fc2ブログ

映画「英雄の証明」 (2021年のイラン映画)

映画「英雄の証明」見てきました。
アスガル・ファルハーディー監督の作品です。
2021年カンヌ映画祭でグランプリを獲得しました。

アスガル・ファルハーディー監督は、映画「セールスマン」で2016年アカデミー賞外国語作品賞を受賞した方のようです。
イランが舞台です。

英雄の証明

借金を返せなかった罪で投獄されているラヒム
休暇で刑務所を出て恋人に会った際(イランには囚人に休暇が有り、娑婆に出られるらしい。びっくり!)、恋人がバス停でたまたま17枚の金貨を拾ったことを知る。
金貨を現金化し、借金を返済しようとするラヒムだったが、換金しても借金額には全然足りず、貸主からは「そんな足りない金額は受け取れね~な!」と言われてしまう。
恋人と相談した末、落とし主を探して返すことに決め、張り紙すると(イランでは警察に落とし物を届けるっていう制度はないのかな?びっくり!)、落とし主と名乗る女性が現れる。
借金がありながら、ネコババせずに正直に落とし主へ返したことがメディアで取り上げられると、彼は賞賛され、一躍有名人となるが、すぐに、この話は作り話との噂がSNSで広まっってしまう。彼は一転して詐欺師のような扱いを受けてしまう……。

↑ こんなお話で、非常に考えさせられました。
ストーリーでは分かりづらいけれども(アタシの文章力?)、
マスコミの無責任な英雄づくりと、SNSの怖さを批判するだけの内容ではないのです。

解釈は人それぞれで、なんともとれる作りなんだけれども、 以下ネタバレ大。


アタシが思ったのは、
人生、偶然の出来事、たまたま恋人が金貨を拾ったこととかそういう偶然のことに、いちいち翻弄されてしまうけれど、本質、自らの性格や信条、やってきたことは変わらない、ってこと。
ラヒムは、高利貸しから大きな借金をして返せなくなり、保証人となった元妻の父親に、甚大な迷惑をかけているのです。その父親は、少額のお金を返してもらうより、ラヒムに思い知らせてやりたいのです。その罪は、偶然金貨を手に入れたからチャラになるわけじゃあない。

ラヒムだって、本当は真面目に働いて返したい。でもそれがどうしても出来ない不運。社会情勢。
それがベースにあって、マスコミにちやほやされても、そこを忘れてはいけなかったわけよ。
でも人間、周りに流されてしまうよね。わかる、わかるんだけど、、、!
今までちやほやされたことなかったのが、急に英雄扱いされたら舞い上がっちゃうよね。切ないわ~。

と、イランという遠い国の映画だったのだけれど、気持ちはしっかりつかまれました。

イランの町の雑然とした風景、子供たちの行儀の悪さ、女性の服装、家の中の台所やリビングの感じ、食事の支度が何作っているかよくわからない、などなどもとても興味深く、良い映画でした。

chado.png

女性はこんな服装をしていますが、下に着ている服が見えるような、けっこう雑な着方をしてました。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2022/04/22 19:10 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

町内会総会

町内会の総会でいただいたお弁当です。

2022町内会お弁当

豪華です。  アタシにとっては
コロナ禍ということで、各種行事が出来なくなり、町内会のお金が余ってしまったからかしら?
感染予防のため、会食という形ではなく、各自、お弁当を家に持ち帰っていただきましたよ。

町内会の話し合いは、2年ぶりの開催のわりに特にもめることもなく、穏やかに進み決議し、良かったです。町内会のためにご尽力されてくださる役員の方々に感謝。
アタシも、パートを引退することになったら、少しはお手伝いしようかしら。会計ならやれるかなあ。
な~んて思いましたが、我がパート職場は、


定年は80歳。


80歳までは、本人のやる気があり、会社も認めればパート勤務を続けられるのです。
どうしよう。もし65歳くらいで、仕事能力の限界が来て


早期退職


するとしたら、町内会の仕事をしようかしら。どうしよう。
パート仕事できないくらいだから町内会の仕事も無理??


ま、80歳にならなくても、雇用期間は1年ごとなので、会社の業績等によってはクビになるかもしれませんがね。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/04/18 19:58 ] 出来事 | TB(0) | CM(18)

中国ドラマ「君、花海棠の紅にあらず」

名作です。間違いありません。
観た方がいいです。ぜったいお勧め。中国ドラマ 『君、花海棠の紅にあらず』全49話。

kimi1.jpg

1930年代の中国、北平(ほくへい:現在の北京)。
人気京劇役者、商細蕊(シャン・シールイ)の舞台を観た豪商、程鳳台(チョン・フォンタイ)は、その素晴らしさに夢中になる。

大富豪の程鳳台。

kimi2.jpg

演劇脚本を書く勉強をしに海外留学していたが、実家の没落のためにやむを得ず帰国し、夢をあきらめ家再興に生きていた。商売が成功し北平では知らぬ人はいないくらいになっているのだが、ふとむなしさに包まれる心に悩まされていた。
自分のやりたいことを追求し精進し、完璧な芸をきわめている商細蕊へのあこがれだろうか、程鳳台は商細蕊の劇団を陰ひなたに応援するようになる。

人気京劇役者の商細蕊、

kimi3.jpg

芸術家肌で傲慢とも言えるほど芸にも衣装にもこだわる。劇団の経営状態は火の車。世渡り上手とはとても言えない。幼い頃に京劇の劇団に売られ、日々京劇芝居をたたき込まれ字を読むことも出来ない。

二人は全くタイプの違う人間ととも思えなくも無いが、何故かとても気が合い、友情を育んでいく。
しかし、日本軍による北平の占領により、人生の全てに、日本からの影響を避けられなくなって、、、

あるとき、商細蕊は程鳳台に問いかけます。
「良い日本人もいるのに悪い日本人もいる、なぜなんだろう」
日本人の中には、商細蕊の芸術を認め、賞賛してくれる人もいれば
商細蕊が座長を務める劇団の劇団員に乱暴する人間もいます。
時代の複雑な状況に、商細蕊は混乱しているのでした。
程鳳台は
「日本人がどうこうというのではない。戦争が人を悪人に変えてしまうんだ」

家族のために自分を抑えて生きてきた程鳳台、でも決して、ひねくれることなく、視野広く、人に優しい。
どんな人をも尊敬します。平等に接します。商細蕊に対してだけじゃない。いつもねちねちと嫌みを言う妻にも、お金のために金持ちの男の恋人になる女にも、匪賊にも、商細蕊の劇団の下働き女性にだって紳士。
上の台詞に感動したわよ。程鳳台素敵♡

一方、商細蕊も、良いの♡
程鳳台とは違って名家に生まれたわけではなく、幼い頃に京劇の劇団にお金で売られて、家畜の扱いで厳しい修行をさせられた商細蕊。

普段は食べることと冗談が好きな普通の青年なんだけれど、京劇のこととなると、超人的な力を発揮。それは、伝統の良さを守っていこうとしながら、悪な因習は打破しようとする信念へとつながっていきます。

役者の人権を大事にしよう、役者というと犬家畜のように世間から馬鹿にされるのは良くないと、借金で役者を劇団に縛るのをやめようとします。契約制にしようと京劇組合に提案します。
(当時の京劇劇団って、幼い子供を親から買って、その借金で子供を縛り、体罰で芸を仕込んでいたらしい。)

大御所たちからは大ブーイング。北平では公演できないほど嫌がらせを受けるようになります。

↓当時の劇場の様子
kimi5.jpg

それから、

日本軍に占領されたあと、日本人は伝統文化を持っているから、京劇文化が無くなってしまうんじゃないかと心配した彼が、当時、普及し始めた映像やカメラ、レコードに、自分の芝居を残そうとするところも良い。
彼は日本軍と親しくしているのではないかと新聞にあることないこと書かれ、一般ファンから総スカンをくらって、精神的なストレスから声が出なくなってたときがあり、舞台に出られなくなってたのね。そのときに、「時間がたくさんあったから、いろいろ考えた。京劇のために自分が出来ることをしたい」だそう。


↓ 化粧をし衣装を着た商細蕊
kimi4.png

綺麗でしょ~。歌声の良さは分からなかったけど(京劇を知らないので)、仕草は優美そのもの。
心打たれたアタシは、YouTubeで現代のいろんな京劇を見始めちゃったわよ。
声はまだ、その良さが分からないけれど、動きがすごい。ウエストの線が床と並行になったまま歩くし走る。訓練の厳しさを感じます。

も~ね、とにかくお勧め、このドラマ。

主演の二人のことばかり書いたけれど、脇役たちも素晴らしいよ。
一途な信念の美しさを、沢山の登場人物に教えられた。かっこいいよ。


許されるなら、命令したい。このドラマ、観なさい!




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2022/04/15 18:51 ] テレビ | TB(0) | CM(8)

娘の体調が心配

暑くなる直前くらいになると、低血圧のアタシはますます血圧が低くなるようで、だるい頭痛いの体調不良。
そんな時に限って、ひじょう~に仲の悪い実母と電話で喋らなくちゃいけない用事があったり、
仕事で社員さんの対応が最悪だったり、
東京の娘の体調が悪くて心配だったりするんです。

東京の娘、扁桃腺が腫れ、一ヶ月もかかってやっと治ったと思ったら、今度は甲状腺が腫れてきたと言うのです。
仕事がハードでストレスに疲れがひどく、それが原因かと思うというので、
ゆっくり休むように、仕事無理しないで、言うと、査定に影響するから仕事は休みたくない、休むなんてそんな弱い人間になりたくない、と超反論。反発。

この娘は、今時珍しく、仕事で成果を出し認められ出世したいというキャラクター。まあ、それならそれで、娘の人生は娘のものだからいいのだけれど、健康を損ねてまでも、と心配です。
大病を患ってしまったら、一生の問題になってしまうよ~~~。

いったい、誰に似たのかしら。
子育て真っ最中の、娘たちが保育園小学校中学校の頃、夫もアタシも、これ以上無いくらいに、仕事も家庭も頑張ってて、手を抜かなかったのね。アタシ、食事の時以外、座らなかったよ。娘の学校行事のときも、仕事のメモをポケットに入れて、時々眺めていたりしてたし。なんだかなあ。そんなアタシの姿見せてたのが、子供に変に影響しちゃったかなあ。失敗だったかなあ。

扁桃腺に甲状腺かあ、引っ越ししてから症状が出てきたようだから、新居の空気が悪いのかなあ。空気清浄機でも買ってあげたらいいかなあ。
と、娘の心配をしていたら、体が活性化したのか、自分の体は元気になってきました。

アタシはどんと構え元気でいないとね。娘が安心して愚痴を言えるように。
アタシが体壊したら、娘は気を遣って、愚痴こぼせないよ。


↓寄せ植えの花々がそれぞれ勝手にのびきってボサボサに!

2022のびきった寄せ植え

↓でも、チューリップが咲いたのが嬉しい。

2022のびきった寄せ植えチューリップ



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/04/12 17:58 ] 子育ての思いで | TB(0) | CM(16)

バタバタした日

今日は、今まで行ったことの無い、ちょっと遠いところで朗読のレッスンがあり、会場を探しながらやっとたどり着いたと思ったら、知らない若い男性がやってきて、「よろしくお願いします」と言う。
事情を聞くと、「次回の朗読会に客演で出演することになった」とおっしゃる。

何も聞いてないんだけど、、、、アタシと仲間二人の三人で某作品を朗読する予定だったのを、その男性をプラスして、合計四人で朗読することになったらしい。

ほぼ、担当パートは決まったはずなんですが、どう変更するのだろうか、先生!この男性はいったい誰?何者?
と焦りながら呆れながら、先生、またかよ~これだから芸術家肌は!と奇想天外な状況を楽しんでいると、パート職場からスマホに電話が入りました。

時給で働いてて、何で勤務日じゃない日まで電話くるのさ、無視したろ~か、(♯`∧´)
と思ったけれど、緊急だと悪いし、ちょっと心配な案件もあったしで、電話に出てみると、なんと


アタシのミスで、ちょっとアレな状況らしい。皆に迷惑かけてるらしい。ごめんなさ~い。(T_T)


朗読のレッスンの後、パート職場に行くことにしました。言うことも聞くこともあり。。。
新しく入った男性は一言も朗読しなくて(なぜ?)(結局どうなるのか?)(彼は何者なのか)、無事にレッスンを終えたアタシは、ダッシュで職場へ。もちろん手土産も忘れず。途中コンビニに寄り、お菓子を買う。

パート職場の方は丸く収まりました。パート仲間たちは優しく対応してくださって、ありがたいことです。今後気をつけます。

家に戻ったら、なんだかどっと疲れました。いろいろあるなあ。
ま、いいか。
感謝しよう。 いろいろあるけど無事に済んだ一日に。(*´~`*)

桜餅を食べました。

2022桜餅

桜、来週には咲くかな?

     しかしあの若い男性、何者なんだろう~




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/04/05 19:56 ] 朗読 | TB(0) | CM(10)