山田あかね「まじめなわたしの不まじめな愛情」: 本: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >    >  山田あかね「まじめなわたしの不まじめな愛情」

山田あかね「まじめなわたしの不まじめな愛情」

2019年04月17日

敬体でずっと書かれている文章の中にふと常体が入ってきて、ソーメン食べてたら数本だけウドンが入ってた、みたいな気持ち悪さがありました。内容がまた、その気持ち悪さにぴったり☆

まじめな_

主人公は蒼井しずか38歳。フリーのライターを生業にしています。しずかは、女性誌の仕事で、大手広告会社の社員、下辺勉38歳と出会います。下辺勉は、しずかの記事を映像化したいと言ってきました。国際的な大きな賞をとったこともある名のある男、地位のある男、甘い容姿の男である下辺に、「一緒に仕事がしたい」と言われ、しずかは夢中になります。下辺は魅力的な言葉でしずかを包みます。「おまえに初めて会ったとき、風を感じたんだ」「おまえと出会えたのは運命だよ」
しかし、一緒に暮らし始めると、下辺は、ひどい男尊女卑主義者で、暴力をふるい、別れた妻の自慢話ばかりするデリカシーの無い男で、しかも、違法な薬の中毒者でした。しずかは、下辺を病院に連れて行きます。そこで、状況を把握した医師にしずかは言われます。下辺は薬物依存症だ。そして、しずかは、そんな下辺に依存している。お互いに依存しあっている今の関係を断ち切るべきだ、別れるべきだ。

「ある中の夫には、しっかり者の世話女房がついているものなんです。私がいないとこの人はだめになると言って、その男の依存症を支えているんです。下辺さんは、薬物依存症ですが、構造は同じです。あなたはすでに仕事を放って、彼の世話に夢中になり、彼のことばかり考えている。依存症の患者は必ず、まわりを巻き込むんです。彼は薬物に依存し、あなたは彼に依存している。依存しあって、深みにはまっていくんです」
下辺は入院し治療を始めます。やがて退院しますが・・・。


男の甘い言葉に、なんだか怪しいなあと思いながらも、誘惑され深みにはまっていく様子が切なくて、
わかっていても、恋から離れたくない女心をすごくよく理解できて、
善悪では確立できない人間の欲望を、憎みたいけれど愛おしくなるような、自分のいやらしい部分をみせつけれれる。そんな複雑な小説でした。
小説の最後のほうで、しずかは言います。「私が下辺に惹かれたのは、その絶望でした」




  ↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

女心

きたあかり様
こんばんは。

この辺の女心については理解出来ません。
まだおこちゃまですから。(笑)

愛新覚羅

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 私なら絶対にそんな男、選ばないとは思っているけど、どうなんだろう。

 私も今は一応独身なので、そんな男に引っかからないように気を付けます。

コメントの編集

Re: 女心


aishinkakuraさん へ

 教授、これからではないでしょうか。
 ご理解、きっと数年後にはバッチリです。(^^)/

Re: 絶望


 鍵コメさん へ

 絶望、難しいですね。
 最後、彼女は、駄目男から脱します。
 でも、それが幸せなのかどうか・・・う~む。

Re: タイトルなし


 ひねくれくうみんさん へ

 アタシも気を付けます。
 あ、アタシ、夫がいるんだった!


 ↑冗談です(;^ω^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 変化


 鍵コメさん へ

 ご心配いただき、ありがとうございます。
 そして、スミマセン。
 更新頻度は低いですが、アタシは元気です(たまにお腹痛いけど)
 もともと、更新をたまにサボる癖がありまして・・・汗

 鍵コメさんも、元気にお過ごしくださいね(^^♪

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ