映画『何者』: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画『何者』

映画『何者』

2016年10月17日

映画『何者』観てきました。

de8e1b2e6e15554e.jpg


テーマがわかりやすすぎて、やや説教くさくも感じたけれど、

豪華な俳優さんたちの演技は魅力的でした。

三浦大輔監督作品です。原作は朝井リョウ氏。直木賞受賞作だそうです。



大学生の拓人(佐藤健)は、就職活動中だけれど、なかなか内定をもらえないで

悶々とした日々を過ごしていました。

ルームメイトの光太郎(菅田将暉)、思いを寄せていた瑞月(有村架純)らと、

対策本部をたちあげ、日々頑張ってはいるのだけれど・・・。

なかなか結果が出せません・・・。

そのうち、焦りからか、周りの友人への気持ちが変わっていきます。


   おっと、ここまでよ。


maxresdefault.jpg


ネタばれるとダメだと思うので、書けないけれど、登場する若者たちがかわいい☆


天真爛漫で明るい男の子も、ちょっと斜めにモノを見てしまう男の子も、

プライド高くて嫌味な女の子も、優しく芯の強い女の子も、

夢を追い続ける男の子も、あきらめる男の子も、

みんな、人間臭くてかわいい。


特に主人公の拓人くんが良い。

「就職活動で見せる自分なんて、そう見せるアピールであって、

本当の自分であるわけはない、ウソの自分だ」

と言っていた彼が、  (確かそんな意味のことを言っていた)

ラストで行動しちゃうのが、う~ん、それですか!よしよし。


あ、少しネタバレてしまった。お許しください。


だってね、拓人くんの、人を羨んで、悪の気持ちでいっぱいになった経験は、

今後の彼の人生を良い方向へ導いてくれることだろうって

清々しく思って、じ~んときてですね~。  若者よ!何事も経験だ!


あ、もっとネタバレてしまった。どうしよう。

    このくらいなら大丈夫だな。ということにしてください。



さて、『何者』は、

『愛の渦』(三浦大輔氏脚本監督)よりちょっと点数高めで、

『恋の渦』(三浦大輔氏脚本)まではいかなかったです。

アタシの中では。  ←好みの問題です。礼


『恋の渦』では、携帯電話という小道具を有効に使っていたけれど、

今回はツイッターという文化をうま~く使っています。

使うっていうのかなあ。テーマの一つと言ってもいいくらい重要なカギかしら。

ふふふ。アナタ様は依存してます?





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

就職浪人

こんにちは。
今日観てきました。どうやらこの作品サスペンスっぽいですね。
時間軸がはっきりしていないのが、サスペンスとしては致命的のような気がしました。

コメントの編集

Re: 就職浪人


 ケフコタカハシさん へ

 お~観ましたか!
 22日にはファイナルだし、忙しいこっちゃ☆

 サスペンス、う~ん、まあ、「何者」のツイートが、
 どどどっと出てくるところは、サスペンスっぽいが、
 さすがのご指摘っす。

 時間軸かあ、あんまり感じなかったけど、
 そういわれれば、そうかしら。
 ラストシーンは、時間的には、最後ってことでいいんですよね。
 アタシの見方が甘かったか・・・?

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ