村田沙耶香「タダイマトビラ」: 本: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >    >  村田沙耶香「タダイマトビラ」

村田沙耶香「タダイマトビラ」

2017年02月14日

村田沙耶香著「タダイマトビラ」を読みました。

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した村田沙耶香さん、

作家仲間から「クレイジー沙耶香」と呼ばれているそうですが、

納得です。クレイジーです。この本、クレイジーです。クレイジーで素敵です。

以下、「タダイマトビラ」のあらすじ、ネタバレ含みます。

41Co-Vc7qxL__SX338_BO1,204,203,200_


母親からの愛情をもらえないで育った主人公、恵奈ちゃんが、

本物の恋をして、この家を出て家庭を持ち、”本当の家”を作ろうとします。

うまい具合に、高校生になったら大学生の恋人、浩平ができました。

浩平からプロポーズもされました。でも、うっとりと自分に寄りかかる浩平を

恵奈ちゃんは嫌悪します。

「浩平の理想世界の奴隷になって、私は彼の脳の中で窒息していく」

自分が浩平を使って自分の愛情欲を満足させようとしたように、

浩平も自分を奴隷にしようとしていると感じるのです。

そして、全てが破たんしていきます。

恵奈ちゃんは、今までの自分の考え方を訂正修正していきます。

恵奈ちゃんの思いが行きつくところは??


そっからがクレイジーなのよ。 Σ(゚□゚(゚□゚*)


愛情に飢えて育ったヒロインが、家庭つくりに失敗してくという、

当たり前のストーリーが、後半、

その怒涛の村田沙耶香クレイジー節炸裂で急展開し、

とても気持ちよく読めました。

恵奈ちゃんの行きつく先が、、、、びっくり☆


その”びっくり”は、狂った世界なのだけれど、妙に共感でき、

そうだ、そうなんだよ、と応援したくなる独特の味が奇妙です。

ネットで、いろいろな感想を読んでみると、

その急展開が納得できないという意見も多かったけれど、

アタシは、その飛びっぷりが好きだなあ。


恵奈ちゃんは、自分の頭で考えてクレイジー結論を確信していくのです。

恵奈ちゃんにとって、それは正しいのです。

正しい、とは、誰に決められるものでもないのです。自分が決めることなのです。


村田沙耶香さんは、書いていてどんなに気持ちよかっただろうかと想像するだけで

爽快な気分になりました。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。



スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

むむむ、読みてー!

No title

コンビニ人間もある意味では、クレイジーな人が出てきましたね。意外性な展開が面白かったです。この本も面白そうですね。

へぇー、面白そう。
『コンビニ人間』も未読だけど
こっちの方に惹かれるわ〜。
読んでみたい。うん、読んでみよう!

Re: タイトルなし


つかりこさん へ

 お~、そう言ってもらえると嬉しいです。
 感想を書いたかいがあるというもの。
 でもこれねぇ、、、人に勧めていいものかどうか、、、
 人間性を疑われそうな、、、
 ま、読んでみてくださ~い☆

Re: No title


 tugumi365さん へ

 クレイジーぶりでは、「コンビニ人間」の上を行っています。
 ええええ????なになに???それって!!!
 と、ドキドキして面白かったです。
 村田沙耶香さんの本、市民図書館で沢山予約してしまいました。 
 

Re: タイトルなし


 さとちん へ

 おお、読んでみたいと言ってくれてありがとう☆
 感想を書いたかいがあるというものですぅ。

 大人しく真面目で愛想の良い近所の上品マダムが、
 実は大量猟奇殺人犯人だったみたいな味が、、
 う~ん、変な例えだ、、、
 読んでみて~

 つかりこさんへのコメ返でも書いたけれど、
 これを人に勧めて、、、人間性を疑われそうな、、

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ