映画「キートンの探偵学入門」「月世界旅行」: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画「キートンの探偵学入門」「月世界旅行」

映画「キートンの探偵学入門」「月世界旅行」

2015年09月29日

こないだ、映画祭で観てきた映画です。

二本とも16mmフィルム無声映画です。


「キートンの探偵学入門」

YouTubeにあったから、ちょっと長いけど載せちゃうわよ。



アタシは16mmフィルム無声映画を観るのは初めてで、

観る前は、どんだけアナログな世界なんだろう。

手作り感がいいのかな、なんて、思っていましたが、

全然違ってました。

テンポといい、撮影っていうのかな、映し方といい、ギャグのセンスと言い、

多分、手書きで書かれているであろう背景と、俳優の動きとの融合といい、

すんごい完成度高い感じです。

今観て、斬新な新しい世界と思います。

最近の映画に似たシーンを見つけられるのは、影響が大きいってことかな。

バスター・キートン、喜怒哀楽を一切顔に出さない、世界の三大喜劇王の一人。

アクションも最高で、天才だわよ。

器用なんだろな~。



「月世界旅行」

これもYouTubeにあった。



1902年の映画よ!いったい何年前~?数えられない・・

戦前、というか、大正時代???

解説パンフレットによると、世界初のSF映画だって。

複数のシーンから構成されているの、今は当たり前だけれど、

当時としては画期的だったそうで。

アタシ、今観ても、ドキドキしちゃいました。



と、上記の二本、16mmフィルムを映写技師さん が来て映してくださってて、

アタシは知らないけれど、何だか有名な人らしく、観客に大歓声をもらってました。

照れながら大きく手を振る映写技師さんの嬉しそうな顔よ。

なぜか心があったかくなりました。


映写技師さんの、その仕事ぶりをカメラで撮影している人がたくさんいましたよ。

映写技師さんは映画を映し、その様子を別のカメラで某人が映してて、何だか変な感じ。

と、アタシもスマホでちょっと。

映写技師さん


仕事をしてて、知らない大勢の人から、拍手大喝采を浴びることなんて、

稀有なことに思います。

85歳でまだなお、現役活躍中の映写技師さんが、羨ましいなぁ。

カタカタという、フィルム映写機の音とともに、しんみりしちゃいました。




↓   読んでくださった方、本当にありがとうございます。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

こんにちは~~~!!

「 月世界旅行 」めっさ懐かしい映画ですね~

生を見れたのは 奇跡に近いですよ!!

月世界を見たなら 邦題名「 ヒューゴの不思議な発明 」

これを見ると もっと良いかも です!!

これ 月世界旅行の映画に絡む映画なんですよ

機会があれば 是非お勧めですよ~~

コメントの編集

とりあえず「月世界旅行」観ました!
ひゃあ〜、あの人たち大砲で月へ向かったんだ!
月に顔があるし〜(笑)奇想天外☆
最後、どうやってハッピーリターンしたのかが今ひとつわかんなかったんだけど
ま、楽しいから、細かいことはいっか♪
すごいね〜、こんな古いのが残っているなんて。

Re: タイトルなし


旅人の郷さん

 そうなのね~奇跡に近いのね~
 ちなみに二本で500円だったのよ~笑
 ちなみにバイオリンとピアノの生演奏付きよ~笑
 楽しかったです。

 オススメの『ヒューゴの不思議な発明』
 観るべき映画リストに入れておきます。チェック☆
 情報ありがとうございます。
 3D?
 実は見た事ありません。おほほほ。
 
 

Re: タイトルなし


 さとちん

 はい。ラストがいまひとつよくわかんないって
 会場のあちこちで声があがってましたが、
 みんな
 「ま、いっか」
 と言っていました。みんなをそう思わせる奇妙な味が・・。
 ギャグっぽいというか。
 大真面目と言うか。
 どっちかわかんないというか。

> すごいね〜、こんな古いのが残っているなんて。

 うん、あたしもそう思ったよ。
 そして、ふる~いのに、刺激的でした☆

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ