fc2ブログ

落語鑑賞

全国的にもアタシが住む県でも、多くのコロナ感染者が確認されてきて、趣味の絵本読み聞かせボランティアが、当分の間、休止となりました。それから、これも趣味だけど、通っている朗読教室も、お休みになるようです。さみしいけれど、仕方ないです。また、自粛生活よ。

先週だったか先々週だったか、落語を聞きに行けたのは、そういう意味では、ラッキーだったと言えるでしょう。まだ感染者数が多くなかった時期だった。
そう、行ってきたの。でもね~、がっかりだったから、なんとなく、記事にしてなかったよ。

なんとかという財団法人のイベントで、入場料は1000円という破格値。でも、地元の人気落語家さんも出るし、東京から超一流の真打ちさんが来るというし、すごく楽しみにしてたのね。

落語


会場につくと、その財団法人の荘厳な(!)プロフィール動画みたいのが流されてて、笑うぞ笑うぞと顔がすでに半分笑っている身には興ざめだったし、まあ、でもそれは、主催者さんの方針でしょうから良いんだけれど、続いて出てきた、元アナウンサーとかいう女性司会者さんが、ツンととりすまし、言ったのが

「まあ、今日のお客様、あったかい感じがするわ~」
「?」

彼女は、あったかい、あったかいと繰り返し、なんだか馬鹿にされているという気がしてきたのでした。だって、何かの感情を動かすのは観客の方で、促す行為をするのが芸を発表する側でしょ。なんでこちらが、あなたの感想を聞き続けないといけないわけ?さらにいうと、あなたの芸能活動のうち、今日と比較して「冷たい観客」を感じる時もあるわけなんでしょうか?むか!(♯`∧´)

地元落語家さんも、東京の落語家さんも、さすがプロの芸といった感じで見事だったのですが、最初の司会者がこれだったせいか、全然気持ちが乗らなかったです。東京の落語家さんが滑稽話を披露しても、「モノを知らない長屋の男を馬鹿にして笑うなんて良くないんじゃないか。うっかりミスをしたってそれを誰が笑えるだろうか。誰だってミスをするし知らないこともある」なんて、真面目に考えてしまうのでした。

当分、落語はいいや。

追伸 
 東京の落語家さんの落語、笑えはしませんでしたが、大名のお世継ぎを産んで大出世している妹を、その兄で長屋に住む粗忽者が訪問した際、兄らしく妹を心配して、言葉をかけるシーンはホロリとしました。
「身体の具合はどうだ?偉いふりして威張りちらすんじゃあないぞ、皆さんの言うことには素直にハイと聞いてかわいがってもらえ。おっ母は元気だ、何も心配ねぇ。年はとってるが元気にしてる。今日は遠慮してこなかったが、おめぇが子を産んだのを喜んで、おむつを沢山縫っている。おむつは着古した浴衣で縫うのが一番だってな。(お大名は)金持ちだから、着古した浴衣なんて無いと思ってな」
モノを知らず、うっかり者で、周りから馬鹿にされている兄でも、妹や母を思いやる気持ちは一流だと思ったのでした。
なんだよ、アタシ、感動してるじゃあないか!充分楽しんだ?(^∇^)ノ



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/01/28 17:35 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

マリオ・プーゾ著「ゴッドファーザー」

濃い。とにかく濃い。マリオ・プーゾ著「ゴッドバーザー」↓

ゴッドファーザー

アタシ、小説を読むスピードは速い方かと思うんだけれど(そう言われるので)、これは約二ヶ月かかってしまいました。なんてったって、濃いんですもの。

想像してください。

豆板醤は好きでも、1分以内に1㎏食べなさいと言われたら困惑するでしょう?
ニンニクは好きでも、1分以内に10キログラム食べなさいと言われたらつらいでしょう?
白ご飯は好きでも、炊かない生米状態のを1分以内に100㎏食べなさいと言われたら無理でしょう?

そんな感じ。食べ物で表現するのもなんなのだが・・。

イタリアマフィアの抗争、生き残るための戦略、結果バイオレンス、あふれる家族愛、絡み合う男女の恋愛、全て濃く熱く強く生命力に溢れていて圧倒され、倒れそうになり、続けて読んでいると正気を失いそうになるのです。現代に生きるアタシが、どんなに弱っちいか薄いか思わされるの。休み休みじゃないと、進めない。

例えば、コルレオーネ一族(この小説に描かれるイタリア系マフィア)のドンの娘、コニーが、その夫カルロから暴力受ける場面。うう。迫力暴力シーンなので、嫌な方は読まないで飛ばしてください。

コニーが身動きしないでいると、カルロは、彼女のぼってりと張り出したお尻にベルトをたたきつけた。ベルトだと、鋭い痛みのわりに傷がつかないのだ。コニーは戸棚のほうに後ずさりし、彼女の手は、引き出しの中の長いパン切りナイフを探り当てていた。彼女は身構えた。
カルロは笑い声を上げた。「コルレオーネ一族は女までもが人殺しか」そしてベルトを食卓に放りだし、彼女につかみかかった。コニーは、恐ろしい真剣さで股の付け根めがけてナイフを突き出したが、妊娠中の重い身体が動きを鈍らせ、カルロは難なく身をかわした。そして次の瞬間には彼女の手からナイフを取り上げ、それから、皮膚を傷つけないように、ゆっくりとほどよい強さで、彼女の顔を殴りはじめた。彼女は食卓伝いに逃げ回ったが、やがて寝室の中へ追い込まれた。カルロは、手に噛みつこうとするコニーの髪の毛をつかんであおむかせると、痛みと屈辱から彼女が小さな子どものように泣き出すまで、顔を平手で殴りつけた。(中略)それから腕を伸ばすと、妊娠しているコニーの太ももの肉を、彼女が悲鳴を上げて許しを請うまで、思い切りつねり上げた。


ひどいでしょ~。怖いでしょ~。カルロが許せないでしょ~。頭にくるでしょ~。ドキドキして深呼吸が必要でしょ~。
翻訳の一ノ瀬直二氏の文章が良いからとも思うんだけれど、すごい迫力。淡々と、同じくらいの長さの文でつないでて、怖さ倍増。

暴力シーンをあげてしまったけれど、ほかのシーンもいろいろたくさんアレでして、とてもここに紹介できませんな感じで、やられましたよ。大興奮。息が出来ない。びっくりして。

とにかく濃い。上記のような、ストーリーというか出来事全て濃いけれど、登場人物がみんな、コテコテに濃い。上記のマフィア一族たちはもちろんのこと、マフィアに頼ってくる一般人も、出てくる人はみんな濃い。その濃さに、これでもかこれでもか、と噛みつかれ、もう勘弁してくださいと土下座して逃れようとするのだけれど、不思議な魅力に捕らわれて逃げられない読者。

濃い生命力に、人が、ホントに生きるって、どう生きることなんだろう、アタシは、ちゃんと生きているんだろうかと思わされました。
そして、そんなマフィアのドンが、臨終の際に言う言葉は、「人生はこんなにも美しい」

ドン、あなたのそんな人生は、


美しいのね! (゚д゚|||)




書き遅れましたが、この小説は、1945年くらいのアメリカニューヨークで活躍した、イタリア系マフィアのお話です。映画が有名ですよね。迫力の名作映画です。

映画 ゴッド


映画、もう一度観てみよう。


   追伸 ネタバレになりますが、女房に驚愕暴力をふりつづけていたカルロは、数年ののち、二代目のドンになったマイケル(コニーの兄か弟)に殺されます。復讐です。小説内では「復讐という料理は、冷えた頃がいちばんうまいものさ」と書かれています。そうなのか。そうだったのか。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2022/01/26 17:43 ] | TB(0) | CM(18)

新人さん入会

こないだ、いつもの朗読教室に到着した際、教室内に知らない顔が??
先生のお母様かしら?と思ったら、新らしく入会された方でした。
年齢を聞いたわけでは無いけれど、見たところ、70代くらいかなあ。女性です。

新しく誰か入会するのは、久しぶり~嬉しいわ。

彼女は、演劇か何かの経験があるらしいのですが、回し読みで順番がくると
つっかえ、つっかえ、間違え、間違え、朗読するのでした。

始めたばかりの人は経験が無く、つっかえるのも間違えるのも当たり前。
いいんです。うまい下手じゃないもんね。個性というか、キャラクターが大事。
これから練習すればいいのよ~ん。練習を楽しんでください。

彼女の一生懸命な様子は、初々しく、年上の方に失礼かもしれませんが
とっても可愛らしく綺麗だと感じました。
新しく何かに挑戦しようと思うって、いいですね~。

綺麗って、若いとか年老いているとか、目が大きいとか小さいとか、背が高いとか低いとか
太っているとかやせているとか
そんなことで決まらないと思う今日この頃なのであります。。。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/01/19 18:41 ] 朗読 | TB(0) | CM(12)

どんと祭に

記事にするのが遅くなりましたが、先日
どんと祭の焚き上げへ、正月飾りを納めに行ってきました。
昼間のうちに行きました。お天気悪くって、夜の雪の中行くには不安が。。

↓これを持ってお出かけし
2022正月飾り


↓境内の一角へ。
2022どんと祭


夜、決められた時間になると点火! 
こんな感じです。 ↓画像お借りしました。
ど借りた画像p

時間が早かったので、裸参りの人々はいませんでしたが、
たこ焼きやいちご飴などの屋台が出ていました。
また、お焚き上げにプラスチック類を入れられないよう、
目を光らせている警備員のような人もいました。

雪が舞う寒い日、大変でしょうに、ありがとうございます。

↓ 裸参り。画像お借りしました。
裸





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/01/18 20:44 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

朝市で豆を購入

今日は厳しい寒さ。雪がたくさん降ってましたが、病院を受診しなくちゃいけなくって、お出かけしました。
検査の結果は異常なしで、医師から
「卒業!」
と言われました。
いや、先生、入学したつもりはないわよ。ははは。(・Д・)ノ
人間ドック時、血尿と言われたうえでの病院受診だったのですが、自分の採尿のやり方が悪かったってだけだったのですもん。
(一月くらい前にも受診し異常なしと言われていたのですが、念のため、また検査しなさいと言われていた)

病院は思ったより早く終わりました。仙台朝市に行ってみました。
仙台朝市は、仙台駅近くにある、歴史ある市場です。空襲で焼け野原となった仙台市中心部に自然発生した青空市場が発祥とのこと。

↓写真お借りしました。

仙台朝市


市場内の豆屋さん↓で、豆を購入しました。写真お借りしました。

豆屋

2022購入豆

聞いたことも無いような珍しいお豆が沢山でしたが、お店の人に質問すると、栄養や調理法など親切に教えてくれました。
食物繊維やポリフェノールなどなど、栄養満点なお豆ちゃん。お正月に黒豆の甘く煮たのを食べるだけじゃなくって、普段からたくさん食べようと思ったのです。

甘く煮なくっても、無味で堅めに茹でておいて冷凍しといて、スープに入れたり、チリコンカンにしたり、カレーにしたり、かき揚げにしたり、それから、ただフライパンで煎って焦げ目を付けて、少し塩をふってもいい。
想像するとワクワクします。雪空でも心は晴れやか。

2022仙台駅

2022仙台駅2

今日の仙台駅周辺。下手な写真でごめんなさい。
雪がひどくって歩くのも大変だったので。ペディストリアンデッキ、凍ってたよ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/01/12 16:05 ] 出来事 | TB(0) | CM(20)

健康生活

ということで、夫の体のためを思い、いろいろと工夫した野菜料理などを頑張っているものの、うるさいなあ、くらいにしか思われず、悲しくなっているのですが、そこで泣いているばかりのアタシではないのだぜ。
「生き方というのは自由だ、彼には彼の流儀があるのだ、また倒れたら、それはそれで運命だ、身から出たさび、知らないっと」と強い気持ちでいることにします。
これ見よがしに、甘いお菓子を食べてるのを見せられても負けない。(*・`ω´・)ゞ

そう、アタシは、
体に良い食事は、自分のために用意するのことにするのさ。
アタシはアタシのために料理する。  
夫には、余ったのをあげてもいい、くらいの気持ちでいないと、やってられないわ。

この頃、体に良い食材などをユーチューブなどで研究していたら、健康食事紹介ユーチューバーさんに影響され、元気に生きるために良い食事をしようという気持ちが強くなってきたのでした。

いろいろな動画があるけれど、今はこの人のがお気に入り。↓

関口

どうしてその食材が体に良いのかしっかり解説してくれるし、実際に作ってみせてくれるレシピが、簡単で良いの。しゃべり方も押しつけがましくなく、上品な感じ。

さらに、アタシ、ちょっとした運動も始めました。NHKのテレビ体操はずっと続けているけれど、アタシの年齢としては物足りない感じになってきたので、中高年でもやれるような運動初心者向けのユーチューブ動画↓を見て頑張ってます。

th.jpeg


良い食事に、NHKのテレビ体操、ユーチューブ動画見て運動。

(^-^)/

最後には夫に勝つ!      夫婦って勝ち負けか?笑




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/01/11 15:14 ] 出来事 | TB(0) | CM(16)

大吉とお年玉

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、良いお正月をお迎えでしょうか?
アタシは、、、
お正月、帰省した上の娘と、実家暮らしの下の娘が大げんかし、
さらに、夫とアタシの冷戦状態は継続し、
なかなか、うまいこといきません。

娘同士の喧嘩は、姉妹なのでまあ、そんなに心配することもないのですが、
夫とのことは心配です。
大病以来、アタシへ言ったこと、アタシが夫に言ったことなどを覚えられないのか、
かみ合わないのです。指摘すると、文句を言うとアタシを非難します。
どうしたらいいものやら。

人の言うことを聞き入れる性格の人では無いので、様子を見ます。

正月早々、暗い文章を書いてしまったすみません。
良いこともありましたよ。初詣でおみくじをひきましたら↓

2021おみくじ

人生 初 の 大吉!

2021おみくじ2

心を素直に、身持ちを正しくすれば、なにごとも思うまま!おおお

昨年は、生まれ年からの運勢では最悪の年だったようなので、
今年の幸運がますます嬉しい。そして、きっと、なにもかも、うまくいく 気がするのです。

そんなおり、下の娘からお年玉をもらいました。

毎月、家に入れてくれる金額より少し多い額を渡されたので、返そうとすると、娘は
「それ(多いお金)で、お母さん、何かおいしいものでも食べて」
と言うのです。
お年玉のつもりかも。

お金を渡され、何か好きなものを買って、とか、おいしいものを食べて、とか
言われたことは、アタシ、今までの人生で一度もありません。
とても嬉しかったです。

つらい仕事をしてやっと頂いたお給料でしょうに。もったいなくって使えません。
たとえ使わなくても、
この記憶があれば、どんな困難にも耐えられそうな勢いです。

あ、大吉だから、なにもかも意のままになるんだった!困難無しかしら。お~ほほほ。


↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/01/05 10:04 ] 出来事 | TB(0) | CM(26)