fc2ブログ

良い一年でした

今年は、とても良い一年でした。

今まで生きてきて、三番目くらいに、良い一年でした。

(子供たちを出産した年が一番で、子供たちが大学に合格した年が二番です)

(結婚した年は入っておらず・・・笑)


さようならとりどし


まずは、妹たちと、関東や北海道に旅行できた のが良かったです。

アタシと妹は、貧しく育ちました。家庭的に恵まれていませんでした。

楽しい旅行なんて、とんでもないことでした。

それが、この年になって、浅草の牛鍋屋さんに行ったり、北海道でジンギスカン食べたり

笑顔で旅が出来ました。妹とアタシは言いあいました。

「いや~こっだなごどもあるんだな~しんじらんね~」

 直訳 (いやあ、こんな事も起きるのですね~信じられません~)

どんなに嬉しかったか~。

きっかけを作ってくれた妹や娘たちにはもちろん、行かせてくれた夫に

感謝しています。


それから、趣味の絵本読み聞かせや、朗読、 充実して活動できました。

お祭りで紙芝居を上演できたのも嬉しかったのですが、何といっても、

朗読会の大成功が、感激でした。

朗読を始めた頃、アタシは、超下手 でした。

でも、練習して練習して、少し、上手になり、誉めてもらえるようになりました。

先生が「次は自己主張だ」とおっしゃったときの感動を忘れられません。

自分を主張すること、表現すること、主張や表現をしていいとされること。

ありがたいことです。先生にも仲間にも、自分の頑張りにも感謝です。

頑張れたのは、先生や仲間たち、そして、絵本読み聞かせ活動で出会った子供たちの

おかげです。子どもたちが、アタシの声を聞いて、生き生きとした目をしている

そのオーラが、アタシに自信をくれました。


また、年末に、急きょ、パート採用されたのも、びっくりな嬉しい出来事でした。

仕事は、詳しいことは言えないけれど、最初は、単純作業的なものと

思っていました。ところが、実際に研修を受けてみると、

マニュアル通りにしなければならないときもあれば、臨機応変な対応も必要なときもあり、

難しいものでした。でも、その仕事内容が、「人のためになる」仕事だと知りました。

心をこめて、仕事したいと思います。

人間関係や、自分の体調のこと、不安ばかりですが、精一杯、誠実に前向きに

やるだけです。努力の場があることは、ありがたいことです。


それらのこと、ブログに書きました。文章にすることは、喜びです。

訪問してくださる方々に感謝です。

あたたかいコメントに励まされ、ひねりの効いたコメントに笑わされ

助けられました。

また、訪問させていただいている方々に感謝です。

内容に共感したり、元気をもらったり、癒されたり、

顔を見たこともない、育った環境も今の状況も、きっと違うだろう人々の

日々の思いなどを知ること、世界が広がった気になっています☆


今年一年、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


そしてここで、アタシの野望を発表します。

来年は、来年は、



今年以上に

素晴らしい良い年にしてみせる!
 




欲張りなアタシ、足るを知らず
 
来年のブログ記事も、三番目くらいに良い年だと書いて見せる!  なんつって!



出会いに感謝しながら、皆様のご多幸をお祈りします。みなさま~愛してるよ~





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/31 21:12 ] 思いつき | TB(0) | CM(15)

ほどほど

今朝、夫は、夫の実家に、雪退治にでかけていきました。

何日間か実家に泊まるみたい。


1メートルも積もるような豪雪地帯。姑一人ではどうにも太刀打ちできません。

「なんでこんなにも雪が多く降るところに家を建てたんだ!ばかやろ~」

と、毎年毎年、夫は言っています。頑張れ~夫よ~。

庭の雪をマイ除雪機で裏山に飛ばし、それから、屋根に登って雪をそこへ降ろし、

落ちた雪を、また除雪機で裏山に飛ばします。大仕事です。

雪は重いのです。日中に少し溶け、それが夜間に凍り、その上にまた降り、、

を繰り返します。


アタシは行きません。娘たちが帰省してくるからね。

上の娘は大みそかに、下の娘は元旦に帰ってきます。


年末年始やお盆に、夫の実家へ帰省しなくてよくなって、

アタシは本当に幸せです。あの頃はつらかったなあ。


テレビでは、帰省ラッシュで新幹線の乗車率がどうこうとか、

高速道路が混んで混んで、とかやってるから、年末年始に

おじいちゃんやおばあちゃんの待つ、故郷に帰省する人が多いんだろうと思いますが、

夫の実家に行く妻は、嬉しいっていう気持ちの人ばかりではない気がするなあ。

もちろん、楽しく思う妻もいるだろうけれど、アタシみたいに、

叱られて、嫌味を言われて、ずっと台所仕事のしっぱなしで、悲しいっていう人も

中にはいるだろうと思う。


先日は、帰省される側の人(60代女性)が

「4人(息子夫婦と孫)も来られると、憂鬱だわあ。布団の心配からしなくちゃいけないし、

料理も気を使うし。おせち料理なんて、面倒で作りたくない」

と言っているのを聞きました。

そうだよねぇ。お姑さんだって、気を使うよね。

お互いに嫌なら、やめればいいのに、帰省。そうはいかないの?


人と人。相性ってのもあると思います。

誰かと誰かが結婚して、舅さんとか姑さんとか婿とか嫁とかって立場になって

でも、気が合わない場合もあるわけで。

その時は無理しないで、つきあわないでいられればいいのになあ。


絶縁ってほどじゃなくてサ。ほどほどにつきあうって感じで。

ほどほどってのが、難しいのかな?




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/30 16:04 ] 思いつき | TB(0) | CM(18)

ま、そのうち慣れるだろ

パートの研修は、順調に進んでいます。

研修初日よりは、少しは慣れたかな?

先輩方は、皆さん優しく熱心に指導してくださいます。


でも、ストレスが・・・・

A先輩とB先輩の言うことが違ったりするのよね。

どっちの言うことを聞けばいいの~~~と迷っちゃう。

でも、そこを追及して、混乱させるのもなあ、と、気を使ったりして、

気疲れ・・・。

先輩方は、アタシのためを思って、言ってくださるのがわかるので尚更ねぇ。


一番 年の近い先輩に、そっと相談したら、まあ、独り立ちしたら、

いろいろなやり方のうち、自分の好きなやり方を選んでやれるようになるから、

それを、誰も不快に思ったりはしないから、と、

慰めてくださいました。

(その先輩も、アタシと同じような経験をしたそうです)


ありがとうございます。何とか頑張ってみます・・・。


しかし、当たり前だけど、職場によって習慣が違いますよね。

その習慣に従って、と思うのですが、それを把握するまで、ストレスだわ~。

早く、慣れたいわ~。

ま、そのうち、慣れるだろ。あんまし考えないで、上手に気晴らししながら

笑顔で、それなりに頑張ろう(*_*)


と、ブログで、あれこれ書くと、とても気が晴れます。

ブログ様様でございます、な、パートおばさんでした!





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/27 19:29 ] 出来事 | TB(0) | CM(11)

新しい世界へ

パートの研修中のアタシです。(忙しいというのは、それが原因なのさ)。

今までに経験したことのない仕事で、覚えることが多く、

なかなか手ごわい研修なのですが、

出来の悪いアタシに、先輩たちは親切丁寧に辛抱強く優しく教えてくださり、

大大大 感謝 なのです。

アタシが早く独り立ちできないと、先輩方に迷惑がかかるので、

頑張って、早く、仕事を覚えようと思います・・・。

先輩方は、「あんまり思いつめずに少しずつ覚えればいいよ~」と

おっしゃってくださります。

そうそう、アタシは、思いつめて、結局出来なくて、心配してまいっちゃうタイプなので、

努力は、もちろんするけれど、適度に、やっていこうと思います。


誠意を持って仕事をしながらも、自分のことも大事にしよう。

趣味の絵本読み聞かせや朗読も続けるしね。

(両立できそうなので、応募した)

(体調も、最近は大分良いし)


しかし、この年になって、新しい世界に飛び込むことができるとは、

なんともありがたいことだわよ。

運命とはわからないものだわ。


追伸: 数年前にパートした会社は、今だから言いますが、

     法的に、ちょっと、、、まずいんじゃあないでしょうかというところがあり、

     まあ、他にも沢山理由もありましたが、そんなことで辞めたのでした。

     今度は、続けられますように。


     体調が、このまま順調に回復しますように。

     優しい先輩たちに迷惑をかけないでいられますように☆




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/22 19:38 ] 出来事 | TB(0) | CM(24)

ぼ~っとした暮らし

眼科医院に行ったところ、緑内障の方は心配いらないとのことでしたが、

視力は、かなり落ちてきてました。

自分でも自覚してて、メガネをつくりかえようかと医師に相談したら、

アタシの場合は、今のメガネを使い続けた方がよさそうな話。

(詳細はカツアイ)

遠くも近くも見えにくい、ぼ~っとした暮らしを続けるのも、まあ、良いだろう、

と、思う反面、今後のことを考えると、不安。

これからどんどん年をとって、ますます目が弱くなったら、ヤだなあ。


ということで、こんなのに挑戦。

目が良くなる魔法の塗り絵本


これを塗りました。

目が良くなる塗り絵

AからZまで、目で追うと、目の運動になって、視力に良いそうです。


ホントかなあ。ま、ホントでも、そうじゃなくても、いいか。




追伸: 明日から ちょびっと忙しく、ブログ更新がなかなか出来ないかもしれません。

     でも、ブログ活動は好きなのでやめません。

     どうかどうか、よろしくお願いします。あかり を忘れないで~~~お願いっ!





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/17 13:31 ] 大人の塗り絵 | TB(0) | CM(18)

子育てに正解なし かな? ただいま嘘つきお母さんなアタシ

アタシは、長くフルタイムの正社員で働いていて、

子どもたちは、小学校にあがるまでは保育園に預け、小学校にあがって2年生までは

学童保育に通わせてました。

3年生になってからの放課後や、夏休み冬休みなどの長期休みは、

家で留守番してもらうことが多かったです。


もんのすごく多くの人に言われました。

愛情不足で子供が おかしくなる。不良になる。犯罪者になる。

 仕事を辞めて専業主婦になれ」

母親が仕事をする = 愛情不足  という考え方なのでした。

みなさん、自信を持って、100% そうなるとおっしゃいました。


アタシは、仕事を辞めませんでした。働くのが当たり前でした。

留守番させるのは心配ではありましたが、

子どもと接触する時間が多い少ないで、愛情が多い少ないに、そのまま

ストレートにそうなるとは思わなかったし、また、

子供たちの将来のために、じゅうぶんな資金が欲しかったのでした。

贅沢な暮らしとまでは行きませんが、まあまあ普通に暮らさせてあげたかったし、

学校に必要な勉強道具は準備してあげたかったし、(体育着とか絵具とか)

学習塾に通いたければ通わせてあげたかったのでした。


学習塾というのは、まあ、いろいろありましょうが、このあたりのそれは、

とてもお金がかかります。

子どもが、そこに行って勉強したいと言うのに、ダメだと言うのは可哀そうに

思えました。  (案の定、通いたいと言ってきました)


自分は、「勉強するな」と言われて育ちました。

お前なんかが勉強して何になる、いい気になるな、電気代の無駄だから

電気つけて教科書見てないで、早く寝ろ。起きていられると邪魔。

と何度言われたかわかりません。

子どもたちには、勉強したければ、好きに勉強させてあげたかったです。


勉強したくなければ、それはそれで良いのですが。要するに、

好きにさせたかったのです。


経済的理由で、自分の現在や将来を決められてしまうということのないように

させたかったのです。


家庭によって、考え方はそれぞれです。

アタシがそう思うだけで、それは正解ではないかもしれません。

でも、他の考え方が正解とも限りません。

正解は、無いんだと思います。


娘達に言わせると、アタシの子育てには不満があったそうです。

あまりにも強制しないんだそうです。

部屋を片付けなさい、朝はちゃんと起きなさい、挨拶をしなさい、

夜寝るときは部屋の電気を消しなさい、

(自室の電気を点けっぱなしで寝てしまうことが多々あり。

 お隣さんから「徹夜で勉強してるのね、偉いわ」と言われて判明。笑)

遅く帰るときは、不審な人物に気を付けてなるべく明るい道を歩くように、

そんな事は言いますが、「勉強しなさい」とも言わないし、「勉強するな」とも言わない。

「〇×大学に行きなさい」とも「進学しないで働け」とも言わない。

「部活で良い結果を出すように練習しろ」とも言わない。


娘のことがどうでもいいんだろう、と思うのだそうです。

(他の家のお母さんは、上記のようなことを よく言うんだそうで)


自分の事だもの、まずは自分で考えるべきと思うけどなあ。

まずは自分で考えてみて、迷ったり悩んだりしたら、親に相談すればいいんじゃ?

相談されれば、どんなにでも親の意見を言うし~~~。

親の思い通りに人生を進んでくれるなら、それはそれで嬉しいし~~~。


と、そう反論したら、うむむむむ、という顔をしてました。

「それはそうだけどさ~」だって。







そうそう、こないだの朗読会のときのアタシの写真をラインで下子に送ったら、

「お母さん、背が高いね」

という返事が!かっこいいね、とか、良かったね、とか言えないのか!

第一、アタシが背が高いことを、今頃気が付いたのか!何年のつきあいだと思ってる!


「そうなの、この半年で四センチ、背が伸びたの。あと十年もすれば

 お母さんは身長が二メートルくらいにはなりそうだわ。おほほほ」

と返信したら、

「嘘つき」

だって。ただいま、嘘つきお母さんなアタシです。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/15 10:26 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(24)

子育ての満喫

友人とラーメンランチしてて、友人が、

「高校生の子に、とっても手がかかる。自由が欲しいなあ」

と嘆いていたので、励ましました。

あと数年で、とっても手がかからなくなる、今を満喫してねって。

アタシの娘二人は、県外の大学に進学して、お金はかかるものの

手 は まったくかかってません。

友人のお子さんも、希望は県外の大学進学だそうで、そうなると

寂しいくらいに 手がかからなくなることは容易に想像できます。

友人に言ったあと、なんだかなあ、自分が寂しくなっちゃいました。

アタシは、満喫 したのかなあって。

考えても、もう遅いんだけどね。


上子の体が弱かったため、あまり手をかけられなかったと思われる

下子に、「ごめんね」と言った事がありました。数か月前かなあ。

下子は、とても驚き、「そ~んなこと、全然気にすることないよぉ」と

優しい言葉をかけてくれましたが。

そうなの、関係は、良好な方だとは思います。まあまあ、連絡をくれます。

しかも、上子も下子も、自分でなんでもやってます。

まあ、一人暮らしなので当たり前ですが。  感謝すべきなのです、アタシ。

巣立ってくれたなあって。


きっとこの もやもやと寂しい感情は、

もっと満喫したかった、できれば、今、満喫したいというアタシのワガママ

なのでした。


もうすぐお正月。娘たちが帰省してきます。楽しみに待っていようっと。

親の心配をしないで、大学生活をおくれるよう、しっかりしなくちゃね☆

お母さんはいつも元気だなあ、ほっといても大丈夫だ、と思われなくちゃ☆




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/14 17:34 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(8)

風が強い日の つぶやき

寒いです。風が強いのです。ご~~~~。

こう風が強いと、玄関の掃除ができません。玄関を開けると

あちらこちらからの枯れ草、ゴミなどが飛んでくるのです。

それに、下手に開け閉めすると、玄関ドアが壊れそうで怖いです。

自分が壊れて飛んでいきたくなります。

12月だし、大掃除したいんだけどな~~~。

玄関はあきらめよう。家の中を片づけることにしよう。


と、まずは、テレビドラマを録画してて見られないで溜まったのを片付けてっと。

そこですか。はい。そこです。

   「明日の約束」、見てますか~~?いいドラマだな~って、来週で最終回じゃ!


ああ、こんなお気楽な家事をしているアタシ。なんと恵まれていることか。

世間の皆様、すみません。

    いや、まあまあ、家事はちゃんとやってる方だと思いますよ。自分としては。笑


お気に入りのカップ
美味しい珈琲を


知り合いの話を聞くと、働いているママは、時間がない、ゆっくりしたいと多く言い、

専業主婦のママは、仕事をして充実した毎日を過ごしたいと多く言い、

人それぞれ、何か、自分の生活には無いものを望むものなのかしらね??


望むとしたら、アタシは何を望むかしら?別に無いかなあ。


あ、夫と、宝くじに当たったら何に使おうか、まあ望むかってことですね、それを

宝くじを買ってもいないのに相談しています。


アタシ「オーブンがあまりにも古いので買い換えたい」

夫  「スケールが小さいなあ。他にないのかよ!

    俺は、温泉旅行に行きたい」

アタシ「それだって、スケールが小さい!温泉を掘り当てる資金にするとか

    言えないのか!」

夫   「温泉を掘る、そんな苦労多いことはしたくないなあ」

アタシ「なるほど、それもそうだよね。じゃあ、苦労の少ない何かを買わないと・・」


くどいようですが、宝くじ買ってません。なのに、ああでもない、こうでもないと

それだけで10分くらい喋っています。何やってんだか。


でも、アタシにとっては、こんな平凡な暮らしが一番なのでした。

望みは、やっぱり、この暮らしが続くことなのでした。

あ、宝くじには当たりたいけど。買ってないけど。   12月は出費が多い!くぅ!






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/14 12:47 ] 思いつき | TB(0) | CM(4)

満員御礼

朗読会は 満員御礼 の大盛況でした。

満員御礼


当日は雪。気温も低く、超 悪天候でした。

「だ~れもお客さん来なかったりして」

「出演者より、お客さんの方が、人数少なかったりして」

な~んて、朗読仲間全員で心配していましたが、どうしたことでしょう、お店の中に

入りきらないんじゃないかと思われるくらいの大勢のお客様が来てくださいました。

そんな大勢の観客の前で、どんなに緊張するかと思いましたが、

アタシ、ほとんど緊張しませんでした。


こんな椅子に座って読みました。
こんな椅子とマイク



自分の順番が来て、観客の前に立ったときに、ふと、普段やっている

小学生向けの絵本読み聞かせ時の 癖 が出ました。


アタシ、ニッコリ 笑ったのです。


絵本読み聞かせでは、読み手のアタシが、いかに今楽しいか、

聞いてくれる小学生のみんなのことを、どんなに大好きだと思っているか

わかってもらいたくて、挨拶時、笑顔でいることにしています。


その 癖 が出たのです。


すると、不思議なことに、この観客の、大人の皆さんのことも、小学生のみんなのように

思えてきました。聞いてくれる観客さん、大好きよ~ という気持ちになりました。

そして、子供たちへの普段のアタシの愛情が、アタシに跳ね返ってきたようになって、

とても心が安心しました。堂々とした気持ちになりました。

ああ、幸せだ、と思いながら読みました。怪談話なのに。。


練習に練習を重ねた今までの成果が、十二分くらい発揮できました。

それはもしかしたら、レベル的に低いものだったかもしれません。

でも、今のアタシにとっては、最高の出来でした。

アタシは、精一杯やった、と、満足しました。

出来不出来ではなくて、自分の一生懸命が出せた最高のところまでできたと思え、

満足したのでした。


仲間は皆、誉めてくれました。アタシも、みんなのことを誉めました。

ふだんの絵本読み聞かせは、読み手は自分一人です。達成感は、自分一人のものです。

でも、今回の朗読会は、仲間と一緒に、達成感を味わうことができました。


観客の方々も、休憩タイムに「良かったよ~上手かったよ~」と声をかけてくださいました。

その中の一人、あとで聞いたら、女優さんでした。びっくり&嬉しい!


こんなカフェが、立ち見客が出る勢いでいっぱいに!
こんなカフェ



先日、市民朗読際に出演したのですが、その時に知り合った人が来てくださいました。

今回の朗読会のことを、ちょっと宣伝してたのですが、お仕事の都合をつけて

わざわざ、聞きに来てくださったのでした。

花束を頂きました。とても感激しました。

うまく読めなくて、何度も何度も練習して、でもダメで、苦しくて、

だけど諦めないで読み続ける。しかも楽しく。

そんな練習時の気持ちを、その花束は、祝福してくれているように思えました。


「アタシはとても幸せだ。幸せすぎる。

 反動で、今に何か不幸がやってくるような気がして怖い」

と、朗読仲間に言ったら、みんな、声をそろえ

「来ない!」

と笑いながら言ってくれました。

もらった花


先生にも仲間にも観客にも絵本読み聞かせを聞いてくれてる子どもたちにも

家族にもブログ訪問者の方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがと~~~~



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/13 14:09 ] 朗読 | TB(0) | CM(22)

読書で心が・・・合戦は避けるべきだが・・・

思い出さなくてもいい、過去の嫌な出来事が

なぜか次々に思い出される時って、絶対、自分の心が弱くなってるとき。

何かあったのだろうけれど、一体、それは何だっけ?


わからない。(´・_・`)


そんな昨日でした。なんだろうな~と思っていました。


と、そういう時に限って、夫が冷たい言葉を発してきたりして、

で、ふだんは「はいはい」と聞き流して、すぐに忘れて、笑顔でいられるんだけれど、

なにせ、心がふさぎ込んでいるので、ムッとしてしまうわけ。

すると、夫も、難しい顔をしてしまうわけ。いかんなあ。


ま、そんな時もあるさ。読書でもしよう、と思ったのですが、、、

あ、いや、その読書がイカンのかもしれない。 たぶん、いや、確かにそうだ!


読んでいるのは、司馬遼太郎「関ケ原」

関ケ原
今、下巻の途中。とうとう合戦がはじまりました!


関ケ原の合戦の前後を描いた小説ですが、たくさんの登場人物が

様々な個性で登場します。それぞれが、それぞれの思惑で活躍します。

嘘、虚栄心、忠義、見栄、陰謀、ぐるぐる渦巻いて、アタシは

今までの人生での自分の価値観がひっくり返されたような気持になっています。

何が正しいというのは、主観なのです。絶対ではないのです。

アタシが今まで憎んできた 悪 は、実はそうじゃないようにも思え、

かなり気分が悪いのです。

あの時の上司の意地悪、あれも、必要悪だったのだ。

損得勘定で動く人。それはそれで、その人にとっては、善 なのだ。な~んてね。


しかし、気分が悪くなるなら読まなければいいのに、

これが、悪いことに、すんばらしく面白いのです。(;゜0゜)
 
困ったもんだわよ。また、落ち込みながら、続きを読む今日なのでした。


や、休み休み、読もう。

これ以上、家庭内が不穏な空気になったら、家庭内合戦になってしまう。笑

嘘、虚栄心、忠義、見栄、陰謀、ぐるぐる渦巻いたりして。ははは。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2017/12/11 11:11 ] | TB(0) | CM(10)

正解は無い朗読に夢中な幸せ

朗読教室で、練習が始まる前、朗読仲間とお喋り。


「練習しても練習しても、(朗読会用の本が)うまく読めないよ~

 嫌になってきたよ~やけくそだよ~」


つい、愚痴みたいのを言ってしまってたら、いつの間にか先生が

すぐ後ろに立っていらしゃいました。

ややや、聞かれたかな、と思ったけれど、先生は、その場では何も言わず、

練習が始まってから、アタシを妙に誉めるのです。


「うん!良い!うまく読めてるよ!よく頑張ったね~」


いやいやいやいやいや、先生、全然読めてませんから。


先生はアタシを慰めようとしてそうおっしゃってくださってるのだと思いますが、

同情は要りません。


厳しく鋭く追及してほしいです。もっともっと、うまく読みたいのです。

読めてないのに、誉められると、諦められたのかな、と思って悲しくなります。


仲間たちは、あかりちゃんが上手いからだよと言ってくれます。

違います。

アタシにはわかります。


苦しいよ~~~~。

苦しいけれど、家での練習は続けます。録音して聞いてみて

「ここをもっとこう大げさに読めばいいか」とか「語尾を上げてみるか」とか

「テンポを調整してみるか」とか、あれこれ考えて、工夫し、また読んで録音します。

そしてまた、聞いてみて、また考えます。


演出が、、難しいです。

観客(聞いてくれる人)は、はじめて、その朗読に接触するわけです。

それに対し、自分は、何度も何度も接触しているわけです。

はじめての人にとって効果的な演出を考える想像力、これが難しい。


自分が自分で好きに読んで、自己満足で楽しい、それも良いのだけれど、

観客の手ごたえを感じることは、それの何倍も楽しいのです。

更にそれに、自分の自己主張が十分に加わっていたら?きゃ~素敵☆


というわけで、アタシは夢中です。

我を忘れて夢中で、なんとも幸せなことよと、思います。

誰に強制されたわけでもない、自分がしたくて、自分の思いに忠実に

まっすぐ前進しています。


もうすぐ朗読会です。

思いっきり楽しめますように☆


正解はありませんな世界。大好きです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/10 18:08 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

クラフトテープでカゴ 第二弾

クラフトテープでカゴ、また作ったよ。またまた100均のキットです。

クラフトテープでカゴ第二弾


キットに入ってたテープ。

クラフトテープ

説明書のとおりの長さに切って、裂いて、接着剤でくっつけて、編んでいきます。

クラフトテープ2

クラフトテープ3

ほ~んと、簡単にすぐ出来て、嬉しい。↓アップ。

クラフトテープでカゴ第二弾アップ

でもちょっと、間違ったんだけどね。持ち手、説明書の完成図だと写真より短いの。

説明書の手順をよく読まず、間違ってしまいました。

だから、持ち手まわりの紐が足りなくなって、変な感じ。

でも、まあ、いいか。次回、気を付けようっと。

さて、何に使おうか。苺を摘みに行く少女のカゴのようなんだけれど、

そんな用事はなく・・・・。  アタシは少女ではなく・・・。

クラフトテープでカゴ第二弾醤油

醤油ボトル入れたけど、う~ん。別に入れなくてもいい感じが・・・。

第一、合わない。どうしよう。頭に被るには小さすぎるし・・・。

用途の無いカゴ。ああ。何に使うべなあ。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/08 16:25 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

バス停での へんなおじさん

病院の帰り、バス停でバスを待っていると、見知らぬ初老の男性から

声をかけられました。

T病院に行きたいんだけれど、どのバスに乗ればいいのかねぇ」

アタシは親切丁寧に教えました

「この停留所のこの路線のとこっちのと、それからそれも、T病院に行きますよ。

 今からだと50分発のが一番早いですよ

 ちなみに、この時間のこれ(アタシが乗る予定のバス)は通りません。

 ☆号線をまっすぐ行くバスなので、」

男性は、いぶかしげに言います。

「なんでそんなことがわかるのさ!」


「ここに表示がありますよ。T病院経由って書いてあるのが

 T病院を通るバスってことですよ」

大人の対応で応えましたが、男性はアタシの言葉を疑っているようです。


男性は、どこかへ行ってしまいました。

しばらくして、アタシが乗るバスが来て、アタシが乗り込むと、どこからか

その男性は現れ、乗降口付近まで来て大声で叫びました。

「運転手さ~ん、このバス、T病院通りますか~~~」


「通りませんよ~」

バスの運転手さんは答え、男性は、また去って行きました。


さっき、教えたのにな~T病院に行けるバス。このバスは通らないって言ったのにな~。

なんでそんなにアタシの言葉を疑うのかね。

疑わしい女だと思うなら、最初から聞かなければいいだろうが。

へんな人だなあ。いろんな人がいるもんだ。

アタシは、知らない人から道を聞かれることが多いのだけれど

(たぶん、気の良いオバサンって風貌だからだと思うが)

こんな人は初めてだ。ほとんどの人は、お礼を言ってくれるよ。


そんなことを思っていたら、思いつきました。


そうだ、アタシはここで、怒りを爆発させてもいいわけだ。w( ̄o ̄)w


その男性に向かって


「さっき、親切丁寧に教えたでしょ~が!疑うなら最初から聞くな!

 こっちは、読みかけの本を読むのを中断して、アナタの問いに答えているのだ!

 時は関ケ原合戦直前の緊迫した場面なのだ (司馬遼太郎「関ケ原」を読んでいた。笑)

 人の道にはずれたことをして、昼日中、街中で、あたしに恥をかかせたな!

 世が世なら大変なことに!

 人の心がわからないのはイカンと島左近も言っている(気分は戦国武将)

 ちーがーうーだーろー!この〇ゲ~! (あれ、なんか違う方向に)」



言わないけど。そこまで怒ってないし~。  (・Д・)ノ


でも、世の中いろんな人がいる。ドラマを見ると、ちょっと肩がぶつかっただけで

激怒して喧嘩をふっかけてくるヤ〇ザさんだって出てくる。

あの男性は、今後の人生は大丈夫だろうか。

道を聞き、失礼なふるまいをして、そしてその聞いた相手は、

容貌は普通でも実は切れやすい危険人物で、鞄の中には、

切れ味鋭い刃物を常備していて、そして、、、、ふと、刃物を振り回したい衝動にかられる。

きゃ~!(゚△゚;ノ)ノ


男性の今後を心配しながら、帰路についたアタシでした。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/07 17:22 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

おばさんの勝ち!

絵本読み聞かせ前の待ち時間に、小学生の男の子数人とお喋りになりました。


男の子A 「おばさん、今日の読み聞かせの人?」      興味しんしん

アタシ   「うん。そうだよ。よろしくね~」            笑顔で挨拶


男の子B 「子ども、(小学)何年生?」              誰かの親御さんと思ったのか?

アタシ   「おばさんの子どもは、もう大学生だよ。小学生じゃないの」


男の子C 「へ~!なに大学?えへへへ。東大?」      おばさんをからかうつもりである。

アタシ   「当たり!おばさんの子どもは背が高くてさ。

       トウダイなの。ほら、海岸に立ってて海を照らすトウダイ」  
 
                                      ダジャレで対抗


男の子B 「僕たちはもう五年生だぞ!ダジャレなんて通用しないんだ!」

男の子C 「そうだそうだ!」                     一同、抵抗




アタシ  「五年生ともなれば、そこを笑ってあげるのが、優しさよ~!」 
 
                                      迫力で押すアタシ

男の子ABC 「え!・・・・・あ・・はい・・・あ、ははは」      無理に笑顔(苦笑)




やったね☆ おばさんの人生経験の勝ち☆



いや、勝ち負けじゃない気が・・・笑

小学生相手に、本気に会話するアタシでした。


おばさんとも仲良く親し気に会話してくれる、元気な小学生たち。

読み聞かせは、みんな、熱心に聞いてくれました。

拍手もしてくれました。とても嬉しかったです。一生懸命練習したんだよ。ありがとう。


子どもたちに、何かを伝えられたでしょうか。子どもたちのためになったでしょうか。

わからないけれど、小学生のみんなから私に、たくさんのものを伝えてもらいました。

子どもたちの健やかな力強い成長、明るい笑顔の未来を祈ります。     






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/06 10:26 ] 絵本 | TB(0) | CM(14)

冒険ボルシチは謎

チャンス到来。

夫が飲み会で遅い夜。アタシは、アタシは、、や、やりました~!

夫がいる夜には出来ない冒険を!

ビバ!冬の冒険!ビバ!アタシの勇気!ビバ!少しの罪悪感。

飛べ!アタシのアドベンチャ~~~冬の空を、月まで飛んでいけ~~~~~。

というのは、大げさですが、、、、


ボルシチ を 作ったのですぅ!

ボルシチ


夫は、超偏食家で、基本、和食しか食べません。

ハンバーグとか唐揚げとか餃子とかは、かろうじて食べますが、

今まで食べたことのないような、洋風料理は、夕食に提供してはイカンのです。

ポトフ作って、「お願いだから二度と作らないでくれ」と言われたことあり。笑

そして、どんなに残業で遅くなっても、夕食は家できっちり食べます。


アタシはどっちかと言うと、いろんな食材いろんな料理に挑戦したいほうですが、

でも、夫の要望に応えないといかんなと思って、ふだんは夫の好みに合わせて

料理しているのでした。。。

自分の食べたいものは別に作ればいいのでしょうが、メンドクサイ・・・

倍のおかずを作らなくちゃいけない夕飯つくりは御免サ


知り合いに聞くと、家庭によって習慣はいろいろで、旦那さんが奥さんの手料理を

食べないっていうとこもあって、

(口に合わないと言って、デパ地下のお弁当を買って自分だけ食べたり、

 外食してきたり、するらしいです)

我が家は、家で食べてくれるだけ、ありがたいのだと思うことにしちょります。

お弁当や外食ばかりでは、お金かかって仕方ないよ~~~ん。


夫が絶対に家でご飯を食べない夜。普段は作れない、アタシの好きなもんだけを作るのだ~

ららら~。


先日、東根の よってけポポラさん で 生のビーツを購入できてたのです。

はじめて見ました。生のビーツ。

ビーツ


ネットでレシピを調べて、、、けっこう簡単でした。

要するに、煮込めばいいわけよ。いろんな野菜と一緒に。

別フライパンで炒めた肉を途中投入すればネ。

ボルシチ1


写真に、ちょびっと写っている ローリエ。

これも よってけポポラさんで購入したのですが、すごく香りが高くて

これ一枚入れれば、もう、コンソメなんて入れなくていいわよ~ん。


とっても美味しくできました。

ビーツって、煮込めば ゆるゆるに柔らかくなるもんだと思ってたけど

ホクホクとしてて、崩れないものなのね~。

と、勇気の後の感動に浸ったアタシでしたが、よく考えてみると、、、

アタシ、ボルシチ というのを 食べたことが、今まで一度も無いのでした。 あれ?


こ、これは、正しいボルシチなんだろうか。わからない。謎だ。

今度、どっかのお店で食べてみよう。違ってたりして。ははは。

まあ、いい。大事なのは 冒険だ!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/05 17:04 ] 食べ物 | TB(0) | CM(20)

市民参加の朗読祭

市民参加の朗読祭に出演してきました。

なんと、50名以上という大勢が参加です。

朗読の好きな人って、こんなにいるんだな~って、嬉しくなりました。

民話、詩、自作の短歌、童話、エッセイ、民謡、、などなど

様々なジャンルに、様々な読み方の参加者の方の朗読を聞き、

とても勉強になりました。


すっと内容が頭に入ってくる聞きやすい朗読と、そうではない朗読がありました。

技術だけではなく、何かがあるのに、気が付きました。

あれは、何なんだろうか。また自分に課題ができました。

ありがたいことです。


アタシの朗読は、、、どうだったかな?

緊張してしまって・・・・・     ← ほら、アタシ、小心者ですから。笑

でも、練習した成果は出せた気がしますよぉ。

だって、まったく見ず知らずの女性から声をかけられましたよ。

「とても優しい、良い声をしていらっしゃいますね」

嬉しかったです。アタシ、朗読を習い始めた頃は、この声、相当な悪評判だったのです。

甘ったるくて、聞いていられないと言われ、録音して自分で聞いてみたら

その通りでして・・・笑

でも、それから練習して、少しは改善できてきたのかな。

また、頑張ろうって気持ちになりました。


プロの方が数人、ゲストでいらしてました。

そのプロの方も朗読してくださったのですが、、、、うち一人の方の朗読が、、、

アタシにとってはちょっと、、、でした。

素人ではないのですから、ある程度の技術は必要ではないかと思いますです。

強弱も緩急も高低も呼吸変えも声色も、無いのです。

そして、それが味となっているわけでもないのです。

好き好きなのでしょう。アタシの耳には ダメ でも、好きな方もいらっしゃるのでしょうね。

朗読の世界とは、いろいろある、、、なのでしょう。

(実際、一緒に出演した友人は、そんなに悪くは聞こえていなかったようです)


また、発表の途中で、ガサゴソと大きな音をたてて、自分のバック内の整理整頓を

される方にも、、、困りました。

ビニール袋のガサガサ、という音に、財布に付けているらしい鈴のチャラリンという音。

かなりの大音響。朗読が聞こえないほど。

ほんの数分やってるわけではなく、ず~とやってるのです。

この人は、朗読を聞くときは、こういうスタイルなんでしょうか。

いろんな人がいるものです。


いろんな人がいて、その中に自分もいて、自分が良いと思って朗読していても

受け取り方は様々。聞いてくださる全員に良いと感じてもらえるってのは無いのでしょう。


朗読の先生はよくおっしゃいます。

10人の観客のうち2人だけにしかわかってもらえなくてもいいから、

自己表現しよう。


確かになあ。

なんとなく先生のおっしゃっていることがわかってきた気がします。

いろんな人がいるんですもの。

同じ朗読を聞いても、みんなが同じ感想ではないでしょう。

最低限の技術力は付けたうえで、自分の好きに表現するのが良いのかなあ。

もちろん、聞いてくださる方あっての朗読なので、あまりに好き勝手と言うのも・・


悩みは尽きませんが、それがまた楽しいのでした。

お疲れ様です。笑




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/04 09:56 ] 朗読 | TB(0) | CM(12)

納豆ペペロンチーノ

BBさんがブログでご紹介されていた 納豆ペペロンチーノ、作ってみました~

    美味しいもの、観光情報、その他いろいろ とっても楽しい

    BBさんのブログはこちら  →  Big Bobbyの日記


納豆スパゲッティ3


作り方は簡単です!

油をひいたフライパンで、ニンニクと鷹の爪を炒めます。

納豆スパゲッティ1



香りが出てきたら納豆を投入。

納豆スパゲッティ2


納豆が加熱されて、におってきたら、茹でたスパゲッティを加え

塩、お好みで醤油、などで味付けます。

仕上げに、小ねぎを加えて見ましたよ。


納豆スパゲッティ4


BBさんのブログでは ひきわり納豆を使っていらっしゃいましたが

アタシは、ひきわりより普通のが好きなので、普通のを使用。


BBさんのブログ記事によると、油に納豆のビタミンKが溶けだし

効率的に吸収できるそうですよ。

ビタミンKは骨密度を高めるのに良いとか。


納豆、にんにく、鷹の爪、そしてスパゲッティ!

この組み合わせにびっくりで、味の想像がつかないままに作りましたが、

美味しいものに詳しいBBさんが ご紹介くださっただけあります。

とてもおいしくいただきました!  

納豆とニンニクと鷹の爪とスパゲッティ、合うのよね~。

BBさん、ありがとうございました~。


実は、ちょっと納豆を焦がしてしまったのだが、その香ばしさが、また良かった(^◇^)

納豆パワーで、骨太に生きるわ。  

                          線は細いけどね。←ウソ




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/03 10:00 ] 食べ物 | TB(0) | CM(14)

映画「ライオン」〜25年目のただいま〜 感想

最近、映画の感想を記事にしていないけれど、ボチボチ は観てます。

映画 「ライオン」〜25年目のただいま〜  の感想を書きます。少しネタバレ。


ライオン


インドの貧しい家庭の男の子サルーは、5歳の時に迷子になってしまいます。

やむなく路上生活をしていましたが、やがて施設に保護されます。

でも幼い彼は、住んでいた住所も、親の名前も、言うことができません。

しばらくして彼は、オーストラリア人夫婦の養子として

タスマニアに引き取られることとなりました。

優しい夫婦のもとで、彼は成長します。

そして、25年後。サルーは、Google Earthを使って、実の家族を探しはじめます。

ライオン2


インドの貧しい少年の暮らしを見せつけられる前半が切なく、

また、本当の親と兄を探そうとするサルーの、育ての親への思いなども切なく、

俳優さんの演技が素晴らしくて、良い映画でした。

特に良かったのは、育ての母親を演じた ニコール・キッドマンです。

ライオン3 美しい


サルーの後に、二人目の養子として迎えた子は、何かあるとすぐに暴れ、

また、急に自分の頭を壁などにうちつけ、育ての両親はとても心を痛め、苦労します。

その悲しみを、サルーに吐露するシーンが、泣けました。

二人目の養子と、うまく交流できない苦しみを描いたことで、

養子縁組の難しさも考えさせられる内容となり、物語として深くなったように感じました。


幼い頃のサルーです。

ライオン4

描かれていたインドの貧しい人々の暮らしには、目を覆いたくなりました。

冒頭、サルーと兄が一緒に、汽車から石炭を盗むシーンでした。

わずかな牛乳を得るために、命がけで盗みをするのです。

お兄さんは、10歳くらいの設定でしょうか。とても学校に行けている環境と思えませんでした。

文盲の母親は、石運びの仕事をしています。サルーの下にも小さな女の子がいます。

悲しすぎる貧しさでした。


Google Earthで 生き別れた家族を探すという設定に、養子縁組の難しさ、

貧しい子供たちの悲惨さ、など、様々な要素が絡まって、

引き込まれる吸引力抜群の素晴らしい映画でした。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2017/12/02 16:56 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

練習練習練習練習練習

市民朗読祭に出演できることになり、

(オーディションがあるとか、そんな大そうなものではなく、

 希望者はたいてい出られるっていう もんです・・念のため ( ˘ω˘ ) )

それのと、通常の小学生への絵本読み聞かせ のと、

習っている朗読教室の朗読会 のと、合わせて三つ、練習しています。


様々な本たち に向き合い、読みます。


「いっぴきの でんでんむしが ありました・・・」

     これは朗読祭用。詩みたいなかんじ

「女房は ハタ を 織りました・・・」

     これは小学生用の絵本読み聞かせ用。民話

「俺は、女を殺し、その死体を五つに切り離した・・・」  

     これは朗読会用の怪談。殺人事件です。笑


それぞれ、作品に最適な読み方を考えながら、何度も何度も読みます。

「いっぴきの でんでんむしが ありました・・・」「女房は ハタ を 織りました・・・」「俺は、女を殺し、その死体を五つに切り離した・・・」 「いっぴきの でんでんむしが ありました・・・」「女房は ハタ を 織りました・・・」「俺は、女を殺し、その死体を五つに切り離した・・・」 「いっぴきの でんでんむしが ありました・・・」「女房は ハタ を 織りました・・・」「俺は、女を殺し、その死体を五つに切り離した・・・」 

「でんでんむし」「ハタを織り」「俺は女を殺し」 「でんでんむし」「ハタを織り「俺は女を殺し」 「でんでんむし」「ハタを織り」「俺は女を殺し」「でんでんむし」 「ハタを織り」 「俺は女を殺し」  「でんでんむし」「ハタを織り」 「俺は女を殺し」  「でんでんむし」「ハタを織り」「俺は女を殺し」


でんでんむし が ハタを織り  俺は 殺し 死体を 切り離した 女

あれ?  (○´・Д・`)ノ


きゃ~。なんだかワケわかんなくなってきました~ってなります。


第一、日中、家に一人でいて、読み続けているアタシ、

なんて不気味なんでしょう。他から見たら、なんてお馬鹿なんでしょう。


でも ね

アタシ、そんな お馬鹿な自分が好きなの。うふっ。  (´∀`σ)σ

ああ、楽しい。   勝手にやってろってことで よろしく~  





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2017/12/01 16:20 ] 絵本 | TB(0) | CM(8)