fc2ブログ

中国語の勉強いろいろ

中国語のレッスンに通い始めてもう9ヶ月になろうとしているのに、ほとんど上達せず・・・
でも、先生やクラスメイトに恵まれ、なんとか続けています。


多くの人がアドバイスくれます。
様々なアプローチから吸収すると良いという話が多いです。
授業の教科書だけじゃなくって、中国テレビドラマや流行歌などの多くの中国語に触れるといいってこと。

中国ドラマはもちろん大好きでたくさん見てるけどほとんど聞き取れず。

中国ドラマの金字塔

↑ 皇帝をめぐる皇后や側室たちの争いの物語。過酷な状況下で変わっていく人間性が怖い。怖いけど、登場人物の誰しもが一生懸命に生きている。
   面白すぎる。これはもう、言わずと知れた中国宮廷ドラマの金字塔。もう今後、どんなドラマも追いつけないと思う。


そして、歌↓は初心者には言い回しが難しくって。



↑ 大好きな歌手、李玉刚(リーユーガン)さん。男声と京劇の女形の声とを軽快に操る歌声のあまりの美しさにうっとり。歌声だけじゃないよ。女形の衣装で踊る姿の優美さ色っぽさ、妖精のよう。神がかっている!

化粧でこれほど変わるとは

  中国語の発音の美しさも堪能できるような歌い方で、勉強に行き詰まると聞いてテンションあげてます。



話がずれたけど、自分なりの工夫勉強はというと、こんなこと↓やってます。

脱1

日本の絵本と合わせて、中国語翻訳本を読んでるのです。
絵本だから、中国の子どもがわかるような易しい中国語で書かれているのでわかりやすいし、教科書と違って生きた中国語だとも思うし。

脱2

脱3


文章でどうしても自力ではわからない箇所があったので、先日先生に教えてもらいました。先生は快く教えてくださいました。
そして先生のおっしゃるには
「(絵本もいいけど)語学留学するといいよ!」

「先生、そんなん絶対無理!」
とその場では言ったけれど、、、、夢として心に秘めておこうと思いました。

いつか行きたい。たとえそれが、たった一週間でも。  



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/12/25 23:06 ] 出来事 | TB(0) | CM(22)

野瀬泰申著「文学ご馳走帖」

図書館で偶然みつけた本。野瀬泰申著「文学ご馳走帖」
様々な有名文学作品に登場する様々な食べ物についての解説をした本です。

文学


第一章は織田作之助作「夫婦善哉」に登場する紅ショウガの天ぷら。

アタシ、この小説「夫婦善哉」大好き。生活能力ゼロの妻子持ちぼんぼんに惚れてしまった芸者蝶子の物語で、二人は駆け落ちするんだけど、蝶子は苦労に苦労を重ねて、、、って有名なお話ですよね。
で主人公蝶子の父親が営むのが屋台の天ぷら屋。その様子を表したくだり。
(↓)
”路地の入り口で牛蒡、蓮根、芋、三つ葉、蒟蒻、紅生姜、鯣、鰯など一銭天麩羅を揚げて”
蒟蒻?え?紅ショウガの天ぷら。ええ?紅ショウガを天ぷらにするのぉ?野瀬泰申氏によると近畿圏では普通のことで、しかもウスターソースをかけて食べるそうな。ホント?



第二章は正岡子規著「仰臥漫録」に書かれた菓子パン。

「仰臥漫録」は、子規の最晩年の日記。結核を病み、寝返りも打てないほどの体で、とじた半紙にその日々を綴ったそう。9月2日の食事はというと。
(↓)
朝 粥四椀、はぜの佃煮、梅干し砂糖つけ
昼 粥四椀、鰹の刺身一人前、南京一皿、佃煮
夕 奈良茶漬け四椀、なまり節煮て少し生にしても 茄子一皿
二時過ぎ 牛乳一合ココア交ぜて 煎餅菓子パンなど十個ばかり 昼飯後梨二つ 夕飯後梨一つ

恐るべき量!死期が近い病人とは思えない!アタシの入力ミスじゃないですからね!
(シルバニアファミリーが使うくらいの食器に盛られているわけじゃあないだろう。なんて大量)


この本には、他にも、志賀直哉作「小僧の神様」に登場する寿司、夏目漱石作「三四郎」の牛鍋、林芙美子作「放浪記」のあんパンなどなどたくさん解説されています。
寿司の章には江戸から現在までの寿司の歴史が、
牛鍋の章には日本人が牛を食べるようになった経緯が、
あんパンの章にはあんパンがパンを日本人が好きになっていくきっかけになった様子が詳しく解説され、
たいへん興味深いです。

小腹の空いた冬の夜の読書にオススメです。
ますますお腹が空くことでしょう。ふふふ。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2023/12/20 18:23 ] | TB(0) | CM(12)

知らない街の病院受診

耳鼻科通いも一年近くになるけど症状が変わらないので、詳細な検査ができる病院をネットで探して受診しに行ってみたよ。市内でも北部の、行ったことのない街のその病院に、地下鉄とバスを乗り継いで行くのは、ちょっとした冒険気分。バスに揺られていると、もしかしてこれは詐欺なニセバスで、どこか遠くの異世界に連れて行かれてしまい、このままもうアタシは元の暮らしには戻れないかもと想像してしまい、スリリングで楽しかったです。

ですが、バスはアタシをきちんと目的地の病院に連れて行ってくれて、診察も待ち時間少なく順調に進み、特に問題なく完了。そんなに重症じゃないから気にするな的なことを言われ、疑心暗鬼だけれど、とりあえず信じてみます。信じるモノは救われる、かも。

帰りはブラブラそのへんを散歩してみました。大きな公園。つぶれた中華料理屋。日陰に残る雪。池の氷つき。街路樹の木登りできそうな枝ぶり。なぜか混んでいる美容院。立派な家の立派な生け垣。なんでもない風景だけど、それぞれ面白みがある気がしました。たぶん気のせいだと思います。

で、スタバ探して、コーヒーを飲みました。

コーヒ

具合が悪ければ病院に行って医師に診察してもらえるんだから、アタシは幸せ者です。スタバのコーヒーもおいしくてさらに幸せです。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/12/19 15:48 ] 出来事 | TB(0) | CM(14)

アタシはとらわれすぎている

上の娘の結婚における結納とか両家顔合わせとか、こちら家の顔を立てて欲しいと思ったのは、自分のためとか我が家の見栄ってわけじゃなくって、ひとえに、娘が結婚後に苦労しないようにとの親心から。アタシが母子家庭で育ったため、いくらいじめられても泣きつく男親がいなかったから、嫁いでからつらい思いをさせられたんだと、アタシは思ってるのね。
実家の親の立場が強ければ、邪険なことはできないだろう。娘がいじめられないためには、実家の威厳を見せなければ!
考えすぎかなあと思いながらも、悶々と日々を過ごしてて、抱え込むのもよくないと、ある日勇気を出して娘に正直な気持ちを言ってみたよ。

そしたら、お母さんの過去の苦労で将来の物事を判断するのは止めてと言われました。
確かにやめたほうがいい。その通り。
過去のつらいことに、アタシはとらわれすぎている。脱皮しなくては。
過去に縛られている場合じゃない。今と未来を楽しまなければ。

娘はこうも言ったよ。
「お母さんは苦労ばかりしてた。アタシだけ幸せになっていいのかと思ってつらい」

アタシが幸せじゃないと娘も苦しいらしい。楽しく生きなくちゃね。
今はもうだいぶ幸せなんだから、過去を忘れなければ。頑張る。娘のためにも。

ある日のおべんとう

↑ 上の娘の話ばかりで申し訳ないので、下の娘につくったお弁当の写真を載せてみました。


↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/12/17 21:48 ] 思いつき | TB(0) | CM(10)

新聞少年

河北新報本社前、新聞少年の像です。

新聞少年

地方新聞「河北新報」を発刊している河北新報社。

新聞少年3

本社前の一番目立つところに、新聞少年の像を設置しています。
少年は精悍な顔をしています。

新聞少年2

情報を伝達する意義、それに貢献する少年。
天気のよい日ばかりではない。雨の日風の日雪の日もあるよね。
つらい時、多かったはず。

情報が簡単に手に入るようになった今ですが、先人の苦労を思い出させてもらいました。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/12/13 14:09 ] 思いつき | TB(0) | CM(12)

娘の彼氏がやって来た!

娘と娘の彼氏が我が家にやってきました。

彼女と彼氏


娘と彼氏は結婚の意思を堅め、親に承諾を得、ということです。
夫は舞い上がってしまってて、関係ないような自分のことを喋りまくりました。
そんな夫に、かなり頭にきて切れそうになったアタシだったのですが
ここで切れては場がぐちゃぐちゃになると必死でこらえました。

彼氏のほうは、そんな慌てぶりもちゃんと受け止め、誠意をもって対応してくれました。
手厳しいようなアタシの質問にも丁寧に答えてくれました
アタシはすっかり気に入りました。

彼氏は
「○子さん(娘の名)といると
(僕は)とても楽しいんです。何をしてても楽しいんです」
と言ってくれました。
なんだか、嬉しいです。なんで嬉しいんでしょうか???
娘が彼氏にちゃんと好かれていることを確認できて嬉しかったのでしょうか??






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

Read More

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/12/12 22:22 ] 出来事 | TB(0) | CM(18)

復帰します。

一ヶ月以上お休みしておりまして、もう戻れない気持ちにもなっていましたが、ブロ友さまからのあたたかいコメントに励まされ、復活します。ありがとうございます。。

さて、旅行は九州に行ってきたのでした。
おいしいものをたらふく食べ

↓ 関あじ
関鯵

↓きびなご
きびなごの刺身

↓むじゃきのしろくま
天文館むじゃき



珍しいモノをたくさん見て

↓ 天岩戸神社。天照大神が隠れて困ったときに八百万神さまが相談したところ。

天岩戸神社


↓ 西郷隆盛像
西郷像


↓西郷洞窟
西郷洞窟

↓ 桜島
桜島


命の洗濯をさせてもらいました。

もっともっと洗濯して、心の垢を根こそぎ退治し、感性を磨いて
面白いブログ記事を書き、訪問くださる心優しい方々に楽しんでもらえたらと思います。

明るいブログを目指し、テンプレ変えてみました。よろしくお願いいたします。






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2023/12/10 16:02 ] 出来事 | TB(0) | CM(22)