大人の塗り絵 ジョハンナバスフォード「秘密の花園」より: 大人の塗り絵: きたあかり日記
FC2ブログ

トップ  >  大人の塗り絵  >  大人の塗り絵 ジョハンナバスフォード「秘密の花園」より

大人の塗り絵 ジョハンナバスフォード「秘密の花園」より

2017年03月08日

ジョハンナ・バスフォードさんの大人の塗り絵本「秘密の花園」。

数点、塗り完成しました。



ジョハンナ・バスフォード 秘密の花園 扉

緑の配色、かなり考えました。う~ぐるじ~、と頭を悩ませ、結果、これ↑です。

紫の扉の周りの葉は、すっこ~し濃い緑。周辺はイエローグリーンです。




  ジョハンナ・バスフォード 秘密の花園 家

写真がちっと曲がっててごめんよ。

色鉛筆をバラで30本ほど購入した直後だったもんで、あれこれ色を使いたくって、

統一感が無い感じになってしまいました。

上部に赤をもっと使えば良かったわ~。ま、いいか。




ジョハンナ・バスフォード 秘密の花園 リース

オリーブグリーンとインディゴ、朱色をプラスして、和風リースという

イメージを作りたかったんだけれど、インディゴと朱色の色面積割合が

失敗だった気がします。。。




ジョハンナ・バスフォード 秘密の花園 フクロウ1

有名なフクロウの絵。主役はフクロウ。でも、背景の面積の方が大きい。

難しかったです。それに、フクロウの目の色、迷いました。

黄色やオレンジにするか、これか。

酔っぱらった勢いで、この色に決めました。




ジョハンナ・バスフォード 秘密の花園 フクロウ2

色合いを変えて、今度はピンク&赤のフクロウちゃん。

赤いフクロウの方が、なんだか優しく見えませんか?

この背景の緑、周辺に塗った色との具合によって、色の見え方が変わってきて、

ああ、そうじゃなくって、と、あれこれ手直しをジタバタしてしまいました。



ということで、大人の塗り絵、楽しんで塗っています。

楽しもう楽しもう、と気を付けないと、ああ、綺麗に塗れなかったとか

配色失敗とか、ムキになってしまうアタシです。


ふと、思ったんだけれど、アタシの子供のころの学校教育って、

何かを楽しむって、教えなかった気がします。

苦しいことも頑張ってヤレ!努力しろ!そして成果を出せ!

ってばっかり。


例えば、跳び箱でも、楽しんで飛ぼう、跳び箱っておもしろ~いって

先生は言わなかった。

さあ、自分の限界の上をいく段数に挑戦しろ!頑張れ!

でした。


かけっこでも、縄跳びでも、そう。

国語や、算数、音楽もそう。


アタシ、だからかな~、楽しむのが下手だなあって思います。

成果を出し、人から評価を貰うのも大事だけれど、

楽しまなくちゃネ。


大人の塗り絵で、「楽しむ練習」もしています。のつもり。





↓   最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
     
     ランキングに参加しています。
     よろしければワンクリックお願いします。


スポンサーサイト



このページのトップに戻る

コメント

おや、まあ!たくさん塗りましたね。
ん〜、私は3枚目のリースが好きです。
フクロウは、こういうテキスタイルがありそうなかんじ。布地みたい。

“楽しむ” について書かれていますが
私は色を選ぶとき “選択” に自信が持てず悩んじゃうかな〜。
何色を選んだって間違いも正解もないはずなのに
思い切りの悪い色選びをするのは
◯か×かばかりを問われ続けた学校教育の悪い方の影響かな〜
と、私もちらりと思う時があります。

近年、バリバリのスポーツ選手がインタビューなどで、
「楽しんでやれました」って答えることが多いような気がします。
そうそう、僕らは「きつかったけど、がんばりました」って
答えていたと思います。
物事って、楽しんでやれるとぐんぐんうまくなりますよね。
人生もきっとそうなんだと思います。

ぬり絵、きれいですねー。
もっともっとたくさん描くと、どんどん上達しますよ。
はい、楽しんでねー。

ん?

こんにちは。
楽しむことって教わってできることですかね?
少なくとも私は自分の限界に挑戦するのは楽しかったけどなぁ。

コメントの編集

細かいんですよねえ

私もこれ、もってます。ちなみに、はがきサイズのやつも、買ってしまいましたが、あまりの細かさに、塗るのを断念してます…。むーりー。
絵だけみてるときれいなんですけど、どの色を使うか、使わないか…。迷いますよね。
結局、、どれでも楽しいんですけど。
こうやってネットで、人が塗ったのを見ると、ああ、こっちの方が素敵ーーー…と毎回思います。

素敵ですね!!

完成したのを見るとどれも素敵に見えますが・・・塗っている最中は 試行錯誤の繰り返しなのでしょうか?
あかりさんの塗り絵は カラーコピーして絵葉書や封筒にして使いたい程素敵です。

きたあかりさん、おはようです
大人の塗り絵素敵ですね
でも、緻密そうで、おおざっぱな
薫子には、無理そう
秘密の花園読みましたよ!!

そして、多分同世代のきたあかりさんと同じ答えです
跳び箱も何段跳べるか?体育の苦手な薫子には頑張れませんでした
今は、上手に楽しんでやってるんですね
素敵と思います。。
忘れ物をしたら、うさぎ跳び何週なんて罰もあったし
これからは、なんでも楽しんでやりましょう^^

Re: タイトルなし


 さとちん へ

 毎日塗っていて、これらを完成するに
 数か月かかってます。好きって言ってくれた(ありがと~)リース、
 こういう空白の多いのは早いんだけど、
 フクロウは時間かかりました~。

> ◯か×かばかりを問われ続けた学校教育の悪い方の影響かな〜
> と、私もちらりと思う時があります。

 さとちんもそう思ってくれるのか~なんだかうれしいな。
 迷う、そうよねぇ。

Re: タイトルなし


 つかりこさん へ

 スポーツ選手のインタビュー、そうですね。
 ゆとり世代が特にそうだと聞いたことがあります。

> 物事って、楽しんでやれるとぐんぐんうまくなりますよね。
> 人生もきっとそうなんだと思います。

 人生を楽しまなくちゃって、つくづく思います。
 アタシの性格だと、難しいけど。

>
> ぬり絵、きれいですねー。
> もっともっとたくさん描くと、どんどん上達しますよ。
> はい、楽しんでねー。

 はい、ありがとうございます。
 以前、配色等、たくさんアドバイスいただいて、勉強になりましたよ~。
 大感謝です。
 んでもって、色の本など、自分なりに読んで研究したりもしたのですが、
 やはり、実践が大事だなあって、思いました。
 塗ってみると、体でわかってくるというか。
 鉄棒の逆上がりでも、本を読んでやり方を研究するだけより、
 研究の上で、実際にやってみるのが、良いって感じ。

 塗り絵は、自分で「今日は一時間だけ」とか制限しないと
 いつまでも塗っているので、気を付けてます・・・・。

Re: ん?


 ケフコタカハシさん へ

 おおおおおおおおお!!!!!
 鋭いご指摘をありがとうございます。
 なるほどぉと思いました。

 んでもって、考えてみたところ、アタシ、
 「楽しむことは悪いことだ」と
 教育されてきた気がするのです。
 家でも学校でも。
 例えばですね、お祭りでは、綿菓子等を買い食いするのは悪いこと、
 我慢するのが良い子、みたいな。
 すりこまれてるんですねぇ。
 そのへんも、ブログ記事の文章に入れればよかったのでしょうが、
 書いていて気が付いていなかった!
 
> 少なくとも私は自分の限界に挑戦するのは楽しかったけどなぁ。

 アタシも、その域に達したいなあ。いいなあ。
 で、どんな限界に挑戦したのですか~(^◇^)

Re: 細かいんですよねえ


 まこさん へ

 アタシも目が悪いので細かいところは大変です。
 色鉛筆を削って削って、先をほそ~くして
 あとはカンで塗っています。笑

 色は、塗り進めていくと、迷いが強くなります。
 どの色の隣にどの色?
 この色の隣がこれだとすると、その隣の色との具合がどうだ?
 悩むわ~。

> こうやってネットで、人が塗ったのを見ると、ああ、こっちの方が素敵ーーー…と毎回思います。

 アタシもアタシも!
 ネットでいろいろ見ると、意外な色使いに出会ってびっくりしたり。

Re: 素敵ですね!!


 tugumi365さん へ

 ま~誉めてくださってありがとうございます。
 tugumi365さんのパッチワーク作品の見事な色使いを
 ブログで拝見させていただいていて、
 tugumi365さんは色の魔術師だ!と思っているので
 (勝手にすみません)
 嬉しいです。
 試行錯誤、その通りです。
 これから、また塗りま~す
 止まりませ~ん

Re: タイトルなし


 薫子さん へ

 素敵と言ってくださりありがとうございます。
 ええ、緻密です。
 この塗り絵は特にそうだけれども、
 そうでもないのもあって、、、お好みですかね。

 上手に楽しむ、、出来てるかなあ。
 出来ていなそうだけれど、
 楽しめるようになあって思います。

 そして薫子さん!同世代なのかしら!
 体育が苦手?アタシもよ~!
 共通点が多いようでうれしいです。
 身長も似てるし・・・(^◇^)

 おっと、身長が高いとイコール体育が得意って勝手に思われ
 大変じゃなかったですか?
 アタシはそうだったなあ。

 これ、記事にしようかなあ。
 ネタをありがとう☆

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
主婦です。
何かを書いてみます。
ニヤニヤ笑いながら書いてみます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ