映画「淵に立つ」 感想: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画「淵に立つ」 感想

映画「淵に立つ」 感想

2017年05月25日

暗いっす。

暗く悲しく、おも~い気分になりたい人にはオススメです。

映画「淵に立つ」


淵に立つ


↓ これから観ようと思う、暗い映画が好きな方は、読まない方がいいと思う

  ネタバレ含む感想です。

   先入観無く、観たほうが良い映画と思われます。  偉そうでゴメンヨ( ̄^ ̄)ゞ



小さな町工場を営むお父さん(古舘 寛治)と、その妻(筒井 真理子)

そして小学生の一人娘(篠川 桃音)は、平凡に普通に暮らしていました。

そこに、ある日、お父さんの古い知人である八坂(浅野忠信)が訪ねてきます。

お父さんは、お母さんになんの相談もなしに、その知人を従業員として

住み込みで雇うと言い出します。戸惑うお母さんでしたが、

段々と打ち解けていきます。娘もなついていきます。

過去に人を殺したことがあり、服役していた・・そんな八坂の告白を聞いても

お母さんは、かえって、八坂に惹かれていきます。

八坂とお母さんの関係は微妙になっていき、男と女としての親しさを増し、、、

すると八坂の凶暴な本性が徐々に現れてきます。

そして、あるきっかけで、八坂は牙をむきます。その牙の向かう先は・・。

淵に立つ2


家族といえども、自分のすべてをさらけ出しているわけではないけれど、

言わなくちゃいけないことは、言うべきだわよ。

そう思って観ていたアタシ。

この物語では、お父さんの衝撃の告白のあと、

ああ、これで家族に救いがある展開になるかしら、と思いきや、

最後の最後で、さらなる絶望へと向かっていくのです。

これからの暗黒を暗示して、物語は終わります。


どんより、くら~くなってしまいました。(。´・(ェ)・)


絶望なら絶望で、すっきり絶望ぉ~で、すっきり映画を観終われれば、

まあ、自分では納得も出来そうな気もするけれど、

アタクシ、このお父さんの描き方が不満でして、気持ち悪いです。


浅野忠信演じる八坂の不気味さ、

その存在感はバリバリ画面から伝わってくるんだけれど、

お父さんのソレがよくわかんないのです。


過去に傷を持つ、病的で陰のあるっていう人のようでもあり、

平凡な、普通のお父さんのようでもあり、中途半端なのです。

中途半端なら中途半端なんだよ、と、わからせてほしいけれど、そうでもなく・・・?


ああ、後味の悪い映画でした。ああ、あかるくなれる映画を観たい・・・(´・ω・`)




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

ほうほう・・・
配役の立ち位置大事だよね(ーー;)
スッキリした映画で気分を変えてくださいね~ヽ(´▽`)/
おいら来月からは夜DVD鑑賞が多くなるかも(^_^;)
TUTAYAディスカスもう一度入会しようかな~?
っと悩むおいらです(ーー;)

コメントの編集

暗く悲しく、おも~い気分になりはなりたくないけど
あかりちゃんの記事読んでたら
その後味の悪い結末というのを知りたくなっちゃったわよ。
今日なんて梅雨の走りみたいな天気だけど
本格的な梅雨に入ったら部屋を暗くして観てみようかしら〜★

く、暗くて重いんだ・・・。
なんか気になっちゃうけど、見たら後悔しそうな・・・。
きたあかりさんの、映画の感想や、
本の感想、好きです(^^)

No title

感想も人それぞれ・・・。
いろいろな感想でヨシだよ~(^O^)

Re: タイトルなし


がちゃぴんさん へ

 はい。スッキリした映画を観ます・・ 
 何見ようかしら・・・?シン・ゴジラ?

> おいら来月からは夜DVD鑑賞が多くなるかも(^_^;)
> TUTAYAディスカスもう一度入会しようかな~?
> っと悩むおいらです(ーー;)

 え~!もう来月からなの~。
 そうですよね。居住場所も決まったようだし、、、
 ベンちゃんと会えない夜は寂しいですよね。
 (´・ω・`)
 ぜひ、映画鑑賞を!
 でも、この映画はやめた方がいいと思われます。m(__)m

Re: タイトルなし


 さとちん へ

 ま~、記事を読んで興味を持ってもらえるとは、
 書いたカイがあるというもの。ありがと~。
 本の感想や映画の感想、けっこう気合いれないと書けないのよん。アタシ。

 はい。部屋を暗くして、どひょ~~んという気分で観てください。
 くら~~~くなれます。

Re: タイトルなし


 かれんさん へ

 ま~好きと言ってもらえると嬉しいです。
 本や映画の感想、気合いれないと書けないアタシ。
 気になってくださってありがとうございますぅぅ。

 この映画の結末、最悪です。。
 登場人物たちに、さらなる絶望が待っています。ひえ~

Re: No title


 銭右衛門さん へ

 そ~そ。(^◇^)
 いろんな感想があるから面白いんだよねぇ。
 でも、この映画を観て、楽しい気分になる人は、
 ほとんどいない、、かも。

 

あ、コレ、僕も5月22日に観ましたよ。
不快な映画ですよねー。

ネタバレさせますが、
何が不快って、罪人が生き残って、
善人や無力な人が死んでしまうことですよね。
フツー物語って、どんなに悪人がのさばっても
最後には勧善懲悪に罰が下りますが、
この映画はそうじゃない。
あまりにひどい、いやな気分になるということですよね。

でも、悪はいけないこと、罪を犯せば必ずやっつれられる、
と言っていないかと言えばそうでもないでしょ。
自身の犯した罪に対する罰が、自分の子供に下るんですよね。
「親の因果が子に報う」ということです。
「親のバチがその子供にあたる」。
それはある意味、本人に直接バチがあたるより
厳しい罰に違いありませんよね。

こういう考え方は、仏教の教えです。
監督、仏教系の大学を出ているので、
こういうテーマを内に持っているのかもしれませんね。
また、カンヌで賞をもらったのも、
そういう欧米ではあまり知られていない
思想の部分を評価されてなのかもです。
(ちなみに、僕は仏教徒ではないす)

Re: タイトルなし


 つかりこさん へ

 つかりこさんも、最近ご覧になったのですね。
 タイムリーでした~らっき~☆
 いっぱい教えてもらえるぅ☆

 ホント、不快で後味の悪い映画でした。

> 何が不快って、罪人が生き残って、
> 善人や無力な人が死んでしまうことですよね。

 そ~なんです。
 発端は、お父さんでしょう。でも、お父さんは生き残る。
 お父さんの”悪”が、家族に最悪をもたらしていく不快さ。
 
> フツー物語って、どんなに悪人がのさばっても
> 最後には勧善懲悪に罰が下りますが、
> この映画はそうじゃない。
> あまりにひどい、いやな気分になるということですよね。

 はい。
 あの、お母さんの苦しみがまた、ツライんですよ。
 異常なまでの潔癖になるでしょ。
 自分の汚さ(不倫に似た気持ちをもったこと)に対する後悔。
 自分を責める気持ちが・・悲しい。

>
> でも、悪はいけないこと、罪を犯せば必ずやっつれられる、
> と言っていないかと言えばそうでもないでしょ。
> 自身の犯した罪に対する罰が、自分の子供に下るんですよね。
> 「親の因果が子に報う」ということです。
> 「親のバチがその子供にあたる」。
> それはある意味、本人に直接バチがあたるより
> 厳しい罰に違いありませんよね。

 子どもにとっては、最悪なことです。
 アタシなんか、どんだけバチがくるんだ!と思います。
 親の悪事がアタシに不運をもたらしたらと思うと・
 ううっ。  

>
> こういう考え方は、仏教の教えです。
> 監督、仏教系の大学を出ているので、
> こういうテーマを内に持っているのかもしれませんね。

 そ~だったのですね。
 記事にするにあたり、ネットでいろいろ見ようかと思ったのですが、
 あまりに不快で、見ませんでした。
 記事にしないで、この映画のことは忘れようかと思いましたが、
 妙に心に残ってですね・・←言い訳

> また、カンヌで賞をもらったのも、
> そういう欧米ではあまり知られていない
> 思想の部分を評価されてなのかもです。
> (ちなみに、僕は仏教徒ではないす)

 なるほどね~。
 欧米の人は「親の因果が子に報う」を
 どう思うのかなあ。

 あと、記事には書かなかったけれど、
 「家族に対しても秘密があることはよくあること。
  普通の家族と一見思われても、でも何かあるかも。
  その何かわからないこと、自分が知らなかった秘密で、
  すべてが壊れることもある。
  それは、自分の家庭でも起こりうる」
 と思われ、それも不快でした。

 自分が知らない家族の秘密で、何かが起こるかもしれない。
 こわいよ~(´・ω・`)

 ホラー映画より怖いかも。

> 発端は、お父さんでしょう。でも、お父さんは生き残る。
> お父さんの”悪”が、家族に最悪をもたらしていく不快さ。

↑浅野のほうも奥さんや子供(最後に溺れて亡くなる男の子)
に報いが下っているでしょう?

> ホラー映画より怖いかも。

↑あの忍び寄るようなコワさはホラーですよねぇ。

Re: タイトルなし


つかりこさん へ

 お返事遅くなってごめんなさい。

> ↑浅野のほうも奥さんや子供(最後に溺れて亡くなる男の子)
> に報いが下っているでしょう?

 そ~でした!な、なるほど!
 あのシーン、印象的でした!
 はっきりと亡くなったとはわからせてないけれど、
 亡くなってますよね。ピクリともしなかったもの。
 こ、こいつも親の因果か・・・う~ん、こわっ! 

 あのシーン、最初は、三人とも動かなくて、お父さん以外はみんな
 死んじゃうのかと思いましたが、お母さんは「ごほごほっ」と
 息を吹き返してましたよね。
 お母さんにとって、「わが子を殺してしまった」という
 さらなる地獄の日々が始まるわけですよね。暗~くなってしまいました。

 そして、そのシーンのお父さんですよ!
 男の子には人工呼吸してなかったですよね。
 わが妻、わが娘ばかり助けたいようで。
 それも気分悪くなりました。

 妻のこと、そんなに大事なら、もっと普段から大事にしろよっていう
 気持ちにもなり、(ほら、冒頭のシーンで、お母さんの呼びかけに
 返事もしなかったでしょ、なんつ~ヤツだと思ってた)
 そこも、このお父さんの勝手さ、我儘さ、幼稚さを感じて、
 気持ち悪かったです。

 「お前、八坂とできてただろ?」
 そうお母さんに言うところも、なんだかなあ。
 
>
> > ホラー映画より怖いかも。
>
> ↑あの忍び寄るようなコワさはホラーですよねぇ。

 怖かったです。
 当分、”忍び寄る怖さの映画”は見たくないです。
 

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ