佐野史郎さん 講演&朗読会: 出来事: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  出来事  >  佐野史郎さん 講演&朗読会

佐野史郎さん 講演&朗読会

2017年05月29日

俳優、佐野史郎さんの講演&朗読会 に、妹に誘われて一緒に行ってきました。

佐野史郎さん講演会

こないだ、代表作の伝説ドラマ「ずっとあなたが好きだった」

ずっと10001649_h_pc_l

を、一気に全話見たばかりです。ま~なんて縁があるのかしら。

偶然です。   その記事はこちら → きたあかり日記 2017年3月12日号


「四半世紀を過ぎてなお、いまだに冬彦さんのイメージが強い。

 もし自分が死んだら、翌日のワイドショーには、木馬に乗った冬彦さんの

 映像が使われるだろう。とほほ」

冬彦さんo0641096013468677025

佐野さん、そんなユーモアを交えたお話で、会場を沸かせながら、

「でも、多くの人に観てもらえた作品に出演できて幸運だった」

と、静かにおっしゃるあたり、ステキでした。


講演会は、礼拝堂でありました。

佐野史郎さん講演会会場


お話は、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の話へと進んでいきました。

佐野史郎さんは、故郷の松江ゆかり の作家ということで、

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)に親しみ、

その作品の朗読をライフワークにされているとか。


アイルランド人のお父さんと、ギリシャ人のお母さんとの間に生まれた

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、両親の不幸な離婚のあと、

大叔母に引き取られるものの、その大叔母も破産&死去。

19歳でアメリカにわたり、新聞記者となります。

そして出版社の通信員として来日後、日本文化に傾倒し、

日本で英語教師として教鞭を執るようになります。

日本人のセツさんと結婚し、日本人への英語教育に尽力するようになった彼は、

日本に住みながら、欧米に日本文化を紹介していきます。


以上は、佐野さんが講演会場でお話してくださった、

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の経歴でした。

経歴を少し分かったうえでの、佐野史郎さんの朗読は、

興味深く面白く感じられました。

それは、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)のエッセイで

「つゆのひとしずく」。

「書斎の窓の竹格子に、ひとしずくの露の玉が震えながらかかっている。
その小さな球面には、朝の色――空と野と遠くの樹木の色が映っている。その逆さの像がそのなかに見える。――また、戸口のまえで子供たちが遊んでいる小さな家が、顕微鏡に映った像のように見える。
目に見える世界以上のものが、そのひとしずくの露に映し出される。目に見えない世界、無限の神秘の世界もおなじように、そのうちに映し出される。そして、そのひとしずくの内にも外にも、絶えざる運動――原子と力との永久に不可解な運動があり、また空気と日光とに触れて虹色の光をはなつ微かな戦慄がある。」


とても難しい文章で、一度聞いただけでは、

その意味も、自分の感想も、書けそうにもありませんが、

ただ、”つゆ” も ”人間の存在” も” 人間の個性” も、

宇宙と言う大きな存在から見れば、変わらない同じようなもの、と

言っている気がしました。

   怖い小説、怪奇っていうのかなあ、そんなのともつながっていくのかしら??


佐野史郎さんは、迫力ある厳しい声で、強く朗読されていました。

アタシは、その同じ文章を、女性の柔らかい声で優しく読んだら

また違った面白さがある気がして、朗読してみたいと、無謀にも思いました。


う~ん、良い講演&朗読会だったなぁ。

朗読の勉強になったなあ。


と、そこで終わらないのが、アタシと妹の珍道中です。


十分堪能したアタシと妹は、休憩ということで少しだけカフェでお茶を飲み、

さて帰ろうと、会場から出ようとしたら、なんとそこに、主催者関係者が

背広を着てずらりと並び、一台の

ボロな軽自動車 経年劣化が趣のある小さな乗用車を見送っていたのです。


「おお。これは、佐野史郎さんをお見送り しているに違いない!」


そう思ったアタシと妹は、その自動車に近寄ってみました。

乗り込んだのは、佐野史郎さんじゃありませんでした。


「な~んだ、違ったよん。そ~だよね。

 佐野史郎さんみたいな、都会の大芸能人が、あんな

 ボロな軽自動車 経年劣化が趣のある小さな乗用車に乗らないよね~」


そう大声で言ったアタシと妹は、遠ざかろうとしましたが、

その時よ~く後部座席を見ると!なんと!

そこに佐野史郎さんが乗っていらっしゃるではないか!


わ~! 


ミーハーなアタシと妹は、突然態度を変え、車の中の佐野さんに

「きゃ~佐野さ~ん💛」 

と手を振ったのでした。佐野さんは、笑顔で会釈してくださいました。

ほんと、良い人だなあ。


見送ったあと、

「あれこれ言ったの、聞こえちゃったかなあ」

と、妹と二人、大笑い してしまいました。あはは。


いやあ、勉強にもなり、大笑いもして、波乱万丈な一日でした。

佐野さんが、”つゆのひとしずく”となって、そこにいそうです。こわっ☆




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

あのドラマかなり衝撃的でしたよね(笑)
多分木馬のシーンはいつになっても使われるでしょう(o^^o)♪
あかりちゃんかなりアクティブですね~o(^▽^)o
好きなことに一生懸命になれるってホントいいことです(o^^o)♪
佐野さんに負けない読み聞かせかんばってくださいヽ(´▽`)/

コメントの編集

ラフカディオ・ハーンの「MUJINA」は英語の教科書にも載ってたわよね。
(って、同じ教科書使ってた〜?)
私が読んだのは他に「耳無芳一」とか「ろくろ首」「雪女」くらいかな〜。
八雲は引用されているような難しい文章も書いているんだね。

それにしても、あかりちゃん!
まあ、佐野史郎さんに生でお会い出来てよかったわね♪
私は生ゲーノー人なんて、しばらく見たことないわよ〜。
これをご縁に佐野さんのライフワークの小泉八雲作品の朗読に
あかりちゃんも挑戦してみては?

すごい!

えぇえぇ、覚えてますとも。
過去記事で「涙のキッス」みんなで歌いましたよね!
その佐野史郎さんの講演&朗読会に行ってきただなんて、うらやましいです。
しかも最後にお見送りをして、笑顔で会釈ですと!?
妹さんとの会話、聞こえていたかなぁ~(笑)

私はきたあかりさんの朗読を聞きたくなりました。

俳優、佐野史郎さんのイメージっていつまでたっても、
冬彦さんのイメージのまま・・・なんだけど・・・???

今、思えば、強烈過ぎた役柄だったよ。

ドンマイどんまい

「あのご夫人方の目も、相当経年劣化してるようだな」by佐野史郎

なんちて

コメントの編集

露の玉

佐野史郎さんの朗読を聞けて良かったですね。それにしてもボロな軽自動車は笑えました。私の母が 朝に具合が悪くなって お昼過ぎに病院に行ったら そのまま亡くなりました。その時のお坊さんのお話が 朝の露の玉は夕方には消えてしまう。人の命も同じようなもので”はかないも”のだ言われました。八雲さんの文章を読んで 露の玉の中に彼の世界観を見出したのかしら?と勝手に解釈した私です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし


がちゃぴんさん へ

 今日も朗読教室の仲間たちとランチの際、
 アクティブと言われました・・・。
 みんなの方が、かな~りアクティブなんですが・・笑

 誉めてくださり、ありがとうございます。
 がちゃぴんさんのアクティブさを目指します!

 佐野さんの朗読は、通っている朗読教室の先生とは
 違った感じの読み方でした。
 いろいろだな~と思いました。
 様々なやり方を吸収して、自分のカラーを作れたらと思っています。

 た、たのしい、楽しすぎて、、怖い( `ー´)ノ

Re: タイトルなし


 さとちん へ

 アタシ、学生時代の記憶、ほとんど無いのです。
 もぉ、病的と思えるほど。だから、英語の教科書に載っていたか、
 わかんないなあ。ごめんよ。

 八雲と言うと、耳なし芳一のイメージかなあ。

> それにしても、あかりちゃん!
> まあ、佐野史郎さんに生でお会い出来てよかったわね♪
> 私は生ゲーノー人なんて、しばらく見たことないわよ〜。

 かっこよかったですぅ。

> これをご縁に佐野さんのライフワークの小泉八雲作品の朗読に
> あかりちゃんも挑戦してみては?

 「つゆのひとしずく」は読んでみたいですっ!
 なんだか、怖いけど、「耳なし芳一」も!

Re: すごい!


 みのじさん へ

 朗読を聞きたいとおっしゃってくださり、
 ありがとうございます。
 今日も、朗読教室に行ってきたところです。
 た、楽しすぎる☆

> 過去記事で「涙のキッス」みんなで歌いましたよね!

 おお、歌っていただけましたか!
 アタシも歌おう!
 でも実はアタシ、、、音痴なんです、、、内緒よぉ!( `ー´)ノ

Re: タイトルなし


 銭右衛門さん へ

 そ~ですよね。あの役柄、強烈でした。
 でも、ネットで調べたら、最初は、あそこまでの役柄を設定
 していなかったそうなのです。
 不気味さがあまりに評判になり、大幅に出番を増やし、
 強烈にしていったとか。

 佐野史郎さんの凄さかなあ。

Re: ドンマイどんまい


 ケフコタカハシさん へ

 佐野史郎さん、経年劣化を、きっと大好きだと思われます。
 良かったわ。

Re: 露の玉


 tugumi365さん へ

 思えば、あのボロな軽自動車は、主催者側が、
 佐野さんをJRの駅まで送っていくために、主催者側で
 用意したのではないかと推測されるのです。
 笑ってもらえて良かった!
 アタシと妹も大笑いしました☆

 ”露の玉”と”人の命”、確かにそのお坊さんのおっしゃるとおり
 はかないものなのでしょう。
 バイタリティあふれる精力的な人生を送った八雲の根底には
 そんな世界観があったのかと、アタシも思いました。

 

Re: タイトルなし


 鍵コメさん へ

 いえいえ、こちらこそ、勝手な勘違いで失礼しました。
 お気遣いいただき、ありがとうございます。

僕の持っていた
佐野史郎さんのイメージと違うイメージなんですね。
いいなあ、いろいろやってますね!!v-218

きれいな文章ですよね

ちゃんと頭の中に画像が浮かんで、美しいな、と思います。
朗読をする人の、声がカッコいいのも好きだ…。
津嘉山正種さんなんか、何回聞いてもいい声だな…って思います。何を読んでも様になるっていうか。

佐野さんの声は、どんな声だったんでしょう…。
この日記を読んだら、聞いてみたくなりました。

Re: タイトルなし


 エルさん へ

 佐野史郎さん、穏やかで楽しい方でした。
 エルさんのイメージはどんなでした?

> いいなあ、いろいろやってますね!!v-218

 手を広げすぎて、何もかも中途半端になっている気が・・・笑

Re: きれいな文章ですよね


 まこさん へ

 朗読する人の声、大事ですよね~
 アタシも、かっこいい声、大好き☆
 朗読仲間の若い男性の声があまりに素敵で、
 「あなたの声は最高だ!」
 と真顔で賞賛してしまったアタシです。

> 津嘉山正種さんなんか、何回聞いてもいい声だな…って思います。何を読んでも様になるっていうか。

 お~アタシも聞いてみるぅ
>
> 佐野さんの声は、どんな声だったんでしょう…。
> この日記を読んだら、聞いてみたくなりました。

 佐野さんは、おどろおどろしい怖い声で読んでいらっしゃいました。
 佐野さんが好きなので
 「ま~思いつめないでぇ」
 と頭を撫でたくなりました。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ