fc2ブログ

蜘蛛女のキス

映画「蜘蛛女のキス」をDVDで見た。


だいぶ昔、アタシに映画や読書や歌唱を

アレ見ろコレ聞けと命令する友人がいて、

その友人の命令で一緒に映画館に見に行った思い出の映画で、


アタシが「意味がわからない」と言ったら、

「レインボウの鈍さにはあきれる。これこれこうであれこれで」

と叱られた覚えがアル。


監獄で同部屋のゲイと政治犯が、たがいに心を通わせていく映画。


今見ると、主義主張や性癖は、仲良くなるのに障害にはならないのねって

思わせてくれるセンチメンタルな感じ。


愛情というか友情というか、そんな自分の感情が

蜘蛛女の蜘蛛の糸とキスみたいにがんじがらめに自分を囲い、

相手に同化していってしまう。


大事なのは相手なのか自分なのか相手を思う自分なのか、

彼との楽しい思い出なのか、


でもただ、ゲイの彼はそうしたかったのだろう。

したいから、そうしたんだ。

できて、良かったよ。ほかに前途はないんじゃ?


そして、政治犯は夢の中で恋人と遊ぶ。


意味わかりませんね。すみません。



映画はわかるわからないじゃない気もします。人間も。

一回は見てもいい映画だと思います。





スポンサーサイト



ジャンル : 日記
テーマ : 日々のつれづれ

[ 2014/01/02 00:05 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
こんばんは~^^
出遅れましたがあけましておめでとうございます。

蜘蛛女のキス、多分私の思考では理解できない深さなんだろうな~。
解らないものに挑む事も時には必要ってのもあるでしょうけど・・・^^;

そんなこんなで、本年も宜しくお願いいたします~^^ 
[ 2014/01/02 22:25 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kumiさん

 コメントありがとうございます。

> 出遅れましたがあけましておめでとうございます。

 おめでとうございます。今年もよろしくお願いします~
>
> 蜘蛛女のキス、多分私の思考では理解できない深さなんだろうな~。

 いや、アタシが鈍いだけで・・・普通なんだと思いますよ。
[ 2014/01/03 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する