絵本「シマフクロウとサケ」: 絵本: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  絵本  >  絵本「シマフクロウとサケ」

絵本「シマフクロウとサケ」

2017年01月23日

絵本「シマフクロウとサケ」。


アイヌのカムイユカラ(神揺)が日本語訳され、再話され、作られました。

宇梶静江さんの古布絵が美しく、心洗われます。

シマフクロウDSC_0093[1]

フムフムカト フムフムカト 

わたしは、村の守り神、

シマフクロウのカムイチカブ。

山でひとり暮らしていたので、

つまらなくなって、山を下り、

浜へおりてきました。


シマフクロウ2DSC_0094

シマフクロウ3


沖の方からサケの群れがやってきます。

先頭のサケは、「尊いシマフクロウがおいでになるから

おそれつつしみなさい」と言います。

でも、最後にやってきたサケたちは

「そんなでっかい目玉をしたものが、おそれおおい神だというのか」と

バカにします。

シマフクロウは我慢がならなくなり、ふところから銀のひしゃくをとりだし、

海の水を汲むと、、、、海の水が半分、なくなって、、、

シマフクロウとDSC_0098



絵本の最後の方に、宇梶静江さんの解説がありました。

どんじりのサケは、見かけだけで相手を決めつけ、バカにしてしまった、と。

それは間違いだよ、と。


シマフクロウとDSC_0099


アタシは、趣味で小学生に絵本を読み聞かせる活動をしています。

子供たちにぜひ、この絵本を読み聞かせたいと思いました。


思いました、が、問題があるのです。ううっ。


アイヌ語の発音がわからないのよ!


フムフムカト フムフムカト   や   テレケ  テレケ など

この本にはいくつかの「サケヘ」と言われる歌の節が表現されています。

完璧は無理としても、少しだけでも、本来のアイヌ語に近く読みたいのです。


ネットで調べましたが、まったくわかりません。

どなたか、ご存知の方、教えてください。

念ずれば花開く、いつか、この素晴らしい絵本を、子どもたちの前で読めますように

ご協力お願いいたします。

シマフクロウとDSC_0100




↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

フクロウの迫力

画面からでも この布絵本の迫力が伝わってきますね。羽を広げた所のは
一つ一つの針目が・・・。良くこんなことを考え付くと感動します。

アイヌ民族博物館、惜しい!

白老アイヌ民族博物館のサイトに、
さわりだけの資料があります。
(ひょっとして、ご存知だったかなあ)

http://www.ainu-museum.or.jp/siror/story/

「(文字)あらすじ」ボタンのリンク先に、
音声(冒頭部分)のファイルがリンクされていますが、
冒頭だけだし、知りたい単語の発音を選びようもないのですが・・・。
「絵本と朗読」というカテゴリーもさわりと、
日本語の朗読ですねぇ。
博物館に行くと、そういった資料がありそうですがねぇ。

僕は全然くわしくないんですわー。
すんません、不勉強で。

Re: フクロウの迫力


tugumi365さん へ

 そう、この羽、すごいと思います。
 アタシでもそう思うのですから、実際に普段から布や糸に触れている
 tugumi365さんは、もっともっと感じられるでしょう。

Re: アイヌ民族博物館、惜しい!


 つかりこさん へ

 つかりこさん、わざわざ探してくださったのですね!
 なんて親切なんでしょう!
 じ~んと感謝の涙が・・うううっ 

 アイヌ民族博物館のサイト、アタシもそこに行ってみてました。
 ほ~んと惜しいです!

 と、なかなか発音調査は難しいのですが、
 今、いろいろ方策を考えています。

 まずは、読み聞かせ仲間に相談してみます。
 もしかして、何か手がかりをみつけられるかも。
 顔の広い人も多いので☆
 読み聞かせ仲間だけじゃなく、他にも、
 図書貸し出しボランティア仲間とか、
 朗読の先生とかにも。
 (朗読の先生、大病されたのですが、最近復活)

 それでもダメなら、
 北海道立アイヌ総合センター等、
 アイヌ文化の普及活動をされているトコロに電話してみます。

 それでもダメなら、
 宇梶静江さんにファンレターを書いて
 (出版社に郵送すればいいのか?)
 直接会いに行く!
 (千葉県在住らしい)
 あ!もう一度北海道に行って、アイヌ民族博物館で
 直接教えてもらえばいいのかしら~(^◇^)

 女の一念岩をも通す、です。
 いつか、この本を読み聞かせできたとき、
 つかりこさんの親切に感動した気持ちを乗せて読みますよ~。

 きっと、子供たちに伝わります。

 
  
 

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ