それは先生の魅力: 朗読: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  朗読  >  それは先生の魅力

それは先生の魅力

2018年10月10日

1週間ぶりの更新です。

このところ、更新頻度が低くなっていますが、アタシは元気です。

ただ、ちょっと、やるべきことや、また、やりたいことが多すぎて・・・・。

パートも趣味も家事も、頑張ってますよ~ん。

日々の暮らしに創意工夫も忘れません。

カレーに納豆を乗せてみました。美味しかったです。

納豆カレー


さて、全くカレーとは関係のない話ですが、

知り合いのTちゃんが、某朗読教室の、2回だけ体験講座に行ってきたそうなのです。

アタシも朗読を習っているのですが、Tちゃんが行ったのは別の教室ね。


Tちゃんは言いました。

超 つまんなかった。先生に言われた文章を順番に読むだけ。

一人が読む分量が多いから、自分の順番になるまで時間がかかって、

退屈で寝そうになった。あかりちゃんは、いつもいつも

朗読が楽しくて楽しくて仕方がないって言ってるよね。

どこがそんなに楽しいの~~~???」


アタシは、朗読が面白くて仕方がないので、朗読がつまらないというのを

どう理解していいか、咄嗟の判断がつかず、言葉につまってしまったのだけれど、

よ~く考えてみました。そして、どうもそれは、

先生のキャラクターの違いような気がしました。



技術を身に付け、それらを駆使して自分なりに作品を演出して、朗読することは

自己主張だとおっしゃる、アタシが習ってる朗読教室の先生。

そうだわ、アタシは、自己主張を促されるのが嬉しいの。

自分の個性をみつめなさいと、言われているようです。


人それぞれ、感じ方は違うと思うけれど、アタシの性格に先生の指導が

あってるってことかなあ。

Tちゃんに、後日そう言ったけれど、わかってもらえたかなあ。


そうそう、先生は、芸術家肌で、それも面白いです。

魅力的です。


先日、先生からメールをいただきました。


「次の朗読教室っていつだっけ?忘れてしまいました」


え~~~???   Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


朗読教室は定期的に開催されています。

ここ何年も、毎週同じ曜日、同じ時間開始です。

それを、忘れてしまうとは!!!

そしてそれを、自分の過去のスケジュールを確認することもなく、

弟子のアタシにメールして聞こうとするとは!


アタシは、親切丁寧に開催日時をお知らせするメールを返信しました。

「先生、大丈夫ですか!」   (そんなことを忘れてしまうとは、大丈夫なのかの意)

という言葉を付けて。


先生からは、真夜中にメールが入りました。一言です

「大丈夫」


ホントに大丈夫かなあ。  (T_T)


ちなみに先生は、考えることや覚えることが一般人とは違うようで、

一番長く教室に通っているアタシ(自称・一番弟子)の名前も、うろ覚えです。

名前を覚えてもらえなくても、アタシは先生の大ファンなのでした。笑

あんな人、なかなかいないわよ。面白いわ~。




    ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

いろんな事をされていてお忙しそうですが
楽しんでいらっしゃるのがわかります^^
朗読の先生個性豊かなようですね(笑)
先生の力量もあると思いますが
何事も相性があるので合えばラッキーですね🎵

お友だちも相性のいい先生に巡り合えると良いですね。

納豆もカレーも大好きなんですが、
?????v-19
やってみようw

いい先生に巡り会えて、
この出会いは宝物ですね!v-218

相性もあるかも

きたあかり様
こんばんは。

先生も魅力的でついて行こうという気にさせてくれているのでしょうが、
きたあかり様との相性もいいのでしょうね。
漫才コンビも相性ですからね。
仙台のサンドイッチマンガンバレ!(これは蛇足)

愛新覚羅

更新がなかったので お忙しくしていると思っていました。
あかりさんはお仕事もしていますからね。
教室が面白いのは 先生の人柄もあると思いました。
芸術肌で面白いって どんな方かお会いしたいですね。
次の教室の予定を聞いてくる?本当に大丈夫ですか、そちらの方が心配です。

顔と名前

価値が違うと感じているのでしょう。
顔は人其の物ですから、何年後に合っても思い出せるのでしょう。

しかし、名前はモノに付けた番号の様なもの、

特に最近の奴は、、無理やりつけたらしいモノが多くて、とても覚えられません。

顔は、、人目で分かるのですが、、、「誰だっけ?」

先生!
きっと、大切な事が、、他にイッパイあって、曜日や名前まで手が回らないのでしょう。(楽しい先生ですね)

コメントの編集

 先生にも相性があると思いますが、やっぱり面白い先生とつまらない先生っています。
 フィットネスクラブのスタジオも、同じ内容でも先生によって生徒の入りましたが違うもの。
 私は働いて言何から、暇なのに、なぜか忙しいような気がしています。
 

コメントの編集

納豆カレーに興味・・・(笑)
コレ?!(^^ゞどんな味だ~?
オイラ納豆苦手だ!
たぶん、食べる事はないとは思うけど・・・興味だけはあるぞ(笑)

素敵な先生ですね。
個性大事だと思います。
感情移入して読むから説得力があっていいのではないでしょうか?

人間完璧よりどこか抜けているほうが魅力的では?
カレーに納豆はちょっと思いつきません。
試してみる勇気がありません。

Re: タイトルなし


 nohohon さん へ

 はい。あれこれと手を出して忙しく、
 手が回らない状態で・・・。
 楽しまなくちゃと思いながら、気が焦って
 反省する日々です・・・。

 おっしゃるとおり朗読の先生はとても個性的な方で
 相性があえば、楽しい朗読教室になれるようです。
 あの、芸術家肌を理解できない人は、、無理みたいです。笑

> お友だちも相性のいい先生に巡り合えると良いですね。

 そうですね。良い出会いで、人生楽しめればいいなあと思います。
 (*^-^*)

Re: タイトルなし


 エルさん へ

 納豆カレー、やってみてください。
 癖になるかも、なんつって☆

 先生との出会いは宝物。本当にそうですね。
 先生がいつまでも健康で、いつまでも朗読教室を
 開催してもらえればなあ、と思います。

Re: 相性もあるかも


 aishinkakura さん へ

 先生のファンなので、相性がいいと思うと
 それだけで嬉しいです。
 先生のほうはどう思っているかわからないのですが・・・笑

 サンドイッチマンさんたち、あんなに売れっ子になっても
 仙台のローカル番組に出て、地域を盛り上げてくれています。
 アタシももちろん、応援していますよ~~ん。(*^-^*)

Re: タイトルなし


tugumi365さん へ

 仕事はパートで毎日ではないのですが、
 時間の使い方が良くないのか、バタバタとしていました。
 もう少し、うまく時間を使わないと・・(@_@)

 先生、きっとtugumi365さんも気に入ってくださる
 面白い性格の方と思われます。
 記事には書かなかったのですが、気さくなのも良いところで
 まったくの素人の生徒たちを馬鹿にしません。
 真剣に教えてくださるのです。

> 次の教室の予定を聞いてくる?本当に大丈夫ですか、そちらの方が心配です。

 ですよね・・・。
 不定期に開催ならともかく、毎週同じなのに・・・。笑

Re: 顔と名前


 マーニさん へ

 なるほど。では、先生はアタシの名前は憶えていなくても
 顔は覚えてくださっていらっしゃるのかも!
 おおお!

> 先生!
> きっと、大切な事が、、他にイッパイあって、曜日や名前まで手が回らないのでしょう。(楽しい先生ですね)

 お仕事がお忙しくて、いっぱいいっぱいになっているようです。
 そのうえ、小さいお子さんがいらして、家事も大変そう。
 おっと、ちゃんと奥様がいらっしゃるのですよ。
 先生いわく
 「嫌われたくなくて、(妻の主張を何でも)聞いてしまう」
 だそうです。ラブね~笑

Re: タイトルなし


 ひねくれくうみんさん へ

 なるほどな~。フィットネスクラブの先生も
 同じ内容でも生徒の入り方が違うのね~。
 人柄、魅力なんですかねぇ。オーラ?

>  私は働いて言何から、暇なのに、なぜか忙しいような気がしています。
>
 くうみんさんは、お引越しされて、何かと慌ただしくお過ごしなのでしょうか。
 寒くなってきたし、お体ご自愛くださいね。  

Re: タイトルなし


 銭右衛門さん へ

 銭ちゃんは納豆が苦手なのね。
 なら、無理して食べることはないわ。
 納豆に、煮た大豆を乗っけるのはどう?
 大体、同じ感じと思うわよ~~ん。

Re: タイトルなし


 いとこいさん さん へ

 先生は面白いです。
 気分が下降気味の時には「俺は偽物だ」とかなんとか
 よくわからないことを言って、生徒たちを凍らせてくれます。
 そこで「先生は本物です!」と誰一人言わないあたり、
 微妙な空気の流れる教室でした。笑

 カレーに納豆は、アタシは美味しかったですが、
 無理にとは・・・笑

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
娘たちは大学に進学し、遠くに行っちゃいました。
だから夫と二人暮らし。
どーでもいいようなことばかりの毎日の日記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ