映画「国際市場で遭いましょう」: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画「国際市場で遭いましょう」

映画「国際市場で遭いましょう」

2016年05月03日

最近、映画の感想を書いていませんが、

それなりに観てはいます☆

今日はひさびさのヒットでした。涙ぼろぼろです。

映画『国際市場で遭いましょう』

国際市場で逢いましょう



朝鮮戦争の混乱の際、父親と生き別れになってしまった少年ドクス。

父親は、ドクスに「家長としてお母さんと弟妹を守れ」と言い残して行ってしまいました。


停戦後、一家の貧しい生活の中、父親の言葉を守り、

働いて働いて家族のために必死に生きるドクス。

そして青年となったドクスは、弟の大学進学費用を稼ぐのため、

船長になると言う自分の夢はあきらめ、

ドイツの炭鉱へ出稼ぎに行くことを決意します。

家族の生活のため混乱の世の中を必死に生きるドクス。


叔母さんの店を守るため、また、妹の結婚費用を稼ぐために、

ドクスはドイツから帰国後、またベトナムへ行きます・・・。泣


ベトナムでの苦しみの中、ドクスは言います。

「この苦しみが自分にで良かった。子供たちが苦しむんじゃなくてよかった」

ドクスのそんな言葉に胸が熱くなりました。


ドクスの滅私行為は、決して強制されたわけじゃなくて、

お父さんの言葉をドクスが守りたくて、

そして家族への愛で自分がそうしたくてやっていたのかな。


そしてラストのドクスの決意です。

この決意が映画のキモです。

これが無ければ、ただの苦労物語、お涙ちょうだいなだけです。

  どんな決意かは内緒❤


決意できたこと、それは、

ドクスが、やっと呪縛(っていうのかなぁ)から爽やかに離れられたからできたから

できた事なのでしょう。長い年月をかけ、やっと出来ました。


でもドクスはそのときはもう、おじいさんになっていました。

アタシは、

おじいさんになったドクスにエールを送りたい気持ちでいっぱいになりました。


あなたは老いたけれど、まだまだこれからよ。

たくさんの苦労は無駄じゃない。

今いる沢山の家族たちの幸せになったんだもの。


もう充分頑張りました。

そしてもうあなたはあなたの事だけを考えて、夫婦で幸せに暮らしていいのよ。

今からだって船長になれる。

それは空想の中だけかもしれないけれど、立派な船長になれるとアタシは思うよ。


家族の形は家族それぞれ。

縛られて苦しむ人もいるけれど、あたしもそうだけど、

抜けるのは大変なことだけど、

まずは自分の気持ちから自分が抜けることなんだなって、

アナタに教えられた気にもなりましたよ。


良い映画でした。


アタシも少し大人にならなくちゃと思いました。


同時に、ドクスのように、ずっと抱えて年老いてもいいんだなって

気が楽にもなりました。




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

2~3日前に観ました!
すごい映画ですよねー。
朝鮮戦争やベトナム戦争など、
韓国が中国やアメリカをやや批判的に描いた映画は
とても珍しいのではないでしょうか。
セットやCGなどにも手間がかかっていて
映像面でもよくできていて、
すげー、いい映画だと思います。
ご紹介、ありがとうこざいました。

Re: タイトルなし


 つかりこさん

> すごい映画ですよねー。

 はい、かなり感動しましたよ、あたしゃ~(・o・)

> 朝鮮戦争やベトナム戦争など、
> 韓国が中国やアメリカをやや批判的に描いた映画は
> とても珍しいのではないでしょうか。

 ネットで見たら、そうみたいですね。
 韓国の国民は涙なしで観られないのでは?

 アタシは、戦争で離れ離れになった肉親を
 懸命に探す姿に涙が出ました。

 中国残留孤児の方のことを思ったのです。

 私の祖父は、満州に開拓に行って、終戦後、命からがら逃げてきた人でした。
 置いてきた子供がいるわけじゃないのに、
 肉親を捜すテレビを、彼はいつも見ていました。


> セットやCGなどにも手間がかかっていて
> 映像面でもよくできていて、
> すげー、いい映画だと思います。

 さすがプロの視点です。おおお!
 
 と、アタシは素人の普通のおばさんなので、
 ブログ記事のようなことを強く思い、せつなかったです。

 韓国国民の過去を見つめ、そして同時に、未来を考えさせる映画だと思いました。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ