最高だったわ、絵本読み聞かせ: 絵本: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  絵本  >  最高だったわ、絵本読み聞かせ

最高だったわ、絵本読み聞かせ

2018年05月30日

絵本読み聞かせボランティアに行って、絵本を読んできました。

201805絵本たち


対象は小学校三年生です。

アタシが会場に到着すると、もうすでにみんなは、聞く気まんまんで

目をキラキラさせてくれていました。かわいい!

はじまると、気持を集中させて聞いてくれました。顔つきでわかります。

盛り上がる場面では「わ~」とか「すげぇ」とか「あはははは」とか

声をあげてくれました。

そうなるとこちらもノッてきます。

練習の成果が十二分に発揮できました。うまく読めましたよ。ふふふ~。

失敗だったと感じるときもあるけれど、こんな時もあるので、

また頑張ろうと言う気持ちになれます。子供たちに感謝です。


この小学校三年生たち、今は、算数で割り算を習っているそうですよ。

「(僕は)割り切れない 割り算も 出来るんだぞ、すごいだろ!」

と言うので、

「じゃあ、20個の餃子があったとして、家族が3人だとして、

 餃子一人で何個食べられる?あまり、ある?」

と聞いてみると

「一人6個!あまりが2個!」

と大正解を自慢げに答えてくれました。アタシが

「え~っと、え~っと、オバサンはわかんないぞ!え~っと」

と、計算できないふりをすると、気の毒そうに心配そうに見つめてくれました。

けっして、オバサンを馬鹿にしませんでした。

出来ないことを馬鹿にしない子どもたちでした。

あたたかい気持ちにさせてもらいました。子どもたちから学ぶこと、沢山あります。


さて、アタシ、来週も読み聞かせ担当に入っていまして、今度は小学校六年生。

手ごわいと予測されるけれども、そこは、きたあかりの迫力で押すわ。

もちろん、練習頑張りますよ。


昨日の記事の芍薬ちゃん。

正面も良いけれど、横顔も好きです。花弁がいい感じでしょ。

2018芍薬横




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

読み聞かせ、私も今日行って来ました
熱演してきましたよ~^^

『うえきばち』これ受けますよね(≧▽≦)

子どもたち思いやりのある良い子ですね。

読み聞かせの様子が、想像できます!!楽しそうですね。
小学校3年生は可愛いですね。
楽しそうな絵本なので「図書館」に予約してみます。

「おにより つよい およめさん」
きゃーーーー、、ウチだv-39

読み聞かせ、子ども達が喜んでくれてよかったね〜♪
たしかに小三くらいまでが可愛いよね。
でもきっと、次の六年生だって
あかりちゃんの魅力でぐ〜いぐい引き込んでいけるわよ〜。
がんばれ〜〜!

ノリますよね

きたあかり様
こんばんは。

コンサートと同じですね。観客がのせてくれます。
6年生は手強いですか。そんなことないでしょう。
彼らの何倍生きているのですか。
自信を持って下さい。
芍薬は綺麗ですよね。立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花でしたっけ。
絶世の美女の例えですね。

愛新覚羅

 私も算数は苦手です。でもそれをバカにしない子供たちは優しい子達です。
 真白なシャクヤクは、清純な乙女のような尼さんのような美しさ。私にはない美しさです。

コメントの編集

3冊読んだの???かな?
小学3年は10歳ぐらいかな?

読み聞かせの様子がよくわかります。真剣勝負で楽しそう。
以前NHKでドラマを見て、きたあかりちゃんもこんなのやってるんだなって知りました。

コメントの編集

Re: タイトルなし


 nohohon さん へ

 お~nohohonさんも行かれましたか~(^^♪
 熱演、お疲れ様でした。楽しめましたか~☆
 いいですよね、読み聞かせ。
 純真な子供たちとのふれあいに、ほっと心が和みます。

 『うえきばちです』、
 ちょっと怖いかなと思って、今までは高学年にしか読んでいませんでしたが、
 今回三年生に試してみたら、
 みんな大笑いしてくれまして、、、大丈夫でした。
 子どもの感性、大人には想像つかないところがあります。

 そして、意外と『くわずにょうぼう』が好評でした。(^^♪
 

Re: タイトルなし


 tugumi365さん へ

 はい!とても楽しかったです(^^♪
 想像してくださりありがとうございます。

 予約されるのは『おによりつよいおよめさん』でしょうか?
 最初は馴染めなかった おに と そのお嫁さんが、
 仲良くなっていく、心温まる絵本でした。
 良かったら、読んでみてください。(^^♪
 
 民話では「嫁」が異邦人と言うか、怖い存在として描かれることも多く、
 (くわずにょうぼうは、嫁が、実は鬼ですから。笑)
 でも、こんなふうに、心通わせることもあるというのも
 お話として、あり かと思いまして。

 嫁が実は鬼で、食べられそうになったお話(くわずにょうぼう)と、
 嫁が実は心優しく、温かい家庭を築いていくお話(おによりつよいおよめさん)と、
 両方いっぺんに子供たちに読みました。
 子供たちが何かを思ってくれたらな~。(*^-^*) 

Re: タイトルなし


 エルさん へ

 「おにより つよい およめさん」
 最初は馴染めなかった 鬼 と、そのお嫁さんが
 だんだん心通わせ、ラブラブになるお話です。
 エルさんちもきっと、ラブ~♡

Re: タイトルなし


 さとちん へ

 ありがとう。良かったよ~。
 子どもたちに喜んでもらうのが一番ですから☆

 そうそう、六年生は手ごわいけれども、やりがいがあります。
 魅力、というか、迫力で押します。
 
 朗読の先生がおっしゃる
 「読み手の声に引き込んでいく力」を出さなければ!
 出来るのか!ええい、頑張るのみ!( `ー´)ノ

Re: ノリますよね


 aishinkakura さん へ

 彼らの何倍って?
 え~っと、※÷▽=・・・
 と、割り算させないでください!教授!

> 芍薬は綺麗ですよね。立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花でしたっけ。
> 絶世の美女の例えですね。

 ま~そんなに褒められたら照れるじゃなあないですか!
 え?アタシのことじゃない?
 き~~~!

 なんつって☆   (@_@)

Re: タイトルなし


 ひねくれくうみんさん へ

 年齢が高いというだけで馬鹿にする人もいるけれど、
 この子供たちは、算数ができない、も、プラスされたおばさんのことも
 バカにしませんでした。

 そうそう、この子たち、クラスで食虫植物を飼っていて、
 生きた虫をつかまえて、餌としてあげているそうです。
 「おばさんにはとても出来ない!君たちはなんて偉いんだ!」
 と誉めると、とても嬉しそうにしていました。

>  真白なシャクヤクは、清純な乙女のような尼さんのような美しさ。私にはない美しさです。

 え~そ~かなあ。
 お会いした際、かなりの美女とお見受けしたが、、、
 例えるとしたら、ほかの花なのか?

Re: タイトルなし


 銭右衛門さん へ

 は~い。三冊読んだよ。
 持ち時間にきっちり入るように計算して、
 本を持っていくのだよん。

 小学校三年生は、う~ん、8~9歳?
 どうだっけ?

Re: タイトルなし


 ひこうきぐも さん へ

 様子がよくわかるとおっしゃってくださり、
 ありがとうございます。
 ええ、真剣ですよ~。でも、怖い顔はしないで
 楽しい顔で読むようにしています。
 楽しんでもらえるように☆

 NHKのドラマって、竹野内豊主演の朗読のドラマでしょうか?
 あれはドラマなので~実際とは違うこともあるのですが、
 仲間との嬉しい交流などは似ているところもありました☆

 朗読は楽しいですよ。
 

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ