歩きまわるからさ~。


妹たちと撮った写真も手に入らず、 ← 妹が送ってくれない。笑 

詳しい観光記事は、自宅に無事戻ってからにします~ 


ミサイルが飛んでこないことを祈ります。

今いる札幌は、地下鉄が止まる、また、

地下鉄が止まる
↑ 地下鉄止まってますという、テレビ報道


JRも一時的に一部ストップなど、大変な状態でした。

上空を飛んだと思われる地域の方々、恐ろしい思いをされたと思います。

アタシも怖かったよ~(-_-;)


さて、疲れた昨日、べこもち を食べました。

べこもち 札幌駅のどさんこプラザで買いました。

tugumi365さんのブログ記事で知った、北海道の古くからのお菓子、べこもち。

食べてみたいと思っていたのよん~

調べると、白玉粉か上新粉、片栗粉、砂糖、黒砂糖、水でできているとのこと。

ゆべし とも違う、もちもちした独特の食感と、絶妙な甘さ加減が美味しい!

黒いところは黒砂糖で、白いところは白砂糖でつくり、ツートンカラーになってます。

べこもち2 ビニール取ったらこうだった

ちなみに、伝統的には、木の葉型に成形するようです(^_^)


べこもちを食べて元気になって、シャワーを浴びたアタシでした。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/30 23:09 ] 旅行 | TB(0) | CM(24)

2017北海道旅行 その1 飛行機と飴

時計台 
時計台

北海道札幌市に来ています。観光です。

妹一家(妹、妹の夫、妹の一人息子)と、アタシと、一緒の飛行機に乗って渡りました。


出発時、飛行機に搭乗し、

さて離陸、さあ加速、というとき、妹はその ゴ~ という衝撃に驚き、

(別にはじめて飛行機に乗ったというわけではないのに、怖いらしい)


隣の席のアタシに慌てた様子で言いました。

飴!飴!飴飴飴!飴なめなくちゃ!あ、ない!どうしよう!飴!」



え?  (°_°)


離陸と飴に、どんな関係が?

アタシが

「なして飴なや?」   ←直訳 どうして飴なのですか?

と聞くと、

「だって、飴なめると、美味しくて、怖い気持ちが薄らぐんだもの。

 緊張したときとか、怖いときとか、飴なめっべや!」



がははははは w( ̄o ̄)w


狭い機内、多くの方が出発を待っているとき、大笑いしてしまいました。

みなさま、騒がしくして、すみませんでした。


気持ちの動揺を飴で紛らわせようとする、妹の思考の特殊性に

大笑いしてしまったのですが、飛行機に乗りながらツラツラ考えるに、

もしかしたらそれは、非常に一般な考え方で、アタシだけが知らないのかもしれません。

ど~なの! (;゜0゜)

テレビ塔 テレビ塔


ちなみに、その後の自動車(レンタカー)移動の際、アタシが

少し車に酔うと、甥っ子が、当然のことのようにアタシに

「はい!飴!」

と、飴をくれるのです。う~ん。


そんな感じで始まった、楽しい旅行です~

ボス北海道限定  ミルクが濃い気がする


妹よ、姪っ子(アタシの娘)が北海道の大学に進学したからって、

北海道に旅行したがってくれて、さらに、アタシを誘ってくれてありがとう。

妹の希望を優しく笑顔でかなえてくれた妹の旦那さん、ありがとう。

就職試験対策に忙しいのに、くっついてきてくれた大学生の甥っ子、ありがとう。


こんな時が来るんだねぇ。人生はわからないものサ~。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/28 21:49 ] 旅行 | TB(0) | CM(24)

北海道へ渡る

帰省していた下の娘、下子が、昨日、北海道へ帰っちゃいました。

夫とアタシと上の娘の上子も、飛行場まで行き、見送りましたよ。

空港にて


大学受験に向かう下子の乗った飛行機が、大雪の北海道の空港に着陸できず、

出発したこの地に戻ってきてしまったことがありました。

あの時は、受験当日までに現地へ渡れないのではと、

気持ち悪くなるほど心配しました。

  JRで移動か・・・むちゃくちゃ時間がかかる・・・ひえ~、な~んて考えていました。

結局、再度飛び立ち、無事到着できたのです。良かったです☆


昔のことばかりを思うのは年をとった証拠でしょうか。

もっと年をとったら、きっと、

こうやって、家族で見送ったこととかを思い出すのだろうと思います。


娘たちは、何を思い出すかなあ。



と、シミジミしたところですが、あさってからアタシ、その北海道へ飛びます。

妹一家(妹と妹の旦那さんと妹の一人息子)と一緒に、旅行です。

妹が、「姪っ子が北海道にいるんだから、行ってみたい!」と

強硬に主張していたのです。

妹の夢、実現です☆

ホントは、母も行く予定だったのですが、「やっぱり行かな~い」と言い出し、

このメンバーになりました。         

妹一家には、いつも世話になっているから、彼らが十分に楽しめる旅行になるよう、

旅の添乗員さんになったつもりで、頑張るよ。

次の更新は、秋の気配の、北海道からの予定で~す  (っ*^ ∇^*c)




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/25 18:05 ] 出来事 | TB(0) | CM(22)

娘二人帰省

大学生の娘たちが帰省してきて、東北の我が家に、久しぶりに家族全員揃いました。


↓ 下子から、北海道のおみやげ☆
とうきびミルクチョコ


北海道から帰省してきた下の娘、下子は、

とても愛想よく親に対応し、高校生のころとは、まるで違う人のよう。

年ごろの娘にはありがちの、お父さんが嫌い、状態だったのに、

笑顔で冗談まで言います。


部活中、友達のリュックがカラスに攻撃された話には笑いました。

なんと、閉まっていたファスナーをクチバシで開け、中のお菓子を盗んだというのです!

すごいぞ、北海道のカラス!

↓ 下子のお土産 二個目 
ほがじゃ1


子どもの様子を知りたい親心を察して、自ら喋ってくれるあたり、

下子、大人になったなあ、と思います。

ま、進級できないかもしれない状態をごまかしたいからという説もあります。笑



関東から帰省してきた上子は、  こちらは、お土産無し。

幼児のころからそうだったのですが、経験したことをすべてお喋りしてくれます。

バイト先のパートおばちゃんが怖くて、辞めようと思ったけれど、

そのおばちゃんが、対抗勢力のおばちゃんとの抗争で勝利し、急に優しくなって、

とりあえず、バイトは続けている話の臨場感には笑いました。アタシが

「そのおばちゃん、まるで お母ちゃん(アタシのこと)みたいだね~」

と言うと、笑顔で

「そうだね~」

と言うので、、、、、さらに笑わせてもらいました!

どんだけアタシが怖いのさ!  変だなあ、こんなに優しい母なのにぃ!



二人とも、穏やかに楽しく笑顔で帰省してくれて、ありがたいです。

「お母ちゃん!お腹すいたあ!」

と言ってくれるのも嬉しいです。


子どもたちが、ちっちゃい頃から、お腹空いたと言われると、

「なんていう事なの!上子と下子がお腹空いているなんて、なんて可哀そう!

 ほらほら、アレ(その時によって、リンゴとかバナナとか)食べろ~

 お母ちゃんは、上子と下子がお腹をすかせて悲しいなんて、耐えられない!」

と言っていたのが懐かしいです。

今考えると、バカ親だなあ。笑


今日は、

「今夜の晩御飯はエビフライだよ」

と言うと、娘二人が

「やった~!」

と言ってくれました。 嬉しかったです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/21 13:22 ] 出来事 | TB(0) | CM(26)

絵本作家とよたかずひこさん 読み聞かせ会

とよたかずひこ 絵本の世界

絵本作家、とよたかずひこさんの読み聞かせ会に行ってきました。

アタシ、とよたかずひこさんの絵本「でんしゃにのって」が大好き。

でんしゃにのって表紙


女の子の乗る電車に、つぎつぎと動物たちが乗車してきます。車掌さんの

「つぎは わにだー わにだー」のアナウンスの後は、ワニが!

「つぎは くまだー くまだー」のアナウンスの後は、クマが!

「つぎは ぞうだー ぞうだー」のアナウンスの後は?何が乗ってくる?

子どもたちの「わかるよ!!ゾウでしょ!」って声が聞こえてくるようです。

とてもかわいい本です。オチも楽しい。

でんしゃにのって


とよたかずひこさんは、さすが絵本作家。読み聞かせもお上手です。

ご自身の作品を沢山読んでくださいました。

とよたかずひこ絵本の魅力を、あらためて感じました。


大型絵本を、片手で楽々持っていらしたのもビックリ! 重いのよ~。


とよたかずひこさん↓

とよたかずひこさん


アタシの大好きな「でんしゃにのって」も読んでくださり、感激☆

会場に来ていた子どもたちも、みんな夢中で聞いていました。

良い時間でした。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/20 09:18 ] 絵本 | TB(0) | CM(14)

スイカ収穫

尾花沢スイカくん  ←尾花沢スイカくん



去年、庭で収穫したスイカは、非常に想像力を必要とする物体でした。


「これは、スイカかもしれない。だって、シマシマがある」

と、無理やり念じてから切り、その切り口を見て、


「なんとなく赤い。スイカに違いない。たぶん」

と、目を凝らして眺め、

そののち、目をつぶって鼻に全神経を集中させて匂いをかぎ、


「スイカの匂いがする。と、思えなくもない

と、自分をごまかし、食べてみては


「う~ん。これは・・スイカ・・・な気がする胡瓜の味はしない

てな感じ。


でも、今年は違いました~。

ちっちゃいは、ちっちゃいのだけれど、

↓ラップの小、くらいの大きさ
2017スイカ

切ってみたら、強くスイカの香が!

↓皮の近くまで赤い!
スイカ切り口


食べても甘くて、みずみずしくて、ジューシー!

これは、尾花沢の高級スイカに負けていないぞ!


育てた夫に感謝!アタシは言いましたよ~!

「すごいすごい!これは、高級デパートの果物コーナー

贈答用に売られている、箱に入ったスイカ以上のおいしさだよ!」


夫は満足そうでした。

庭でスイカを育てて3年くらいになりますが、ちゃんと育ったのは

今年がはじめて!

来年もお願いしますよ~。


おっと、ちなみに、高級デパートのスイカなんて、アタシ、食べたことないよ。

適当なことを言ってしまいました~あはは。

口から出まかせな人生をおくっております。  

    そんなアタシでも元気にやってます~

    夫ヨ、ごめんなさ~い。あきらめてくださ~い




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/18 15:45 ] 園芸 | TB(0) | CM(28)

名入りタオルで雑巾の思い出

娘たちが小学生から高校生くらいまででしょうか。

通う学校へ時々、学校側からの要請で、

「雑巾」を 一人につき3枚くらい提出しなければいけませんでした。

学校の掃除に使うんだそうです。


小学校一年生くらいまでは、頂き物の名入りタオル

半分に切って、端を縫って、雑巾に作ったのを持たせていましたが、

二年生くらいになると、娘たちは、それを嫌がるようになりました。


「みんな、スーパーとかで買った雑巾を提出してるよ。アタシだけ恥ずかしいよ。

 ナントカ建設って印刷してあるんだもん。笑われる!」


家に沢山貰い物のタオルがあって、それをちょこっと縫えば雑巾になるというのに、

お金を出して買うなんて、な~んて無駄なんだろうとアタシは思いました。

学校の掃除に使うんですよ。何の不都合があるというのでしょう。

あるものを利用した方が、エコな生活というものでしょうが!


でも、娘たちが嫌がるので、スーパーで買ったのを持たせることにしました。

子どもには子どもたちの世界があって、

何か人と違う恥ずかしいことはしたくないのでしょう。

大人の感覚で決めつけては、可哀そうだと思いました。

「じゃあ、わかった」

と言って、スーパーで3枚100円くらいのを買い、持たせました。


学校で雑巾を持ってくるようにと指示があれば、スーパーで買う。

そのパターンを続けていたのですが、でも、娘は

高校二年生になった頃、言ったのです。

「学校から雑巾持ってくるように言われたけど、お母さんの縫った雑巾でいいよ」


名入りタオルで作った雑巾は、いつも少しストックを家に置いてありました。

自宅の掃除に使うためです。

娘は、学校に提出するのをそれでいいと言ってきたのです。


どうしちゃったの?

ナントカ建設を気にしなくなったのは、成長したのか、気が変わったのか、

アタシの考えを認めるようになったのか??


アタシが、雑巾に関して文句を言ったことは一度も無いのに、

いつの間にか、娘たちは考えを変えていました。


子育てとは、不思議なものだと思います。

こうなってほしいと願っても、どう創意工夫に努力の育児をしても、そうならなかったり、

放っておいたら、そうなったり。

乳飲み子のころはともかく、子どもって、親だけに育てられるんじゃあないしね。

いろんな経験が、子供を変えていくのでしょう。

親のできることは限られているなあ。


昨晩、名入り貰い物タオルで雑巾を縫っていて、

急に、学校提出雑巾のことを思い出して、記事にしてみました。


何気ない平凡な日常の出来事で、

遠く離れて暮らす娘たちのことを思い出してしまいます。



 塗りました。

大人の塗り絵 さまざまな形の花と葉

             ★お知らせ★

             お盆のため、夫の実家へ行ってきます。負けないよう頑張ります。

             しばらく更新できないと思います。でも、回復したら

             また戻りますのでよろしくお願いします。
        



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/11 00:10 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(18)

ニョロニョロ同士は友達なのです

ニョロニョロ同士は友達みたいです。

    ↓ ニョロニョロ

ニョロニョロ


以下、抜粋。

「たのしいムーミン一家」 より

 ずっと沖のほうに、ニョロニョロの島が、暗礁や岩にかこまれて、ひっそりと横たわっていました。一年に一度、ニョロニョロというお化けたちが、世界中を荒らしにでかける前に、この島に集まるのです。ニョロニョロたちは世界のあらゆる方角から、その小さい白い、まじめくさった、のっぺらぼうの顔をして、だまりこくって、集まってきます。
 といって、どうしてニョロニョロたちが、毎年こんな集まりをもつのか、それを説明するのはむずかしいのです。なにしろ、あの小さいお化けは、口をきくこともできないし、耳もきこえず、遠い遠い旅をしてこの島にやってくるほかに、なんの目的も持っていないからです。
たぶんニョロニョロたちは、ゆっくりとくつろいで、休んだり、友達と会ったりすることができるこの島が気にいっているのでしょう。


「ムーミン谷の仲間たち」の ニョロニョロのひみつ より
     ムーミンパパがニョロニョロを思っての記述で、

 ボートがあらしではこばれていくあいだに、パパは思いました。---まあ、考えてもみたまえ。よろこぶことも失望することもない。だれかをすきになることも、だれかをおこったりゆるしたりすることもない。ねむることも、寒さを感じることも、まちがいをおかすこともない。はらいたをおこすこともないし、それがなおることもない。誕生日のお祝いをすることもなければ、ビールを飲みすぎて後悔することもあいんだ、あいつらは。
「やれやれ、なんておそろしいことだろう」


なるほど、

ニョロニョロは、口もきけず、耳も聞こえず、よろこぶことも失望することもないようです。

だれかをすきになることも、だれかをおこったりゆるしたりすることもないようです。

でも、

ニョロニョロ同士は友達なのです。

何か、制限されるような状況でも、欠けているところがあっても、

友達同士になれるってことでしょうか。

そうか (´∀`*)


ムーミンの物語を読むと、ほのぼの、心があたたまります。

時々読み返し、ぼ~っと珈琲を飲むのが好きです。


↓ スナフキンとムーミン。大体同じ大きさ

スナフキンとムーミン


↓ ミーが箪笥の上に乗っているところ。ちっちゃいのか?

ミー




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/10 22:52 ] | TB(0) | CM(8)

ムーミンの大きさ

ムーミンは、だいたい電話帳くらいの大きさ らしいです。


↓ ムーミン
ムーミン


この間、↓この本を読んでいたら、

世界でいちばん愛される絵本たち


トーベ・ヤンソンさん(ムーミンの作者)のインタビュー記事↓が載っていて

トーベ・ヤンソンインタビュー


読んでいくと、こんな記述が!おお!

ムーミンの大きさ


なんということでしょう。

今までアタシ、まったくの自分勝手な先入観で、ムーミンとは、大体

体長1メートルくらいと思い込んでいました。

電話帳くらいの大きさとは!

フィンランドの電話帳は見たことないけど、まさか、1メートルってことはないでしょう。

日本のそれと、同じくらいと考えていいのでは?
    

その日の夕方、帰宅した夫にさっそく報告です。


「ねえ!すごい発見をしたよ!ムーミンって、電話帳くらいの大きさらしいよ!

 今日読んだ本に書いてあった!」


夫はあきれ顔で言います。

「架空の生物の大きさを、どうのこうのと議論するのは不毛なことだ」


そ、そうかもしれないわ!   (・ω・`彡 )з

でも、ロマンが無いんじゃな~~~い?  (*`へ´*) 

実在するとかしないとか、作りものだとか作りものじゃないとか、

そういう問題じゃなくて、

想像力が形となって、現実の人間の何かに訴えかけてくるところに

物語の意義が・・・・


とかなんとか言っても、夫には伝わらないのであきらめ、

一人、ムーミンを読み返してみました~。

続くぅ☆




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/09 22:13 ] | TB(0) | CM(22)

トマトと茗荷とすだち

ご近所さんから トマト と 茗荷 と すだち をいただきました~

トマトいただきもの

我が家のトマトも大豊作で、んでもって夫がトマトを食べないものだから

毎日毎日、もう、トマト星人になるんじゃあないのアタシ?というくらい

食べているところに、またまた貰っちゃって、大丈夫かと思いましたが、

まったく問題なし。

味が違うんですね~。 

夫の家庭菜園トマトより甘い  それぞれ、良いお味です。

半分に切って、大粒塩とレモン汁をかけ、冷蔵庫で冷やしておいて食べると、

もうアタシ、トマト星人になってもいいという気持ちになります。



茗荷いただきもの

茗荷大好き。

でもこんなに!?食べきれるかしら?

いやいや、そうめんや蕎麦の薬味としてだけじゃあなくって、

茗荷だけを炒めて、一回に相当量を食べればイケル!

刻んで、ほうれん草や つる菜のお浸しに混ぜてもよし!

あ、茗荷って、物忘れするようになるんでしたっけ?

いいのいいの。茗荷を食べて、すべてを忘れるわ~。

忘れたいことが多いのよ~。 我を忘れる かも



すだちいただきもの

すだち って、焼き魚にかけるくらいしか使ったことないけれど、

こんなに頂いて、どうすれば?

な~んてね、こちらも大丈夫よん。

ただ、氷水に絞って飲むだけでも、幸せな気持ち。

すだちって、酸っぱさが柔らかい気がします。さわやか~☆

もちろん、夜になれば、それにウィスキーを投入するわけよ。少しネ。 ←少しってどんくらいサ!

酸っぱいけれど、柔らかい女 になった気持ちになって、気分よく、おやすみなさい、

なのです。


いろいろ頂いて、大感謝。

ご近所さんとは、程よい距離のお付き合いをさせていただき、

ありがたいことです。

何かお返ししたいな~  




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/08 09:32 ] 食べ物 | TB(0) | CM(16)

上演の演目を選ぶ難しさ その2

昨日の記事の続きです。


その紙芝居勉強会、年に数回開催してくださっているのですが、

前回だか前々回だか、その前だか、に、アタシが読もうとしていた

某「津波防災に関する紙芝居」を、どなたかが上演されたそうなのです。

有名な紙芝居なので、やはり、読みたい人も多いでしょう。


上演後、話し合いの段になって、一人の女性から意見が出されたそうです。

(アタシは、その場にいなかったのですが、事務局の方からお聞きしました)


「私は、津波で家族を亡くしている。その紙芝居を見ると、悲しい思いが蘇り、つらい。

 被災地では、その紙芝居は上演してほしくない」


震災の傷を大きく受けた方々にとって、津波の事を大きく取り上げ、

大迫力の絵が描かれているその紙芝居は、聞いていてツライことでしょう。

お気持ち、察するに余りあります。

傷口に塩を塗るようなこと、したくありません。

事務局の方も、そう思われたのでしょうか。


事務局の方はアタシに、丁重におっしゃいました。

「そういうことがあるから、その紙芝居の上演は、今回は遠慮してもらえないだろうか。

 もう少し年月が経った後、もう数年後くらいに、お願いできないでしょうか」


とても残念ではありましたが、

アタシは、今回の勉強会にその紙芝居を読むのはやめました。

ただ、その紙芝居を、いつか子供たちの前で上演しようという気持ちには

変わりありません。

その、意見を出された女性のような、ツライ思いをされる方が

将来一人でも少なくなる、、、かもしれない、と思うからです。

津波とは恐ろしいものだと、子供の心の底に残るかもしれず、、

いつかの未来、逃げ遅れないですむかもしれず。


アタシの活動など、たかが知れています。

アタシが何を読もうと、どうなるものでもありません。

それは分かっているのですが、そうせずにはいられない、とでも言いましょうか。


選書は、非常に難しいです。

何に傷つくか、それは人それぞれだからです。

活動を始めた最初のころは、「お父さん」「お母さん」が描かれた作品は

読まないでいました。

震災で親を亡くし、親戚にひきとられた子供も、たくさん通っている小学校で

活動していたからです。


でも最近は、内容を吟味しながらではあるけれども、

少しだけ幅を広げるようにしています。

深く考えると、何も読めなくなるからです。

「お父さん」や「お母さん」を避けて、、、じゃあ、「おじいさん」や「おばあさん」はいいの?

犬や猫は?鳥は?

つい昨日、子供たちの誰かが、ペットに関して悲しい思いをしたかもしれない。


何に傷つくかわからない、と、深く思うと、何も読めなくなります。


どんな子供の心も傷つけたくない、明るく健やかに育ってほしい、

そう願う気持ちは忘れず、子どもたちにも通じてほしいと祈り、

試行錯誤は続きますが、また活動を続けます。


今回、この紙芝居が読めなかったことが、上演について、更に深く考える機会となり、

とても勉強になりました。事務局の方、ありがとうございました。

これからも考え続け、、、

血肉にしてみせます。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/07 10:51 ] 絵本 | TB(0) | CM(20)

上演の演目を選ぶ難しさ

先日、紙芝居勉強会の見学に行ってきました。

市内で紙芝居活動をされている方々が集まって、紙芝居を上演しあい、

互いに意見交換する会です。

読み方や立ち方、引き方差し方などをアドバイスしあいます。

参加されているのは、もう何十年も活動していますという、超ベテランマダムばかりで、

もしや、アタシが一番年若では!という状況でした。

アタシのような経験の浅い者は、誰かが誰かにアドバイスしているのを聞いて

勉強する感じでした。

一日で20作品以上を見させてもらいました。

やはり、うまい人の紙芝居は、良い紙芝居に感じます。

紙芝居の良さを最大に引き出す読み方をされるんですね~。

一方、その読み方はちょっと改善した方がいいのでは?という人もいらっしゃいました。

でも何も発言しませんでした。

そう    (´・Д・)」

アタシが感じるのは、アタシが朗読を習っていて、先生からキツク指導されている箇所を

つい厳しく聞いてしまうからであって、

一般的には、そう気にすることでもないのかなと思ったからです。


感じ方は人それぞれなのです。

紙芝居を聞いてくれる多くの人と共感しあうのは、至難の業だなあと、つくづく

思います。

人によって、何を楽しく思うか、何を苦しく思うかは違います。


実はこの勉強会、

アタシは「アタシに紙芝居を読ませてください。そしてアドバイスをください」

とお願いしていたのですが、事務局の方から

「その紙芝居はちょっと・・・他の作品にしてくれませんか」

と、言われ、その後アレコレありましたが、結局、今回は読まないことになりましたのです。


その、読もうと思っていた紙芝居。有名な「津波防災に関する紙芝居」でした。

アタシは、自分がこれから、5年10年と小学校で読み聞かせ活動を続けるなら

「震災を知らない子供たち」へ読み聞かせを行うことになるだろう、ならば、

その津波防災紙芝居については、きちんと読める技術を身に付けておこう、

適宜、上演して、「震災を知らない子供たち」の防災意識を高めたい、

そう思っていました。

「津波が予想されるなら、高台に逃げるんだよ」


でも、事務局から「待った」がかかったのは、その紙芝居勉強会によく参加される

メンバーさんの中から

「その紙芝居については、被災地では上演してほしくない」

という声があがったからだというのです。


続きます。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/06 18:37 ] 絵本 | TB(0) | CM(6)

エアプランツ

エアプランツ。

100円均一のお店で見つけて、買っちゃいました。

エアプランツ

ちっちゃいよ。隣に爪楊枝を置いてみました。


ず~っと欲しいと思っていたのですが、その、欲しいという気持ちを

いつも忘れ、早や数か月・・・アレマアロマアロハ・・・だったの。

  アタシはいつもそんな感じに生きてます。意味不明ですか?はい。了解。


いやあ、ここで見かけたのも、何かのご縁、

エアプランツ君、君は、我が家で生息する運命なのだよ。 

運命の出会いだよ ← 大げさか。

数年前、このお店で買った虎の尾ちゃんも、すくすく大きくなってるもの。

君も大きく育つはず。

虎の尾イチメートル 高さ1メートル以上に成長


問題は、飾り方だよ。

なにせ、ご主人様(アタシのこと)は、オサレセンスゼロ な マダムなのだよ。

どうしていいか、さっぱりわからん。

エアプランツ3

小皿に乗せただけじゃあなあ。


ゆっくり考えるから、枯れちゃだめだよ。

ネットで見たら、2~3日に一回、霧吹きで水をかけて

一か月に一回、水に浸すといいそうだね。ちゃんと やるからね~☆


ああ、なんて可愛いのかしら。名前は、エアちゃん。決定。


大きく育ったら、付け髪 にできるかしら。  


いや、今でも髪に付けてヘアアクセサリー。前衛髪飾り。 ← 意外にイケルかも。みんな賛成だよね~ 




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/05 16:28 ] 園芸 | TB(0) | CM(12)

映画 「クズとブスとゲス」 感想 と オマケ

映画「クズとブスとゲス」。

クズとブスとゲス


酒場で見知らぬ女に言葉巧みに話しかけ、無理やり薬 (かな?) を飲ませ、

前後不覚にしたあげく、裸の写真を撮って、それをネタにゆするスキンヘッドの男。

その女が、ヤクザの経営する店で働く風俗嬢だったことから、

ヤクザに金を要求されてしまう。困ったあげく、、、、

ってな感じの、クズを堪能できる クズ満載な クズに浸れる映画でした。


ネットでいろんな人の感想を見てみると、家族愛をテーマとした・・云々あったけれど、

アタシは、純粋にクズを見る映画だと思いました。


お相撲さんを見て、「ああ、おっきいなあ」と感嘆する気持ち。

スーパー戦隊ヒーローを見て、「ああ、正義だなあ」と納得する気持ち。

それの「クズ」版ですね。  

「ああ、クズだなあ」


↓ クズ

クズ
監督、主演の奥田庸介さん


アタシの感性が鈍いのかもしれないけれど、

計画性の全く無い、緻密な調査の全く無い、クズ犯罪を犯してしまうクズたちは、

巧妙な詐欺をはたらく知恵者の悪人とはまた違い、滑稽でさえあります。

あ~最低クズを見た、と、もう爽快とさえいえるほどの気持ちでした。

クズを炊いた ご飯 に、クズを茹でた お浸し を かけ、

滑稽醤油 をかけてバクバク食べた感じ。


一つ不満は、女優さんたちがとても綺麗で、題名のような「ブス」ではなかったこと。

心が「ブス」ということなのかもしれないけれど、

顔も「ブス」であれば、もっと映画を楽しめたのになあと思い、残念です。


↓ 綺麗ですよね~☆

綺麗なブス



◎オマケ◎

 下子(大学二年生)からラインが来ました。

 「まずい、テスト全然出来なかった。このままでは三年生になれないかも」

 かなり焦っている様子。

 アタシは、この映画を観た直後だったこともあり、

 「この クズ!」

 と言いたかったのですが、アタシがそんな風に言ったとしても

 状況が変わるわけでもなく。

 「この すっとこどっこい!」

 くらいでトドメマシタ。そして続けて

 「まあ、死ぬわけじゃあなし。 それなりに生きていきなさい。

  ダブった分の仕送りは、考えさせてもらいますが。おほほほ」

 と送りました。

 「後期、勉強頑張ります」

 だそうです。どうなることやら。とほほ。


 ↓ 今の下子ちゃんは、こんな感じかしら。クズ!

くず2


 しかし、困ったとき、心配なとき、心細いとき、そんな時はライン寄越すんだなあ。 




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2017/08/04 16:44 ] 映画 | TB(0) | CM(14)

貧血

先日、ちょっとしたことがあって(詳細は略、というか秘密) 病院で診察を受けたら、

医師が真剣に「貧血検査をしましょう」と熱心に勧めるので、

そこまで言うならと、貧血血液検査を受けてみました。

すると、

思ったより、かな~り貧血がひどい状態!おお!

貧血であるのは自覚していたけれど、そこまで~!  (;゜0゜)

「注射打ちましょう。楽になりますよ。注射注射注射~」

お医者さんが言うので、はいはいと注射をすることに。

注射を打ちながら、看護婦さんは言いました。

「めまい、ふらつきなど、大変じゃあありませんでしたか?」


いやあ、めまい も ふらつき も、毎日毎度のことで、あんまり

気にしてなかったのよね。


注射のあとは、貧血飲み薬も貰い、帰宅しました。


すると、どうでしょう。注射が効いてきたのか、

なんだか元気がでてきたのです。 (*´v`)  

だるさも無いし、いつもの憂鬱感もなく気持ちも晴れやか。


だるさも憂鬱感も、あまり意識していなかったけれど、無くなってみると

ああ、以前はだるくて憂鬱だったんだなって、わかりました。


まるで、ポパイがホウレンソウを食べて、急に元気になったよう。

アンパンマンがジャムおじさんに新しい顔を焼いてもらった直後のよう。


なんだよ。アタシ、ふだんは貧血のせいで、体調悪かったのか。

いつものことで、慣れっこになって、体調の悪い自分が当たり前になってた。( ‘o’)

よくもまあ、こんな貧血なのに、祭りで紙芝居を読んだものよ。あはは。


自分の体、自分ではわかってないものだなあ。

定期的な健康診断って、大事だなあと思いました。


↓ 趣味の大人の塗り絵。塗りました。

  なんだかこれも貧血っぽい色使いだわよ。笑

大人の塗り絵 ジョハンナ・バスフォード扇型の花

     貧血が改善されれば、きっと赤黒い作風に・・・(゚∀゚)  なんつって。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/03 12:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(26)

村田沙耶香 「殺人出産」 感想

今現在の日本では考えられない社会制度、社会常識の世界の中での人間模様 を

描いた短編集でした。非常に非情に頭を刺激されました。 

クレイジー沙耶香。クレイジーなんですが、アタシは好きです。

一冊に四作品ありました。以下、ネタバレ含むあらすじと、ちょびっと感想です。

殺人出産_


「殺人出産」    表題作

未来の日本。 。

恋愛して結婚して子供をもうけるという時代は去り、

多くの人は、人工授精で子どもを得るようになっていた。

すると、偶発的な出産が無くなったことにより、人口が極端に減ってしまった。

そこで対策として、海外から、殺人出産システムが導入される。

「産み人」となり、10人子供を産めば、1人殺していいという制度だ。

「産み人」になることを決断した人は崇められ、保護され、

政府により、病院に収監され、次々と出産するよう、医療処置される・・・。

10人無事に産み終わったら、殺したい人を申請し・・・。



「トリプル」

カップルより、トリプルで付き合うことが、若い世代のブームになった社会。

高校生 真弓 も、トリプルで付き合っている。

でも母親は、それを嫌悪し、ふしだらだと真弓を責める・・・。



「清潔な結婚」

性別のくくりのとらわれない、仲の良い兄弟のような夫婦。

そんな清潔な結婚を望んだ男女が夫婦となり、様々な取り決めの中

暮らしていたが、やがて、子どもを持ちたくなったときに、、

その清潔な取り決め生活から、たいへん困ることになり、

二人仲良く相談の結果、、、



「余命」

医学が進み、自然な死がなくなった社会。

人々は、そろそろかな、と思った時に自ら好きなように

死ぬようになっていた・・・。

それなりのオシャレな死を選ばないと蔑まれる。どうしようかしら。

昔はいいなあ、自然に死がやってきてくれたのに。




以上、四作品。

全て、驚きの価値観の社会に暮らす人間たちを描いたもので、

自分がいかに常識人であるか、わからせてくれるものでした。

表題作、10人産んだら1人殺していいって・・そりゃあないでしょ。


ただ、そんな自分の道徳を、登場人物のセリフに、揺さぶられました。


「特定の正義に洗脳されることは狂気ですよ」


表題作「殺人出産」で、産み人制度反対の女の子が、

”殺人を餌に子供を産ませ続ける制度は狂っている”と、

”過去の、殺人は悪だ という考えの社会が正しい”と、

”過去の世界が「本物の正義」だ” と、主張します。

それに対して、

家族から産み人を出した主人公の女性が反論するのです。

「特定の正義に洗脳されることは狂気ですよ」



正義と言うのは、時代とともに変わるもの。これが当たり前、は、変化していきます。

確かに頷けないでもありません。

1000年前の日本人の正義と、今の自分の正義は違うでしょう。


なら、アタシの正義も変化していくのか、どう変化していくのか

その先を想像すると、、、なんと恐ろしいことでしょう。


更に言えば、

特定の正義に洗脳されることが狂気であると仮定するならば、

互いに互いの正義がぶつかり合った場合でも、

互いに狂気であるから、

自分が正しいわけじゃあない、と思わなければならないわけで。


怪談話より怖いよ。

正義は自分で決めるしかないのかね。洗脳、じゃあなくって。

ということで、クレイジー沙耶香さんの作風は好きなのでした。

        ↑ 特定に洗脳されているか?  なんつって。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2017/08/02 15:14 ] | TB(0) | CM(8)

梅醤番茶

今日は雨。

酷暑灼熱地獄と思ってたら、急に雨が降ってきて肌寒くなったり、この頃の天候、

体がついていかないわ~。

なんとなく体調が悪いような気もしてきて、や~ねぇ。


そんな時ですから、ブログ友達 がちゃぴんさん が ブログ記事で紹介くださった、

「梅醤番茶」を作って飲んでみます☆

    そんときの がちゃぴんさんの ブログ記事 → がちゃぴん・むっく


「梅醤番茶」、 とは!

オーブンレンジで加熱した梅干しに、生姜のすりおろし と 醤油 を加え、

熱い番茶を入れて、梅を潰しながら飲む 夏にぴったりの お茶!


↓ 湯呑に 梅干しと生姜を入れたところ

梅干しと生姜


↓ 完成後、飲もうというところ。あ、中身の液体が見えない!

湯呑に入れたところ 想像力で補ってください。


梅干しと生姜と番茶って、意外な組み合わせですが、合いますね~。

エアコンで冷えた体があったまって、夏の塩分補給に良いし、元気が出ます。

  (ただし、梅干しと醤油を多く入れすぎると、しょっぱすぎて辛いので、

   お好みで加減してください)


これから、たびたび 飲もうと思います。

がちゃぴんさん、ご紹介、ありがとうございました。

明るく楽しい気持ちになる がちゃぴんさんの記事に、いつも助けられています。

元気になります

   がちゃぴんさんの 今日の記事 → がちゃぴん・むっく 

    

アタシの場合、生姜は、一回に一個全部すりおろし、こんな風に

氷を作る製氷皿に小分けに入れて冷凍させ、

生姜と製氷皿


凍ったら取り出し、保存袋に入れて、冷凍庫に入れときます。

生姜冷凍


お料理中、ちょっと生姜すりおろしが欲しいなあと思った時に、

いちいち おろし器 を取り出さなくても、すぐに 一かけ 冷凍庫から出して使えます。

とっても便利よ~。 


ブログ記事で紹介するような技でもない気がするけれど、書いてみました。

恐れ入ります。笑




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/08/01 11:27 ] 料理系 | TB(0) | CM(16)