fc2ブログ

道端お喋り天下無敵の火葬

灼熱の太陽が天地を焼いても、

主婦同士のおしゃべりに歯止めをかけることは困難なのでしょうか。

炎天下、アタシとアタシの数少ない友人の一人N子ちゃんの

道端お喋りは天下無敵です。


N子ちゃんは言います。

「夫が熱帯魚を飼っているのだけれど、

 寿命が短くてねぇ、すぐに死んでしまって・・・」

アタシは言います。

「お子ちゃまが悲しむでしょう。弔って手を合わせるの?」


以下、二人の会話。


N子ちゃん 「マンションの敷地内の適当なところ、土のところに

         埋めてあげるんだけれど、

         (管理の方から注意されそうで)、限界かもねぇ」

アタシ    「それは今後どうするか、考えちゃうわよねぇ」

N子ちゃん 「知り合いの中には、火葬する っていう人もいるんだけれど・・・」


アタシ    「火葬!   」


N子ちゃん 「?」


数秒の間のあと、アタシは思い切って言いました。

アタシ   「火葬って、あの、家庭用魚焼き器で、火葬するわけ?

        え?熱帯魚を??それってどうなの!」


N子ちゃんは、その美しい顔をゆがませて大爆笑。

N子ちゃん  「違うわよ~市の家庭ごみ収集袋に入れてゴミ収集日に出せば

         市のゴミ焼却炉で火葬してくれるっていう意味よ~」


アタシ   「そ、そうだわよね!!まさかそんな

        家庭用魚焼き器で熱帯魚を・・・焼かないわよね」


ったく、わかんないわよ~ん、と思いながら、

N子ちゃんが笑うので、つられて笑い、どんなにお肌に紫外線が当たろうとも、

ついついお喋りは続き、立ちっぱなしの2時間のあと、やっと

我に返ったアタシとN子ちゃんは、それぞれ家に帰ったとさ。


アタシは、こういった、特に意味のない、結論つける必要の無い

おしゃべりをぐるぐると続けるのが大好き。

N子ちゃん、ありがとね~☆ 今度は喫茶店とかに行ってお喋りしましょうぉ!


いや、うるさ過ぎて、まわりのお客さんの迷惑かしら。笑





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/29 15:24 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

言葉の裏

パート先の先輩が、新人のアタシに喋るのです。

以前、パート同士であった もめごと のことを。

なんでも、シフトの変更とか、急なお休みへの対応とか、そんなことで

グチャグチャしたみたいで。


アタシは察します。

これはアタシに「シフト変更はするな」「急に休むな」ってことを言いたいのね。

でも、同時に思います。

これはアタシに、ただ思い出話をしているだけで、裏の意味なんて無いのかも。

どっちが正解?


アタシはどうも、言葉の裏を考える傾向にあります。

Aと言われているけれどもそれは本音じゃなくって、実はBが本音かもって。

多分、アタシが、東北の田舎の嫁って立場だからだと思います。

「あかり、沢山食べてね、珍しい食材をもらって、いっぱい料理したから」

そう言われて、言葉のとおりにとって、沢山食べてはいけません。

嫁は、そう言われても遠慮しなければいけません。しないで食べると、後から

注意されます。沢山食べるからびっくりしたって。

また、泊まりになったときなど

「あかり、明日の朝はゆっくり寝ていてね。私もゆっくり寝ていたいから」

そう言われて、言われた通りに、ゆっくり起きてはいけません。

嫁は、そう言われても誰よりも早く起きて、朝食の支度をしていないと、後から

注意されます。夫を通して。

固定電話を使わせてもらう際には(当時は携帯電話が普及していなかった)

「いちいち断らなくても自由に使ってね、家族なんだから」

とあんまり何度も言われるので、断らないで使ったら、ブチ切れられました。


嫁に優しい舅姑、それに対して遠慮深い嫁、っていう

劇場を壊してはいけないのです。

若い嫁だったアタシには分からなかったのでした。遠い思い出です。懐かしいなあ。


でも、アタシのそんな経験だけで、物事を判断は出来ないよなあ。

裏があるないなんて、ケースバイケースなんだろうし。


先輩の言葉をどうとるか、それはアタシの判断で良い気もします。

それに、空気を読みながら、あえて、逆をいくという選択肢もあるわけで。

顔色をうかがってばかり、というのも、甘く見られて自分が不利になりそうです。


まあ、あんまり深く考えないで、ボチボチいきますか。

先輩たちには、親切に仕事を教えてもらうなど、とてもよくしてもらっているので、

できる範囲で、良い後輩でいたいと思います。 できる範囲ってのが重要さ!


と、ここまで書いてきて、アタシみたいな メンドクサイ のが新人パートに入って、

先輩たちは大変だなあと思えてきました・・・・。ごめんね。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/27 14:58 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

自分勝手な楽しいことしよう

アタシは、自分で言うのもなんですが、

すぐに何かに影響されてしまうミーハーな純粋な性格です。


小説「寝ても覚めても」を読んで(よかったら下の記事を読んでね)

すっかり、「自分勝手な手法でいいんだ」と影響され、思い込んでしまい、

どうやってそれを実生活で試そうかと、目をギラギラさせていたところ、


つい、ネットレンタルで映画「探偵はbarにいる 3」を何の思し召しか観てしまいました。

探偵はbarにいる3


ま~これが、面白いんだわさ。 シリーズ最高傑作かも。

始まって6分くらいから、46分くらいまで笑いっぱなしに加え、

更には、大泉洋さんの楽しそうなことよ。

大泉洋大人の男

大人?


そして、朗読教室の時間になったのでお出かけし、当然のことですが、

テンションマックス。自分勝手な楽しいことしよう、となってしまって、目指せ大泉洋!


自分の思うとおり、自分の楽しいように、超自由に朗読してしまいました。

先生は、何も言いませんでした。

何か言うとアタシに噛みつかれる恐怖心からなのでしょう。

生徒の意志を尊重してくださったのでしょう。


朗読会が数日後に控えています。


気の合う 朗読仲間たちと、一つの作品を朗読するのは、それだけで楽しいです。

今回は、一つの作品を役割分担して、

何の役は誰で、地の分は誰でって読むのです。

一緒に作品を作り上げる感動。共鳴する声と声が気持ちいいです。


また、役柄分担により、アタシは、

中年紳士、おじいさん、老婆、青年、文豪の妻、飲み屋の女、象、え?象?

象

など、いろんな声をやるのですが、それも楽しいです。

変身して、普段の生活とは全然違う、立場も時空も違う物体になれる気がします。


本番で、アタシがトップバッターです。

それも嬉しい。

第一声を観客の方全員に届けられること。ああ、楽しみで倒れそう。

注目する観客の方々が、朗読会に来てよかったと思えるような声を出しますよ~☆

ああ、腕が鳴る。あ、喉が鳴る、か。


でもしかし、不安要素もあります。

某作品、アタシは先生と二人で一つの作品を読むのですが、

なんと、先生とアタシ、その作品では夫婦という設定なんですね~。

全く、その雰囲気が出ないんです。男女の慣れ合った感じが出ないのよ。

先生と生徒。それ以外の何物でもない先生とあたし。それから出られない。

ははははは。

だいじょ~ぶかなあ。  ま、それも楽しもうっと。



人生は、楽しまなければ。楽しむために工夫しなければ。

その人生も工夫も、想像の中でしか出来ないものであったとしても。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


Read More

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/26 22:44 ] 朗読 | TB(0) | CM(10)

柴崎友香 「寝ても覚めても」 感想

柴崎友香著「寝ても覚めても」、ネタバレ少し含む感想です。

この小説は映画にもなるみたいです。

この小説をこれから読む予定の方、映画を観ようと思っている方、

ネタバレ注意です。

寝ても覚めても_


わかりづらい文章大集合でした。

例をあげましょう。 ↓この小説の中の一文です。

「春代は二か月前に前の彼氏と別れたのを機に引っ越して向かいのコンビニでアルバイトしている地滑りの研究をしている大学院生の男の子と意気投合してつき合い始めた。」

よく読めば分かりますが、読みにくい。すごく疲れる・・・。

大多数の人がそうだと思います。   アタシの”文章を読む力”が無いだけ?え?


さらに、登場人物の把握も大変です。

突然、新規の登場人物が描かれていて「?」と思っていると

数ページ後に、その人がどういったわけのどんな人なのか

やっと書かれていたりするんです。      この人誰だっけ?って前に戻って読んじゃったわよ!


また、ストーリーに全く関係のない、何かを暗示しているとも思えない

情景描写なのかストーリーの一部なのか 

よくわからない文章箇所が多すぎます。    それが芸術なんか?



文章を読んで内容を分かってもらおうと言う意志が全く感じられない。

筆者から突き放された感が孤独よ。


でも、それが狙い なのかしら、と思えたのは、ヒロインの女の子の恋愛が

急に方向転換するラスト。


そっかそっか、恋愛って、混とんとしてて、自分でもわけわかんないよね。

理屈じゃない何かがあるわけね。

ふ~ん。

10年恋こがれていた彼氏と再会して、この人じゃないってわかったのね。

今つきあってる人がやっぱり好きなのね。

10年の月日に自分が経験してきたことが、自分を10年前の自分では無くしている。

同じように、彼も、10年前の彼じゃないわけで。


でもそれって、アタシの解釈であって、違うのかも。

ま、どうでもいいさねえ。アタシの感想なんて。

アタシもアタシの感想がどうでもいいわ。



読書中、筆者からずっと突き放されていた読者は、同じようにこの小説を

突き放して感じ取り、当然、ヒロインの恋愛急展開についても、

勝手にやってればぁ、と突き放してしか考えられないのです。

ま、どう思おうと、、どうでもよいのでしょう。


共感を全く期待しない表現方法、ストーリー展開に、

「こういうんでもいいのね、人間」

と思ったのです。

「たとえ人を孤独にしようと、それによって自分が孤独になろうと、 

自分の思いだけで生きていく」   かっこいいなあ☆ 潔いなあ☆


勇気が出ました。 そこが狙いなんだよ、きっと。

自分勝手、いいもんだなあ。    そこに終わるのか!ま、実際の生活ではそうはいかないけどね。


しかし、どうやったらコレ、映画になるんだろう、不思議すぎる・・・・。

映画 寝ても覚めても

やはり、観客の共感期待、ゼロな感じでいくのかしら~。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書感想

[ 2018/06/25 13:30 ] | TB(0) | CM(8)

腰パン歯医者さん

歯医者さんが言うのです。

「きたあかりさん、あなたの歯茎は加齢のために下がってきています。

 歯茎を、歯を支えているズボンとしましょう。

 あなたの歯茎は、今、腰パン状態です」



腰パン?  (゚△゚;ノ)ノ  



歯医者さんは、ご自身のズボンの腰のあたりを指し、

若い頃はウエストまであった歯茎は、今はこのくらい、

と、説明を続け、その下がった部分の歯ブラシの当て方などを

話してくれました。


あ~あ、アタシの歯茎は腰パンかあ、と、ガッカリすると同時に、

なんとも分かりやすい歯医者さんの説明が可笑しくもあり、

そして、もっと下がって、腰パンよりもっとアレになったら、

先生はどう説明されるのか興味しんしんであります。


家で調べると、10年で2ミリ、歯茎は下がるらしいです。だいたいね。

アタシの歯茎は、もっともっと下がることでしょう。

今は腰パンのアタシの歯茎、あと10年20年経ったら・・・・

そんときの先生の説明を聞くのが楽しみだわよ。

この歯医者さんに通い続けなければ。  ←そんな理由で・・・笑






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/23 11:17 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

映画 「そこのみにて光輝く」 感想

映画「そこのみにて光輝く」、ネタバレ少しだけ含む感想です。

そこのみにて光輝く _

舞台は函館。

心に傷を負って仕事をやめ、自堕落な生活をしていた男、達夫(綾野剛)は、

パチンコ屋でライターを貸したことが縁で、

妙に社交的な若者、拓児(菅田将暉)と親しくなった。

拓児の家に呼ばれ、拓児の姉の千夏(池脇千鶴)と出会い、

心惹かれるが、、、、。

やがて千夏が、家族のために稼がなければならないことを知る。

病気で寝たきりの父親の治療費や家の生活費のため、彼女は体を売っているのだ。

さらに、

仮出所中である拓児を雇ってくれている会社社長の情婦となっている。

どうしようもない、貧しさの、悲しさ。


そこのみにて2
どうする!綾野剛!


ストーリーとしては、江戸長屋の人情町人苦労物語にあるような、

ベッタベタな風なの。    藤沢周平かと思った!

でも、引き込まれて見、感情移入し、登場人物たちの将来の幸福を

願わずにはいられなくなるのは、俳優さんたちの名演と、

モノ寂しい函館の風景が大きいと思います。


出演者全て素敵なのだけれども、

アタシは、拓児を演じた菅田将暉さんが特に素晴らしいと思えました。

そこのみにて4

明るくフレンドリーな性格ながらも、どこか危険な人間を演じたら、天下一品。

この映画の中の彼、人を和ませる明るさがあり、

一生懸命なのに、世の中をうまくわたっていくことが出来ないんです。

最後の最後に不器用にならざるをえない純粋、が悲しい。

でも、悲しいんだけれど、とても美しい。

ここはネタバレてはいけないと思うので詳しく書かないけれど、

卑怯になれない純朴さが、美しいです。



舞台になっている函館の街。

観光で行ったときは、お洒落で、美味しい食べ物が満載で、人は優しくて、と、

明るい面しか見えませんでしたが、

この映画のように、裏面には、潜んでいる暗い部分があるのでしょうか。

そこのみにて5

人が一面的では無いように、町も一面的ではなく、

絡んで絡んで、ごっちゃごちゃなのかと思わされました。

自分もまた、ごっちゃごちゃの中の、一点なのです。


そこのみにて3

↑ アタシではありません。この映画のヒロイン、千夏演じる池脇千鶴ちゃんです。

言われなくてもわかるってか!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 映画
テーマ : 映画感想

[ 2018/06/22 11:09 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

家族

先日、下の娘が、「インターンシップ説明会東北会場」への出席のために、

帰省して来ました。

が、次の日に札幌会場へ出席するために、

すぐに、当日のうちに、札幌に帰っていきました。


空港へ送っていく途中、夫とアタシと娘で外食しました。

テーブル席で、夫と娘が並んで座り、アタシは向かい側に座りました。

夫と娘は、顔がそっくりです。笑ってしまうほど。

なんとなく悔しいなあと思うと同時に、娘の足の指がアタシのそれとそっくりなのを

思い出しまして、まあ、いいかと思いました。  地味なところだけれど、似てるんだい!ふっ!


自分が、家族を持って、こうやって一緒に食事できていることが

ふと嬉しくなりました。夫にも娘にも、そして自分にも感謝です。


アタシは家庭的に恵まれずに育ちました。

自分のいる場所がない感は、徹底的にアタシを打ちのめしました。

今はどうでしょう。

この家族の中では、アタシがいることが当たり前になっています。

とてもありがたいことです。


夫は、毎日、家に帰ってきます。出張の時とか用事のあるとき以外は。

永遠に続くってわけではないのでしょうが、今はとりあえず、そう。


娘たちは大学三年生。今に親から巣立っていくでしょう (巣立っていかないと困る)

今も離れて暮らしているけれども、精神的にも離れてしまうでしょう。

でも、夫と顔がそっくりで、アタシと足の指がそっくりで、

そんな人間がいるというだけで、いいんです。


下の娘は、就職活動や目指す職業のための勉強、ゼミの課題、

部活、部活の大会遠征と、

かなり忙しくしていて、なかなかバイトが出来なくなりました。

金銭的に苦しいようなので、少しだけど、お小遣いを渡しました。

「お母さん、ありがとう」

と言われました。

お父さんが稼いだお金なのに、アタシにお礼を言いました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/19 22:33 ] 出来事 | TB(0) | CM(20)

♪ 後から来たのに追い越され~ ♪ ました!

テレビドラマ、時代劇の水戸黄門、確かオープニング曲の歌詞に

♪ あ~と かぁら、来た ぁ のに 追い越されぇ

  泣くのが 嫌なら、さぁ あるけぇ ♪


というのがあった気がするけれど、今まさに、アタシがその状態。


朗読教室です。


アタシよりず~っと後に入られた Sちゃん、最近 めきめきと腕をあげ、

すごく上手くなってきたのです~。  アタシよりずっと上手い!


人それぞれ性格というのがあって、

初めからすんばらしく自信を持っている人もいるけれども

Sちゃんは、自信を持てない性格のようで、よくアタシに

「上手に読めるようになるには、どうしたらいいのか」

「アタシはへたくそで、周りに迷惑をかけて・・・」

などと相談していました。

アタシは精一杯励ましていたのですが・・・、


今現在は、アタシが励ましてもらわなければならない状態です。

上手く読めません・・・・・!

Sちゃんの方が、ずっと上手いし~。味があるのです。

アタシは、アタシは、、、全然駄目、、、もう、どう読んでいいのかわからないわ!

先日など、先生から「 (読み方が) 気持ち悪い」とまで言われる始末。


思うに、Sちゃんは、素直で真面目なのです。

一生懸命練習します。その成果が出たのですね。

見習って頑張らなくちゃ~、と思うのですが、

練習しても、その読み方が、

先生の演出方針に合わなかったりして試行錯誤の連続です。


♪ 泣くのが 嫌なら、さぁ あるけぇ ♪


なんでしょうが、どの方向に歩いたらいいか、わからなくなってきました。

気が落ち込むと、体に悪い作用があるのか、

なんだか昨日くらいから、喉が痛いわ!  風邪?

う~む、朗読の練習は休めということ?   休んで、どの方向に歩くか考えよう。


♪ 人生 楽ありゃ、苦もあるさぁ ♪


アタシの モンドコロ はどこに~笑





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/13 16:54 ] 朗読 | TB(0) | CM(20)

沖縄 きしもと食堂 沖縄そば

藤崎デパートの沖縄フェアで、きしもと食堂沖縄そば を食べてました。

きしもと食堂沖縄そば

きしもと食堂さんは、なんと、明治38年創業の超老舗。


麺は、しっかりしたコシがある太麺。食感は、東北の田舎蕎麦の雰囲気。

薪を焼いて残った灰を水に溶かし込んだ、その上澄みを練りこんであるそうです。

汁は、鰹節の風味が強く、濃いめ。

肉は、バラ肉を煮込んでるのかしら?ほどよく硬くて、肉肉しい感じ。

白いのはかまぼこ。

仙台の笹かまぼことは全く違うのにビックリ。

塩味がキツクて、かたいです。


魚、肉、それぞれのうまみが絶妙にマッチしていると思いました。

美味しいと感激すると同時に、ふだんの自分の周囲にはないお味にショック。

同じ日本なのに、食文化の違いを感じさせられました。

きしもと食堂外観
画像お借りしました。


自分の中では、食べ物のジャンルのなかの、ひとつを確立しそうな勢い。

ラーメン、日本蕎麦、ハンバーガー、カレー、チャーハン、沖縄そば、みたいな。


昔、アタシがよく通っていた、場末のDVDレンタルショップ(たぶん個人経営)では、

アクション、ラブコメ、ドラマ、ホラー  など、種類ごとに分けて、

DVDを棚に置いてくれていましたが、

なぜか、哀川翔さん出演の映画だけは

「哀川翔」というジャンルで分けられ、特別な棚に置かれていました。

店主が哀川翔さんのファンだったのかもしれません。


沖縄そば は、アタシの中では、そのDVDレンタルショップの「哀川翔分野」のように

分けられ、確立されました。

美味しかったわ~。また食べたい。

沖縄、行った事無いけれど、いつか行ってみたいものです。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/12 05:49 ] 食べ物 | TB(0) | CM(12)

今年も 道の駅村田 そらまめまつり

今年も、道の駅村田 そらまめ祭り に行ってきました!

2018そら豆まつりポスター

村田町名産のそら豆。初夏をつげる美味しさ。毎年楽しみにしています。

箱売りコーナーや、500円詰め放題コーナーがあります。

もちろん、建物の中の産直野菜販売コーナーでも買えます。

大混雑が予想されるので、営業開始30分前には到着したというのに、

この大賑わいぶり。

2018そら豆まつり1

箱売りに並んでいるのか、500円詰め放題に並んでいるのか

はたまた、建物に入るのに並んでいるのか、まったく訳がわかりません。

なんの案内もありません。

そのうち、簡易ステージで誰かが歌を歌いだしました。本物の歌手なのか、

はたまた、お祭りに乗じての、近所のおかみさんのカラオケ大会なのか

これまた、全然わかりません。  下手なのか上手いのか、微妙な歌声だぞ!


さて、ここで怒ってはいけません。お客さんが混乱したって、気にしない、

この、町民の方々ののんびりぶり。大らかさ。心の広さ。

それが、道の駅村田 そら豆まつりの良いところなのです。 ホントかよ!


毎年毎年、こんな感じだよ~~~ん。初夏の風物詩だぜ、ブラボー村田町 

と思っていたところで、

建物内の産直野菜販売コーナーに入ることが出来ました。

2018そら豆まつり2

2018そら豆まつり3


たくさん購入しましたよ~。

2018そら豆まつり4

老々介護を頑張っている近所のおばあちゃんや

何かと我が家におすそ分けをくださる町内会役員の奥様や

絵本読み聞かせでお世話になっている、

仲間のN子ちゃんにプレゼントしようと思いまして。

そら豆の滋養が、大好きな方々の健康につながってくれますように。

ほ~んと美味しいんだからぁ。味が濃いのよ。

2018そら豆まつり5

2018そら豆まつり6

春に雨が少なかったせいで、今年は小ぶりだそうな。

でも味は毎年のとおり最高☆


写真撮らなかったけれども、キャベツやネギ、ブロッコリーなども購入してきました。

産直市場の野菜は、どこのでも美味しいものが多いけれども、ここ村田町の野菜は

味が濃くて、個性強烈な気がします。

ドレッシングなど必要ないくらいだとアタシは思います。

  ブロッコリーのブロッコリーくささに感動したことがあなたにはあるか!アタシはある!


お祭りの運営は大らかでも、野菜つくりにはプロの繊細さ。なのかな。

いいなあ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/10 14:25 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

読み聞かせの風景

先日は、小学六年生に、絵本読み聞かせ してきました。

12分40秒くらいかかる 少し 長めのお話で、途中

飽きちゃうかなと思ったのだけれども、みんな、とても集中して聞いてくれました。

ストーリーに夢中になっている様子は、聞いている子供たちを

見ていると(途中、ちらっとだけ見る)、わかります。

目が真剣です。息をのんでいます。


良かったよ。ホッとしました。

緩急つけたり (緩急つける、とは、演出上、早く読んだりゆっくり読んだりすること)、

少し声色を入れたり (大泥棒のセリフは大泥棒っぽく読んだ)、

工夫した甲斐がありました。

六年生は、低学年と違って、アタシに自分から話しかけてくることは

ありません。終わったあとは、挨拶してサヨウナラ。またね~☆



教室を出ると、少し行った廊下で、三年生くらいの子たち大勢が

そこにある水道場で、熱心に手を洗っていました。

見ると、手が真っ黒です。みんな。驚いたアタシは、

「え~どうしたの~!手が真っ黒だよ~!(@_@)」

と聞いてみると、

「習字の時間で墨が手についたんだよ!」

そうか、その黒いのは墨か。。そういえば、墨の香りがする。


子どもたちは続けて言いました。

「あ!おばさんのこと、僕知ってるよ。絵本読む人でしょ!」


この子たちのクラスで、読み聞かせしたことあるんだっけ?

アタシは言ってみました。

「あれ?アタシ、何をか読んだっけ?アタシが何を読んだか覚えてる?」


子どもたちは、

「・・・・・・・・・・」

と無言。返事は無しよ。ニヤニヤ笑ってごまかしています。

何を読んだか、覚えていないようです。


絵本より、アタシのほうが目立っているようです。これはいけません。

どうしたら。   (´・_・`)    修行の道は険しい。


ま、ゆるゆる、努力を続けましょう。  継続は力なり。


子供たちがきれいに手の墨を落とせますように。

墨の付いた手で洋服を触って汚しちゃって、

お家の人に怒られるなんてことのありませんように。

なんてことも考えながら、家に帰りました。  (*´v`)

今日もいい日だったなあと思いながら。


   すっかり一日が終わっている気でいるが、家に帰れば家事が待っているのだ!

   忘れちゃイカン!





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/08 15:19 ] 絵本 | TB(0) | CM(12)

読書祭

最近、知人に本をお貸しする機会が増えました。

別にアタシは読書家というわけではないし、

特にこちらから何かアプローチしたわけではないのですが、

不思議な現象です。


「なんでも良いから、お勧めを貸して~」

と言われることもあれば、


「某雑誌に紹介されていた、〇×▽ って本、

 面白そうだと思って~もしかして持ってる?持ってたら貸してくれないかな?」

と、本を指定されることもあります。

そんでまあ、アタシ、その〇×▽を、たまたま持ってるんだかあ、これが。

不思議だわよ。


それに、朗読教室では、

「太〇▽の作品を読みたいのだが、、、持ってない?」

と先生に請われて、先生に本をお貸ししています。

先生は、子どものように喜んでくれます。



お貸しする本たちは、本棚の奥にしまわれ、忘れられていた本が多く、

また日の目を浴びてくれた気がして、嬉しいです。

返してもらったら、アタシも、もう一度読んでみようかな、と思います。

感想を言い合ったら、面白そう。


でも、アタシ、最近これら↓の本を読んでいて、読書に忙しくて

読んでいる本201806

これ以上は無理。お腹いっぱい。

とくに「伊達政宗」が手ごわい!長い!長すぎる!

面白いのだが、読んでも読んでも終わらない。 政宗、まだ20代。

ああ、お腹いっぱい、お腹いっぱい、お腹いっぱい、、、


と思っていたところ、そこに、友人のN子ちゃんからメールが・・・


「あかりちゃんに読んでもらって感想を聞きたい本がある!

 読んでみての自分の感想が、ネットで見る限り、かなりの少数派のようなのだ。

 感想を聞いて話し合いたい」


なんて嬉しいのでしょうか。感想を聞きたいなんて!

また、読むべき本が増えるアタシでした。

早く、伊達政宗をやっつけなければなりません。笑





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/07 18:56 ] 出来事 | TB(0) | CM(12)

ありがたい仲間たち

またまた今年も、我が家の 虎の尾に新芽が出てきました。

201806虎の尾の新芽

100均で買った 虎の尾。 高さはイチメートルを超え、葉さしで子供は成長し、

新芽も次々と出てきます。 どんだけ増えるんでしょう。

怖いんですが、いきつくところまで行かせたいと思います。

行けるところまで育つんだ!虎の尾!  ヾ(o´∀`o)ノ



さて、先日の朗読教室で、先生と一緒に発表会用の本を朗読したところ、

聞いていた仲間たちから、大絶賛してもらいました。

「いやあああ、あかりちゃん、上手い!」

「うん。さすがだよ」

「圧巻。貫禄。圧倒されるぅ」


きゃ~。アタシは、とても嬉しかったです。

先生と一緒に朗読するということで、実力差がありすぎるということから

観客の皆さんが、アタシのパートんところで ガックリ となるんじゃないかと

心配しているアタシ。家で、もんのすごく練習してるんです。

練習の成果が出てくれたかな~・・・・えへへへ


でも、先生からはというと、

「あかりさん、そこは、呼吸に音を乗せて!」

「粒だては、音量じゃなくて、角度を変えて!」


う~ん、全然、誉めてもらえません。ふにゃにゃ~~~。


なもんで、先生に言ってみました。

「音に呼吸を乗せるとか粒だてとか、よくわかんなくて、アタシ。

 こんな感じでいいんですかね~

 〇×▽#%&~・・・」


すると、先生、


適当よ、てきと~」           ←先生満面の笑み   (´∀`σ)σ



それじゃ、わかんないっつ~の!    ←アタシ苦笑




先生は芸術家肌の方で、一般人の常識から逸脱したところがあります。

そこがまた、魅力的なところなのです。

朗読仲間たちと、

「いやあ、先生って、面白いよねぇ。見ている先が一般人と違うって感じ」

と噂しています。

「そこが先生の素敵なところだわよ。あんな人、なかなかいないわよ、大好きよ」

結局、こんなところで、噂話は結論づきます。笑


仲間と言うのはありがたいものです。

一生懸命練習して、誉めてもらえれば嬉しいし、

先生の言葉に戸惑った時、一緒に噂話をすれば、

また頑張ろうって気持ちになります。

どんなに助けられているでしょう。ああ、幸せ。


仲間たちとは、深く自分の事情を話すことはしないのですが

今まで生きてきた人生内容も、今の状態も、全然違うようです。

ただ、朗読が好きだというだけで、偶然出会った人たちです。

人との縁とは有難いもの。大切にしたいです。

自分も、仲間たちを助けられるようになりたいです。

うまいときは誉め、困難には励まそうと思います。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/06 21:54 ] 朗読 | TB(0) | CM(10)

ようこそ植物たち

お友達から頂いた花の種が芽を出してくれ、順調に成長しています。

201806黄色い花に育つかしら?


幸せの黄色い花が咲くとのこと。とても楽しみです。

ご縁が、植物にも広がってくれて、嬉しい限りです。

毎日、じ~っと見つめてしまいます。癒されます。


と、今度は、知り合いから、また植物を頂きました。


これは、プレクトランサス・ヌンムラリウスという長い名前だそうです。

201806プレクトランサス・ヌンムラリウス


これは、セダム。

2018セダム


「枯れたっていいわい、くらいの、軽い気持ちで育ててみて~」

だって。

いえいえ、枯れさせるものですか!愛情もって育てますよ。


いただいた植物たちは生きています。

それはアタシに、アタシは孤独ではないと思わせてくれます。


我が家の近くには、大木(たいぼく)が何本もあって、そ~だなあ、

ビルの5階くらいの高さはあるかなあ、それくらいなんだけれども、

風が吹くと、枝が揺れ、サワサワと葉の音がします。

アタシとアタシの家にやってきた植物たちを見て、

優しく笑ってくれているように感じます。

ホ~ント、生きて感情があるみたいに思えるのよ!


ちなみに、暴風雨の時の大木は・・・狂い踊っているみたいです。。。こわ~





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/05 21:32 ] 園芸 | TB(0) | CM(12)

レモンのラーメンをアレンジ

大好きなブログともだち、さとちん の オススメ 「レモンのラーメン」

東北のスーパーでは見かけないなあと残念に思っていたところが!

やっと見つけましたよ~。

レモンのラーメン1


さっそく購入。お味は?

レモンのラーメン2
流行りの鶏ハムなんぞを飾ればいいのだろうが、冷蔵庫にストックなかったわよ。豚小間肉ですみません


うん!レモンだ!美味しいよ。 

しかし、思ったより、酸っぱさがマイルドで、油っぽさも強めに感じるなあ。

それはたぶん、アタシが最近、

妙に酸っぱい飲み物をよく飲むようになったからなのだ☆

これよ。

トマトジュース


見たところ、普通のトマトジュース。

でも実は、トマトジュースに

レモンの絞り汁(大1)とリンゴ酢(大1)を投入しているのです。

   (写真じゃわかんね~って☆)


健康のためと、知人に勧められたのだけれども、これが!

   (トマトも酢もレモンも、体に良いらしい。なんでだっけ?あら?)



トマトのトマトくささに、酢の酸っぱさがマッチしてて、さらにレモンで追い打ちをかけ

美味しいの~☆

   (胃が弱い方にはオススメできない強烈な酸っぱさなのだけれど)


だからというわけではないが、レモンのラーメンも、

二回目食すときには、トマトジュースとリンゴ酢を入れてみた!


レモンのラーメン3

また違った風味で美味しい☆


パプリカやウルイ、ゴマも入れてしまいまして、上の写真と比較できなくて

すみません・・・汁が少しだけ赤いのをお分かりになりましたでしょうか。

キムチではありません。トマトジュースです。



と、我が家の家庭菜園胡瓜、先日、初収穫。

初収穫胡瓜
大きさが分かるように、ハサミを隣に置いてみた!おほほほ


早く沢山収穫でぎねべが。まだ一本だけさ~。

レモンのラーメンに大量投入するいぐらい沢山頼むべえよ。


また今年も、夏がやってくるなあ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/03 10:52 ] 食べ物 | TB(0) | CM(12)

心が重い と 新世界 の勝負

先日、昔働いていた会社の同僚と町でバッタリ会いました、超偶然です。

最近は全くの音信不通だけれども、当時は仲良くしていた彼女でした。

アタシは、笑顔で愛想よく挨拶しました。

「こんちは~久しぶりだね~元気だった~?」

彼女は、困ったような顔をして目をそらし、それから、いかにも、

気の毒そうな同情のこもった視線をアタシに向け、薄く笑っただけでした。

アタシと偶然会ってしまって、彼女はとても、困っている様子です。

数年前、

アタシは会社を辞めなければならなくなり(いわゆるリストラ) (退職勧奨)、

一方、彼女は退職を免れました。

彼女は、まだ、その会社で働いているのでしょうか。

彼女はもしかしたら、それが後ろめたく、敗北者であるアタシに、どんな顔をしたらいいか

わからなかったのでしょうか。


アタシは、今、幸せです。

経済的には貧しくなったけれども、夫のおかげで、それなりにやっているし、

あの職場にいた時より、世間を知りました。

人生は一回きり。その一回に、仕事を辞めたことで

職業訓練や、趣味の朗読、絵本読み聞かせ、また、ブログ活動や

新しい職場など、様々な新世界を投入することが出来たのです。


辞めさせられたときは、これまでの自分の仕事全てを否定されたような気がして

とても悲しくて、今も夢に見ることさえあるけれども、

もうアタシは、先を歩いているのですよ。

そんなに、後ろめたく思わなくていいのですよ。


彼女に言いたかったけれど、言っても、負け惜しみにしか聞こえないかもしれないし、

第一、わかってもらえないでしょう。

ま、いいか、と思うことにしましたが、なぜか、心が重い のです。


いわゆる世間と言われるもの(例えばその彼女)の高評価が

アタシにとって、非常に大切なものなのでしょうか。

アタシへの同情は、アタシの何かを傷つけるのでしょうか。


この、心の重さ。自分で自分が嫌になります。



先日購入したプレステ4でドラクエ。遊んでみました。

ドラクエ


ドラゴンクエストがスーパーファミコン用ロールプレイングゲームとして

発売されたのは、調べてみると、1986年。昭和61年。

アタシ、ロールプレイングゲームという概念に驚きました。

それは、アタシにとって、新世界でした。

新世界は、ワクワクします。


ワクワク感と、心の重さ。勝負といきましょう。 

呪文はまだ、メラ と ホイミ しか使えませんが。



庭の仙台萩、今が満開です。

2018千代萩





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/06/01 10:17 ] 出来事 | TB(0) | CM(20)