おらも行きたや青馬に乗って紅の供して都まで  : 出来事: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  出来事  >  おらも行きたや青馬に乗って紅の供して都まで 

おらも行きたや青馬に乗って紅の供して都まで 

2016年11月05日

道の駅村田へ新鮮野菜を買いに行った際に、

隣にある「村田町歴史みらい館」を覗いてみました。

なんと、入場無料です!

ka-10.jpg 写真お借りしました。


村田町で発掘された石器時代のやじりとか、

七福神などの郷土芸能や釜神様などの郷土文化、

江戸明治のころの村田商人の座敷の様子、

などが展示されていました。


薬莱山で見かけた釜神さまがこちらでも紹介されていてびっくり。

DSC_0005.jpg

家の土間に飾られていた火除け魔よけの神様です。

この辺でも、釜神さま文化があったのですね。


また、

村田商人が、山形や仙南特産の紅花を

江戸や関西に送っていたと、紹介のパネルがあり、

その「紅花摘み唄」に心打たれました・・・。

DSC_0003.jpg

↑写真が不鮮明ですみませんが、右側にあります。


おらも行きたや 青馬に乗って 紅の供して 都まで 


紅花は、口紅の原料として江戸や京都に多く送られました。

紅花がこれから送られる先の都会。田舎の人たちも行ってみたかったのでしょう。


口紅をふんだんに使う都の女のように

着飾ってオシャレをし、華やかな都会に暮らしてみたかったことでしょう。


働き者たちが、紅花を摘む農作業の途中、

どんなに都に憧れたかと思うと、切ないです。


紅花には棘があります。

紅花摘みの指を、時には傷つけたこともあったのでは??

どんなにか痛かっただろうと思います。

なんだかシンミリしちゃいました。


dac8e54c95d6b87d240d525e976c6f39_1456934313-480x320.jpg
こちらもお借りしました。



↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: しんみり・・。


 鍵コメさん へ

 こちらこそ、いつもありがとうございます。
 アタシも祈らせていただきます。

 今は幸せなアタシですが、昔のことがフラッシュバックしてきて
 「どよ~ん」としてしまうことが多々あります。
 未来のことだけ考えればいいのに、と分かってはいても、
 どうにも止まりません。
 仕方ないのかなあ、と思います。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ