fc2ブログ

映画「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」

映画、「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」を観てきました。

マダム

18世紀フランスのお話です。国王ルイ15世の最後の公妾ジャンヌ・デュ・バリーの生涯が描かれています。。
ルイ15世を演じているのはジョニー・デップ。
國村隼さんに似てました。

マダム2

似ているといえば、デュ・バリー婦人が吉田沙保里さんに似ている気がして、気になって仕方なくって・・・。
ベルサイユ宮殿のきらきらな豪華さ、シャネルが手がけたっていう衣装やアクセサリーの壮麗さ、奇想天外な髪型、素晴らしかったんだけど、ストーリーは普通だし、國村隼さんと吉田沙保里さんの恋愛のように見えるのを見えないように頑張るのが大変でした。

マダム3

↑ この写真だとそうでもないんだけど、、、、!






↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
    ご訪問くださる皆様にたくさんの幸せが訪れますように☆
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 感想

[ 2024/02/10 18:48 ] 映画 | TB(0) | CM(17)
あかりちゃん、こんばんは!
映画楽しんで来たのね。
ジョニデも年を取ったのかな?
國村隼と吉田沙保里の恋愛、想像つかない(笑)
頭すごいね!
この時代を生きるのは大変かもね。
[ 2024/02/10 22:39 ] [ 編集 ]
まあ、映画ですか?
実話ですよね。凄く華やかな世界。
それに衣装など見ているだけでも、楽しそうですね。
しかし、きたあかりさんの守備範囲は広いですね。
中国、インド、そしてヨーロッパ。ご本人は日本なのに?@@
[ 2024/02/10 22:41 ] [ 編集 ]
こんばんは。
そう思っちゃうと、そのことが頭から離れなくて困りますよね。
しかし、國村隼と吉田沙保里。
スゴイ組み合わせ❗️
そりゃ大変だ(笑)
[ 2024/02/10 22:58 ] [ 編集 ]
有名な愛人の話だね
吉田沙保里と国村隼に似てて
気になって物語に没頭できなかったって感じ?
そういうのあるよね~。
せっかく見に行ったのに残念だね。
写真のジョニー・デップも
なんだか年取った感じがしちゃうね。

[ 2024/02/10 23:01 ] [ 編集 ]
きたあかり様
おはよう御座います。

フランス王朝でベルサイユ宮殿というとおごそかな
イメージですがトイレ事情は最悪だったようですね。
庭園は糞尿だらけだったそうです。

Two-Pen
[ 2024/02/11 07:05 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

薫子さん へ

 ジョニーデップ、もう還暦くらいのお年ですよね。
 それは昔と比べればお年はとられている感じでした。
 プロなオーラはあったけど~。

>この時代を生きるのは大変かもね。

 面倒くさいしきたりや、毎日の着付けやヘアセット、すごく大変だったと思うよ~
 当時はそれが当たり前だったんだろうね!
[ 2024/02/11 21:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

 ぽっちゃり婆さん へ

 実話を脚色していると思いますよ。
 映画は、二人の純愛になっていますが、実際は・・・???

 守備範囲が広いとおっしゃってくださりありがとうございます。
 たぶんアタシ、どんなのも好きに思える性格なんだと思います。
 もちろん日本映画も好きですよ!
 
[ 2024/02/11 22:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

 バニーマンさん へ

 そう。大変でしたわよ。
 その組み合わせに、バックはベルサイユ宮殿ですから!
 胸焼けしちゃって・・・・。

 大人の恋に、アタシはついていけませんでしたって感じ。
 ↑ たとえが変?
[ 2024/02/11 22:04 ] [ 編集 ]
Re: 有名な愛人の話だね

 わんわんママさん へ

 そうなの。没頭できず・・・笑
 お話も、奇をてらった感じも無く、普通にノーマルに進んでいってたし。
 現代の感覚に当時の宮廷の風習や習慣をあてはめすぎな感じもしたし。

 ジョニー・デップ。若いころの面影はあるんだけど、オーラもあるんだけど
 年齢は感じました。
 年齢相応の魅力がもう少しあればなあ。
 ↑ 個人の感想です。笑
[ 2024/02/11 22:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

 Two-Pen さん へ

 そう。そのために香水が発達したという説もあるそうですよね。
 衛生という考えがなかったのでしょう。
 恐ろしや~。

 トイレ設備が整った現代日本で暮らせていて
 とっても幸せだと思いました☆
[ 2024/02/11 22:12 ] [ 編集 ]
この時代は宮廷なので衣装も建物もきらびやかで華やかですね。
映画館へ出向くのが億劫で、テレビのボタンを押してAmazonプライムなどVODで見ることが多くなってしまいました。
きたあかりさんはしっかり映画館まで行って見ているのでわたしも見習わないといけないですね。

[ 2024/02/14 14:04 ] [ 編集 ]
懐かしい
デュ・バリー夫人と言えば、「ベルサイユのばら」で、マリーアントワネットの敵役で出ていました。
最後はバスティーユ牢獄に収監されたそうですが、この牢獄は身分の高い人用らしく、召使を連れてこられるし、服装も自由だったとかで、そんなに居心地は悪くなかったそうです。
[ 2024/02/16 18:27 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

kazさん へ

アタシも久しぶりの映画館でした。映画館は好きです。家でも気軽に映画が楽しめる良い時代なのですが、映画館に行くという特別感も、大画面の迫力も好きなのです。ネットフリックスやアマゾンプライム、それからHuluで、家でたくさんドラマ観ているんですけどね。←充分契約している。笑
[ 2024/02/21 21:30 ] [ 編集 ]
Re: 懐かしい

 ひねくれくうみんさん へ

 なんと!バスティーユ監獄は居心地良かったんですか!イメージと違うわ~。
 デュ・バリー夫人は、最後には処刑されちゃったらしいですが、最後の最後まで暴れて抵抗し、見苦しかったようです。
 人間的と言えば人間的ですが。
 映画では、すごく善人に描かれていました。
[ 2024/02/21 21:32 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2024/03/08 22:49 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2024/03/28 00:11 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2024/04/09 18:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する