fc2ブログ

絵本読み聞かせミーティング

絵本読み聞かせボランティアグループのミーティングに行ってきました。

コロナ禍で、なかなかミーティング出来てなかったし、たまにミーティングあっても行ってなかったから、久しぶりでございます。
新しくメンバーになった方がいらしたので順番に自己紹介したのだけれど、10年以上活動しているって言う人多かったです。アタシもその一人。
お馴染みのメンバーの一人として活動できて幸せでございます。

ミーティング終了後の無駄話タイムに、娘の結婚のことをちらっと言ったら、メンバー4人くらいに囲まれて、アドバイス攻勢にあいました。
「あなたの娘はまだ大学生、あなたんところは高校生。アドバイスするのもどうなんだ!」
とも思いましたが、アタシの身内のことを自分のことのように世話をやいてくれるのは、しみじみ嬉しかったです。

過去にあれこれ喧嘩したことがあったことなんて、忘れます。忘れます。ええ忘れますとも!なんつって(^。^)

絵本読み聞かせ


アタシの、はじめての絵本読み聞かせ活動、対象は四年生でした。
あのときのあの子供たちは、もう大学生くらいになってるんだろうなあ。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/08/31 21:21 ] 絵本 | TB(0) | CM(12)

さらば、わが愛 覇王別記

映画「さらば、わが愛 覇王別記」
レスリー・チャン没後20年特別企画として4Kで上映されてたのを見てきました。

さらばわが愛
↑ レスリー・チャン演じる程蝶衣

1920年、孫文の国民党結成直後くらいから、文化大革命後までを生きた、京劇の役者さんの物語です。
親から京劇の劇団に売られ、生きるか死ぬかくらいの厳しい折檻で京劇を仕込まれ、芸を極めていった先にあるものは、めまぐるしく変わる権力者層に翻弄されて、人間性を破壊されて、、、の日々。

saraba.jpg

程蝶衣(レスリー・チャン)は、兄弟子の段小楼(チャン・フォンイー)をずっと愛しているのだけれど、段小楼は女郎の菊仙と結婚してしまうの。恋の嫉妬に狂う程蝶衣の絶望の艶っぽさといったらもう!

aaa.jpg

んでもって、原作本も読んでみました。

书
↑ すごいわ。仙台市図書館。すぐ借りられた!ちなみに三日で読了。

中国語を一回英語にして、それを日本語にしたらしく、ぎこちない箇所もありましたが、十分の迫力ある小説でした。

日本軍の前で京劇を演じたことを批判され、裁判にかけられた程蝶衣のセリフを引用しますね。

「誰に強制されたわけではありません」彼は頑固に言い張った。「わたしの自由意志でうたったのです。わたしは京劇を愛しています。京劇がわかる人なら、誰のためにもうたうつもりです。芸術に国境はありません。そして青木大佐は京劇の通でした。おそらく大佐のような人は京劇の芸術を日本の津々浦々にまで広めてくれるでしょう。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2023/08/27 21:56 ] 映画と本 | TB(0) | CM(8)

映画「絶唱浪曲ストーリー」

映画「絶唱浪曲ストーリー」
浪曲の名人”港家小柳”に惚れ込み弟子入りした”小そめ”が、
晴れて名披露目興行の日を迎えるまでの物語。

浪曲1


浪曲ってまともに聞いたことが無かったのだけれど、港家小柳のうなり声が画面から流れきたとたん、鳥肌が立ちました。
うまい。うますぎる。声を絞っての長口上。そんな声色とまた違う声色を転換するときのテンポの良さというか早変わり。
ある一線を越えると、なんの知識の無い人をも圧倒し感動させるね。
港家小柳は、40年も地方巡業を続けてきた浪曲師だそう。
日本全国、場数をふんできた現場力,地方のお客さんの目が、
芸に誰にも真似できない味をつけたような。もう、狂気の範疇。

浪曲2


三味線の玉川祐子もいいのよ。 下の写真の右。

浪曲3

小そめに稽古をつけるときの
もっと汚くなりなさい。綺麗な声聞いたって、お客さんは全然面白くない」
というシーン、それもまた、頭ガツンと殴られたくらいの衝撃でした。
お客さんが芸に求めるものって、お手本な人間じゃあなくって、
芸人の個性じゃあないかってこと?わからないけれど。

そのあとすぐ、
「芸は盗むものだという。こんなこと言って悪かった」
「2年辛抱したら、絶対に芸は伸びる」
と励ましたのも、玉川祐子の人間性が感じられて良かった。

三味線玉川祐子、当時で95歳くらい。
円熟味は迫力となって、すごいパワー。
小そめの語りに三味線を合わせ、合いの手を入れ、そのかすれた90代の声が完璧。
老いてなお、じゃなくって、老いてこその渋みというか、汚れというか、悲しみというか、それが人の心をうち、打たれた心の清さが跳ね返って全体像を作り上げる。

映画を観た後茫然自失というか、頭真っ白状態になり、
家に帰ってからもず~~~とYouTubeで浪曲を聴いてしまいました。

浪曲。話芸と三味線。しばらく夢中になりそうです。
たまらなくなって、東京浅草木馬亭に行きそう。

どうしよう。中国語の勉強は。 ええい、両立してやるぅ。あれ?仕事と家事は?おほほほ。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2023/08/19 17:45 ] 映画 | TB(0) | CM(10)

がんばる若者を応援したい

数人と食事をする会があり、その中の一人が外国人専門学校生とよく接する機会がある方で、いろいろと外国人専門学校生のお話を聞くことができました。

東南アジア等からの専門学校生の多くが貧しく、昼間は学校で勉強して、夜は徹夜のアルバイトをしていること、そのために勉強する時間が少ないのにかなりの努力をしてすぐに日本語ぺらぺらになること、夢は日本の企業に就職すること、などなど、、、。

仙台近郊のコンビニ弁当工場でたくさんの留学生が働いている話には、なんだか気持ちが切なくなりました。
いつも手軽に買える、清潔でおいしいお弁当は、彼ら彼女らの手によるものが多いんだ。日本人の多くが、彼ら彼女らの労働で便利な食事を手にしている。

連日テレビで放送されている、スポーツに頑張り注目される高校生にエールを送るのも良いのだけれど、頑張っても全く誰にも注目もされず、貧しく、ただ夢だけがある若者たちにもエールを送りたくなりました。

聞くと、彼ら彼女らはとっても明るいのだそうです。よくその人をからかっって冗談を言い、笑うのだそうです。
「この時間だけは、楽しんでもらいたい」
と言って微笑むその人にもエールを送りたくなりました。

ryuutakusei.png


同時に、アタシいったい何してるんだろうとも思いました。
何かできないかなあ。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

Read More

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/08/17 21:20 ] 思いつき | TB(0) | CM(8)

焼き鳥とピザと留め袖

久しぶりに妹と 食事&飲み に出かけました。。

焼き鳥屋さんに行ったのに

焼き鳥
↑ 画像お借りしました


妹は急にピザが食べたいと言い出し、ファミレスに移動。
ピザ食べました。
ピザ

娘の結婚が決まりそうなことなどを報告しました。
とても驚いていました。

結婚式等のことは全く決まってないし、本人たちの意向が一番なんだけれど
できれば、妹夫婦と甥っ子には出席してもらいたいです。

アタシの両親がアタシの幼い時に離婚していることもあって、我が家には親戚と言える家はほとんどありません。夫と夫の兄も、音信不通状態だし。姑と夫も絶縁状態だし。
妹一家は、唯一の親戚とも言えるくらいなのです。おめでたい晴れの日を、その唯一の親戚に見てもらいたいのです。

留め袖の柄

それから、アタシ、留め袖着たくってたまりません。
嫁のお母さんが留め袖着たいっていうのに、ダメだというような男には嫁がせられませんからね!なんつって。

写真の留め袖は、母から持たされたものですが、アタシの身長に合ってないんです。なぜか、母の身長に合わせて作ってます。自分中心な母らしい仕業です。笑
出来れば、新しく誂えたいです。でも、そんなお金あるなら、他に使ったほうがいいですよね。留め袖なんて、着る機会滅多に無いですもんね。



追伸 ちょっとマイナスな感じのことを追記に書きました。
    マイナスな感じになっても良い方は、読んでみてください。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

Read More

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/08/08 11:45 ] 出来事 | TB(0) | CM(20)

最近観ている中国ドラマと韓国ドラマ

暑くって、仕事休みのときは、一日中ダラダラと過ごしてしまいます。
こないだなんて、娘が何日か不在だったこともあり、
録画貯めてた中国ドラマをゴロゴロしながら一気に10話近く見ました。

「孤城閉ー仁宋その愛と大義」
仁宋

中国、宋の時代、仁宋皇帝のお話です。
派手なアクションシーンや劇的なストーリー展開は無いんだけれど、
皇帝と臣下の意見相違時における朝議のせめぎ合いとか、
皇帝と皇后の、その立場だからこその微妙なすれ違いとかが、
からみあって独特のゆっくりテンポで進んでいき、ジリジリとはらわたにしみこんでいく感じで
見応えのあるドラマです。

衣装や装備品、書画なども素晴らしいです。

仁宋2


そういえば最近夢中になってた韓国ドラマもあって

それがこれ↓ 「ごはんに願いを 人生逆転レストラン」
ごはんに

行きがかり上、孤児の女の子を育てることになった青年と、その孤児の女の子の愛の物語です。
それに、その他いろいろ、
近所の人たちの親子喧嘩や男女の恋愛模様や殺人未遂事件(!)などが加わったりして、ハラハラどきどき。
韓国ドラマ特有の、親と生き別れとか、事故で記憶喪失とかあるんだけど、だからこそ、安心して見ていられる(なんでだろ~笑)感じで、アタシの生活に活力と安定を与えてくれました。

ごはんに2

こんなにダラダラ過ごせて、アタシは幸せ者です。

バチがあたるかしら・・・。     どんな?




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2023/08/04 22:49 ] テレビ | TB(0) | CM(8)

助動詞で盛り上がる

中国語のレッスンは、順調に楽しめています。

先生から作文の間違いを指摘してもらったり、新しい文法を教えてもらったり、と、

授業だけでも充分楽しめてるのですが、

一緒に習っているクラスメイトと、単語とか語順とかの話をするのがすごく面白い。

中国語 作文


この間は、「会(hui)」という助動詞について盛り上がりました。

「会(hui)」の派生語を思うと、その文化の日本語との違いが超刺激的です。未知との遭遇です。

「アタシたち、「会(hui)」の話だけで一晩飲めるよね!」と大笑いしました。

そのクラスメイトの存在はとっても貴重です。

すごく感謝しています。


いつまで自分の中国語ブームが続くかわからないけれど、

人生を楽しめる夢中になれる趣味がいまのところはあって、良かった良かった。

そのお陰様なのか、メニエール病の症状が弱くなってきたような気がします。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/08/01 10:16 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)