fc2ブログ

コーヒーフェス

先日、用事があって、仙台定禅寺通りに行ったら、

歩行者通行エリアに、みょう~に人が沢山いました。

何?何があったの~?事件?事故?なんかのイベント?

野次馬根性で近づいてみると、おお、コーヒーフェスってのをやってました!

コーヒーフェス

コーヒーフェス2


入り口で1000円払うと、紙コップを5個もらえます。

出店している たくさんの テントの店、どこに行っても、その紙コップに

コーヒーを入れてもらえます。

いろんなコーヒーを5杯、1000円で飲めるってわけ。



どの店も、こだわりのコーヒー店。一杯ずつ丁寧にドリップしているものだから、

コーヒーをもらうのに、超、時間がかかります。

コーヒーフェス3


どこも長蛇の列よ!いつコーヒーもらえるか気が遠くなります。

でも、みんな、ニコニコ笑顔で待っています。

どんだけ、コーヒー好きなんでしょうか。


アタシは、その時たまたま、コーヒーを飲んだばかりだったこともあり、

1000円払うのはやめました。

いくらコーヒー好きのアタシでも、5杯は飲めないしぃ。


でも、帰り道、つらつら思いました。

友人知人家族などとシェアすればいいんだわよ。

二人で行って、500円ずつ出し合って、2杯半ずつ飲むとか。

よし、もし来年もこのイベントがあったとしたら、

今度は、誰かと一緒に行って、コーヒーを楽しもう。

待ち時間も楽しく過ごせるような誰かと・・・・誰?

いないわ・・・今から探すわ!


むせるほどのコーヒーの香りと、笑顔の客たちに包まれた定禅寺通りは、

いつもの大通りとは違う面持ちで、

探せないかもしれない、一緒に行ってくれる誰かを、アタシに想像させてくれました。


こちら↓はいつもの定禅寺通り。  画像お借りしました。

画像は青葉の頃だけれども、今はもっと、欅の葉っぱが黄色く色づいています。

杜の都仙台を象徴するような美しい通りです。

仙台定禅寺通り




    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/29 15:29 ] 出来事 | TB(0) | CM(24)

イメージ

名古屋土産を頂きました。

小倉トースト風フィナンシェ


すんばらしい賞を頂いた銘菓のようです!

小倉トースト風フィナンシェ4


開けてみると、こんな感じ。

小倉トースト風フィナンシェ2
 
小倉トースト風フィナンシェ3



箱の写真と違いすぎでしょう!



でも、あれ?箱をよく見ると・・・

小倉トースト風フィナンシェ5


おお、写真はイメージだったか!


どんだけ、イメージなの~!ここまで、イメージでいいの~!




(´∀`σ)σ



ん~いいのでしょう。イメージですから。 第一、小倉トースト ってあるし~☆


イメージは大事です。

イメージが本体を凌駕してしまうことも、あるでしょう。


名古屋って、大らかな人が多いようなイメージになりました。

恐るべし、イメージ。



追伸 とても美味しくいただきました。名古屋、行ってみたいなあ~





    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/23 16:15 ] 食べ物 | TB(0) | CM(24)

絵本の好み それぞれの個性

絵本読み聞かせボランティアに行ってきました。

今回は、、、まあまあ、かな? 小学生たちの反応は、、、いまひとつ。

でもいいの。きっと何かが届いていると信じるわ。

子どもたちの幸せを願いながら一生懸命読みました。

こんなに一生懸命にさせてくれて、感謝です。子どもたちに。活動との出会いに。

その他もろもろ、に。



読み聞かせの後は、同じ日に読み聞かせ活動をした仲間と、情報交換がてら

少し打ち合わせ的なことをしました。

仲間から見せてもらう、仲間の選んだ絵本はとても興味深く、

楽しく、勉強になります。


オオカミと


これ↑を見せてもらって、

「難しいねぇ。これは、深い話だねぇ」

アタシがそう言うと、その絵本を見せてくれた仲間が

「でも、これ、あかりちゃん、好きでしょう~ふふふ~」

と言ってくれました。

その通りです。大好きです。解釈が広がって心の底を刺激してくれるような絵本が!


アタシ、絵本については好みが激しくて、好き と そうでもない が

はっきりしている方なのだけれども、その仲間は、そんなアタシの好みを

もうしっかり把握してくれているのです。


絵本を通じた、そんな個性。

アタシの個性を仲間が知ってくれていること。

ありがたく、嬉しく、大事にしたいと心から思いました。


アタシは、どうなの? みんなの好みをわかってるかなあ。

メンバー全員のとまではいかないけれど、、少しは、、、わかって、、、

う~ん。


頑張ります!



    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/23 11:45 ] 絵本 | TB(0) | CM(10)

感情と月夜のおやすみなさい

毎日毎日、夜に眠る前に思うのです。アタシ、幸せだなあと。


飢えないくらいに十分に食べられて、寒くなれば上着を着られて

雨風を防いでくれる家がある。


日によって、ああ、今日は仕事に行けて良かったなあとか、

絵本読み聞かせボランティアに行けて良かったなあとか、

テレビが面白かったなあとか、そんなことも思います。


そして、眠るわけですが、どうしてなんでしょうか、

数年前に辞めなければならなくなった、職場の嫌な思い出の夢を見てしまうのです。


そして、朝、暗~い気分で起き上がるのです。

人間の感情とは、不思議なものです。自覚はしていないのだけれど、

まだ、あの時のつらさに、自分が網羅されているのでしょうか。


知り合いのMちゃんが、最近、家族旅行に行ってきて、

お土産話など聞いたのだけれど

彼女は、安いホテルにしか泊まれなかった自分の経済力を嘆き悲しんでいました。

旅行に行けたんですもん。幸せなことじゃない?

その幸せを一番に思えばいいんじゃない?

そんなことを思ったアタシだったのですが、

思えばアタシだって、無意識にだけれど同じだわよ。今の幸せだけを思えばいいのにさ。

昔の不幸など忘れてしまえばいいのにさ。


感情とは、やっかいなものだわよ。自分で自分をどうしようもできない。

どうしようもできない対象が、あるということ。それって?なに?どう?

いいの?わるいの?


先日観た映画「君の名前で僕を呼んで」 では、

君の名前で僕を呼んで


失恋した息子にお父さんが

「(その失恋した悲しい)感情は、きっと素晴らしいものだ」

と言っていました。


感情を持っているということは、素晴らしいものなのでしょうか。

仮に、素晴らしいものなのだと、自分で自分についてだけ仮定して、

しばらく生きてみるのも悪くないかもしれません。やってみる?


今日の夜は夢をみるでしょうか。

おやすみなさい、おつきさま。





    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/19 18:08 ] 思いつき | TB(0) | CM(14)

秋の味覚の喜び

里芋です。

里芋ケース入り

蔵王里芋祭りに行ったら、会場の片隅に、ど~んと置かれていました。

里芋が大好きなアタシ。少し購入してきて、煮ました。

里芋煮たの

美味しくて美味しくてたまりません。

つるつるとした粘りが口の中に広がります。

なぜでしょう。里芋を食べると、健康になれる気がします。


菊の花です。

菊の花箱入り

山形観光物産会館 ぐっと山形 の隣の産直市場にありました。

山形では この 菊の花を茹でて食べます。

菊の花茹でたの

シャキシャキして、ほろ苦い独特の味が、とても美味しい。

酢の物などにする人もいますが、アタシは醤油をちょっとかけて

パクパクパクパク、あ~パクパク と、爆食いするのが好き。


秋。毎年毎年、秋の味覚を楽しめる自分を、とても幸せな人間だと思います。

感謝です。



    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/17 10:05 ] 食べ物 | TB(0) | CM(22)

それは先生の魅力

1週間ぶりの更新です。

このところ、更新頻度が低くなっていますが、アタシは元気です。

ただ、ちょっと、やるべきことや、また、やりたいことが多すぎて・・・・。

パートも趣味も家事も、頑張ってますよ~ん。

日々の暮らしに創意工夫も忘れません。

カレーに納豆を乗せてみました。美味しかったです。

納豆カレー


さて、全くカレーとは関係のない話ですが、

知り合いのTちゃんが、某朗読教室の、2回だけ体験講座に行ってきたそうなのです。

アタシも朗読を習っているのですが、Tちゃんが行ったのは別の教室ね。


Tちゃんは言いました。

超 つまんなかった。先生に言われた文章を順番に読むだけ。

一人が読む分量が多いから、自分の順番になるまで時間がかかって、

退屈で寝そうになった。あかりちゃんは、いつもいつも

朗読が楽しくて楽しくて仕方がないって言ってるよね。

どこがそんなに楽しいの~~~???」


アタシは、朗読が面白くて仕方がないので、朗読がつまらないというのを

どう理解していいか、咄嗟の判断がつかず、言葉につまってしまったのだけれど、

よ~く考えてみました。そして、どうもそれは、

先生のキャラクターの違いような気がしました。



技術を身に付け、それらを駆使して自分なりに作品を演出して、朗読することは

自己主張だとおっしゃる、アタシが習ってる朗読教室の先生。

そうだわ、アタシは、自己主張を促されるのが嬉しいの。

自分の個性をみつめなさいと、言われているようです。


人それぞれ、感じ方は違うと思うけれど、アタシの性格に先生の指導が

あってるってことかなあ。

Tちゃんに、後日そう言ったけれど、わかってもらえたかなあ。


そうそう、先生は、芸術家肌で、それも面白いです。

魅力的です。


先日、先生からメールをいただきました。


「次の朗読教室っていつだっけ?忘れてしまいました」


え~~~???   Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


朗読教室は定期的に開催されています。

ここ何年も、毎週同じ曜日、同じ時間開始です。

それを、忘れてしまうとは!!!

そしてそれを、自分の過去のスケジュールを確認することもなく、

弟子のアタシにメールして聞こうとするとは!


アタシは、親切丁寧に開催日時をお知らせするメールを返信しました。

「先生、大丈夫ですか!」   (そんなことを忘れてしまうとは、大丈夫なのかの意)

という言葉を付けて。


先生からは、真夜中にメールが入りました。一言です

「大丈夫」


ホントに大丈夫かなあ。  (T_T)


ちなみに先生は、考えることや覚えることが一般人とは違うようで、

一番長く教室に通っているアタシ(自称・一番弟子)の名前も、うろ覚えです。

名前を覚えてもらえなくても、アタシは先生の大ファンなのでした。笑

あんな人、なかなかいないわよ。面白いわ~。




    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/10 16:27 ] 朗読 | TB(0) | CM(16)

大人にも届けたい!

久しぶりに、某小学校へ、絵本読み聞かせボランティアに行ってきました。

対象は、4年☆組です。 下 ↓ の絵本を読みました。



絵本 でんでんむし_

自分の背中のからの中に、かなしみ がいっぱいつまっていることに

気が付いた でんでんむしが、お友達に相談するにつれ、

お友達もそうだと知り、自分の考えを前進させていきます。

わたしも わたしのかなしみを こらえていかなきゃいけないって。



絵本 ときめきの

モノを集めるのが好きな もりねずみ。

たくさん集めた宝物のなかの、お気に入りの灰色の石ころを

友達からけなされて、捨ててしまいます。でも、本当は、その石が大好きでした。

すっかり元気をなくしてしまったもりねずみでしたが、捨てた石とそっくり石を偶然みつけて

また元気を取り戻していきます。



絵本 やっぱり

独りぼっちのオオカミ。他の動物たちは仲間がいるのに、自分は一人。

みんなが羨ましいけれど、仲間になるのもイヤだなあ。ウサギなんかゴメンだ!

そして彼は、自分はオオカミとして生きるしかないよ、と、一人を決意します。

すると、なぜか ゆかいな気持になったのでした。



絵本 わ 1


↓ わたし、おにいちゃんからみると いもうと。

絵本 わ3


↓ わたし、となりのおばさんからみると やまぐちさんちのしたのおこさん

  ごろう(右ページの犬)からみると にんげん

絵本 わ4


↓ きりん から みると ちび  あり から みると でか

絵本 わ6


↓ がいじんから みると にほんじん  うちゅうじんから みると ちきゅうじん

絵本 わ7


↓ しらないひとから みると だれ? ほこうしゃてんごくでは おおぜいのひとり 

絵本 わ8



熱心に聞いてくれて、目を輝かせている子もいましたが、

眠そうにあくびを連発の子もいました。  いいんです。

今、心の底に届いてもいいし、じわじわ、後から届いてもいいし、

あるいは、全然届かなくても いいんです。

な~んとなく、そんな話があったなあと、ほんの少しの刺激だけだって。


と、今回、子供たちと一緒に聞いてくださった、小学校の先生が、

いたく感激してくださったのに びっくり! 

最後に読んだ「わたし」を、特に気に入ってくださったようで。


顔を見るとわかりますのよ。社交辞令じゃないって。

え?アタシの勝手な思い込みかもしれないって?いやいや、そんなことは・・・

あるかもしれないけれど(弱気)、でも、先生の様子を見て、アタシ、


「(アタシの読み聞かせで)大人にも、何かが届いたらいいなあ」

って思いました。

柳田邦男氏も、その著書で「大人こそ絵本を読むべき」とおっしゃっています。

ま~気が合うわねぇ。おほほほほ。   


また、新たな目標を持って、絵本読み聞かせに向かうことが出来そうです。

感激してくださった(たぶんだけど) 先生、ありがとうございました!

次も 誠実に、一生懸命取り組みます。自分も楽しみながらネ。



    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2018/10/03 15:01 ] 絵本 | TB(0) | CM(16)