fc2ブログ

九州旅行 小倉 鉄鍋餃子と おばいけ

旅行続きです。娘二人の「絶対行きた~い」希望で、小倉の鉄鍋餃子屋さんへ。

小倉鉄鍋1


今日は、一日、よく観光しました。良い一日でした。明日も良い一日でありますように☆
女三人の乾杯、餃子にビールで乾杯! 

小倉鉄鍋餃子とビール

ずいぶん飲んでから写真撮っちゃってたわよ。はははは。

と、あら?

おばいけ

「おばいけ」ってなんだろう?と、注文してみると、奇想天外なものが!

くじら

おばいけ って、山口県の郷土料理で、クジラの肉のなかで最も美味しい、身と尾の間の部分の肉のことだそうです。

ひたすらに、コリコリとしていて、でも、しっとりしてて、さらに、ぷりぷりしていて、食感の面白さが際立っているわりに、味の方は、あるような、いや、まったく無いような。味が無いところが味のような。
そして、それらを際立たせる添付の酢味噌がすごい。味噌と酢。甘いのは味醂だろうか、とわかるんだけれど、混ざり合ってて融合されクリーミーで、新しい調味料になってる感じ。新人類(死語か!)ならぬ、新調味料。←個人の意見です。

コラーゲンたっぷりの おばいけ は、おいしくって楽しく、鯨の遊泳を思いました。

ほんのり酔って、宿に戻る途中↓

小倉イルミネーション




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 旅行記

[ 2019/12/31 21:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(8)

九州旅行 門司港レトロ

下の娘、帰省してきたと思ったら、具合が悪いというので、熱を測ってやると40度。救急病院に連れて行くと、なんと、インフルエンザとのこと。おお!移動中、飛行機の中で感染してしまった模様。
苦しんでいるのを見ているのは つらいですね。かわいそう。早く元気になって~。アタシもうつらないようにしなければ。

と、娘が寝ているうちに、旅の記事を。
門司港レトロ。カッコいいレトロな建物がたくさんありました。情緒豊かです。
これ↓は、旧門司税関。

旧門司税関

税関のお仕事について解説してくださるコーナーが、情緒豊かとはいえない感じでしたが、けっこう、勉強になり、一緒に行った娘二人も興味しんしんでした。写真がボケててすみません。

旧門司税関5


社会悪物品がどんなふうに隠匿され、持ち込まれるか具体的に展示されていました。

旧門司税関2

社会悪、という言葉、はじめて聞いたけど、パンチのきいてて、ストレートで勢いがあって、一方的で、心に残りました。悪だよなあ、うん、悪。

旧門司税関3

旧門司税関4

なるほど。そんなことに創意工夫。
他に創意工夫すべきでしょう。象の置物の中になら隠せる!と思いついたのかなあ。


こちらは、三井倶楽部。三井物産の社交倶楽部だった建物だそうです。

三井倶楽部

写真撮影禁止だったので写真が無いのですが、二階に、林芙美子記念室がありました。愛用の机や生原稿などが展示されていました。林芙美子といえば「放浪記」。強くたくましく、気が強く荒く、というイメージがあったのですが、展示された原稿の文字が、女子文字、とでも言うのでしょうか、かわいくって丸文字で、また等身大パネルの身長の低さも可憐で、作品のイメージや語られる逸話と、ご本人の本当の人間性は、全く違うのかなあと、ふと、思いました。

林 門司生まれらしい


そして、、焼きカレーを食べました。

焼きカレーの店

焼きカレー2

コクのあるカレーの中に、チーズと半熟卵が入ってて、混ぜて食べると、カレーの辛さが、チーズのしょっぱさと、卵の甘さを圧倒します。圧倒してるんだけど、チーズも卵も善戦してます。

カレーもチーズも卵も、スタンダードな味なんだけど、なぜか力強く、口に残る味なの。濃いキャラがなぜか集まってしまった、昼下がりの主婦ランチ会、と言った感じ。

とってもおいしかったデス。

一緒に頼んだコーヒーが、またすご~く美味しかった(写真は撮り忘れ)。ちょっと苦いけれど、クリアな苦みで、体に染み入るカフェインに酔えました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 旅行記

[ 2019/12/30 20:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(12)

忙しいぞ、ベイベー

忙しいぞ、ベイベー。

朗読会があり、映画のイベント出演があり、娘たちの引っ越しあれこれがあり、パート仕事があり、おかげさまで忙しく過ごさせていただき、ヘトヘトに疲れ、なかなかブログ更新ができませんでした。

一回、 ボロボロになると、2~3日、問答無用に疲れますから。立ち直れない・・ああ、九州旅行の記事が書きたいのに。

もしかして、そんなアタシは、幸せものなのかもしれない。感謝して、明日の、体力回復を願って、おやすみなさい。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2019/12/26 22:15 ] 思いつき | TB(0) | CM(10)

九州旅行 巌流島

風邪をひいてしまいました。 ○| ̄|_      朗読会が近いのに~・・・。

巌流島観光の記事、風邪のぼ~っとした頭で書いてみます。

巌流島行き船

唐戸から、意気揚々と巌流島行きの船に乗った娘二人とアタシの三人。門司港から唐戸市場へ行く船で騒ぎすぎたのを反省し、ほかのお客さんの迷惑にならないよう、静かにしていようと話し合ったのですが、客はアタシたち三人のみ。騒いでも大丈夫だと、思いっきり騒ぎました。(船頭さん、ごめんなさいねぇ)

アタシ  「わ~ゆれる~上子下子、落ちるなよぉ!」
娘二人 「一番危ないのは、お母さんでしょ~足腰弱ってんだから!」
アタシ  「その通りだった!ぎゃ~」

何も、安全な船内にいればいいのですが、どうしても屋上の、壁のない空間(椅子はある)にいたい、お転婆な三人。

巌流島に向かう船から関門橋


巌流島はこんなんでした ↓

巌流島船から

巌流島は、無人島です。だから地元の人ってのがいないし、ほかに観光で訪れている人もいなくって、


巌流島、貸し切り状態

武蔵小次郎の像も、貸し切り状態


巌流島 武蔵小次郎の像

よし、ここは決闘の聖地じゃ!決闘するぞ! と、娘と三人で、武蔵小次郎の真似をしてポーズをとり、写真に撮りましたが、あまりに、みっともないので、アップはやめときます。

かわりに、これを↓







こんなことやってるから、バチがあたり、風邪ひいたんでしょうか・・・・  (。-_-。)





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 旅行記

[ 2019/12/19 18:22 ] 旅行 | TB(0) | CM(28)

九州旅行 唐戸市場へ

九州旅行二日目は、東へ。門司、唐戸市場などへ向けて。レッツゴ~

天神駅から、バスで唐戸市場への直行便もあるのだけれど、もしや渋滞したらという気持ちもあり、娘たちと相談のうえ、新幹線で小倉まで移動し、そっから鹿児島本線に乗り換えて門司港駅へ行くことにしました。

しかし、小倉から乗る電車を間違い、なぜか南への電車に乗ってしまい。
わ~と、気が付いたのが じょうの駅。の あたり。

じょうの

上の娘 「お母さん、アタシたち、違う方向に向かってるみたいよ。
      グーグルマップで見ると」
下の娘 「ぎゃーホントだ!」
アタシ  「とりあえず降りよう降りよう」
三人  「わははははは。気が付くなんて、アタシたち なかなか偉いねぇ」

慌てて降りて引き返しました。ああ、良かった。終点まで行く前に気が付いて。笑
こういうのも旅のだいご味だわよ。   ま、負け惜しみヨ。ふふふ。
間違えても笑うという・・・なんという能天気な性格か!


なんとか無事に、門司港駅↓につき、  レトロで素敵な建物でした。

門司港駅


そこからすぐの乗船場から船にのり、 天気絶好調~

唐戸市場へ


唐戸市場に着くことができました。

唐戸市場

唐戸市場2

唐戸市場3

唐戸市場ふく

市場はほとんどのお店が閉まっていて、少し見学したあとは・・・

やっぱりフグよ。フグ。と、周到に調べておいた有名店へ行きました。

ふくの河久1

ふくの河久3


店員さんは不愛想で、メニューの内容を聞いても、テキトーにしか答えてくれません。食券を買って渡すと、まるで にらまれたみたいな、感じでして・・・こちらが注文したのが、悪行のような対応。そうですか。ごめんなさいね。入店して注文したのが、悪かったんですね。

二度と来ませんから。  (^-^)/

フグも、ふ~ん、食べなれていないからか、どうなのか、よくわかんないお味でした。まあ、いいっか。食べて、味が、わからないってことが分かったんだもの。

二度と来ませんから。 (^-^)/


気を取り直して、巌流島へ。ああ、胸が躍るわ。

決闘の聖地巌流島

娘と三人、決闘となるか!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2019/12/16 22:09 ] 旅行 | TB(0) | CM(18)

朗読会が近づく

旅の途中ですが、朗読会が近づいてきてるので、それについて書いてみます。

前回の練習の際、先生がやっと担当を決めてくださいました。あと10日くらいしかないのに、間に合うのかよ~というところなのですが、なんとか頑張るしかないです。先生のやり方に対応していくしかないです。

アタシの担当は、地の文 ( その小説の中の、セリフじゃないところ。文章個所) が少し、それと

70代男性 と 中年女性(年齢不詳) のセリフ が割り振られました。

どっちも、性格のよろしくない役です。観客の皆さんから嫌われるであろう役どころです。本当なら、娘役が良かったのだけれど、と思ったけれど、家で練習していると、どんどん ノッてきて、楽しくなるから不思議です。粗野で思いやりに欠けた性格である 70代男性は、読むのに、あまり難しくないのだけれど、中年女性の方が、難しい。性格悪いんだけど、なぜか憎めないって役なんです。どう表現しようかなあ。セリフのテンポをどうするかなあ、考え中です。

もちろん、地の文も 頑張るよ。これは、個人的な感想だけれど、セリフより、字の文の方が、技術的には難しいと思うのよ。

朗読会、成功しますように。お客さんに楽しんでもらえますように。アタシも仲間たちも楽しめますように。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2019/12/13 22:31 ] 朗読 | TB(0) | CM(12)

九州旅行 博多の屋台と辛子レンコン

憧れの九州 博多 屋台。なのです。↓

屋台遠くから

す、すみません。何だかわかんないですよね。あまりにテンションあがって、写真がうまく撮れず・・・


だもんで、福岡市さんのページから、これを借りました↓
写真提供 福岡市
 ↑ 写真提供:福岡市  福岡市さん、ありがとうございます。


仙台にも、駅前に昔、屋台がありました。行政から撤去させられました。行政にとっては、良くないものと判断されたようです。何が良くって、何が悪いんだろうか。何が地方に残すべき文化で、何が撤去すべき文化なんだろうか。アタシには、分かりません。
博多の屋台は、撤去させられてませんで、勢い強いお店の人が客引きをしていて、すごすごと通るながら、どのお店に入るか緊張しました。
なんとか勇気を出して、入った一軒目のお店は、愛想がよくって、世間話などしてくれました。土地の人とお話できてうれしかったです。ありがとう。お味もばっちり!おいしい もつ鍋。栄養ばっちりな感じ。血が濃くなる気がする濃厚な味。

屋台2


↓一口餃子。すっぱいタレと餃子が絶妙に合ってるぅ

屋台3


↓忘れたけど、なんか焼いたやつ。味も忘れた。

屋台1


二軒目のお店は寒くって、扉がわりのビニールシートが前面には下がってなくって、、、
もう、我慢の限界じゃ、と、逃げ出し、居酒屋風のお店に入ってしまいました。

屋台ちかくまる屋

まる屋水炊き

まる屋水炊き2


水炊きも焼き明太子も美味しかったけれど、驚いたのが。。。。

↓辛子レンコンでございます。

なんじゃこりゃ~~~!

東北では、見たことないぞ~~~! (゚△゚;ノ)ノ


まる屋からしれんこん


後で調べましたら、熊本の郷土料理なんですね。レンコンの穴に、辛子に味噌などを混ぜた辛子ソースをつめこみ、衣(卵黄等)の衣をつけて揚げるの???

九州の人の、感性がわからない・・・レンコンに辛子?え?どういうこと!!

分からないからこそ好きになる、、恋愛みたいじゃあないの。モヤモヤするなあ。
いいなあ、モヤモヤ。 あ、辛辛(カラカラ)、か。カラカラレンコン おいし~☆





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 旅行記

[ 2019/12/12 22:28 ] 旅行 | TB(0) | CM(20)

福岡旅行 太宰府天満宮

福岡空港

福岡空港
↑画像お借りしました

を あとにした 東北の女 三人組(アタシと娘二人) は、宿泊地の博多に向けて、地下鉄で移動。いや~空港から博多まで、近いこと近いこと。地下鉄で二駅ですから。すぐ着いちゃう。5分くらい?仙台空港から仙台駅までは、20~30分かかりますから、福岡空港が、いかに町中にあるかわかりました。飛行機が福岡空港に着陸する際、ビルがたくさん立ち並んだなかを降りていく風景に驚きましたが、実感しました。
飲み込まれてみます。福岡さん、アレルギー反応、おこさないでね。。

ホテルに荷物を預かってもらって、太宰府天満宮へと急ぎました。福岡に来たんですもの。ご挨拶しなくちゃ。

太宰府天満宮へ電車で

太宰府看板


参拝してから、参道のお店を楽しむべきなんでしょうが、我慢できず、寺田屋さんの 梅が枝餅をいただきました。

太宰府天満宮参道


梅が枝餅 寺田屋

梅が枝餅寺田屋食べかけ

職人さんが次々と焼いているのを横目で見ながら、修学旅行の高校生と一緒に並び、受け取った梅が枝餅の熱いこと!あちちちちっ だから紙んとこもって、パクリ。
ちょっと焦げた表面の苦さ、もちもちのもち肌お餅、ほどよい甘さのアンコ。一緒に口に入れて、おいしいなああ、旅の緊張を溶かしてくれました。よ~し、観光するぞ!

ず~っと、毎日、観光客のために餅を焼く、職人さんの日常を思いました。ありがとう。

そして

太宰府天満宮

心を込めて、手をあわせました。学問の神様に。

学問って、なんなんだろうか。書物を読んで、たくさんの知識を自分にとりいれて、考えて、そして、どうする?消化して昇華して、次に進んでいくこと?自分の意思を形作っていくこと?知識を元手に。

最近思うんです。たとえば、アタシは、マイケルジャクソンが好きで、海外ドラマのウォーキング・デッドが好きで、朗読が好きで、絵本読み聞かせが好きで、杉下右京の水谷豊の「相棒」が好きで、好きだから、それについての知識が増えていく。それは、学問とは違うのでしょうか?

何が、学問なのでしょうか?  何がレジャーなのでしょうか?  

広辞苑で 学問 を引くと ①学び習うこと 学芸を修めること ②科学や哲学などの総称 となってました☆

     ゲームばっかりしている小学生が、お母さんに怒られて、屁理屈言ってるみたいですね。
     お恥ずかしい・・・えへへ。


おみくじは 末吉でした。

太宰府天満宮おみくじ


活動停滞。冬の時期ですか・・・
今は、我慢の時。我慢は、得意ですよ。東北の女ですから。我慢が好きってわけではありませんが。
屁理屈言ってるから、バチが当たったのかなあ   |ω・`)
   




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 旅行記

[ 2019/12/10 22:40 ] 旅行 | TB(0) | CM(18)

九州旅行 福岡空港 博多一幸舎

旅から戻りました。娘二人とアタシの三人旅、2泊3日、あっという間でした。

アタシは仙台から、上の娘は千葉から、下の娘は北海道から出発し、福岡空港集合です。
会えるのか・・・と、なぜだか心配でしたが、あっさり会えました。スマホとは便利なものよ・・・。

お昼時で、福岡空港内、ラーメン屋さんが集まる ラーメン滑走路で、ラーメンを食べました。ラーメン滑走路には、北海道とか東京とか山形とか、全国各地のラーメン屋さんがお店を出しています。飛行機で九州という遠い地にきて、ほかの地方のラーメン食べるのもなんだか・・・慎重にお店を選び

博多一幸舎さんへ

福岡空港一幸舎

一幸舎ラーメン


複雑な味の、素材がなんだか、さっぱりわからない神秘的なスープは濃厚で、麺はあくまで細く、しなやか。スープも麺も主役、しかも、自由にトッピングできる ↓ も、酸っぱさと辛さを しっかり主張してて、でも、ラーメン本体とうまく融合してて、いい感じ。 

一幸舎トッピング


元気が出る味です。

娘二人と
「今までに経験したことのない味だ。すごくおいしい!」
と感激。
浦島太郎が、竜宮城でご馳走を食べたときも、きっとこんな気持ちだったんだろうと思います。

お店の人も親切で明るい。
待ち時間を丁寧に説明してくれたり、笑顔でキャリーケースをお店の隅に預かってくれたりしてくれました。
あったかくおいしいラーメンに心温まるだけじゃなくって、人のやさしさにもあったまって、良い旅の始まりになりました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 旅行記

[ 2019/12/08 21:51 ] 旅行 | TB(0) | CM(20)

妹の引っ越し完了

シャコバサボテンの花が咲きました。

2019シャコバサボテン


難しい手入れとまでは言えないけれど、
春から11月ころまでは室外に置き、時期になったら室内に入れ、また、日の長さが長いと花芽をつけない性質だから、室内でも、蛍光灯の光には当てないようにしたりしてはいました。
不格好だけれど、うれしいです。


さて、妹が、妹自身の単身赴任のため、我が家近くに引っ越してきました。
引っ越し時は、手伝いに行きましたが、単身ですから、荷物はそんなに多くなく、
あっさりと引っ越し作業は終わり。
ただ、妹の旦那さんと妹の息子は、離れて暮らすのが悲しいらしく、 
(。´・(ェ)・) ← こんな顔をしていました。 

妹の旦那さんからは
「Y子(妹の名)のことは、よろしくお願いします」
と真顔で言われました。

そんな家族がいて、妹はとても幸せ者だと思います。
仕事は大変だと思うけど、体に気を付けながら、頑張ってね~。

アタシが差し入れした 引っ越し祝いの 稲荷ずしやサンドウィッチなどを、妹も妹の旦那さんも甥っ子も、おいしいおいしいと食べてくれました。

こんな一家と親戚で、アタシもとても幸せ者です。せいいっぱい、応援するからね~。


追伸・・・明日から、旅にでます。ブログは少しお休みよ。
     九州、博多あたりに、妙に背の高くクルクルパーマの女が、双子の娘と一緒に東
     北弁を喋りながら歩いていたら、アタシですので、お気軽にお声がけください。
     なんつって。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2019/12/02 20:39 ] 出来事 | TB(0) | CM(22)