fc2ブログ

戻ってきた本

今朝、読みかけの本をまた読もうと思ったところ、

その本が見当たらない。

この狭い家、しかも本を読む場所なんて限られているし、

どうして?どうして無いの?


アタシにとっては難しいその本は、その難しさが何故か魅力で、

アタシは

赤ボールペンでところどころ線を引き、考え考え、進んでは戻り進んでは戻り、

そして頭を休ませるため少し読んでは閉じ、また開いて、

しみじみ時間をかけ、舐めるように読んでいるのである。


突如消えるとは、もう挫折しろというメッセージか。

おめ~には、この世界はわからないということか。


嫌だ。あきらめたくな~い。

もし、読んでも読んでも、理解できないとしても、読みたい。


ええい、どうしても見つからないならば、もう一度買ってやる!

と思ったところに下の娘が

「おか~さん、ごめん、間違って自分の部屋に持って行ってた!」

と、その本をアタシに持ってきた。


戻ってきたか。読んでもらいたいようだね。

たまにそんな意地悪をするその本よ、かわいいところもあるじゃないか。

そして試されたような、許されたような、挑戦されたような、変な気分になって、

また赤ボールペンを片手にページを開く。


楽しい。結局、わかんないかもしれないけれど。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。
   応援していただければ、うれしいです・・・

  
スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/11/17 14:10 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)
整いました・・・
短めに…
『本』とかけまして
『窓』と解きます
その心は…
どちらも『冊子(サッシ)』と言います
がちゃぴんで~す(笑)
[ 2014/11/17 17:10 ] [ 編集 ]
本の題名が気になります。
[ 2014/11/17 17:24 ] [ 編集 ]
Re: 整いました・・・

 がちゃぴんさん

 コメントありがとうございます。

 おおお、また整っていらっしゃる!ひえ~わははは
 今日も楽しい笑いをありがとうございます!!

 「アクティブ亭がちゃ丸」さんと命名させていただきたいです。
 出囃子はもちろん、べんちゃんの鳴き声。
 「わんわん、わわん!」
[ 2014/11/18 10:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

 ジム兄さん

 コメントありがとうございます。 

 本の題名を気になってくださって嬉しいです。
 小説です。吃音の癖のある少年僧が、放火という大罪を犯すお話です。
 こ~だからこ~でこうなわけで、という説明が多いのですが、
 どうして、こ~だとこ~なの!と、頭がついていきません・・
 解説も探してみたりしているのですが、解説読んでもわかりません。

 楽しみます。
[ 2014/11/18 10:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する