fc2ブログ

住野よる 「君の膵臓をたべたい」

ホラー小説なのかと思ったら、全然違いました。青春っぽいです。

君の膵臓をたべたい_


住野よる 作 「君の膵臓をたべたい」。 ネタバレちょっと含む感想です。

氏が、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿していた作品だそうです。

映画にもなってます。観てないけど。


実生活で実際に他人と交流するより、本を読んでいた方が、よっぽど楽しい

主人公の高校生 「僕」 

不治の病に侵されて、余命いくばくもない 「僕」のクラスメイト 桜良 (さくら) の

交流の物語です。

桜良は社交的で明るく、「僕」は根暗、正反対の二人は、自分には無い

相手の個性を認め、尊敬し、影響されていきます。

しかし、、、、ある日、、、事件が、、、


というようなストーリーで、それは別段目新しくもなく、


① 不治の病に侵されているはずの桜良が、妙に元気すぎたり、

② 二人の会話の個所が、どっちがどっちを喋っているのか

  非常にわかりにくく読みにくかったり、

③ 伏線かしらと思えるような小道具が最後まで伏線はられているとは

  思えなくて気持ち悪かったり、

③ 「僕」の信条の吐露がクドすぎて飽きてきたり、

④ 改行が多すぎて、メガネのアタシには読みにくくてイライラしたり

  (↑思いっきり自分勝手ですみません)(だってそうなんですもの!)


読むんじゃあなかった、ちくしょ~アタシの時間を返して~  とも思いましたが、

良い点もありました~☆

この主人公の「僕」。時々、非常に魅力的な発言をするのです。


例えば、二人で焼き肉を食べた後の会話。

カフェにて。桜良はカフェオレ、「僕」は珈琲を飲みながら。


桜良「あ、確かに反対かもねー、君、焼き肉の時カルビとかロースばかり食べてたじゃん。

    焼き肉なんてホルモン食べにいくみたいなもんなのに」

僕  「思ったより美味しかったけど、やっぱり普通の肉の方が美味しいよ。生き物の内臓

    を好んで食べるなんて、悪魔のやることだね。

    コーヒーに砂糖やミルクをめたらめったら入れるってのも悪魔のやることだ。

    コーヒーはそのままで完成しているのに


ほ~。コーヒーに砂糖やミルクを入れるのは悪魔のやることなのかね。

入れない方が悪魔っぽいけどね。ブラックコーヒーは悪魔の味だから美味しいのだよ。

それに、じゃあ、カフェオレは、ど~なんのよ。小悪魔?

な~んて言い返したくなるわよ。かわいい。


あと、それから、これも!


僕 「言葉は往々にして、発信した方ではなく、

   受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられてる」


これは、なるほど~と思いました。

ブログ記事を書いていても、人によって、受け止め方が違うなあって痛感しています。

きっと、自分もその中の一人で、どなたかの思いのこもった記事を

別の意味で取っていたり、するのでしょう。

人とは難しい。だから面白い。



ということで、ストーリーはアレでしたが、「僕」の発言が興味深く、それだけで、まあ

読んで良かったかな~と思えます。

ヒロインの発言を、「僕」くらい魅力的にしてくれていたら、もっと良かったのに~。

意味不明な明るさしか、わかんなかったよ。

作者は男性か。う~ん。そうかっ!   ふむむむふむむ  w( ̄o ̄)w




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2017/09/30 10:18 ] | TB(0) | CM(8)

紫蘇の花 ど根性ペチュニア 母想う

紫蘇の花

庭の紫蘇に花が咲き始めました。もう、夏も終わり。

すでに終わってるか、もうすぐ10月だもんね~。早いものだわよ。



ど根性ペチュニア

でも、98円見切り品で買った ペチュニア まだ咲いているのよ!

根性あるわ~。  アタシみたい。人生まだまだこれからよ。咲いて見せるぅ



お菓子 母想う

先日、上の娘の 上子 から貰ったお菓子「母想う」を食べてみたら、

裏に、こんな文章が! ↓

母想う 裏

   母よ あなたは 大地のぬくもり

   あなたを想うとき、

   わたしは 幼き日に かへる

   その 永遠の 慈しみの中へ




ここでアタシは感動するわけですよ。そして、上子に連絡するわけですよ。

そうしたら、上子のやつ!

「え?そんなのあった?アタシ、近所のお菓子屋さんのお菓子を適当に買った だけなの」

(。´・(ェ)・)  全然、わかっていない。がっくりしていると、上子は


「お母さん、なんだか、ごめんなさいね~」   (´・_・`)


・・・・・・・・・


喜んでみたり、がっくりしてみたり、アタシ、なんとも自分勝手だよ。

いや、人は誰でも、自分勝手なんだろうか?


自分の主義主張、そこまで行かなくても、無意識下に動かされる感情。

それはそれで、大事にしたい気もする。個性なんだろう。

加えて、自分の主義主張と全くの正反対の主義主張や、また、

自分の無意識下感情と全く正反対の相手の感情をも、大事にしたい。

違うってことを攻撃されたとしたら、別の話だけどね。

暴力怒声はイケマセン。


今日は理屈っぽい感じですが、酔っていませんから。まだ昼間。

ただ、天気が良くて、青空見ていたら、ついつい。。。笑

さて、つべこべ言っていないで、掃除機かけるか~   ( ̄^ ̄)ゞ




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/29 10:52 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

スポーツクラブを辞めたことと、朗読会

豚丼のタレでブリ

先日ご紹介した 豚丼のたれ(ソラチ)で、ブリの照り焼きを作ってみました。

不味い! ダメでした。たれ と、ブリの味が合わないんだよなあ。

やっぱり、豚丼のたれ は、豚肉にからめないとダメね。

学びました。人生は挫折と学びの連続だわ、あ~こりゃこりゃ。

ちなみに、ぶりの上のゴミみたいのは、生姜です。生姜を入れたのがダメであったかなあ・・・



さて、長年通っていたスポーツクラブを辞めました

体の方がアレで、通って運動ってのが難しくなってきたからです。

とても残念です。

運動していると、何もかもを忘れるので、スカッとしました。

運動した後のサウナは最高に気持ちが良く、

また、顔見知りになった人とのおしゃべりも楽しかったです。

まあ、仕方がないです。何か少しだけ思う通りにならなかったからと言って

クヨクヨと後ろ向きに考えるなんて、無駄です。ふんっ!

得られている楽しさを主に、頭に描いた方が、いいはずですぅ!  

これからどんどん年を取り、やれなくなる事も多くなることでしょう。

いちいち落ち込んでいたら、心が持ちません!

 ○| ̄|_    あ、文章と絵文字が合っていない・・・・うううぅ  ○| ̄|_



と思っていたところ、先日、嬉しいことがありました。

こないだの朗読教室で、先生が、急に宣言されたのです。

(アタシは、趣味で朗読を習っています)


「みんな、だいぶ実力ついてきたから、朗読会をしよう! 

 一人20分。二人以上で組んでやるなら、一組40分ね。

 読む本は、各自準備してね~( `ー´)ノ」


きゃ~!やった~!  

アタシ、常々、朗読教室の仲間たちと、朗読会をしたいと思っていたのです。

ランチを共にする際など、みんなに呼びかけていたのです。

それが、先生が音頭を取ってくださるとは、うれし~☆

気の合う仲間たちと舞台に立ち、同じ達成感を味わえるなんて、想像しただけでも

体が震えるほど嬉しいです。


先生がおっしゃるには、入場料無料。 

先生の知り合いが経営するどっかのカフェを借り、

通りすがりの方でも、どなたにでも、聞いていただけるようにするとか。


入場料無料は、当然です。

逆に、こちらがお金を払って聞いていただきたいくらいなもんです。

「お願~い。100円差し上げるから、朗読聞いてって~( `ー´)ノ」  なんつって。


まあ、聞きにきてくださるのは、家族、親戚、友人知人くらいなものでしょうが。

いいんです。いいんです。素人の楽しみですもの。多くは望みません。


先生は、さらに嬉しいことを言ってくださいました。

あかりちゃんは、ソロね!」  ← ソロとは一人で一作品全部読むこと


望むところよ!   そこは望むんだ・・・笑



ということで、読む本を、今探しています。 ワクワクします。

怪談にしようか、童話にしようか、迷いに迷い、決められないので、

「10分ずつでいいから、2作品読ませて!」

と、先生 を恫喝 にお願いしようと思っています。


スポーツクラブはやめたけれど、少し悲しかったけれど、

でも、良いこともあり、人生とは面白いものですネ。  

先生、ありがとうございます。先生との出会いは、アタシの人生の宝です。


聞いてくださる方の心に、何かが届く朗読ができるよう、頑張るよ!  ああ、楽しい。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/28 22:05 ] 朗読 | TB(0) | CM(18)

絵本「うえきばちです」 ほか

久しぶりに 動画を投稿します。  絵本を読みました。

[広告] VPS



次の読み聞かせで読みたいと思っているのですが、

「けけけ」とか「ど~だ」とかを、どう読んだらいいか・・悩みどころです。

今回は、比較的高い声で読みましたが、低い、お化けみたな声の方がいい?

アドバイス、お願いします~。


ちなみに、こんな風にスマホを設置して録画しています。

撮影風景1

白黒の奇妙な足のは、スマホスタンドです。スマホを挟めるようになっています。

左に傾けすぎると落っこちるので(笑)、タブレットを重しにしています。

自分は、左右どちらかに座り、絵本を読みます。


以前は、スマホスタンドを持っていなかったので、こんな風に本を・・・・

撮影風景2

本に乗っている白いのは、これもスマホスタンド。

スマホを挟んで固定するってことが出来ないタイプで、位置を決めるのが大変でした。



さて、おまけ。

映画「サンブンノイチ」の登場人物、金貸し婆さんの渋柿の真似です。

上のより、声が大きいです。録音機器が違うためでして、、

気を付けてください。すみません。  (気合が入りすぎていたのかも、、笑)

[広告] VPS


映画「サンブンノイチ」の感想を記事にした際、→きたあかり日記 2017年9月12日号

コメントで、動画をアップしたら~という優しいお言葉をいただいたので、

ホントウにアップしちゃいました。

ふふふ。  お許しを~。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/27 10:56 ] 絵本 | TB(0) | CM(17)

北海道 十勝 豚丼のたれ (ソラチ)

豚丼のたれ

大人気ブログ、なまら北海道だべさ~の銭右衛門さん から教えていただいた

豚丼のたれ(ソラチ)でございます。 札幌で買ってきました~。

            銭右衛門さんのブログはこちら → なまら北海道だべさ~


ボトル裏の説明のとおり、豚肉を軽く焼き、たれを入れて絡め、少し煮詰めました。

豚丼焼いてます


うまい!豚肉にすごく合う たれ!

しょっぱさの中の甘さがマイルドで、でも、ほどよく効いているわ~。

そして、何か、隠し味がある気がして、表示を見ると ”魚介エキス” ってのが入っているのね!

魚介って、なんの魚だろ~??企業秘密かしら~??


とにかく、下の肥えた道民、銭右衛門さんの お勧めのたれ、

美味しくないわけがな~い。

100グラム98円の 超安い 上写真の肉も、美味しくなりましたよ。


さて、十勝。ボトルに表示があった 十勝 でございます。

調べると、北海道十勝地方では明治時代末に養豚業が始まり、

大正期には広く一般家庭にも豚肉料理が広まったとのこと。

で、その十勝地方の開拓の歴史の、もっと古くの時代を調べてみると、

晩成社、依田勉三氏の名がありました。


氏は、北海道開拓の志を持ち、明治15年、晩成社を設立します。

明治16年入植、原生林を切り拓き、穀類や野菜類を栽培はじめます。


赤レンガ庁舎にも、晩成社の開拓の様子を描いた絵が飾られていました。

晩成社の開拓の様子

一階から二階に上がる階段の踊り場のところです。目立つところよ!

どこまでも続く大地。高い空。粗末な家屋。下向きに屈んでの、ひたむきな労働。

アイヌ民族に助けられている様子。胸を打たれました。



晩成社の開拓は、冷害などにより、苦難の連続だったそう。

「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」

 (開墾初期は、豚と同じ鍋の食事をするほど食事が貧しかった)

という有名な言葉に、悲惨な生活を思わされます。


六花亭の有名なお菓子、マルセイバターサンド。

まるせいバターサンド
↑画像お借りしました

マルセイ、〇にセイ、は、依田氏が、明治38年に北海道で初めて商品化した

マルセイバター に、ちなんだもの、だそうです。

あの美味しいお菓子に、北海道開拓の歴史への思いが込められているのですね。



六花亭には ひとつ鍋 という商品もあるそうな。

ひとつ鍋
↑画像お借りしました

「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」に、ちなんだもの。

食べたことない・・・!食べてみたい!



先人の苦労があって、北海道の大自然の恵みを頂けるのですね。

いやいや、北海道だけじゃあない、ここ東北だって、全国的にだって、そう。


飽食の時代と言われる今、そんな今がはじまったのは、つい最近のこと。

ほんの少し前まで、食べるものに困るツライ時代があったのだと

今、十分に食べられることに感謝したいです。


銭右衛門さんに、豚丼のたれ(ソラチ)を勧めていただいたお陰様で

十勝開拓の歴史についてなど、興味を持ち、調べ、勉強させてもらえました。

食 についても考えさせられました。ありがとうございました!

他にも教えていただいたのですが、んで、購入してきたのですが

もったいなくて食べてませんで、それは食べてから報告させてくださ~い!

   (アタシは東北の女。もったいない精神の塊でございます)


銭右衛門さんのブログはこちら → なまら北海道だべさ~



ちなみに、旅行中、娘と一緒に

JR札幌駅の豚丼専門店 十勝豚丼 いっぴん さんで 豚丼食べても来ました。

こちらも、うまい! 感謝!

いっぴん
↑ 大人気で行列。

いっぴん 豚丼
↑ 超柔らかい肉。甘辛いたれ。おいしかった~






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/26 11:15 ] 食べ物 | TB(0) | CM(20)

林真理子 「正妻」 感想

林真理子作「正妻」

正妻 上   正妻 下_


最後の将軍、徳川慶喜が、

正妻の美賀子 からの視線と、側室のお芳からの視線で、描かれています。

美賀子は公家のお姫様。お芳は江戸浅草の町火消の娘です。

全く違う個性の二人なのですが、二人とも、時代と慶喜に翻弄されながらも

そして、時に、泣きながらも、たくましく強く、冷静に時代と慶喜を観察し、

自らの考えを持ち、自らの意志で、未来、もしくは生き方 を掴んでいきます。


強い気持ちになれる 面白い小説でした。


来年のNHK大河ドラマは、西郷隆盛を描いた”西郷どん”。

林真理子氏原作で、脚本も女性。しかし、主役は男性。

どんなドラマになるのか、楽しみです。  いろいろ言われているみたいですが。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2017/09/25 10:10 ] | TB(0) | CM(4)

2017 北海道旅行 その10 札幌市資料館

札幌市資料館です。札幌、大通公園の端っこにあります。 テレビ塔の反対っ側ね☆

901札幌市資料館


  どんだけ札幌旅行でひっぱるんだという話ですが、もう少しだけ、お付き合いを・・

  まだまだネタが・・・


札幌市資料館は、大正15年(1926)に札幌控訴院(裁判所)として建てられた建物です。

今は、資料館になっていて、一般の市民に部屋の貸し出しもしているそうです。


902札幌市資料館

↑ 入口すぐの階段。手すりは、札幌産の柔らかい石を加工して作ったそうで。

こんなに大きな石を運んできて、削って磨いて・・・すごい技術力と根性です。


階段途中のステンドグラスが、大正ロマンっぽいです。綺麗です。

903札幌市資料館


ボランティアガイドさんによると、昭和48年まで実際に使われていたとか。

今は、当時の法廷が復元されています。

905札幌市資料館

907札幌市資料館


裁判長になったつもりで、パチリ。

906札幌市資料館


正面の丸いのは、真実を映す鏡だそうです。

ここでも、親切なボランティアガイドがいらして、たくさん説明してもらえました。

赤レンガ庁舎でも、豊平館でも、ボランティアガイドさんが非常に知識深く、

一般市民の方の郷土愛の深さに感服しました。

自分は、自分の住んでいる 東北の地 について、知識浅いな~と反省しました。

そもそもアタシ、何についても、浅い、のよね。とほほ。

今後は、アレコレ、郷土について勉強したいと思います・・・!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/24 11:32 ] 旅行 | TB(0) | CM(12)

上子の一時帰省

自動車運転免許取得のための、合宿教習を終えた上の娘、上子が

進学先の地に戻る前、一時帰省してくれました。

これがお土産。

母想う


2週間という短い期間に、教習所指定の宿に泊まり、朝から晩まで集中的に

運転教習を受けるという 合宿免許。

どんなに キツかったかと思いましたが、

彼女によると

「運転楽しかった!毎日おいしいご飯が出た!太った!

違う大学の人と仲良しになって、一緒に焼き肉行った!

地元のお祭りを偶然見た!大迫力で面白かった!」

だそうです。  

何と、たくましくなったものよ。  

この子は、保育園を卒園し、小学校にあがったときに、なじめず、

学校のトイレに閉じ籠るなど、たいへん気の弱い子だったのだよ。

高校生の頃も、気難しくてさ~大変だった。

人とは、変わるものよのぉ。  

時の流れとはありがたいもの。  時の流れに身をまかせ~ 


上子の好物、鶏のから揚げを揚げました。

上子の好物鶏のから揚げ


上子の好物、ポテトサラダも作りました。

上子の好物ポテトサラダ


夫が育てた甘唐辛子と茗荷の炒め物も。これは好物じゃあないのだが。笑

甘とうがらしの茗荷炒め




先日、ママ友たちと、ちょびっと話をしたときに、

夏休み明けになったら学校に行きたがらないって子供ちゃん(小学一年生)を

超心配しているママがいました。

大丈夫よ。子供は必ず成長する。子供ちゃんを信じて、ど~んと構えててあげてね。

ママがハラハラしていると、子供に伝染するよん。

そう言いたかったけれど、

無責任な発言のような気もして、やめました。

言えば良かったかな。言わなくて正解だったかな。   


年上のアタシの経験談で、安心させてあげたい気もしたけれど、

いろんな子供がいて、いろんな親がいて、子育てに、何が正解って

無いような気もするし。


心の中で、ママのことも、学校に行きたくないその子供ちゃんのことも

応援したいと思います。

もし、乗り越えられたら、きっと、人間の複雑な感情を理解しようとする

大きな人間になれのではないかと思います。     アタシも そう なりたいヨ!



野暮用で出かける上子と、仕事へ行く夫へお弁当をつくりました。

お揃いのお弁当持って、いってらっしゃ~い。  

二人へお弁当




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/22 09:09 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(14)

絵本 「てん」

今日は、久しぶりに絵本読み聞かせに行ってきました。

対象は、小学校一年生です。本当に可愛い。

みんな、アタシが読んでいる傍から、アタシの真似をして、絵本を読みはじめまして、

大合唱となり、盛り上がりました。みんな笑顔です。


これは、今日読んだ本じゃあないけれど、紹介します。

絵本 「てん」

てん1


お絵描きの時間が終わっても、ワシテの紙は、まっしろ。

な~んにも書けませんでした。

てん2


先生が、「なにか しるしを つけてみて。どうなるか 見てみるの」

と言うので、ワシテは、力いっぱい紙にマーカーを押し付けます。

てん3


てん4


先生はそれをじっくり見つめて 静かに言います。

「サインして」

ワシテは ちょっと 考えてから 言います

「いいわ。絵は描けなくたって、なまえくらい、サインできるもん」

てん6


次の週、ワシテはびっくり!先生の机の上に立派な金色の額縁に入った

ワシテの てん が 飾られている!

てん7


ワシテは思います。

「わたし、もっと いい てん だって 書けるわ!」

ワシテは描きまくります。きいろの てん。 みどりの てん。 あかり てん。 あおい てん。

色を混ぜてみたり、ちいさな てん だけじゃなくて、おおきなのを 書いてみたり。

そのうち、ワシテの てん は 大評判になります。

てん8


ある日、ちっちゃな おとこの子が ワシテに言います。

「おねえちゃんは、すごい 絵描きだね。ぼくも書けたらいいのに。

 ぼくは、 定規を使っても、まっすぐな 線が 書けないんだよ」


さて、ワシテは、どうしたでしょう。

考えて、みてね。  あなたなら、どうする?



認められることで、やる気をだして、

自分に自信を持ち、自己を肯定できるようになったワシテ。

そして、ワシテは、人を認めることをもできるようになったのですよ。



図書館で絵本を眺め、たいていのを 素晴らしい!素敵!と思うのですが、

この本には、自分が飲み込まれてしまうような、強い吸引力がありました。

小さな本で、絵も小さく、読み聞かせには向かないのですが、

子どもたちにも、子育て中の親御さんに読んでほしい

名作だと思います。

絵も、かわいいわ~。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2017/09/20 22:38 ] 絵本 | TB(0) | CM(16)

笑う

ローズマリーの花が咲きました。ローズマリーって、こんな花が咲くんだね。

ローズマリーの花

ローズマリーの花2



蔵王の産直市場での 出来事なんだけれども・・・

狭い店内で、知らないオバちゃんの買い物カゴが、アタシのお尻に、思いっきり強く

当たっちゃったのね。

混んでいたし、ワザとやったんじゃあないだろうし、普通に

「あら、ごめんなさいね」

とでも言われれば

「いいえ。どういたしまして」 で済む話なんだけれども、

その オバちゃんは、

「あら、ごめんなさいね。あ~はははは

と、謝罪の言葉の後に、大笑いを付けてくださったのです。

人のお尻に痛い思いをさせて、笑うんだネ。頭にきました。

怖い顔をして

「はい」

と、言いました。夫に、その出来事を話したら

「人に痛い思いをさせて、笑うとは失礼ではないか」

と、面と向かって抗議すべきと言われたのですが、面識のない知らない人なので

抗議すれば、逆ギレして危ない行為に発展してしまう個性の人かもしれず、

それとなく、の反撃にトドメマシタ・・・・。


笑う。


そこで笑うことを、どうしても理解できない、そんな笑いをする人が苦手です。

たとえば、某ボランティア活動で関わっている、某公民館の職員の方の笑い。


「え~っと、この日は、あ~はははは。公民館長が外出の日なのね~あ~はははは

 だから、行事は難しいですね~あ~はははは


なぜ、笑うのか、理解できません。

面白くありませんし、笑いを狙っているギャグを言っている とも思えません。

アナタが笑っている時間、議論(もしくは説明)は前に進みません。

時間の無駄です。



フルタイムの正社員で働いているころ、上司の指示を笑ってごまかして

逃げようとしているオバちゃんがいました。

「〇ちゃん (自分の事を上司の前で ちゃん付けで言っていた彼女 ) は、

そんなこと、怖くてできないよ~ん。あ~はははは



笑ってごまかす、それは文化なのでしょうか。

アタシにはわかりません。

口角を少し上げての、微笑じゃあないのです。大口を開けての大笑いなのです。



苦手だなあ。


人それぞれ、苦手なことってあると思います。アタシは、そういう 笑い が苦手だけれども

そうじゃあない人もいるでしょう。アタシの不快感が、世の善悪の基準ではないので、

仕方のないことなんですけどね。

自分の 何かの癖 だって、他の誰かにとっては、不快なのかもしれないしネ。


どうしたらいいことやら。この イライラ。  

美味しいもの食べよ。  ←太るぅ!


      皆さまの周りにも、理解できない「笑う人」っていますか~! (。´・(ェ)・)




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/19 11:39 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

蔵王に行って

蔵王町に行って、産直野菜や

野菜たち


梨、を購入し、

梨たち


新米(ひとめぼれ)の升すくい も 挑戦してきました。

新米升すくい


産直市場で、新米祭りだったのよ。

1回すくって、300円。すくった量を300円で買えるわけです。

ちなみに、一升マスじゃなくて、半分。五合マスでしたよん。


長雨の影響で、ほとんどの田んぼは、まだ稲刈りしていないんだけれど、

このお祭りのために、ちょっとだけ稲刈りしたとのこと。

帰宅して、さっそく炊いてみたら~。う~ん。おいしい。

甘みがあって、ツヤツヤしてて、コシがあります。

みなさん、宮城のお米は今年も大丈夫ですよ。

長雨で、アレコレ言われたけれど、大丈夫ですよ~!


蔵王と言えば、大好きな里芋は忘れずに買わなくちゃいけません。ラブ♡

蔵王の里芋


こちらも美味しい。なんと言葉にして良いかわかりません。

ネットリと滋養たっぷり。寿命が30年延びる気持ちになります。

アタシ、何歳まで生きるつもりなんでしょうか。 希望・・・150歳。  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


食べて、美味しいな~と思えることって、とても、ありがたいことです。

いろいろ野菜と一緒に煮ました。 アタシは、東北の田舎主婦。煮物ならまかせときぃ

里芋煮物


大地の恵みに感謝!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/17 21:16 ] 出来事 | TB(0) | CM(18)

2017 北海道旅行 その9 藻岩山ロープウェイと小熊邸

下子と一緒に、tugumi365さん お勧め、札幌 藻岩山ロープウェイに乗りました。

藻岩山ロープウェイ看板

藻岩山ロープウェイこれにのって


頂上からの眺めは爽快でした。風があって、寒かったです。

札幌、広いなあ。よくぞ、開拓したものだわよ。

藻岩山ロープウェイ頂上から20170830_134502


帰りに、すぐ近くにある ろいず珈琲館 旧小熊邸 に寄りました。

oguma_gaikan.jpg 画像お借りしました

こちらも、tugumi365さんのお勧めです ♪


小さな熊が出没する家だから小熊じゃなくて、もともとは、

北海道帝国大学農学部の先生の小熊捍(まもる)先生の自宅だったそうな。

有名な建築家、田上義也さん設計です。


シンプルなインテリアに上品なステンドグラスがオシャレです。

小熊邸中

小熊邸中2

小熊邸中3


落ち着きます。

珈琲&ケーキを頼みました。800円。

小熊邸チョコケーキセット

小熊邸チーズケーキセット


下子は

「こんな美味しい珈琲とケーキは、人生初めてだ!」

と、うっとりしていました。


ケーキは、しっとりとして、程よい甘さでした。

チョコはあたたかく、チーズは冷たく、

それぞれ、あたたかいこと、冷たいことの良さを感じました。

珈琲は、香ばしく、ほろ苦かったです。

苦いって、美味しいんだなと、知りました。


冷たく、あたたかく、苦く、みんな良くって、そしてベースの、水の美味しさを思いました。

水が美味しくなくちゃあ、ネ★

まるで、人間みたい じゃあないの。ベースが美味しくなくちゃあネ。



雄大な眺めの後に、美味しい珈琲&ケーキ。

人生の垢をそぎ落として、次への活力がモリモリと出てくるような

元気の出る時間でした。



    追伸:  「キツネにエサを与えないでください」という看板を見ました。

         キツネが、そこここに、いるようです。 
        




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


[ 2017/09/16 11:20 ] 旅行 | TB(0) | CM(16)

野菜と、お喋りと、怖かったこと

雨ばかりの日が長く続いて、我が家の家庭菜園は、もうすっかりダメになったとばかり

思っていたのに、最近の天候、少し良くなったせいか、

野菜たちは、最後の力をふりしぼって、実をつけてくれています。


↓ 一部
2017野菜たち


ありがとう。癒されるわ~。

       この、最後の最後のど根性。アタシに似ているわよ。なんつって。

       でっかくなりすぎの キューリ もアタシに似てるわよ。なんつって。


今日は、それを近所に住む友人に少しだけおすそ分けしました。

お届けした際、30分だけ立ち話しちゃいました。

たいしたこと喋っていないんだけれど、なんだか、気がせいせいしました。

女は、お喋りでストレス解消するのかしらね~。


↓ ピーマンたち
2017ピーマンたち


こんな平和な日常を、こんな平凡な愛すべき日常を、壊されたくな~い。

今朝、何か飛んできたらしいけど~。

ああ、怖かった。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/15 21:45 ] 出来事 | TB(0) | CM(13)

病院でバッタリ

生まれ故郷の郷土料理 ”だし” です。

やまがたの だし

紫蘇、茗荷、茹でたおくら、塩もみしたナス、キュウリ、、、

夏の野菜がたっぷりです。  もうすぐ夏が終わると思うとなぜか寂しい。




さて、今日は病院受診の日でした。

持病治療のため、毎月通っています。少し大きめの総合病院です。


で、毎回のとおりに、朝、病院に到着して

入口から目的の受診科診察室に向かって歩いていると、


なんと、以前働いていた職場の上司にバッタリ遭遇しました。びっくり~!

アタシより25歳くらい年上の男性です。


「こんにちは~お久しぶりですぅ」

アタシは挨拶しました。そして、続けて言いました。

「まあ、お元気そうで何より。お変わりありませんねぇ」



あ  イカン 

ここは病院だわよ。

具合が悪いから来ているわけだわよ。  元気じゃあないわけだわよ。

  ここは、入院患者さんへのお見舞いの人が入る場所じゃないし~

  本人の受診のために来ているとしか思えない場所だし~


・・・・・・・


「あ、具合が悪いから病院に来ているんですよね。失礼しました」

そう素直に謝るアタシに、彼は苦笑いして、

「じゃあ」

と手を振り、アタシの行く方向とは別の方向 (ほかの診察科がある方向) へ歩き

去って行きました。


・・・・・・・


気を悪くされたかしらねぇ。


ま、いいか。  



こんなアタシでも、この年まで何とかやっています。

世の中、ありがたいものです。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/14 21:03 ] 出来事 | TB(0) | CM(17)

2017 北海道旅行 その8 豊平館

明治14年、開拓使が洋風ホテルとして建設した豊平館(ほうへいかん)。

ブログ友達 tugumi365さんにお勧めしてもらい、行ってきました。

札幌、中島公園という大きな公園の中にあります。

白にマリンブルーが綺麗です。

901豊平館


屋根に開拓使のマークが!

902豊平館


後ろ側に近代的な建物↓がくっついていて、

903豊平館


↓ ここから入ります。

904豊平館



中に入ると、こんな感じ。

905豊平館

906豊平館

908豊平館

907豊平館


設計は、開拓使 工業局 営繕御用掛 安達喜幸さん。

909豊平館

ここでも、赤れんが庁舎の時のようにボランティアガイドさんがいらして、

教えてもらいました。

安達喜幸は、江戸で代々 大工を生業にしている家 に生まれたそうな。

それが、札幌のホテルの設計とはねぇ。

当時の大きな時代の変化を思わされます。


実際の工事を請け負ったのは 大岡助右衛門さん。

910豊平館

ボランティアガイドさんによると、技術力のある職人を、札幌に多く集められる

大人物だったそうな。

今、ネットで調べてみると、う~む、その通り。

現在の神奈川県に産まれた彼は、大工として江戸で働いていましたが

親方が、函館五稜郭の建築を請け負ったことで函館にうつり、次第に

頭角を現します。情に厚く、

箱館戦争で、旧幕府軍の遺体が各地に散乱すると、新政府の禁令に屈せず

遺体を拾集し、箱館の寺に埋葬したそうな。スケールがでっかいなあ。

人間、上の命令に屈せず、信念で生きたいものだわよ・・・



と、あれこれとボランティアガイドさんは、熱心に教えてくださって、大感謝です。

アタシと同年代くらいの女性でした。


「道路建設に用地買収の苦労は無かったけれど、

 オオカミに襲われて大変だったようです」

「アイヌ民族が字を持たなかったことで、貿易交易で、

 彼らは大変不利益な思いをしたに違いありません」


なるほど。お話は豊平館のことを飛び出し、

情熱的で情感こもり、郷土の歴史への愛を感じましたよ。

もっともっと聞きたくなって、時間がいくらあっても足りないくらいでした~。

「お願いです。個人的にお友達になってください。お茶でもご一緒に」

と、言いたくなりました。

でも、勇気が無くて言えず・・・

アタシに、大岡助右衛門さんとまではいかなくても、大きな心意気があったらなあ。


中島公園内、鴨(だよね)がいました。人が近づいても全然逃げないの!

中島公園鴨




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。




ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/13 10:57 ] 旅行 | TB(0) | CM(19)

映画 「サンブンノイチ」 感想

はじまって10分くらいで、窪塚洋介演じる破魔翔が哀川翔の物真似するんよ。

「なめんじゃねぇよ!」  

似てる~。わはははは。DVDを一時停止して、自分も真似しちゃったわよ。

「なめんじゃねぇよ!」 

似てねぇ~。わはははは。     なにやってんだがっ! はい、こんなんがアタシです。礼

みなさん、できますか?意外と難しいですよね~  ♪(/・ω・)/ ♪


サンブンノイチ


お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシ、3作目の監督作品だそうなコレ。


キャバクラの雇われ店長シュウ(藤原竜也)と、

その店のボーイで、シュウとは仲良しのコジ(田中聖)と、

店の常連客のケンさん(小杉竜一)は、三人それぞれの理由で金に困り

銀行強盗を計画。見事成功したものの、金の分け方で喧嘩になり、揉めているうちに

三人の背後で彼らを操っている・・らしき存在が見えてくる。

互いに互いを疑う。

こいつ、裏で誰かと手を結び、俺を騙してんのか?金を独り占めしようと?


最後に金を手にするのは誰か?誰と誰が味方で、誰が敵なのか?

ストーリーは二転三転。ごちゃごちゃしてて、わけわかんな~い、、、??


緊急事態な状況の中で、シュウもコジもケンさんも緊迫して必死。

かかわってくる金貸しばあさん、渋柿(池畑 慎之介)も必死。

キャバクラ経営の破魔翔(窪塚洋介)も必死。

ノンストップ疑心暗鬼。逆転につぐ逆転。ハラハラドキドキ。ハードアクション。


でもね、この映画、深刻なのに笑える のよ~。ああ、この映画を見て

眉をひそめる自分じゃなくて、笑える自分で良かったよ。

あ~面白かった!すっきり!  こりゃあ、健康に良い映画だわよ。

          健康第一。どっか行けストレス。

サンブンノイチ2


金貸しばあさん、渋柿↓のセリフ

サンブンノイチ渋柿 ← 超怪演

「アタシは8人子供産んでんだぁ!

 お前が経験した修羅場なんて、

 分娩台に比べたら、クソみたいなもんなんだ! 」

に思いっきり共感したアタシは、それも真似 してみました。


うん。今度はうまく出来た!さて、誰に披露すれば・・?    




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2017/09/12 09:34 ] 映画 | TB(0) | CM(10)

工夫できる幸せ

雪やこんこ


六花亭のソフトクリーム、雪やこんこです。

北海道旅行中、下子と一緒に行って食べました。とても美味しい。

六花亭のお菓子って、全て、六花亭独特の美味しさに包まれている気がします。

やさしい味なんです。乳(ちち)の恵み、というか。


珈琲もおいしいよ。

六花亭のコーヒー



さて、今日は、紙芝居上演講習会に行ってきました。

いつも勉強させてもらっている団体 とは 違う団体が主催です。

だから、方針が違います。

考え方が違い、よって、演じ方が違います。


いろんな団体のいろんな やりかた に触れ、自分の やりたいように

やればいいな と思いました。

その紙芝居に合った演じ方を考え、自在に演じ、

見ている観客と一緒に楽しめるといいなあ・・・と思いました。

六花亭の花



緑内障を患いながら、

趣味の紙芝居を楽しんでいるという方がいらっしゃいました。

視野が狭くなってきていて、紙芝居の絵の裏に書かれた文章が

読みずらいから、自分でワープロを打って貼り付け、

何とか読めるようにしていらっしゃるとのこと。


病気のことがあっても趣味を諦めず、工夫して何とかしていること。

とても感銘を受けました。


アタシも、持病のために、絵本や紙芝居、うまく読めないことがあります。

でも、あきらめません。

工夫することを許されていること。そう、工夫できる幸せを思うからです。


工夫することすら、許されない状況ってあります。

それを思うと、今を幸せに思います。 これまでの人生に、家族に、自分の頑張りにも感謝です。


趣味の絵本読み聞かせや、朗読。紙芝居。夏休みが終わって、また再開です。

ワクワクします。笑顔で、また楽しみますよ~(^◇^)




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/10 22:03 ] 絵本 | TB(0) | CM(14)

2017 北海道旅行 その7 赤れんが庁舎 続き

赤レンガ庁舎に飾られた名画の数々。大迫力でした。素晴らしいです。

一番目立つ、階段を上がったところにあったのが、松浦武四郎氏を描いた絵。

松浦武四郎

道民に尊敬されている方なのでしょうか? 

アイヌ民族に案内されている様子が描かれています。


と、偉人の功績をたたえる絵も素晴らしいのですが、

産業の歴史等を描いた絵も力強くて、心ひかれました。

多くの各種技術者の方々が、どんだけの苦労をし、情熱を持って仕事をしたかと

思わされます。

息遣いが襲い掛かってくるようでした。


屯田兵の開墾
屯田兵の開墾


入植時の測設
入植時の測量


冬山造材
冬山木材切りだし


鰯漁の盛況
鰯漁


と、ここまでの写真で気が付かれましたか?

これ、本に載ってる絵を撮ったものなんですぅ!

アタシが、一枚一枚、あちこちの壁にかかっている絵の写真を撮っていると、

ボランティアガイドさんが

「そんなことやってるぅなら、これの写真を撮りなさい!」

と、赤レンガ庁舎に飾られている全ての絵が載っている

絵画画集を奥から持ってきて、貸してくれたのです。

観光客の方が沢山いて、

なかなかうまく写真を撮れないのを気の毒に思ってくださったのでしょうか。

本の写真を撮るのもアレかなと思ったのですが、ボランティアガイドさんが

「この本は世界に一冊しかない。貴重な本なんです!

 それを、あなたに貸しましょう」

と、得意げなので、本の写真を写真に撮ることにしました・・・・。 (つω-`。)


でも、これ↓ 片岡球子「函館街頭風景」は、壁にかけられているのの写真です。

片岡珠子3

な、斜めからしか撮れませんでした・・なぜなら・・・

こんな場所にあったからです!

片岡珠子2

パネルの裏に・・・・!片岡球子の絵が!

しかも、

片岡球子

地震時に箪笥等がひっくり返らないように、天井との間に取り付ける

突っ張り棒を土台にしている!


片岡球子の絵が! おおお!


道民の方の大らかさ、柔軟な発想と行動力。素敵です。

片岡球子さんの絵 の突っ張り棒 で、ますます北海道が好きになりました。


片岡球子って、札幌出身だったんですね~知りませんでした~。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/09 15:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(14)

2017北海道旅行 その7 赤レンガ庁舎

赤レンガ庁舎です。 北海道庁旧本庁舎。

赤煉瓦庁舎斜め

赤レンガ庁舎三連アーチ

赤煉瓦庁舎内部

ちなみに、赤レンガ庁舎は、

明治2年に政府により設置された、開拓使時代の建物を再現したものではなくて、

明治19年に設置された、北海道庁の庁舎として、明治21年に建てられたものを

復元工事補修工事等して(明治42年には火災にあっている)いるものです。

ボランティアガイドさんに教わりました。


ブログ友達、tugumi365さんに、

    tugumi365さんのブログ → はこだて散歩日和(パッチワーク日和)
 
ボランティアガイドさんの存在を教えてもらってましたので、

ボランティアガイドの男性に、ガイドを頼んだのです。

とても親切で物知りな方で、アタシが何を質問しても、即座に答えてくださいました。

            tugumi365さん、ありがと~ヾ(o´∀`o)ノ


歴代の長官さんや知事さんがお仕事をされた執務室。

長官知事執務室2

ボランティアガイドさんは、二重窓を開けて見せてくれました。

夏は、内側の窓を右奥に収納できるようになっているそうです。

長官知事執務室4

今では北海道では当たり前の二重窓。

でも、明治のころの庶民の家はこんな感じだったそう。冬は超寒いでしょ~!

当時の民家

ボランティアガイドさんによると、

政府は二重窓を奨励し、補助金を出し、冬の寒さに耐えられるよう、家を整備するよう

通知したそうですが、庶民は言うことを聞かず、お金は

お酒を買う代金にあててしまったそう。

怒った政府の役人が、家に火をつけて回ったことがあるんだって!

豪快だなあ。いやいや、放火はいけません。


執務室入口。たも材一枚板の扉。野球のバットにも使われる、硬い木 だそうです。

長官知事執務室3



歴代長官知事執務室のほかにも、文書館樺太関係資料館北方領土館など

北海道の歴史を学べる部屋がたくさん あり、ボランティアガイドさんは

全て丁寧に解説してくれました。

無料ですよ!信じられません!


文書館は、松浦武四郎氏の蝦夷地(当時の呼称)探検の時代からの、

北海道の歴史が解説されています。

安政四年からの松浦武四郎超人的な調査の成果。

松浦北海道図

松浦北海道図2

すごく細かい。足で歩いて調べたって、すごすぎ。

松浦武四郎さんは、「北海道」という名前を考案したことでも有名です。



函館戦争後、政府によって開拓使が置かれた時代、

明治六年ころの札幌の様子が再現されていました。

明治6年当時の札幌

今の大通公園の北側は官庁街、南側は町人の町として整備したそうです。

すすきの は、政府がつくった 遊郭 だったそう。

遊郭の塀だったところが今でもわかる、あそこのあれが、、、

とガイドさんが説明してくれましたが、

すすきのって、一回くらいしか行ったことないよ。よくわからず・・・ゴメンヨ。

でも、ああ、あれだね!と、話に乗ってきた通りがかりの男性がいらっしゃったので

良かったです。あなた、詳しいのね~ふふふ~。



さて、開拓使は、北辰旗 を開拓使を象徴するマークとして使いました。

↓ 北辰旗
北辰旗

北辰 とは北極星のこと、とのこと。

北海道と北極星って、ぴったりだと思いました。誰が考えたんだろう?

これは、当時のサッポロビールのラベル。

当時のサッポロビールラベル

赤レンガ庁舎見学のあと、豊平館や札幌市資料館にも行きましたが、

象徴としてでしょうか、このマークが建物に付けられていました。

現代でも!あ!これは、すすきの大交差点のサッポロビール看板だ!

すすきの大交差点

この、わかりやすい看板の嵐。アタシは大好きよ。


そして、庁舎内には、そこここに、素晴らしい絵が飾られていました。

長くなりすぎ。  いやあ、赤レンガ庁舎が素敵すぎて。

次回に続きま~す。







↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/08 09:57 ] 旅行 | TB(0) | CM(14)

2017北海道旅行 その6 羊ヶ丘展望台と小樽

おばさんも大志を抱け


大学三年の甥っ子だけじゃあない、アタシや妹も、大志を抱いたっていいだろう。

ということで、クラーク像と一緒に記念撮影。

あんなに ちっちゃかった甥っ子と一緒に、旅行して記念撮影とは!!

感慨無量で、泣きそうなアタシでした。



羊ヶ丘展望台羊

羊ヶ丘展望台には、名前のとおり、羊さんがいました。

ひろ~い放牧地なのに、ちゃ~んと観光客から見えるところで

草をモグモグしてくれてました。

羊って、もっと白くてフワフワしているイメージだったけど?茶色いぞ!



ものすごく美味しい白い恋人ソフトクリーム

売店で買ったソフトクリームが美味しい。美味しすぎ~!

牛乳が濃い。それが甘くてうまい!きっと、牛乳の質がいいのよ。そう思える味。

(((o(*゚▽゚*)o)))



と、一行は、その後、札幌を後にし、小樽に向かいました。

移動する車内で、妹が言いました。

「アタシ、(今日のお昼は小樽で)札幌ラーメン食べたいな!」


・・・・


今、札幌を後にしてるわけで、小樽に向かっているわけで、

やはり小樽と言えば海産物。海鮮丼とかそ~いうのにしよ~よ~

でも、アタシが、アタフタしている間に、妹の旦那さんと甥っ子は言います

「そうだね。Y子ちゃん(妹の名)がそういうなら、そうしようゼ☆」


・・・・・


妹の家は、妹の意志ですべてが決まっているようでして、

アタシは何も言えず・・・でした。

だって、妹の旦那さんに車の運転お願いしてるしね。一応気を使います。


で、小樽で食べたのがこれ。

エビラーメン。

海蔵エビラーメン

ここの↓

海蔵


味がちょっと薄かったけど、エビの風味が美味しかったですよ。




小樽運河

↑小樽運河。画像お借りしました。


妹がアタシの写真を撮ってくれました。

その妹の後ろで、妹の旦那さんもスマホをこちらに向けてくれています。

アタシが、心の中で

「アタシの写真を撮ってくれるなんて、良い人だなあ。後でお礼を言わなくちゃ」

と思っていると、妹の旦那さんが、笑顔でいいました。

「姉の写真を撮っている Y子ちゃんを 撮っちゃった えへっ」


どんだけY子が好きなんだ!君は! 


そう、妹の旦那さんは妹にラブラブなのです。

いまだにY子ちゃんと妹を呼んでいることでも、容易に推測できるでしょう。

アタシは苦笑いしながらも、妹の幸せな家庭生活を思い、嬉しくなりました。


妹はその後も、オルゴール博物館に行くと言ってみたり、行かないと言ってみたり、

船に乗ると言ってみたり、乗らないと言ってみたり、思うがままのワガママを言い、

でも、その都度、自分の夫と一人息子から、笑顔で

「Y子ちゃんがそう言うならそうしよう~」

と言われていました。

アタシは悟りました。妹は、愛されるゆえのワガママ女なのです!

はははは。  





 ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/06 23:04 ] 旅行 | TB(0) | CM(18)

2017北海道旅行 その5 北海道大学

旅行二日目、JR札幌駅近くの北海道大学に立ち寄りました。

NHK テレビ番組 ブラタモリ でも紹介されていた、サクシュトコニ川近辺です。

北大1

北大2

北大3


札幌の中心街は豊平川扇状地の上にあり、昔は地下水が豊富で、

北海道大学植物園北にあった伊藤さんの家に湧き出た泉を水源とし

北流して、偕楽園(明治時代に開拓使によって整備された公園)

に湧き出た泉の水と合流し、

北海道大学構内に流れ込んでいたそうです。

なんと、昭和初期まで、鮭の遡上も見られたって!びっくり!

都市化により、水源が枯れ、姿を消してしまった現在、、、

人工的に導水し、上の写真のように整備しているとのこと。

北大4

とても美しく、のんびりできる空間になっています。

北大5


保育園の子供たちでしょうか、お揃いの帽子を被った2~3歳くらいの子が

大勢遊びに来ていました。

お母さんに連れられた少年が、虫取り網を持って、ちょうちょを追いかけていました。

老夫婦(話したわけじゃないけどたぶん夫婦と想像)が、

一緒にベンチに腰掛け、おにぎりを食べていました。

アタシと妹一家も、ベンチに腰掛けて、パンを食べ、缶コーヒーを飲みました。

市民の憩いの場というのは、こういうのを言うのかな?


観光施設として整備されたところに行くのも楽しいけれど、

その地の人々の普段の暮らしを垣間見る、

こんな観光の時間も良いと思いました。



 ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/06 10:41 ] 旅行 | TB(0) | CM(10)

2017北海道旅行 その4 ポロトコタン アイヌ民族博物館

ポロトコタン アイヌ民族博物館に行くことが出来ました。

夢が かないました。

ポロトコタン1

入口近くにあるコタンコロクル(むらおさ)像です。

なんと16メートルもあります。  でっかいです。自分が小さく見えて心地よいです。



ポロトコタン アイヌ民族博物館は、

アイヌの文化遺産を保存公開するために、北海道白老市につくられた

野外博物館です。

白老市街地にあったアイヌの集落をポロト湖畔に移設

ポロトコタン2

ポロトコタン3


また、アイヌ民族が食用や薬用として多く用いた植物を解説、展示した植物園

アイヌ民族が神と崇めたヒグマや北海道犬のいる飼育舎や、

アイヌ民族の生活等の様子がわかる博物館などもありました。

ポロトコタン6

ポロトコタン7


一軒の チセ(家)では、アイヌ古式舞踊が披露されていました。

ポロトコタン4

舞いながら歌います。

声は大きく良く通り、 個々それぞれの声が響きあい、迫力がありました。

アイヌ民族が、自然と共存し、自然を崇める文化を持っていたのを

納得できるような、人間って、自然の一部なんだなと思えるような

大地の歌声でした。

ポロトコタン5



しみじみしたところで、チセの内部、鮭を保存している様子です。

ポロトコタン9 


民族衣装を来て、いい気になっているのは誰でしょう?

アタシです。 ♪(o・ω・)ノ)) 

300円で衣装を貸してくれました。

日光江戸村でも花魁の衣装を着たアタシ。これは着ないわけにはいきません。


熊の像です。 熊の真似をしているアタシです。

ポロトコタン8 熊の真似のつもり。

ここは、笑うところです。よろしくお願いします。  なにやってんだがっ!



さて、アイヌ民族は、文字を持ちません。

歌も、それから伝統的な手工芸も、狩りの仕方も、すべて口頭で伝承されたのでしょう。


縁があって読んだ「アイヌ文化の基礎知識」という本で、

アイヌ文化の基礎知識  ←愛読書

「アイヌ民族はなぜ文字を持たなかったのか」

という章があります。なぜ文字を持たなかったのかは、その本によると、

推測の域を出ないとのことですが、

心に残った文章があったので紹介します。


アイヌのおじいさんおばあさんに話を聞くと、その物覚えのいいこと、博識なことにいつでも驚かされます。それは、忘れてしまったら二度と取り戻せないという気持ちで、いつでも物事に接してきたからです。ですから、かえって文字をつかってノートなどに書いてしまうと、書いたものから安心して忘れてしまうことになるというわけです。この点は私たちも反省してみる必用があります。現代は情報化社会で、手を伸ばせばいくらでも欲しい知識を手に入れることが可能です。しかし、そのうち自分が本当に身に付けているという知識はどれだけあるでしょうか?文字を持っていない民族や、文盲といわれる人たちを、私たちは馬鹿にしがちですが、本当に私たちの方がその人たちより豊富な知識を持っているのでしょうか?



この本、初版は1993年です。何年前?計算できないわ。

でも、今でも、アイヌ民族博物館で売られていました。売店で見ました。

アイヌ文化について学びながら、”自分の今”を考えさせられる名著だと思います。


旅は続きます。






 ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/05 22:21 ] 旅行 | TB(0) | CM(23)

2017北海道旅行 その3 空港ソフトクリームと苫小牧ホッキ丼

新千歳空港に無事到着して、ホッとしたアタシたち一族(アタシ、妹、妹の夫、妹の子)は、

さっそく空港内でソフトクリームを食べました。

よつ葉ソフトクリーム看板 北海道といえばソフトクリームだべや☆


よつ葉ソフトクリームふたつ

まあ、一人で二つも食べようっていう妹!食いしん坊ね!


じゃあなくて、妹はアタシのぶんも注文してくれていたのに、

アタシはそれに気が付かず、自分のぶんを重ねて注文してしまい、

四人で五個のソフトクリームを食べることになっちゃったのです!

一人で二つを持つことになった妹に、

「Y子ちゃん (妹の名) だけ、食いしん坊だって周りから思われるね~」

と言う妹の旦那さん。妹は

「旅にハプニングはつきものだ!こいつは最初から縁起がいいな!

 次は何かな~笑」

だって。 超 ポジティブな やつ・・・☆


ソフトクリームは、スタンダードなお味で、どんな人をもほっとさせてくれるものでした。


最初の目的地のポロトコタンに向かう途中、

お昼時になり、苫小牧でご飯を食べようということになりました。

樽前山を横に見ながら、一族全員で、

「レッツゴ~ ホッキ貝!」


行ってみた 超有名店 まるとま食堂は、、、休み、、、( ˘•ω•˘ )

まるとま食堂看板
ボケててすみません。まるとま食堂の看板です。


なんだかなあ。計画も立てず、急に行こうとするからだよ~

でも、すぐそばの、海の駅ぷらっと内、

海の駅ぷらっと

観光客用食堂で、

ぷらっと食堂


名物のホッキ丼を食べることが出来ましたよ~。

ほっき丼


この一切れは美味しい。これはよくわかんない。この塊は貝柱??ヒモ??

なかなかエキサイティングでした。 やわらかいのには びっくり!


お店の名前忘れました・・・たぶん、ぷらっと食堂だと思われます。

来ているお客さんの年齢層が高かったのは何故?



苫小牧顔はめ

顔 はめました。顔はめあったら はめたいですよね~

ああ、苫小牧に行けて良かった~。妹も、一生自慢できると言っていました。



 ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/09/03 18:47 ] 旅行 | TB(0) | CM(18)