映画「アデル、ブルーは熱い色」: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画「アデル、ブルーは熱い色」

映画「アデル、ブルーは熱い色」

2015年07月22日

タブーへの挑戦、過激、という、うたい文句に、

すっごい刺激的な映画なんだろ~な~

自分のふつ~な社会的道徳観念なんて、ぶっこわされる映画なんだろうなあ~

女性と女性の恋愛かあ・・・・

と思って、気にはなってたけど・・・観てなくって、、

でも、さとちんさんのブログ202日記で感想等を読ませてもらったら、

そうなんだ~

と、ますます興味を持ち、つい観ちゃいました。

アデル



アデルとエマの恋愛とその崩壊の物語です。←二人とも女性よ。


女子高校生アデルは、美術学校生エマと知り合い、二人は強く惹かれあって、

数年後、アデルが教師、エマが画家となっても、ラブラブに一緒に暮らしていました。


しかし、二人の間にはすこしずつ亀裂が生じてきます。

パーティで料理作りに精を出すアデルに

「料理も良いけれど、(創作的な)文章を書いてみたら?」と言うエマ。

アデルの生き方にエマは納得できてない感じなのです。

そして、芸術家肌のエマは、芸術家肌の友達との親交が楽しいみたいです。


アデルは疎外感を感じてしまいます。

そして、つい同僚の教師と浮気してしまうのです。


許せないエマは激昂。アデルを追い出し、破局。

どうしてもエマを忘れられないアデルは、必死に許しを請うのですが・・・。


さとちんさんの感想にもあったけれど、どんな恋愛にもありがちな

ふつ~の崩壊で、ストーリーに過激とか衝撃とかを期待して観ていたからか、がっかり。

女性と女性の恋愛って、もっと精神的な神秘的なものを描くかと思ってたけど、

違ったよ。

動物。

ただ、それがこの映画の狙いなのかとも思うのですよ。


むしゃむしゃガツガツ食べるシーンが多いのです。

バリバリ食べながらベラベラ喋るのです。

ほ~んと、動物的というか肉食系というか、生への強さを感じさせられます。

アデルがエマに許しを請うシーンも、鼻水たらしてもう!体当たりな

「アナタが好きなの~」

なんですが、なりふり構わない感情の爆発で、

あららな肉食動物です。動物動物。


自分が知らない世界を〇×な感じかなあって思ってても、実は違う んだね。


芸術家で奔放そうなエマが、

恋愛相手アデルに「アデル芸術創作活動」を望みながら、

しかし、「浮気はダメっていうモラル」を守ってほしいっていうのも、

皮肉な違いだし。わかんないなあ。



アタシの一方的な偏った勘違い がもとで、違う、とそう思うんだろうなあ。


不思議な後味の映画でした。

あ、女優さんの裸が綺麗でした。←つけたしでゴメンナサイ、アデル&エマちゃん❤


まあ、よくもまあ、こんなに綺麗に成長したこと~。

あんだけバクバク食べてたら、そうもなるよねえ~。


ボロネーゼ、クレープ、生ハムみたいの、牡蠣、揚げ餃子みたいの、

それから、たくさんの煙草も。

若いうちはいいけど、健康に気を付けてねん。年をとるとお腹出てくるしねん。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。

スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

ぽっv-10

Re: タイトルなし


 エルさん

 女優さんが綺麗でしたよ~
 ぽっとしてください~

そういや、いろんな食べ物をガツガツ喰らってたわよね。
このコたち、人間の三大欲の内のふたつにガッツリいっていたわねぇ。
鼻水たらして関係を懇願するあたりのなりふり構わなさも含め
たしかに動物的!
そんなふうになりふり構わず突き進めるのは若さゆえなのかしら?
うらやましいような気もちょいとだけするわ。
でもさ、お話は女性の目を通してみたら、なんだかガッカリよね。
男と女の恋愛の焼き直しじゃん、これじゃ。
それとも違うものを期待するストレートなこちら側が間違っているのかしら?

あかりちゃん、リンクありがとねん♪

Re: タイトルなし


さとちんさん

 こちらこそ~ありがとうございます。
 さとちんさんの名前、出させてもらっちゃいました~

 うんうん。さとちんさんの記事のとおりよ。同感同感。
 ストレートな人(さとちんさんとかアタシとか)からすると、
 そうじゃない彼女たちの恋愛は、何か違ったストーリーを期待しちゃいますよね~。
 男女と全く同じじゃあないですか!と思って、ちょっとがっかり。

 違いを期待するのが間違っていると監督は言いたいのかなあ。

 そういえば、レア・セドゥちゃんの『美女と野獣』も観たよ。
 こっちも、違った意味で、ストーリーに期待しちゃいかん映画でした。笑

ボンドガールだもの

こんにちは。
レァ・セドゥ、良いですよね。007の新作にも出てるらしい。
私のオススメは「マリー・アントワネットに別れを告げて」です。
しがない使用人が、ドレスを借りただけで貴婦人に変身する瞬間が見事でした。
「美女と野獣」も観たわ。まさかの巨人アクション作品だったのにはビックリよねぇ。

コメントの編集

Re: ボンドガールだもの


ケフコタカハシさん

 007新作にレァ・セドゥちゃんですか!
 う~ん、観たい。
 「マリー・アントワネットに別れを告げて」、観たい観たいと思って
 まだ観てないです。
 行きつけのレンタル店にあるかなあ。
 
> 「美女と野獣」も観たわ。まさかの巨人アクション作品だったのにはビックリよねぇ。

 うんうん。あれは、谷に落下とか乗馬とかのスピード感と、巨人おっきいな、を、
 大画面で見て、
 びっくりする映画でございました。
 なんであの展開で野獣を愛するようになるんかいなっと
 突っ込んではいけませんな。笑

野獣のままで

こんにちは。
今日は冷房部屋でこもってます。設定温度は30度だけど。
野獣の元の姿の彼がイマイチでしたよね。性格悪そうで。
野獣のままで良かったのに、という点で娘と意見が一致しました。

「アントワネット・・」マイナーだからネットレンタルにしかないかも。
私は「三ツ星フードトラック」が観たいのに、なかなか空かないんですわ。
TSUTAYA店舗に行くのが一番手っ取り早いんだろうけどねぇ・・。
お互い何かしら不自由ですな。笑

コメントの編集

Re: 野獣のままで


ケフコタカハシさん

 はい。そのとおり。野獣の元の姿、あれはないでしょう。
 確かに、野獣のままのほうがいいです。笑

 > 「アントワネット・・」マイナーだからネットレンタルにしかないかも。

 そうなんかい!やっぱ、ネットレンタルにしようかなあ。
 アタシの映画の知識がイマイチなのは、観たいなと思った映画を観れてないからのような気がする。

> 私は「三ツ星フードトラック」が観たいのに、なかなか空かないんですわ。
> TSUTAYA店舗に行くのが一番手っ取り早いんだろうけどねぇ・・。

 人気なんですねえ。なかなかの秀作。もう少し時間が経てば見られるかも。
 ねばってください。

> お互い何かしら不自由ですな。笑

 はい。これもその通り。笑

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ