fc2ブログ

あなたなら?

県内の感染者数、ずっと増えなかったのに、ここ2~3日で少しだけ増えました。一番の繁華街にあるパブで集団感染か?とのこと。怖いものです。

先日、誘われて、某ボイストレーニング教室に行ってきました。広い会議室に先生1人、受講者15人くらいでした。受講生が実際に練習の発声をすることはなく、先生から、声の出る仕組みや、肺の機能を強化できるって運動の紹介を講義されることだけでしたが、三つの「密」のうち、二つくらいは該当しそうな気が、後から思わされて、行かなければよかったかなあと反省です。

また、今まで習っていた先生じゃない、違う先生が教える朗読教室にも行ってきたのですが、そちらも、行かなければよかった気がして反省してます。換気や消毒など、とても気を付けている教室ですし、生徒の数が少なく、一人と一人が2メートルは離れているのですが、なにせ、声を出して実際に朗読しましたからネ。

名前のよく知られている芸能人の方が突然亡くなられ、驚き、人生はいつどうなるかわからない、悔いのない生き方をしようと思いながら、感染に気を付けた生活をしなければならないとも思います。

テレビで、東京の八王子にある図書館の取り組みを紹介していました。

家で過ごさなければならない子供たちのために、あらかじめ、本をお楽しみ袋に入れててくれるのだそうです。
お楽しみ袋に入っている本、どんな本が入っているかは分からないけれど「花に関する本」とか、「乗り物の絵本」とか、「食べ物が描かれている絵本」とか、そういうの別に袋に入ってます。
来館者親子は、希望のジャンルのお楽しみ袋を借りられるとのこと。

映像で見ただけだけれど、その図書館は狭いようです。感染リスクを考えると、長時間子供をいさせるのが不安な親御さんもいらっしゃることでしょう。さっと借りて、どんな本が入っているのかと、家でワクワクしながら袋を開けるのは楽しそう。

こっちの図書館でも、やってくれないかなあ。できれば、大人向きの本もお願いしますよ。

たとえば

1 「食事づくりが楽しくなる、インスタ映えもバッチリにできる
                食べ物と栄養の本 お楽しみ袋」 とか 

2 「日本人なら読んでおきたい、カッコいいお侍さんに会える  
                傑作時代小説 お楽しみ袋」とか

3 「あなたもまだ間に合う気がしちゃうかも 
                胸キュン恋愛小説 お楽しみ袋」とか

4 「頭の既存概念を壊される快感に酔える  
                秀逸SF小説 お楽しみ袋」とか

「5」が思い浮かばない。あなたなら、「5」に何を?





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2020/03/31 10:51 ] 思いつき | TB(0) | CM(14)

パソコンの調子が悪い

更新が途絶えております・・。
パソコンの調子が悪いのもあり、娘がずっと家にいてなかなかパソコン前に座れないのもあり、ネタがないのもあり、、

でも、どれをも克服予定です!
ブログの世界からいなくなりません!
困難があっても、着実に前に進んでみせるわ!

 ↑ そこまで意気込むほどのことではないけれど。


アタシ、すんごくブログ活動に時間がかかりすぎるのも良くない気がするなあ。
もともと文才がないので、文章打つのも時間かかるし、
写真撮るのが下手だから、写真を選んで取り込んだりするのも時間かかるし、
一回の更新で半日かかるなんてザラ。
ちょっと用事があると、時間がとれなくて、更新できなくなっちゃう。

ま、あんまり深く考えず、無理せず、静かにこっそり続けますです。
すみませんが、よろしくお願いいたします。(。-_-。)

今日の青空。
202003青空




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2020/03/25 18:13 ] 思いつき | TB(0) | CM(24)

「アイヌの美しき手仕事」展

宮城県美術館 「アイヌの美しき手仕事」展 に行ってきました。

アイヌの手しごと展看板


民藝運動の主唱者であった柳宗悦や、そのグループメンバー芹沢銈介がが蒐集したアイヌの工藝品が展示されていました。

↓このエリアのみ、撮影OKでした。
アイヌ展示1

アイヌ展示2

細やかで繊細な細工ながら、大地の力強さも感じさせられます。

アイヌ展示3

アイヌ展示4

刺繍の形には、それぞれ意味があると聞いたことがあります。

アイヌ展示5

アイヌ展示6

その、決まり事を大切に守りながら、縫い手の女性それぞれの個性で、色使いなど楽しんだのかなあと思いました。ご自分の個性の発しん。装う楽しみ。かっこいいです。どれも。

アイヌ展示7

興味深い文章が、会場に大きく飾られていました。
「アイヌの見方」「工芸」1941年106号 柳宗悦 とあります。

アイヌの工藝は手先だけの業ではない。
頭だけの功作ではない。
彼等の信仰に色付けられた仕事である。
信仰の意味もたなくして仕事はしない。
これがどんなに美に影響するだろう。
いわば、信が産む美だといっていい。
これが美しさを純粋なものにさせる。
信が深くば美もまた深く
美が厚ければ信もまた厚い。


信仰する心、魂が、作品に乗りうつっていくのでしょうか?わかる気がしました。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2020/03/14 19:49 ] 出来事 | TB(0) | CM(8)

藤沢周平 「蝉しぐれ」

藤沢周平「蝉しぐれ」を読みました。
アタシがストーリーを説明するまでもない気がするのですが、一応少しだけ。

主人公は、東北の小藩に暮らす武家の息子、牧文四郎。しかしある日、父が、藩の権力闘争に敗れ、切腹させられてしまう。家禄を減らされ不名誉な家と蔑まれるが、友に恵まれ、剣術に熱中し、たくましく成長していく。のちに家禄を戻され、役目も与えられ、平穏な日々をおくることが出来るかと思いきや、またもや、藩の勢力争いに利用され・・・

蝉しぐれ_


文四郎の精神力の強さ、判断能力の的確さ、迷いながらも進んでいく様子がかっこよかったなあ。
そして、東北の小藩の風景がいい。丁寧なその描写を辛抱強く読んでいると、突然大きな物語の変化があって、びっくりさせられたりもしました。

しかし、ちょっとだけ、納得できないところがあったわ! (○´・Д・`)ノ
文四郎に縁談話が持ち込まれるシーンよ。↓

「禄高は七十五石で、ここよりはだいぶ多いけれども、ご夫婦も娘御もごく気さくな方たちで、禄高を気にするようなご家風じゃありませんからね。この話は登世さま、少し身を入れてお考えになったらどうでしょうか」
「・・・・」
それに答える母の声はずっと低くて、文四郎の耳には届かなかった。
「ええ、ええ、もちろん」
母が何か言ったことに、上原の妻女はしきりにうなずいてみせているようである。
「お顔もよし、
背丈もあり、気性もやさしくて、母子二人の家の嫁には、うってつけの嫁御だと思いますけれど」

なぜ、背丈があるのが、母子二人の家の嫁に うってつけ?
縁談話をもってきた上原の妻女さんに説明してもらいた~い!

アタシ、身長が高いために、なぜか「愚鈍」で「繊細な感情を理解できない」で「少しくらい叩いたり蹴ったりしても感じない」と思われることがあったのよ。そんな感じ?全然別?

名作の、そんなところが気になるとは、アタシの ひがみ根性も大したもんさ!



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2020/03/11 17:32 ] | TB(0) | CM(10)

家庭それぞれ

新型コロナウィルス感染拡大を防ぐ目的で、県内の小中高校が休校となりました。

知り合いのNちゃんは、娘さんが週に数日働いているため、働いている日は、お孫ちゃんを預からなくちゃいけなくなったそうで、大変そう。元気な小学生3人だから、預かるのに体力がいるって。
一番上の子は小学校六年生だそうだから、上のお子さんが、下の子の面倒を見、子供だけで、お留守番できるんじゃあないかなあと思うんだけれど(毎日じゃないし)、家庭それぞれ、考え方が違いますね。

アタシ、当時小学生の娘二人に、娘二人だけで留守番をさせることも多かったから、感覚が違うのでしょう。
小学校1~2年のころは、学童保育が終わってからアタシが帰宅するまで留守番。
3年生からは、学童保育は卒業しなければならなかったため、長期の休み以外の時は学校から帰ってからアタシが帰宅するまで、長期の休みの際は、終日、留守番していてもらいました。

お母さんが働いていると愛情不足でおかしな人間になると言われましたが、今のところは大丈夫よ。今のところね。

知り合いの中には、中学校高校になっても、子供だけで留守番させない家もあります。
そういえば、Oちゃんは、大学生の息子さんを朝起こしてあげて、大学に送り出さなければならないから、午前中の外出はできないって言っていたなあ。

子育てに絶対は無い、家庭それぞれの考えで良いと思いますが、お孫ちゃんを預かって大変そうなNちゃんを見ていると、おばあちゃんだって、子供と同じように大事な人間なので、無理しないで、少しは、子どもに我慢させても大丈夫なのよ、と励ましたくなります。Nちゃんは、持病があるのに加え、最近膝が痛くて大変そうなんだもん・・・・。

子どもの健やかな成長は絶対大事なものだけれど、大人のことだって、尊重すべきだと思うんです。
子どもも、小学校高学年ともなれば、おばあちゃんの体を思いやることを学ぶのも大事じゃないかなあ。

    と思いながら、何も言えないアタシなのだった・・・(´・ω・`)



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2020/03/02 20:11 ] 思いつき | TB(0) | CM(20)