映画「ブルース・ブラザース」: 映画: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  映画  >  映画「ブルース・ブラザース」

映画「ブルース・ブラザース」

2017年01月13日

「ブルース・ブラザース」。

51WMCKV17DL.jpg

絵本読み聞かせ仲間のN子ちゃんが、最高に大好きな映画だと

アタシに教えてくれました。。

ぐりとぐら、わたしのワンピース、ばばばあちゃん、そんな絵本のイメージで、

あったかい印象の強いN子ちゃん。彼女が好きな映画、どんなだ?


今をときめく星野源さんも「そして生活はつづく」という著書で、

絶賛してました。「ブルース・ブラザース」。   ←こないだ読んだ♡

音楽と芝居、どっちかにしろという周りの勧めに悩んでいたころ、

どっちもやってていいんだと決意させてくれた映画だそうです。

どんなだ?わかんないじゃないか。


ということで、「ブルース・ブラザース」、観てみました。

ちょっとあらすじを、一応。↓


強盗の罪で刑務所に入っていたジョリエット(ジョン・ベルーシ)は刑期を終え、

迎えに来てくれた弟エルウッド(ダン・エイクロイド)と一緒に、

自分たちを育ててくれた孤児院に行ってみると、孤児院は税金が払えず、

廃業の瀬戸際でした。孤児院を救うため、金を稼ごうと決意する二人。

さて、どうやって?二人の奮闘が始まります。

歌って稼ぐのサ。
20555_001.jpg


かっこいい、そして笑える。


歌、踊り、カーアクション、全て網羅され、ハチャメチャにも感じられ、

でもスタイリッシュ。


アクション、ストーリー、ブラックな味です。。

ブラックにに無表情な二人が加わります。すると、かっこいいのです。

そして、かっこよいのに、なぜかそこから、笑いに行くのです。


ブラック + 無表情 = かっこいい&笑える


ブラックは大げさで、そこまでやるかと思えます。

教会でのトランス状態バック転も、

img_15.jpg

ショッピングモールでカーチェイスも、電車が通ると壁のものが落っこちる安宿も、

狭~い車庫入れも、ありえね~だろと思う強調表現。架空な感バリバリ。


そこに、黒いサングラスに隠された二人の無表情がプラスされると、

かっこいいんです。スタイリッシュです。

そして笑っちゃうのです。

偉そうなことを言うと、、その”かっこいい”から”笑える”に行く、

微妙な心理が、この映画の核のような気がします。


”かっこいい笑える”の素になる要素たちは、すべて見事で個性的、スパイシーです。

どれも存在感大です。

でも打ち消しあってない。うま~く混じってる。どれも最高になっています。


融合するスパイシーたちが、N子ちゃんのことも、星野源さんのことも、魅了したのかしら。

自分の魅力の無さは、

自分が普通であること、平凡な常識人であることから来ているのではないかと思いました。

 (↑苦情は受け付けません。笑)


黒い帽子に黒のサングラス、黒いネクタイに黒のスーツの二人、

その歌とダンスも、練り上げられたストーリーも、

「そんなバカな!」と笑っちゃうブラックジョークも、

きっとものすご~い努力があってのことかと

うがった見方をしてしまう自分のセンスのなさを嘆きたいです。

影の努力とか、そんなことはいいので、ただ笑って観るべき映画だわよ。

バンドの練習シーンなんて入れない。彼らは努力なんてしない。

行き当たりばったり、明日をも知れない人生。


ブラックジョークに生きてみっかと思わせられました。

ただ笑え!自分を!ブラック万歳。

なんだか元気になってっぞ。どうしたのかしら、自分。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

これは昔々に2回ほど観て「面白い!」「好き!」と思いました。
が、昔すぎてストーリーはもうおぼろ〜。
でも、観ていて自分もダンスを踊ってみたくなった記憶だけは鮮明☆

ところで、
> 今をときめく星野源さんも「そして生活はつづく」という著書で、
> 絶賛してました。「ブルース・ブラザース」。   
私も星野源のエッセイ読みた〜いと思ってたところ!
面白かった? やっぱ読もう!

Re: タイトルなし


さとちん へ

 そうよね~昔昔に観た映画、忘れちゃいます、アタシも。
 観たことすら忘れて、また観て、中盤くらいに
 「あ!これ、観たことある!」
 と思い出す・・・笑

 星野源さんの本は、これしか読んだことないけれど、
 どうだろ、好き好きかなあ。
 表現者として思うことを書いてあるところは良かったな。
 読んで損はないと思うよ~☆

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ