映画「ある朝スウプは」: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画「ある朝スウプは」

映画「ある朝スウプは」

2015年06月22日

精神的な病をかかえてしまった男が宗教(映画内ではセミナーと表現)に傾倒し、

同居する彼女と一緒に貯めた、なけなしの貯金を勝手に使って、

高額のソファーを購入するなどし、

彼女はそれを理解できず、猛烈に反対し、

二人の生活は破たんする。

ある朝スウプは


男は理屈で宗教(映画内ではセミナーと表現)の素晴らしさを女に説明しようとするが、

女は「気持ち悪い」と感情論ですべてを否定する。

男は隠れて続け、女の財布から金を抜いてまでもセミナーに参加しようとし、、

それがバレれば逆切れし、

女は「ダメ」とか「止めて」とか男を縛ろうとする。

でも、二人は決定的にずれてるから、元には戻れない。男は去っていく。


とてもありがちな、それだけのストーリー。


それだけなんだけど、かな~り夢中になったよ。

この映画の生活感あふれるリアリティと、

そこから突きつけられる、まるで絵画を見ているようなかっこいい映像が

ぎくしゃくと混ざってて、とても綺麗で、どきどきしたから。


どこにでもあるような、古びた木造アパートに暮らすひと組のカップル。

朝は目玉焼きと味噌汁と漬物でごはん?

ずいぶん古いカラーボックス。

カーテンレールに掛けられた衣類。


そうだよ、どこにもあるんだけれど、映像の切り取り方が綺麗なの。

言い争う男の顔は全部見えるけれど、女のそれは半分だけだったり、

泣く女の顔に木漏れ日が差し、まだら模様に涙を想像したり、

男の下半身だけをうつす映像に、足を伝う失禁と畳だったり。


そうだ、映像だけじゃなくって、音も、想像力を撹拌させてくれる感じで、

ふくらむふくらむ。


緊迫した会話の途中に携帯電話の着信音。どこかを通るバイクの遠い音。鳴くカラス。

病状を説明する医師は声だけ。遠近法の暗い病院廊下に響いているだけで、、、。


この映画は、まるで、BGM付きの一枚の絵を見ているよう。

男と女、

それぞれの右脳と左脳、善と悪、現実と非現実、

みんなズレてるんだけど、音と映像とストーリーが交錯して、綺麗にひっかかりあってる。

ズレ、さあ、どうだと引き込まれ、圧倒的に突きつけられているよう。


絵のこともカメラのことも知らないアタシでも、ああ、ドキドキする。

揺さぶられる感じ。


監督高橋泉氏恐るべし。


どうか観てください。上記、この、わけわかんない文章の意味がわかるかも~。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ