fc2ブログ

映画「ザ・メニュー」

映画「ザ・メニュー」 観てきました。

zamenyu.jpg

なかなか予約が取れないことで有名なレストランは、孤島にあり、
客たちは船に乗せられて食事に向かう。
集まった客たちはセレブたち。

影響力のある料理評論家。有名な俳優。
怪しい商売で成り上がった成金。

提供される料理は洗練され、感動を呼ぶもの
のはず、のはず、、、なんだけれど、
客のひとり、マーゴ↓は、どことなく違和感を抱き始める。

ma-go.jpg


ということで、ここからネタバレ含む感想です。

あ~だ、こ~だとウンチクとか自分の思い出とかを喋りまくるシェフ(レイフ・ファインズ)が、
もう完全に狂っていて、
究極のメニューを追求し完全にするため、
客とスタッフと自分とを殺そうとしてる物語なわけなんですが、
彼を見てて、あんまり狂った感じがしなかったんです。

スタッフを自殺に追い込んだり、逃げようとする客の小指を切り落としたり
やってることはひどいんだけど、
なぜなんだろうか? 名優、レイフ・ファインズは悪くんだけど???

彼がここまで変になった背景が描かれていないからか、
スタッフが全員洗脳されてる理由がわからないからか、???
消化不良でした。

ただ、女性スタッフとマーゴの喧嘩アクションは素敵でした。
アタシも体鍛えないと!  ← ?




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2022/11/30 17:47 ] 映画 | TB(0) | CM(12)

歯の根の治療

歯の根の治療中です。もう、数回、歯科医院にかかっています。

歯の治療

アタシの歯の根は技術的に難しい歯の根らしく、
担当の先生はいつも苦虫をかみつぶしたような顔で治療にあたられます。
歯をいろいろ触られているときは、目をつぶっているんだけど、
雰囲気で分かります。

ちなみに、先生はどことなく、六角精児さんに似た容姿です。

ろっかく


先日も、深刻な治療をしていただいていたのですが、
途中、六角精児さんは小さな声で「よし!」
とつぶやきました。

なんだろうと思ったら彼は言います。
「うまく行きました!
膿を出す通り穴をうまい具合に開けることができました!」

アタシは答えました。
「あひふぁふぉお ごらいまふ」
(↑ ありがとうございます、と言いたかったが口を開けたままなので上手く喋れない)

思わず「よし!」とつぶやいてしまうほど真剣にアタシの歯を治療施術してくださっていたのかと思うと、心底嬉しく、あたたかい感謝の気持ちで一杯になりました。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/11/18 19:07 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

ダブルワーク中

5年ほど働いているパートのほかに、数週間前から他のトコロでもバイトしております。ダブルワークです。新しい仕事は、年齢的にも能力的にもなかなかアレで、覚えるのが大変です。悲しくなってもしまうのですが、同時に、知らない世界を知ることって刺激的で、面白いのです。そう、面白いの~。
今後の働き方をどうしようかなあと、悩み中。

どちらの職場にも、職場環境、労働条件、良い面も悪い面もあるのです。
全てが自分の思うとおりの職場なんて無いでしょうから、何を取るか、なんですよね~。

悩ましい。


↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/11/15 20:58 ] 出来事 | TB(0) | CM(10)

葉ボタンと大根

冬支度花仕事の季節になりました。

2022葉ボタン

毎年、パンジーと葉ボタンを寄せ植えってたのですが
春になるにつれ成長の度合いが違ってきて
形が崩れるのが悲しく、今年は葉ボタンだけの鉢にしてみました。
園芸が上手な方なら、寄せ植えも素敵にまとめられるんでしょうが・・・!


と、夫が気まぐれで植えた大根が育ちまして

2022大根1


興奮状態で抜いたところ

2022大根2

大きさがにんじんくらいでした。土の上からは、大きさがよく分からないのです。

でも、抜きたては葉も実も柔らかく、美味しくいただきましたよ。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/11/13 21:33 ] 園芸 | TB(0) | CM(12)

眼鏡と、夫婦東京観光

新しく作った眼鏡がきちんと作られているか、眼科医院で点検してもらった際、
頭痛が続いていたことなどを言い、聞いてみたら、
やはり、自分が新しい眼鏡をうまく使えていなかったのが原因のようでした。

度数が上がったことや、眼鏡のフレームが細くなったことに、
慣れていなかったんですね。

注意点を、看護師さんから丁寧に説明してもらいました。
ありがとうございます。今後、気を付けます。

転倒に頭痛でMRI検査となり、皆様からたくさんの励ましのコメントをいただきました。
ありがとうございます。&、ほんと、すみません。。。
眼鏡が原因だったとは。。。


と、お話変わりまして、ちょっと東京に行ってきました報告。

↓隅田川水上バスに乗る直前の川沿いよりスカイツリーを望む

202211東京


↓ まだ紅葉はじまってなかった六義園

202211東京2


↓ 巣鴨で食べたすごいボリュームのカキフライ。

202211東京3


夫と一緒に、東京在住の娘のところへ行くはずだったのですが、
娘がまさかのドタキャンで、ただの夫婦東京観光になってしまいました。
でもまあ、娘の住んでいるマンションの外観だけでも見られたし、
娘が予約しててくれた隅田川水上バスに乗れたし、
良いことにします。

水上バス、これです。

水上バス







↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2022/11/07 20:54 ] 旅行 | TB(0) | CM(22)

鴻上尚史「名セリフ」

鴻上尚史著「名セリフ」

名セリフ

劇作家であり演出家の鴻上尚史氏が
古今東西の演劇作品を、その名セリフとともにストーリーなど含め
解説、紹介してる本です。
そのウンチク、語りぶりはエッセイみたい、、、。

ロミオとジュリエットのロミオの恋愛遍歴とか

松尾スズキ作「マシーン日記」の恋愛不条理とか、
唐十郎とか、チェーホフとか、三谷幸喜とか別役実とか
バラエティに富んだ、その解説がとても面白く、楽しく読みました。

特に、野田秀樹作「赤鬼」の解説が面白かった。
野田氏作品は、溢れるイメージで紡がれていくとした上で、
(論理的にお話が進まないという意味か?)
鴻上氏の演劇論が述べられています。

以下、抜粋

「(演劇を)つなげるものとしては論理とイメージの他に、言葉と俳優というのもあると思いますよ」
(中略)
「言葉」は「論理」に近く、「俳優」は「イメージ」に近いものです。
大きな意味で論理的につながっていなくても、一行の言葉が、次の展開につながることもあります。
演劇では、その瞬間、その言葉の説得力があれば、次の場へ進むことが可能なのです。
そしてそれは、俳優の力でも可能なのです。論理的に破綻していても、言葉に力がなくても、ただそこに魅力的な俳優がいて、俳優の一言が、物語を紡いでいくことだって演劇にはあるのです。
そして演劇的興奮とは、「論理」だけでも「イメージ」だけでも「言葉」だけでも「俳優」だけでもなく、それらがさまざまな配分で混じり合った一瞬に生まれるのです。

以上、抜粋おわり。   演劇的興奮かあ。かっこいいなあ。


↓鴻上尚史氏。文章かっこいい!

文章がかっこいいです


長く朗読を習っていて、先生の指導で、テンポを速くしたり、声色を変えたり、っていうんをやってるんだけれど、「だから何?」と思うことがあったのです。先生の、作品に対する思い、演出を、生徒がそのままロボットのように再現して、そして生徒は何になるんだ?意味あるのか?と。
でも、上記を読んで、そうだ、それだ!と超納得しました。表現者の人間力って、にじみ出て消えないもので、論理とかイメージとか言葉とかと同等に、操れるようで操れないようで。制御されるようで制御されないようで。そこが面白い。

演劇と朗読は違うけれど、通じるものがあるってね。
朗読って趣味に、また彩りが加わったよ。

また、楽しみます。







↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2022/11/01 18:15 ] | TB(0) | CM(12)