fc2ブログ

那須高原旅行 アルパカ牧場

アルパカ牧場入口。風情100%。工事現場の仮設プレハブ小屋みたい。

いいなあ、素敵だなあ。飾らない感じが。

アルパカ1


入場料を払い、入場し、山道を、そーだな~、10分くらい歩きました。

橋も渡りました。向かって右の橋が壊れてて、赤矢印のを渡りました。

(もちろん、先に夫に渡ってもらって、崩壊しないことを確認してから渡りました。笑)

アルパカ2


「ホントにアルパカいるのかな?」

不安になったあたりで到着。

アルパカ3

アルパカ4


お!いた!

と、アルパカって、とっても大人しくて、見物されても別に~って、マイペースで

ぼ~っとしてました。

アルパカ5

アルパカ6


芸をするわけでもなく、ただただ、ぼ~っとしてました。

仕事にも家庭にも子育てにも趣味にも、社会全般、ええい、何もかも全部に対して

意味とか意義とか価値とか、秩序とか正義とか、そんなことを考えないで、

ただ、ぼ~っとしてってのも、いいなあと思いました。

だって、アルパカちゃんたち、ぼ~っとしてるんだもん。

アルパカ7

こんなに近づいても、別に~ってな表情のマイペースなアルパカちゃん。

かわいかったなあ。癒されました。気持がゆるゆる、ゆるみます。

こういう観光もいいなあ。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/28 13:51 ] 旅行 | TB(0) | CM(10)

那須高原旅行 藤城清治美術館

藤城清治美術館です。

藤城清治美術館1

藤城清治美術館2

上の写真の、門みたいな入口から入ると、庭園のようになってて、

藤城清治美術館3

かわいい カエルちゃんとかが ところどころでお出迎えしてくれました。

少し歩くと、建物の入り口が。ここで入場料を払い、中に入ります。

藤城清治美術館4


印刷された作品しか見たことが無かったアタシは、

一時間くらい見学すれば十分かな、と思って

別行動すると言う夫に「一時間したら迎えに来て~」と言って入館したのですが、

きちんと展示された数多くの美しい作品が、あまりに素晴らしくて、

「ああ、もっと時間を多くとってじっくり見学できるようにすればよかった!」

と深く後悔しました。

藤城清治美術館5
↑ 公式ホームページから画像お借りしました。


緻密でありながら豪快な迫力もあり、さらに可愛らしい作品。

迫ってきて、息苦しいほどでした。でも、不思議と癒されるのです。

印刷された冊子、例えば画集などで見るのとは全然違います。

後ろからライトが当てられてる本物を、ちゃんと見るのですから、違いますよね。

購入してきた絵葉書の写真を載せます。(館内、撮影禁止だったので・・・)

春

夏

秋

冬


初期は、白黒の作品を雑誌の挿絵などに発表されていたようで、

それも飾られてました。

作品1     作品2
↑画像お借りしました   毛や耳飾りの、なんとも言えない質感よ!


「この人は天才なのだ」

と確信しました。   

どの作品を見てもそう思うのだけれどもネ。

絶対おすすめの美術館です。あ~また行きたい!

完璧に圧倒され、日常の雑事をすべて忘れて、夢中になれました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/27 09:27 ] 旅行 | TB(0) | CM(14)

那須高原旅行 鹿の湯

那須、鹿の湯です。

鹿の湯1

鹿の湯2

鹿の湯3

硫黄の香がぷんぷんとして、お湯の色は真っ白。

湯船の底が見えません。

鹿の湯4
↑ この画像はお借りしました。
  まさか、他のお客さんが沢山いらっしゃるのに写真は撮れず・・笑


41、42、43、44、46、48度(48度は男湯のみ)の6種類の浴槽が

あり、好きな温度を選んで入浴します。

アタシは、41度のが一番気持ち良かったなあ。

他は熱すぎて~。


と、湯からあがってから、女湯には無いという48度の浴槽の感想を、夫に聞いてみると、

みな、恐ろしがって入ってなかったとのこと。


高温の浴槽脇には、

浴槽に浸かっている前客がいる場合は、必ず声をかけてから。

そして波を立てないように、そ~っと入ること、

という意味の、注意書きがあったそうな。


波がたつと、当たる波が熱くて、熱湯地獄状態になるから、みたい。


どんだけ熱いんだ! 


「でも、ここまで来たからには、48度にも入ってみたい!」


夫はそう思ったそうですが、他のお客さんは誰も入っていないなか、

自分だけ入って、


あちちち


と、熱湯風呂に入って熱がって笑いを取る芸人さん状態になり、

周りに笑われるのが怖くて入らなかったそうな。

根性ないな~笑


あちちち



追伸・・・・湯上り後、夫と「いかに熱いお湯なのか」てなことをお喋りして

      わはははは、と、大笑いしながら駐車場を歩いていると、

      ガン!と大きな音がしました。何かと思ってキョロキョロしてみると

      誰かの車と誰かの車がぶつかっちゃったみたい。

      もしこれから、鹿の湯にお出かけしようという方がいらっしゃったら、
 
      駐車場、狭いので気を付けてください。     

      アタシの笑い声が大きすぎて、

      運転技術を阻害しちゃったのかとも思うのですが。

      ゴメンナサイ・・・。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/25 09:21 ] 旅行 | TB(0) | CM(10)

那須高原旅行 南ヶ丘牧場

あら?更新が空いてしまったわ。なぜかしら?

アタシ、何をしていたんだったかしら?

忘却は人生の恵。忘れたっていいじゃない?

あ、でも、思い出したわ!       

馬に乗っていたんだったわ!  ひひ~ん!

馬に乗ってみる

那須高原へ旅行に行ってきたのです。夫と一緒に、ちょびっと旅行です。

那須高原の南ヶ丘牧場というところで、乗馬体験してきました。

南ヶ丘看板

馬に乗ってみた

一回、750円だよ。

思ったより揺れるのだけれど、思ったより楽。

乗馬って、もっと、足とお尻の筋肉を使うと思ってたけど、そうでもなかった。

まあ、ゆっくりゆっくり進む馬ちゃんの上に乗っかってるだけだけどね。


珍しい牛乳を飲むこともできました。

南ヶ丘牛乳


日本に約200頭ほどしかいないとわれる、貴重なガーンジィ牛から搾ったという

牛乳です。濃厚って書いてあったけれど、アタシは

牛乳っぽくない、すっきりした味だと思ったなあ。

一般的な牛乳とは違って乳臭くないの。さらっとしてる。紙コップ一杯で250円。


南ヶ丘牧場は、入場無料駐車場無料。嬉しいですね~。

行った当日は、残念ながら、牛さんの放牧はしていなかったけれど、

牧歌的で の~んびり な感じが良かったです。

南ヶ丘 ロバ

那須高原旅行記事は続きます。お付き合いを!



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/24 06:38 ] 旅行 | TB(0) | CM(14)

野望は タイムトラベル

昨日、「マツコの知らない世界」というテレビ番組を見ていたら

マツコ


松任谷由実さんが出演されていて、

ユーミン


「NHKのインタビューで、(今後の)野望は何ですか?と聞かれたとき

 タイムトラベル って答えた」

とおっしゃってました。


何て素敵なんでしょう。 


もし、成人式会場で新成人がインタビューを受け、そんなことを言ったら

ヒンシュクをかう かもしれません(アタシの想像では)。


でも、テレビで松任谷由実さんが 

”野望はタイムトラベル” とおっしゃっているのを聞いて

アタシは、とても かっこよく 爽快で 粋だ と感じました。

この人ならできるかもしれないと思うからでしょうか。


ああ、アタシも言ってみたい。野望はタイムトラベルって!

誰にも かっこよく 爽快で 粋だ なんて思われなくてもいい。

ただ、ユーミンの真似をしてみたい!



でも、誰もアタシに「野望は何か」なんて聞いてくれません。

仕方がないので、娘に頼んで、聞いてもらいましょう。

「お母さんの野望は何?」

アタシは、堂々と答えるのです。


「タイムトラベルよ」 



娘はきっと、アタシの事を

「なんてお気楽でお馬鹿な母なんだろう」と思う事でしょう。

そして、

「母親には頼れない、人生、自分がしっかりしなければ」と、

決意することでしょう。


アタシは満足し、娘は自立へと向かう決意をし、

なんとも一挙両得なタイムトラベル野望だわよ。


ユーミンに感謝★






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/18 14:12 ] 思いつき | TB(0) | CM(6)

絵本作家 林明子 原画展

絵本作家、林明子さんの原画展に行ってきました。

林明子原画展看板



「はじめてのおつかい」

はじめてのおつかい表紙

はじめて おつかいに出かけた5歳のみいちゃん。

ドキドキハラハラしながらも、しっかり おつかい できましたとうお話です。

どのページの原画も、とても繊細で、しかも暖かく思え、素敵でしたが

特にアタシは、このページが好きで、それの原画を見ることができて感動しました。

はじめてのおつかい

お母さんは大忙し。

お湯は沸き、お鍋は噴きこぼれそう。掃除機は出しっぱなし

赤ちゃんは泣いている!

だから、みいちゃんに おつかいを頼むわけなのですが、

お母さんは、困った顔も怒った顔も悲しい顔もしていません。

生き生きと 明るい表情です。

はじめてのおつかい おかあさん

このお母さんがもし、つらそうな表情だったなら、このお話は、

違った感想を持たなければならなかったかもしれません。



「こんと あき」 ↓

こんとあき 表紙

ぬいぐるみの こん と あきちゃんが

おばあちゃんのところまで電車に乗って訪ねていくって お話です。

アタシは、これの こん の 目に表情が無いところが好きです。

ぬいぐるみなので、表情は無いのでしょうか。

でも、その しぐさ、体の傾き、口の開き方、などで、こん の気持ちを感じ取れます。

目ではないところに 気持ちを汲み取れるってことが素敵です。

目で語れなくても、大事な関係は作られると解釈したりしてサ。

自分勝手な想像なのですが。


絵本製作のため、林あきこさんは、こん の ぬいぐるみを実際に作られたそうで、

その実物が展示されていました。

写真撮影禁止のため、写真はないけれど

売店で売られていた こん の 写真はあります。これよ。

林明子原画展ぬいぐるみ

小さいので4500円くらいしましたが、飛ぶように売れていました。

ほかにも、クリアファイルとか、バックとか、いろいろグッズが売られていました。

林明子原画展グッズ


高価なグッズは買えなかったけれど、絵葉書を一枚買いました。

かみひこうき

素敵でしょ。「かみひこうき」って絵本の絵です。



実際に見ると、絵本の原画って、実際の印刷物となった絵本の絵より、

少し大きいんですね。大きい分、迫力があり、圧倒されました。


登場人物の心の中の、繊細な感情、その ゆらぎ が 伝わってきて、

自分の中のそれも刺激されて、あたたかい気持ちになりながらも切ないような

魂が揺さぶられるというか、

そんな展示会でした。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/16 20:09 ] 絵本 | TB(0) | CM(14)

林真理子著 「我らがパラダイス」感想

久しぶりに、本を読んで笑ったよ! 林真理子 著 「我らがパラダイス」!

我らがパラダイス

東京・広尾の、超高級介護付きマンション「セブンスター・タウン」で働く

三人のおばちゃんたち。受付係の邦子。看護師の朝子、食事係のさつき。

彼女たちは、それぞれの家庭で深刻な介護問題に困窮していた。

生活のために、親の介護もそこそこに、お金持ちの老人たちの世話をする日々。

働きながらの介護は、肉体的にも精神的にもギリギリ。絶体絶命。

施設に預けたくても難しい問題が多々。

でも、一人で家に置いておくわけにもいかない。徘徊してしまう・・・。

ついに追い詰められ、自分たちの親と、寝たきりで意志を表現できない

入居者老人を入れ替える作戦に出る。


そんなバカな!バレるに決まってるでしょ~!  (;゜0゜)



と、序盤は、深刻な介護問題に悩む登場人物たちが切なく、

暗く悲しい気分で読んでいたのですが、

入れ替えがバレてからのドタバタ喜劇が非常に面白く、

人生の終わり近くにいる老人たちの、まだまだ元気なパワーも思わせられ、

泣いて笑える、良い小説でした。

介護についても、深く考えさせられ、また、自分が介護される立場になったときのことも

考えました。


人は誰でも老いるものだけれども、お金のあるなしで、老後の生活って

こんなにも違うものなのね。

セブンスター・タウンの住人は、お金の力で豊かな老後をおくっています。


でも、将来を憂い、今から暗くなっていても、仕方がない。

前向きにいこう!


文章のテンポの良さ、笑っちゃうユーモアに、介護問題を深刻に考えさせられながらも

元気&勇気が出ました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2018/04/13 09:21 ] | TB(0) | CM(10)

金箔三昧

金箔ソフトクリーム

金箔ソフトクリームです。

上の娘が帰省した際に写真を見せてもらいました。

金沢に旅行行ったときに食べたんだそうです。いいなあ。

親のすねをかじっているくせに、生意気じゃ!

まあ、一生懸命バイトして(ちなみに、某蕎麦屋さんで)、お金を貯めて

格安旅行行ったんだから、いいか。ふう。

アタシと夫には、金箔カステラを買ってきてくれたよ。

金箔カステラ

やっぱり、カステラは金箔じゃなくちゃあ。←根拠ゼロ。

なんでも、烏骨鶏の卵を使っているそうな。

烏骨鶏カスティラ

タマゴの優しい甘さ、その美味しさって、そうだそうだ、こんな感じだって

ほっこり笑顔になれそうな、味でした。

金箔で、ゴージャスな気分にもなれましたよ。

しかし、なんで金沢は金箔なのかねぇ( `ー´)ノ


と、こうやって、

上の娘は頻繁に帰省し、生活の様子など、親し気に喋ってくれるのだけれど

下の娘は、正月以来、帰省してくれません。

寂しいなあとも思うけれど、帰省したければ帰省すればいいし、

そうでなければそれでいい。

自由にしてもらいたいと思うアタシでした。

自由な精神と、生活の自立。

アタシの子育ての目標なのでした。達成できるかねぇ。


ま、まず、子どものことより自分のことをしっかりしなければ。

そんなお年頃。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/10 22:33 ] 出来事 | TB(0) | CM(22)

なぜか ご飯つくりは 三家庭分

手術直後の妹は、ゲンナリと元気がなく、顔色悪く、お腹が痛い痛いと言っていて

心配したのだけれども、10日ほど経つと、驚くほど回復し、

食欲もあって、笑顔も見られ、姉としてはとても安心しました。

お医者さんからは「寝てばかりではなく、家事などで体を少しずつ動かすように」

と言われたそうで、アタシのお手伝いも、もう必要ないようです。


ああ、これで、三つの家庭分の食事つくりはしなくて良くなったわ!


え?

自分の家と、妹の家で、二つでしょって?


違うのです。 (;゜0゜)

そこに、母の分が入るのです!おお!


妹の家で、ご飯つくりをしていると、近所に住む母がやってきて、

できあがったおかずを、自分も食べたいと言って、ごっそりと持って行ってしまうのです!

その量の多いことよ!  w( ̄o ̄)w

妹の食うな無ぐなるべした!  直訳 妹の食べる分が無くなってしまいますよ

まあ、いいけどさ。


しかし、人とは変わるものだなあ。

母は、食に欲の無い人で、食べるものにお金をかけるなんてもったいない、

食べれば無くなっちゃうのに、という考えでしたのに。

まあ、いいけどさ。 苦笑



コージーコーナーのクッキーとか

↑ 妹の旦那さんからいただきました。お礼だそうです。

そんなぁ、

アタシがお礼を言いたいくらいだったのにぃ。

だってさ、妹の旦那さんが、

「ね~ちゃんさ 頼んだら いいべさ」   

   直訳    お姉ちゃん(アタシのこと)(食事つくりなど家事を)頼んだらよいでしょう

と言ってくれたので、アタシは堂々と妹の家に出入りできたのです。

でなければ、遠慮してしまうでしょ。

きっと、アタシの顔を見ると、妹が機嫌良くなるので、そう言ってくれたのかと思います。

いやホントにさ。アタシと妹は仲良しなのです。

妹の旦那さんの思いやりを感じます。ありがたいこっちゃ。

妹の完全回復後は、一緒に我が家に遊びにおいで~(*^-^*)





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/07 09:59 ] 出来事 | TB(0) | CM(18)

桜満開

久しぶりの更新です。


自宅療養中の妹の家に行って、ご飯つくったり、

パートに行ったり、

趣味で習っている朗読教室のアレコレがあったり、

上の娘が帰省してきたり、と、忙しくしていましたが、

ようやく、落ち着いてきました。アタシはとても元気です。元気いっぱいです。



桜満開


アタシが住むあたりも、桜が満開となりました。

可憐な花が優雅に咲き誇っているのを見ていると、ほっと癒されます。



職場の敷地内に桜の木があります。

朝見て、ああ満開だと思っていたのに、夕方見ると、もっと満開だったりして、

それは、日の光の加減かもしれないのだけれど、

自分の気持ちの加減かもしれません。


今週末は雨の予想だそうで、桜ちゃん、散ってしまうかもね。

短い短い、桜の季節ですが、楽しみたいです。


自分自身のことも、慌てず騒がず、笑い飛ばして

楽しみたいです。

いやはや、特に何も、変わったことは無いのだけれどもサ。

はいはい、平凡な毎日でございます。ヾ(o´∀`o)ノ




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/04/05 18:57 ] 出来事 | TB(0) | CM(18)